飲食

2022年11月 3日 (木)

鹿のワイン

 いつものスーパーをふらふらしていたら、鹿の絵が描かれたラベルのワインが目に入ってきました。
Shikawine01
 「おお! 奈良鹿か」と思って買ってしまいました。
 アンデスという文字がチラと見えたのですが、文字より鹿です。

 ラベルのアップ。
Shikawine02
 そうですね。
 鹿といっても、奈良鹿とは違うような。
 確かにアンデス風です。知らんけど。

 裏側のラベルです。
Shikawine03
 チリのワインでした。(^_^;

 「なら」「ちり」、ちょっと(だけ)似ているような。←無理筋。

 右上に、辛口で、酸味はほどよいとあります。
 そうですね。甘口ではありません。でも、辛口度は低いです。
 やや酸味があります。たしかに程良い酸味でした。

 1番下に「この商品は私鉄系スーパーマーケットの共同開発商品です。」とあります。
 2枚目の画像のラベルの左上にある「Vマーク」がその印です。

 おいしゅうございました。
 しかし、鹿を見れば「奈良」と思ってしまいます。
 ほとんどビョーキです。(^_^;

2022年10月30日 (日)

ハロウィンも海鮮パエリア

 いつものスーパーで買いました。
Paella2022d
 このスーパーでは、パエリアをハレの日の御馳走と考えているようで、普段はパエリアは店頭に並ばないのですが、クリスマス、子どもの日、七五三などに限って登場します。
 ハロウィンにもついに登場しました。

 クリスマス。
Paella202012a

 子どもの日。
Paella2022a

 七五三。
Paella2018

 品名は、クリスマスが「海老と帆立の海鮮パエリア」、子どもの日が「魚介の旨み味わう 海鮮パエリア」、七五三が「具だくさんの海鮮パエリア」、そして今日は「彩り海鮮パエリア」です。
 毎回工夫していますね。

 今回はハロウィンのシールは貼ってありません。
 実は、このパエリア、一昨日もあったのですが、当日は群馬日帰りで、お腹も空いていたために肉々しい物が食べたくて、購入を見送ってしまいました。31日まで並ぶと思いましたので。
 あのとき、ハロウィンのシールが貼ってあったような気もします。←不確実。
 昨日はなくて、今日買うことになりました。
 チャンスを逃がしてはいけませんね。

2022年5月10日 (火)

子どもの日は海鮮パエリア

 今日も、ディスプレイ騒動で遅れてしまったネタです。
 いつも行くスーパーでは、子どもの日、七夕、クリスマスなどには、店頭に海鮮パエリアが登場します。
 今年の5月5日にも並んでいました。
Paella2022a
 海鮮パエリア、好きだし、たまにしか並ばないので、迷わずに買いました。
 この日もスーパーに行った時間が遅かったので、またまた50%引きのシールが貼ってありました。
 決して、値引きを待って買いに行ったわけではありません。(^_^)

 こどもの日シールが貼ってありました。
Paella2022b
 当日は気がつかなかったのですが、よく見ると右側に浦島太郎がいますね。
 金太郎と桃太郎はこどもの日(というか端午の節句)にふさわしいキャラクターですが、浦島太郎は違いますね。
 端午の節句と考えずに、こどもの日=おとぎ話=浦島太郎、と考えれば良いのかもしれません。
 auのCMの三太郎がらみで、抵抗なく浦島太郎が登場してしまったのかもしれませんね。

 中身です。
Paella2022c
 おいしゅうございました。

2022年2月20日 (日)

ぷくぷくまんぷくかるた

 ネットオークションで面白そうなかるたを見つけたので落札してしまいました。
 「ぷくぷくまんぷくかるた」(チャイルド本社)です。
Manpukucard01
 箱の絵から分かるように、食べ物をテーマにしています。

 上の画像では帯に隠れてしまっていますが、帯をずらすとうさぎがいます。
Manpukucard02
 なぜうさぎが旗になっているのか分かりません。
 うさぎも食材ではありますけれども……。
 多分作者がうさぎ好きというような理由かと思われます。

 読み札から厳選6枚。
Manpukucard03
 いずれもリズミカルです。
 こういう語呂合わせのようなもの、韻を踏んでいるものが多いです。
 その中から特に良いと思われるものを選びました。意見には個人差があります。

 これに対応する絵札。
Manpukucard04
 皆かわいいです。

 絵札の裏はクイズになっています。
Manpukucard05
 簡単なのもあれば、難しいのもあります。
 絵札に登場した食材がテーマになっています。
 ハンコは、元の持ち主が捺したのでしょう。

 解説書。
Manpukucard06
 かるたの主旨がよく分かります。

 クイズの解説。
Manpukucard07

 楽しいかるたです。

2022年1月25日 (火)

らほつ饅頭としそサイダー

 さるまほろばメイトの方からの頂き物です。
 奈良のらほつ饅頭。
Rahotsuman01

 中身。
Rahotsuman02
 大仏さんの頭の螺髪にちなむお菓子ですね。
 良い艶です。
 外側は、かりんとうのような味です。
 硬くはありませんが、オーブントースターで温めると、よりかりんとうの食感に近づくと思います。
 中はあんこです。こしあん、粒あん、抹茶あんの3種類頂きました。

 もう1つ。紀州熊野のしそサイダーです。
Shisocider01
 撮影する前に飲んでしまいましたので、少しでも飲む前のイメージに近づくかと思って、後ろに赤い箱を置きました。
 することがいいかげんです。(^_^;

 ラベル。
Shisocider02
 八咫烏です。
 脚が3本あるはずなのに、2本しかないなぁ、と思ったら、1本の脚でグラスに入ったサイダーを持っていました。脚が進化して手になっています。
 チコちゃんに登場するキョエちゃんにちょっと似ています。

 販売元や原材料などを記したラベル。
Shisocider03
 販売者の所在地は熊野の本宮ですね。
 本場ものです。
 会社の名前が「熊野鼓動」というのもオサレです。

2021年12月30日 (木)

牛乳を買った。飲んだ。

 昨日、牛乳を買いました。飲みました。
Milk01
 「え?」ですよね。牛乳くらい、買うでしょうし、飲むでしょう。
 いえ、牛乳を買うのも飲むのも二十数年ぶりでした。(^_^)

 昭和60年に群馬で一人暮らしを始めた頃は、健康のためにと思って、毎日牛乳を飲んでいました。
 ところが、東京で非常勤講師を始めたことで、ほぼ毎週、東京の家に1泊か2泊することになりました。
 封を開けた牛乳が、冷蔵庫の中で何日くらいもつものやら、よく分からなかったので、東京に帰る時には牛乳がなくなるように、買うのや飲むのを調整していました。やがてそれが面倒になって、牛乳から遠ざかってしまいました。
 どこかを訪問した時も、出してくださるのは、大体日本茶かコーヒーなどで、牛乳が登場することはありません。
 そんなことで、牛乳を買うことも飲むことも絶え果てていました。

 それがにわかに牛乳を飲もうと思った理由は2つあります。
 1つは、この年末年始、牛乳が大量に余って、廃棄することになるかもしれないというニュースです。
 私が牛乳を飲んだとて、あまりにも微力でしょうが、それでも一助になればと思いました。
 もう1つは、牛乳が脳梗塞や認知症の予防になるというニュースです。
 以前、お茶が癌予防になるということでお茶を飲む量を増やしました。それに続き、今度は牛乳です。(^_^)

2021年10月 8日 (金)

諸国産物見立評判番付

 このようなものを入手しました。
Sanbutsu01
 右上に名称が書いてあります。「諸国産物見立評判」ということで、ちょっと長いです。
 昨日の繁華の地の番付と、大きさも形式もよく似ていますので、同じ版元のものかと思います。

 東西は、東が飲食物、西がそれ以外の産物になっています。

 右上、東方上部の拡大。
Sanbutsu02
 東の大関は山城の宇治茶です。納得。
 その先には、土左の鰹節、薩摩の国分煙草、江戸の浅草海苔、紀州のみかんなどがあります。
 今に続く錚々たるメンバーですね。
 播州の赤穂塩も前頭2枚目にあります。
 2段目に松前の数の子があります。北海道ですけど、奥州になっています。
 その隣、吉野葛が山城というのは納得できませんねぇ。大和ですよね。
 左端の三輪素麺はちゃんと大和になっています。
 左から4つ目は甲州ブドウでしょうね。江戸時代からもう栽培していたのですね。

 左上、西方上部の拡大。
Sanbutsu03
 西の大関は上州の織物でした。
 確かに、桐生や伊勢崎の織物は有名ですけど、まさかトップとは。
 その隣、関脇に江戸の錦絵がありますね。有名だったのですね。
 あとは、越後の縮、越前奉書、博多織、結城紬、出羽紅花、八丈縞、阿波の藍など、これまた今に続く有名どころが並んでいます。
 左から2つ目に奈良晒がありますけど、ここでもまた、山城ですね。
 東でも西でも奈良はコケにされているような。

 2段目、伊吹のモグサがあります。尾張の焼物というのは瀬戸物ですね。

 中央上部には、行司と年寄。
Sanbutsu04
 行司の中央には大きな文字で京都の扇です。

 中央下部には、世話役と、勧進元、差添。
Sanbutsu05
 世話役の上段中央はオットセイですね。これも北海道ですね。
 勧進元と差添は、伊丹の酒と京織物です。

 3段目以下は字が細かいので、読むのが大変ですけど、何か面白いものがありましたら、また。

2021年9月17日 (金)

柿を剥いた

 朝は毎日、季節の果物を食べています。
 以前は、リンゴや、梨なども普通に食べていたのですが、そういう果物は包丁で剥かなくてはならず、それを回避すべく、ここのところずっと、いちご、さくらんぼ、いちじく、ブドウなど、包丁を使わなくても済むものしか食べなくなってしまいました。
 無精者です。(^_^;

 包丁を使うことには全く抵抗はありません。切るのは好きです。
 ただ、包丁がステンレスではなくて、鉄なので、使った後、きちんと拭いて仕舞わなくてはいけないのが面倒で。
 無精者です。(^_^;

 それが、昨日、いつものスーパーで柿を見つけ、食べたくなって、つい買ってしまいました。
 お気に入りの奈良の柿ではなく、和歌山の柿です。
 真田親子が流された紀州九度山も柿の産地ですので、昨日買った和歌山の柿も、ひょっとしたら九度山の柿かもしれません。
 ……って、産地についてもそんな思い入れが。(^_^)

 久し振りに包丁を使いました。
Kaki01

 とてもきれいに剥けました。
 といっても、わざわざ撮影してご披露するほどのものではありませんね。
 自画自賛が過ぎます。

2021年1月 4日 (月)

お正月の和菓子&屠蘇ティー

 三が日が終わりました。
 明日は非常勤の遠隔授業3科目です。
 ま、私の場合は授業日が火曜日なので、そういうことですが、大学全体では今日から授業再開です。
 昔はもっとゆっくりしていたのですけど、半期15回厳守でこういうことになっています。
 1月4日から仕事始めですから、教員は仕方ないかもしれませんが、帰省している学生や家族が気の毒です。
 今年は、リモートの授業では、帰省先から受講可能な学生もいることでしょう。それは幸いなことです。

 大晦日に、予約で受け取ったおせち料理は、賞味期限の関係で大晦日から食べはじめ、昨日食べ終わりました。
 賞味期限は1月2日だったのですが、今のところ大丈夫です。(^_^)

 同じく大晦日に8つ買ってきた和菓子も、同じく大晦日から毎日2つずつ食べて、昨日食べ終わりました。こちらの賞味期限は1月3日でした。

 どちらもおいしゅうございました。

 元日に浸けたお屠蘇は、元日と2日とに分けて飲みました。
2021shinnen03

 さすがに計量カップからというのはあんまりなので、たまたま目に付いたティーカップで飲みました。
 そのカップで紅茶を飲むとき、お屠蘇の香りがしてヘンでした。
 ハーブティーやジャスミンティー、アップルティーは良い香りですが、屠蘇ティーは合いません。

 8つの和菓子、こういう面々です。
2021wagashi

 中段右がよく分かりません。なんでしょ?
 下段左は紅梅ですね。中央は何でしょ? これも梅?
 右端も? 萌え出たばかりの若菜でしょうか?

2020年12月24日 (木)

クリスマスには海鮮パエリア

 毎年クリスマスイブには、近所のスーパーで、焼いた鶏ももを買うのを恒例にしています。
 品名に「若鶏の」とあるのを見て、「あたら若い命を」と思うのも恒例です。(^_^)
 今日も買うつもりでしたが、なぜか店頭にありませんでした。
 毎年食べているものを食べないと落ち着きませんが、ま、仕方がありません。

 海老と帆立の海鮮パエリアを買いました。
Paella202012a

 クリスマスのラベルが付いています。
Paella202012b

 中身です。
Paella202012c

 これも好物です。(^_^)
 店頭に並ぶのは年に数回ですので、これも逃さないようにせねば。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ