うさぎ

2019年5月 5日 (日)

ぐんまちゃんおとぎ話カレンダー「金太郎」

 愛用の「ぐんまちゃんおとぎ話カレンダー」の5月は以下の通りです。
Gunmac_otogical201905a
 金太郎です。

 下半分のカレンダー部分にはこいのぼりが描かれています。金太郎は直接5月のものというわけではありませんが、端午の節句の人形にもなっているので、上下とも子どもの日に相応しい内容といえましょう。
 大晦日の話のはずの笠地蔵が2月のカレンダーになっていたことを思えば、5月はバッチリです。(^_^)

 このカレンダー、絵が上に来るか、カレンダーが上に来るかは柔軟で、月によって様々です。絵の構図によって決めているものと思います。
 それにしては、こいのぼりが下というのは不思議です。「屋根より高いこいのぼり」ですから、普通ならばカレンダー部分を上に持ってきそうなものですけど……。

 ・こいのぼりが描かれているが、実はこのこいのぼりは池の鯉を表現している。
 ・金太郎は昔の話。その金太郎が今では端午の節句の人形にもなっている。つまり、上下で昔から今への時代の変化を表現している。

 う~ん。無理やり頭をひねっても、これくらいしか思い付きませんでした。どちらもあまり説得力がありそうには思えません。(^_^;
 さて、真相は如何に。

 上の絵にはうさぎもいます。
Gunmac_otogical201905b
 熊さんのうしろですね。うさぎ好きの私は、うさぎが描かれていると嬉しい気持ちになります。

 5月1日の「即位の日」も印刷してありました。このカレンダーが作られたとき、新元号はまだ決まっていませんでしたけど、退位の日、即位の日は決まっていたのですね。
Gunmac_otogical201905c
 今日の子どもの日、いつものスーパーには柏餅が並んでいましたけど、昨日頂いた柏餅がとてもおいしかったので、買いませんでした。
 柏餅って、皮と餡だけでできているシンプルな和菓子なのに、とてもおいしいのと、そうでもないのとがありますね。どこからその違いが生まれるのか不思議です。原材料の質の差なのか、砂糖などの量の差なのか、皮のきめ細かさの差なのか、あるいはそれ以外の何かなのか。いくつかの要素の複合なのか。興味深いです。

2018年3月 5日 (月)

鳥獣戯画×SNOOPY

 このようなものを頂きました。クリアファイルです。
Chojusnoopy01
 私、うさぎ年生まれなもので、うさぎが好きです。そして鳥獣戯画も。(^_^)

 これ、楽しいです。♪

 裏側です。
Chojusnoopy02
 中央部分に表側と同様の絵が描かれていますが、本来の右端の蛙が、こちらではスヌーピーになっています。(^_^)

2017年9月14日 (木)

秋露のささやき/うさぎの餅つき

 先日、東京駅で購入した駅弁の掛け紙です。秋になりました。
H29akitsuyu
 季節限定の「秋露のささやき」、毎年この季節になると登場します。掛け紙も中身も毎年異なります。

 うさぎの餅つきが描かれるのは初めてかと思い、HDDの中をあさって、この駅弁の写真を探してみました。

 平成20年から23年。
Akitsuyu2008_2011
 平成25年から28年。
Akitsuyu2013_2016
 平成24年の分が見つからなかったのが残念です。毎年買って、毎年撮影していますね。(^_^;

 下の写真の右上、平成26年にうさぎの餅つきの絵がありました。

 例年、紅葉がメインですけど、今年は満月がメインですね。そのお蔭で、餅つきうさぎも、大きく、良い場所に位置しています。うさぎ好きの私は嬉しいです。(^_^)

 餅を搗いているうさぎも、やけに力強く、張り切っているように見えます。(^_^)

 さて、念のためまほろばを見てみましたら、3年前、「秋露のささやき」に餅つきうさぎが描かれているのを取り上げて、今回と同様の記事を書いていたのでした。

 3年前と発想が全く同じです。そして、記憶力に不安があります。(^_^;

2017年7月22日 (土)

泉鏡花とうさぎ

 昨日の群馬県立女子大学のシンポジウムに来ていただいた泉鏡花記念館の穴倉さんが、鏡花記念館のパンフレットなどをお持ちくださいました。

 パンフレットの表紙は鏡花の『日本橋』の装幀からとったもので、小村雪岱の絵です。
Kyokahyoshi
 雪岱、いいです。

 鏡花記念館のシンボルマークは次の通りです。
Kyokamark
 うさぎと鏡花の顔とを組み合わせたのでしょうね。

 なぜうさぎなのかというと、鏡花は明治6年(1873年)の酉年生まれで、その反対側の干支(「向かい干支」というそうです)に愛着を持ち、うさぎの小物をたくさん集めていたそうなので、たぶんそれに因んだのでしょう。

 私はうさぎ年の生まれで、うさぎが好きですので、鏡花に親近感を持ちました。

 うさぎの向かい干支は何だろうと一瞬考えてしまいました。(^_^; 考えるまでもないですね。とりの向かい干支がうさぎならば、うさぎの向かい干支は当然とりです。(^_^)

 とりかぁ……。とりグッズよりも、やはりうさぎグッズを集めたいです。

 私が一番長く持っているうさぎグッズはこれです。
Maigohuda01
 反対側です。
Maigohuda02
 迷子札です。手彫りですね。今もこのようなものは作られているのでしょうか。

 さて、鏡花が集めたうさぎグッズは、鏡花記念館に収蔵され、大切に保管されているのは、幸せなことです。

 私のうさぎグッズは、私亡き後はどうなってしまうのでしょうね。ふと可哀想な気になってきました。

 本はいいんです。古書店経由で、それぞれの本が必要な人の所有になれば何よりです。それ以上の望みはありません。

 うさぎグッズやぐんまちゃんグッズはゴミ扱いでしょうねぇ。ふとそんなことを考えてしまいました。

2017年4月 5日 (水)

桜&うさぎパソコン

 今日も片づけ。(^_^;

 非常勤講師室からの桜、昨日よりも咲いていました。
Sakura20170405a
 アップです。
Sakura20170405b
 今日はノートパソコンが発掘されました。
Usagi_vaio
 うさぎがたくさん。うさぎの向きは天板の文字とは逆ですね。やはり蓋をした状態でパソコンに向かったときに自分の方から見える向きに貼ってしまいます。

 右下のうさぎは桜を見ています。一緒。♪

 このパソコンは、故障したわけではないのですが、アプリケーションソフトやデータを削りに削っても空き容量が厳しく、それで買い替えました。何かあったときの予備として保存しておいたのですが、時を経ていつの間にやら様々なものに埋ってしまいました。

 古代の遺跡なども、時を経てこんな風にして埋ってしまうのだなぁと、妙に納得できました。一緒。♪

2017年3月24日 (金)

うさぎのネクタイ

 ネクタイを頂きました。
Usanin01
 定年退職のお祝いです。お心遣い、ありがたいことです。

 上の写真ではどういう絵柄か判然としませんので、拡大します。
Usanin02
 人参を大切そうに抱えたうさぎです。(^_^) かわいいです。左向きと右向きと、2通りの絵柄ですね。

 私も食べ物を大切にしなければと、そんなことを思いました。こうした、大好きなものを大切にするという気持ちは好ましいです。

 このネクタイ、イタリア製です。イタリアでもうさぎと人参の組合せはあるのだなぁと思いましたが、この組合せ、ひょっとしたら西洋から伝わったのですかね。日本のうさぎは月とセットだったり、波とセットだったりしますものね。人参とセットになるのはいつ頃からかなぁと思います。

2017年2月17日 (金)

うさぎのチョコレート

 うさぎネタをもう1つ。

 学生さんから頂きました。
Usagi_karube01
 このうさぎも西洋系ですね。手に持っているのは四つ葉のクローバーですね。おめでたいです、

 このようなメッセージカードが付いていました。
Usagi_karube02
 誉めてくれているので、こういうのを出すのは遠慮すべきかもしれませんが、カードもうさぎだったもので。

 「とても分かりやすくて」と言ってくれたのは嬉しかったです。

 この学生さんはいつも前の方の席に座っていました。授業中、寝ている学生もいますし、ぼーっとしている学生もいます。

 本当は、全ての学生が熱心に聴いてくれるような授業をすべきものと思いますが、ま、熱心に聴いてくれていた学生からこういう評価を貰えたのなら、それで良しとしましょう。

 私がうさぎ好きだという情報がかなり浸透しています。ま、雑談の折などに自分からそう言っているのですけど。(^_^)

2017年2月16日 (木)

芝の上のうさぎ

 頂き物です。
Usagi20170216a
 後ろ側から。
Usagi20170216b
 キュートですね。日本のうさぎではなく、洋物という感じがします。

 うさぎの下に敷いてあるのは人工芝です。100均ショップで買ってきたもので、30cm×30cmで108円です。

 いえ、先日頂いたカランコエをどこに置くかで試行錯誤を繰り返しています。なるべく日に当てたいので。

 やがて暖かくなればベランダ(といいますか物干し台)に出そうと思います。1日8時間くらい太陽光が当たりそうです。その折に、コンクリートの直接の照り返しは良くないかなと思い、人工芝を敷いて、その上に置こうと考えました。暖かくなるまでまだだいぶあるのに、もう人工芝を買ってきた(とりあえず2枚だけですけど)なんて、気の早い話です。

 原稿執筆もこういう姿勢で取り組めばいいんですけどね。(^_^;

2017年1月24日 (火)

うさぎカレンダー2017年1月

 うさぎのカレンダーを頂きました。

 私はうさぎ年なので(←わっ! 歳が分かる……って、何を今さら。(^_^;)、うさぎには大いに親近感があります。

 1月はこんなです。
Usacal201701
 お正月のイメージに、ねずみが米俵の上に載っている図というのがありますね。子年のお正月に買った和菓子にもこんなのがありました。
Tawarane
 さしづめ、そのうさぎ版ということになりましょう。(^_^)

 俵の大きさに比べてうさぎが巨大です。(^_^)

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ