うさぎ

2022年12月 4日 (日)

宇宙旅行の端布

 このような端布を入手しました。
Uchuhagire01
 木綿で、サイズは35cm×94cmほどです。

 これが1単位になります。
Uchuhagire02

 いくつか見てゆきます。
 まず、月のうさぎ。
Uchuhagire03
 少年が双眼鏡で月を見ています。
 月ではうさぎが餅つき。
 向こう鉢巻きをしているのがおもしろいです。

 これはよく分かりません。
Uchuhagire04
 少年が乗っているのは星でしょうか。
 あるいは人工衛星?
 そこから電波のようなものを発しています。

 ロケットとテント。
Uchuhagire05
 中央部には、富士山上空を飛ぶロケット。
 乗っているのは犬とアヒルでしょうか。
 左にあるのは観測用のテントのようです。

 テントの文字とロケットの文字の中で、分かるのはテントの「NIPPON」だけで、あとは意味不明です。
Uchuhagire06

 この端布は、宇宙にロケットが飛んだ昭和30年代のものでしょうか。
 新時代の端布という気がします。

2022年11月13日 (日)

動物遊園地の端布

 端布収集も続いています。
 こういう端布を入手しました。
Yuenchihagire01
 木綿で、サイズは35.5cm×66cmほどです。

 これが1単位になります。
Yuenchihagire02
 動物たちがそれぞれ乗り物に乗っています。
 遊園地でしょうかね。

 絵は4つです。
 1つ目。
Yuenchihagire03
 ゴーカートに乗るうさぎ。
 旗はツバメですね。

 2つ目。
Yuenchihagire04
 うさぎとキリンが飛行機に乗っています。
 キリンは空気抵抗が大きそうですが、遊園地の飛行機ならば、あまり気にすることはないのでしょう。
 朝ドラ「舞いあがれ」を見ていると、ついそんなことが気になってしまいました。

 3枚目。
Yuenchihagire05
 これはなんでしょ?
 トロッコでしょうかね?
 シーソーのようでもありますけど、うさぎ2羽でも象さんには叶いません。

 4枚目。
Yuenchihagire06
 スクーターですね。
 動物は犬でしょうか。
 スクーターにはうさぎの絵が描かれています。
 擬人化されて楽しんでいる動物たちと、絵になってしまっている純粋な動物。
 たとえて言えば、ミッキーマウスのペットの犬プルートのようなものでしょうか。
 いや、馬に乗るぐんまちゃんの方がぴったりかも。

 動物たち、それぞれに風船を持っていますね。
 誰も彼もとても嬉しそうな顔をしています。
 笑顔を見ると、こちらも嬉しくなります。

 そして、うさぎが多いです。
 4つのうちの3つ。
 4つ目の絵のスクーターに描かれたのも含めれば皆勤です。
 うさぎはいいです。♪

2022年9月26日 (月)

南極観測隊の端布

 こういう端布を入手しました。
Nankyokuhagire01
 サイズは36cm×83cm程です。

 これが1単位です。
Nankyokuhagire02
 左下には南極観測船「宗谷」がいます。
 懐かしいです。
 タロ・ジロのころの観測船ですね。
 このプラモデルを作ったことがありました。
 あとは、南極らしくペンギンがたくさんいますが、なぜかうさぎやひよこがいます。

 うさぎを集めてみました。
Nankyokuhagire03
 純毛の毛皮を着ていても、南極じゃ寒いでしょう。
 なぜうさぎなのか分かりません。
 この端布の柄をデザインした人がうさぎ好きなのかもしれません。

2022年9月10日 (土)

中秋の名月(令和4年)

 今日は中秋の名月。良い天気でした。
2022chushu01
 満を持して(←満月だけに)撮ったのですが、あまり面白くない写真ですね。(^_^;
 もっと露出を落とせば、月の地形が映ったと思います。
 写真、ちっとも上達しません。

 HDDの中を捜したら、このような箱の写真がありました。
2022chushu02
 満月を見ているうさぎですね。
 手前にはススキが生えていて、月の手前には赤とんぼも飛んでいます。

 箱の中身は和三盆の干菓子です。
2022chushu03
 大きな満月がど~んとあって、うさぎもいます。
 手前中央にはお月見団子もあります。

 中秋の名月にふさわしいお菓子です。

2022年8月 5日 (金)

うさぎやひよこの端布

 ピンクの端布を入手しました。
Usagihagire01
 大きさは39cm×107cmほどです。
 もとはもう少し鮮やかな色だったかもしれません。
 ややくすんでいます。

 これが1単位になります。
Usagihagire02
 タイトルには「うさぎやひよこの端布」と書きましたが、他に、姉様人形、折り鶴、紙風船、犬張り子なども描かれています。
 タイトルは個人の好みが出た、恣意的なものです。(^_^;

 うさぎのアップ。
Usagihagire03
 上下のうさぎは、同じ形の色違いでしょうか。
 首輪をして、首輪には鈴も付いています。
 ねこみたいですね。

 ひよこのアップ。
Usagihagire04
 これも、上下は同じ形の色違いのように見えます。

 姉様人形も折り鶴もそのようですね。
 なかなか効率的です。

2022年7月10日 (日)

おとぎ話の端布B

 5月に「おとぎ話の端布」をアップしましたが、今度のは別のおとぎ話の端布です。
Otogihagire07
 正絹の古布。サイズは37.5×103センチ。手触りは柔らかです。

 これが1単位になります。
Otogihagire08
 右下はかちかち山ですね。
 とすると、左上のうさぎが担いでいるのは柴でしょうかね?
 他に、右上には金太郎のまさかり、左下には一寸法師の打ち出の小槌があります。
 右下の松は何でしょうね? 浦島太郎が玉手箱を開けた松原なのか、羽衣の松なのか?

 上端中央の扇。
Otogihagire09
 ここには、舌切雀のはさみ、桃太郎の桃、浦島太郎の亀、猿蟹合戦の臼などがちりばめられています。

 5月の端布では、かちかち山のうさぎはたぬきを叩いていました。
Otogihagire03

 今回の端布では、うさぎはたぬきを小突いている感じですので、だいぶ穏やかです。

 どちらの端布も子供の着物なのでしょうかね。
 正絹ということで高級品です。

 子供の頃から開票速報が大好きでしたが、近年は出口調査と事前調査で、あっという間に大勢が分かってしまって、ちょっと残念です。

 今日のNHK大河はお休みですね。
 元首相が暗殺されるという大事件が起きたので、暗殺が茶飯事な今年の大河を事件のわずか2日後に放送するのは不適切ということで、放送を自粛したのでしょうね。←違う。

2022年6月20日 (月)

ねこの端布

 ねこの端布を入手しました。
Nekohagire01
 サイズは、48×123センチです。
 ねこの種類は全部で12です。

 まずは、そのうちの6つ。
Nekohagire02
 バラエティ豊かです。
 左下のねこは枕をして寝ていますね。魚がたくさん泳いでいる夢を見ているのでしょう。
 下中央の字を書いているねこは、反対側から見ると「いろは」と書いています。

 残りの6つ。
Nekohagire03
 右上のねこは、お気に入りの鈴を欲しがっているのでしょうか?
 左下は招き猫ですが、衣装が福助風です。
 下中央のねこは波を越えています。波乗りうさぎ(波うさぎ)という伝統柄があります。そのうさぎをねこに代えたような図柄です。
 そういえば、左上のねこは餅を搗いていますし、右下のねこは月に乗っています。
 どうも、うさぎを意識したような絵柄が目立ちます。

 豪徳寺三重塔の波うさぎ。
Nekohagire04

 12種類のねこ、どれもかわいいです。

2022年5月22日 (日)

おとぎ話の端布

 端布収集、続いています。
 今度の獲物はおとぎ話です。
Otogihagire01
 長さ70cmほど。
 なぜこの端布を入手したかといえば、うさぎがいるから。(^_^)

 金太郎。
Otogihagire02
 うさぎはまわしを締めています。

 かちかち山。
Otogihagire03
 うさぎ、あまり恐い顔はしていません。

 文福茶釜。
Otogihagire04
 文福茶釜の茂林寺は群馬県です。

 猿蟹合戦。
Otogihagire05
 ブリキのバケツがミスマッチで面白いです。

 マークのようなものが4つちりばめられています。
Otogihagire06
 猿蟹合戦の臼と栗は分かりますが、あとの2つとこれらのおとぎ話との関係が分かりません。

 この端布、子どもの着物の残りなのでしょうかね。
 楽しい端布です。

2022年5月15日 (日)

うさぎと音符の半襟

 端布も遂に収集品の1つになってしまいました。
 今回はうさぎと音符ですが、端布ではなく、半襟です。
 絵の部分。
Usaonpu01
 上の方のギザギザはこういう風に切れるハサミを使ったのですよね。懐かしいです。

 向きを変えてアップに。
Usaonpu02Usaonpu03
 和服の半襟という日本のものに、洋楽の音符というミスマッチが面白いです。

 全体像はこんな感じです。
Usaonpu04
 正絹丹後縮緬の半襟で、手書き友禅染の新品です。

 先ほどは、ミスマッチが面白いと書きましたが、どうなんでしょ。
 こうして見ると、面白いというよりは、やはりヘンかもという気がします。(^_^;

2022年4月13日 (水)

ある日の3人組うさぎ

 動物のぬいぐるみや置物も、毎日一緒に暮らしていると、言葉が聞こえてきたりします。
 去年うちに来た、帽子をかぶった3人組うさぎの関係がよく分からなかったのですが、学校の同級生ということが見えてきました。
 雀の学校や、めだかの学校があるのですから、うさぎの学校があっても不思議はありません。

 ある日曜日、仲良し3人組がハイキングに出かけました。
 暑く、日差しの厳しい日でした。

 うさ太「暑いなぁ。でも、きのこを帽子にしたので、快適さ」
Usabou01

 うさ美「あ。いいなぁ。私はお花を帽子にしたよ」
Usabou02

 うさ吉「ぼくはスイカの帽子だよ」
Usabou03

 うさ太「わ! 重そう。そんなのかぶって、首痛くない」
 うさ美「中身ごとじゃない。顔がスイカの汁でベトベトになりそう」
 うさ太「てか、そのスイカ、どうしたの? まさか」
 うさ吉「違う違う。スイカ泥棒なんかしてないよ。そこの道に落ちてたんだよ」
 うさ美「落ちていたんなら、落とし物だから、交番に届けなきゃ」
 うさ太「このあたりでスイカを作っているのは校長先生の畑だけだから、校長先生の落とし物じゃないかなぁ。校長先生に聞いてみたら。僕も一緒に行ってあげるよ」
 うさ美「私も行くわ」
 うさ吉「みんなありがとう。一緒に行ってくれたら心強いよ」

Usabou04
 全員「校長先生。こんにちは」

 校長「おや。仲良し3人組、みんな揃ってどうしたい?」
Usabou05

 うさ吉「実はこれこれで」
 校長「ああ。そういうことか。それは確かにうちの畑のスイカだね。今朝いくつか収穫したんだけど、うちに運ぶ道の途中で、重かったんで、ちょっと休憩したんだよ。そのあと、うちに帰るときに1つだけ忘れてしまって、あとで取りに行こうと思っていたんだ」
 うさ吉「あ、そうでしたか。御免なさい。帽子にしてしまいました」
 校長「ああ、いいさ。置き忘れた私も悪かったんだし。それより、よく正直に来てくれたね」
 うさ吉「はい。2人がそう言ってくれて、しかも一緒に来てくれたんです。嬉しかった」
 校長「いい友達だね。そして、正直は大事」
 うさ太「はい。学校で朝礼の度に『 一、うそを言ふことはなりませぬ。一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ』って暗唱していますもの」
 校長「おお。エラいエラい」

 うさ美「ところで、どーもくんはお留守ですか?」
 校長「どーもは自分の部屋にこもってラジオを聴いてるよ。大月ひなたのラジオ英語講座さ」

 すみません。長くなりました。メルヘン第3弾でした。

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ