金魚

2022年6月27日 (月)

無事帰宅、金魚元気

 先週の金曜日に渋川の家に行ったものの、結局、毎日うだうだして過ごしてしまいました。
 不規則な生活で疲れが溜まっていたところに、高い気温でダメージを受けたようです。
 「暑熱馴化」でしたっけ、これが全くできていませんでした。
 でも、今日になって、元気になりましたので、東京に帰りました。
 元気になったので1日でも片づけに励もう、とならないところが、なんとも。(^_^)

 渋川の家は暑かったのですが、5時過ぎに外に出て自転車をこいだら、風が心地よく、涼しかったです。
 群馬は、確かに日中の気温は高くても、昼に比べたら夜は結構涼しいのかもしれません。

 7時半過ぎに東京の家に着きました。新幹線を使って2時間半。近いような遠いような。

 真っ先に金魚の水槽のところに行きました。
Kingyo_r040627a
 皆元気でした。
 水槽の壁面が汚れていて恥ずかしいです。
 今度の水替えの時に掃除もします。

 水温は33度でした。
Kingyo_r040627b
 思ったほど高くはありませんでした。
 でも、一応エアコンをつけて室温を下げ、水温も下げます。

 水草が少し浮いていました。
Kingyo_r040627c
 金魚がくわえて引っ張ったのかもしれません。

 渋川の家、テレビが壊れていて、映らないんです。
 留守録していたあれこれを見ることにします。
 タモリ倶楽部、生さだ、ブラタモリ、世界ふしぎ発見、のど自慢、ダーウィンが来た、鎌倉殿の13人、などなど、結構多忙。

2022年6月 6日 (月)

一昨日は4回目の金魚記念日

 4年前の6月4日、4匹の金魚を飼い始めました。その後また4匹買い足して、8匹になりました。
 「縁あって うちの家族に なったから 6月4日は 金魚記念日」であります。

 6月4日が金魚記念日ならば、一昨日のブログに書けば良いようなものですが、水槽のガラス面が汚れていましたので、それを掃除してから、と思ったら今日になってしまいました。

 4年前はこんなでした。
Kingyo_h300608
 ちびっ子です。

 その1年後。
Kingyo_r010604
 1年で随分大きくなりました。

 このままのペースで大きくなったらエライことでしたが、その後は少しずつ大きくなって、今日はこんなです。
Kingyo_r040606a
 2年後までは8匹全部揃っていたのに、その後、少しずつ減って、今は3匹になってしまいました。
 寂しくなりましたし、虹の橋を渡ってしまった5匹には申し訳ないことをしました。私は未熟です。

 この3匹のうち1匹は、去年の2月に一時転覆していました。
Kingyo_tenpuku01

 もう1匹は今年の3月に死んだふりをしていました。
Kingyo_r040306b
 どちらも、一見、もうダメという感じですよね。
 それが見事に復活して、今はすっかり元気です。

 指を入れるとチュパチュパされます。
Kingyo_r040606b
 この先も元気でいて欲しいです。

2022年6月 1日 (水)

体重変化(R3.11~R4.5)&金魚も元気

 月が改まりましたので、恒例の体重グラフです。
Taiju202011_202205

 今回の縦軸は1マス500gです。
 5月は、4月下旬と比べると微増ですが、4月上旬や3月と比べれば低いので、大きな目で見ればあまり変化なしといったところでしょうか。

 金魚は、水温が上がったせいか、食欲旺盛です。
 先日、渋川の家から帰ったら、水草が何本か浮いていました。
 私の留守中、お腹が空いて、水草を引っ張って食べていたのかもしれません。

 尾籠な話ですが、フンも緑色をしていました。
 水草の他に、コケも食べていたのかもしれません。
 遠慮なく何でも食べていて欲しいです。

2022年5月30日 (月)

『ならら』2022年6月号は「義経ゆかりの吉野山」

 今日、『ならら』の最新号が届きました。
Narara202206a
 特集は「義経ゆかりの吉野山」です。
Narara202206b
 吉野山における義経や静のことが11ページにわたって、さまざまに取り上げられています。
 「鎌倉殿の13人」では、そのあたりの話はバッサリ切られてしまっていましたので、興味深く読みました。

 目次の続きです。
Narara202206c
Narara202206d

 今号も、奈良のことがあれこれ満載です。

 50ページの「金魚を飼う文化を広めよう!」はいいですね。嬉しいです。♪

2022年5月 2日 (月)

金魚と水草の端布

 どうも、端布も収集品の1つになってしまった感じです。(^_^;
 金魚と水草の端布を入手しました。
Kingyo_hagire01
 長さはざっと1mほどです。

 画像のかたまりは以下の2つです。
Kingyo_hagire02Kingyo_hagire03
 水草は赤なのに、金魚の一方が青というのがユニークです。
 地模様は織りですね。

 下の部分のアップ。
Kingyo_hagire04
 織り出した地模様が波のように見えます。

 端布、なかなか楽しいです。♪

2022年4月14日 (木)

コケが付き始めたタコツボ

 今年の1月、金魚の水槽に入れていた土管が割れてしまいましたので、代わりにタコツボを入れました。
Kingyo_dokan04
 
 あれから2ヶ月半を経て、だいぶ苔むしてきました。
Takotubo01
 水温が上がってきましたので、これから益々速度が増すことと思います。

 何年も入れている年代物の岩はこんな感じです。
Takotubo02
 タコツボがこんなになるにはまだしばらく掛かりましょう。
 良い味になるのが楽しみです。

 水温が上がって、金魚は益々食欲旺盛で元気いっぱいです。
 上のタコツボの写真には、意図せずに金魚が写り込んでしまいました。
 別に写りたかったわけではないと思いますけど。(^_^)

2022年4月 6日 (水)

無事帰還。金魚元気

 4泊5日の渋川から無事に帰ってきました。
 金魚はお腹を空かせていたとは思いますが、元気でした。
Kingyo_r040406a
 写真なんか撮っていないで、早くゴハンを食べさせれば良いようなものですけど。

 この金魚、怒っているように見えます。
Kingyo_r040406b
 「こんなに長く、どこ行っていたのさ」とでも言っていそうです。

 金魚から見ると私はご主人様なのでしょうか? それとも下僕?
 友達か家族と思ってくれているといいです。
 ま、下僕でもいいです。(^_^)

 渋川の家のテレビ、壊れていて、映らないんです。
 留守にしていた間の留守録を見るのに、これから多忙です。(^_^;

2022年3月17日 (木)

水槽の底砂が波打つ

 昨夜の地震、わが家も結構揺れました。
 幸い、軽いものが少し落ちただけで、大きな雪崩はありませんでした。
 金魚の水槽は、夜中でしたので、ライトも消え、部屋の電気も消えていますので、暗闇の中、手さぐりで探索したところ、水が少しこぼれた程度で済んだようでした。

 夜明けを待って、また見に行ってみました。こんなでした。
Kingyo_r040317
 全体に赤みがかっているのは、水槽のライトが朝焼けモードだからです。
 底砂が波打っています。
 最初は地震のせいで波打ったのかと思いましたが、底砂がこんなになるほどなら、水が大量にこぼれたと思います。
 昨日の夕方頃、どうだったか憶えていれば良いのですが、記憶にありません。
 ナゾです。

 金魚も地震の時はさぞびっくりしたことでしょうが、全員至って元気です。
 しばしば死んだふりをしていた金魚も、ここ数日はそんな様子もありません。
 上の写真では、右側にいるのがそれです。普通に泳いでいます。
 治ったのかもしれません。

2022年3月14日 (月)

3月にしては暑いほどの気温に

 先日来暖かでしたが、今日は特に暖かで、暑いほどでした。
 金魚の動きも活溌で、食欲旺盛です。
Kingyo_r040314a
 上の写真で、右上の金魚は、先日、死んだふりをしていると書いた金魚です。
 今でも時々死んだふりをしていますが、私が水槽に近づくと、いち早く水面に近づいて、ゴハンをねだります。
 ひとしきり食べると、また死んだふりをしたりして。

 右下の金魚は、去年の2月によく転覆していた金魚です。3月に症状が治まってからは転覆していません。
 死んだふりをしている金魚も、そのうち症状は治まるのではないかと期待しています。

 水温は21度ちょっとです。
Kingyo_r040314b
 一昨日あたりまでは15~6度くらいでしたので、一気に上がりました。

 アマリリスも芽(実際は葉ですね)が出ました。
Ama20220314a

 もう1鉢。
Ama20220314b

 6鉢ある内の2鉢です。残りの4鉢はまだ変化はありません。
 近日中のそちらの発芽にも期待しています。

2022年3月 6日 (日)

死んだふりをする金魚

 今年の元日に、バケツで療養中の金魚の写真をアップしました。
Kingyo_r040101b
 この2匹は、薬石効なく、1月2日に1匹、3日に1匹が虹の橋を渡ってしまいました。
 かわいそうなことをしました。

 最初は8匹いた金魚ですが、3匹に減ってしまいました。
 和金は飼うのが簡単だとされているのに、相次いでこのようなことになってしまい、情けないことです。

 残る3匹は元気ですが、水槽が寂しくなりました。
Kingyo_r040306a

 1匹がよく死んだふりをしています。
Kingyo_r040306b
 こんな姿を見ると、死んでいるように見えますね。

 これからほんの3分足らずの姿。
Kingyo_r040306c
 普通に泳いでいます。
 なんでしょね。

 1年ほど前、転覆している金魚がいました。あれと同様なのかもしれません。
Kingyo_tenpuku01
 この金魚は、その後しばらくして転覆することはなくなり、今は元気です。

 ネットには「てんぷく病」のことが載っています。
 それを見ると、原因はよく分からず、これといった治療法もないようです。

 転覆している時間は段々減ってきていますので、このまま快復するかもしれません。
 様子を見ながら、それに期待します。

より以前の記事一覧

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ