鹿

2022年6月11日 (土)

昭和3年の「奈良電気沿線名所図絵」

 このようなものを入手しました。
S03naradentetsu01
 真ん中で二つ折りにして、左側が表紙、右側が裏表紙になります。
 裏表紙には、「いにしへのならのみやこの八重ざくらけふここのへににほひぬるかな」という伊勢大輔の歌があり、右下には吉田初三郎の署名と印があります。

 中身です。
S03naradentetsu02
 パノラマの鳥瞰図です。
 左端に「奈良電車沿線を中心とせる鳥瞰図絵」とあります。
 右端に吉野山、左端には京都が描かれています。左側奥には琵琶湖も描かれています。
 そういう範囲を対象にしたかなり広域の鳥瞰図です。

 これでは細かすぎて分かりませんので、部分的にアップにして載せます。縮尺は全て統一しました。
 吉野から飛鳥・三輪付近。
S03naradentetsu03

 天理から信貴山付近。
S03naradentetsu04

 春日大社から興福寺付近。
S03naradentetsu05
 中央付近、「神鹿」として鹿が描かれています。
 嬉しいです。
 大きさは合いませんが、詩的真実ということで。♪

 東大寺付近。
S03naradentetsu06

 宇治川と平等院付近。
S03naradentetsu07

 宇治川と石清水八幡宮付近。
S03naradentetsu08
 右側に巨椋池がまだあります。
 伏見には寺田屋も書かれています。
 左下隅には四條畷。

 京都付近。
S03naradentetsu09

 琵琶湖付近。
S03naradentetsu10
 左下は山科で、大石良雄旧蹟も書かれています。
 そして、琵琶湖の向こうには、青森、北海道、樺太。
 見えるわけがありません。(^_^;
 吉田初三郎のいつもの遊び心です。
 時に、ハワイやサンフランシスコも書かれることがありますが、今回は方角違いで書かれていません。

 裏側は名所案内になっています。
 その末尾。
S03naradentetsu12
 昭和三年に奈良電気鉄道株式会社が発行したことが分かります。

 名所案内には写真も載っています。
S03naradentetsu11
 奈良の鹿もいます。♪

 鳥瞰図、極めて克明に描き込まれていると思います。
 見ていて飽きません。

2022年6月 2日 (木)

横浜の「マドロスどーもくん」

 今日は横浜開港記念日だそうですね。
 横浜市内の公立小中高校はお休みだそうです。
 日米修好通商条約を受けての開港なのですね。

 昨日のNHK「ゆう5時」の気象情報コーナーには横浜の「マドロスどーもくん」が登場していました。
Yokohamadomo

 このコーナー、どーもくんがレギュラーなので、今後も折々にご当地どーもくんが登場するかもしれません。
 (たぶん)そのトップバッターが奈良の「鹿どーもくん」だったのは嬉しいことです。
Narashikadomo02

 ご当地どーもくんのストラップを私はコンプリートしたのですが、その中に「マドロスどーもくん」はありません。
 横浜のどーもくんは「中華街どーもくん」です。
 その後増えたのでしょうかね。
 これではコンプリートのキリがない。(^_^;

2022年4月15日 (金)

奈良鹿のTシャツ

 このようなものを通販で買いました。
Narashikamapt01
 販売元は奈良鹿雑貨店です。

 絵柄をアップにします。
Narashikamapt02
 こんな風に、奈良鹿の地図です。
 鹿が出没している場所を示したものでしょう。

 これを着て奈良に行けば、地図があって便利です。
 ま、首を曲げて見るので、分かりにくいかもしれません。

 折り紙の鹿が同封されていました。
Narashikamapt03

 以前、奈良に行ったときに泊まったホテルリガーレ春日野の部屋にも折り紙の鹿が置いてありました。
Narashika4d
 よく似ていると思います。
 胴体と脚は同じで、違いは頸から角に掛けてとしっぽでしょうか。
 開いて折り方を研究してみたい気もしますが、元に戻せなくなると思うので、踏み切れません。(^_^;

2022年3月18日 (金)

奈良の鹿愛護会から会員証2022

 奈良の鹿愛護会から毎年恒例の郵便が届きました。
Narashika2022a

 中身は、奈良の鹿愛護会の会員証です。
Narashika2022b
 その必要はないかと思いましたが、一応、会員番号は消しておきました。(^_^)

 裏側は、これまた恒例の子供のポスターです。
Narashika2022c
 「ずっとだいすき」って、良い言葉です。
 毎回、裏面の絵はお気に入りです。

 『鹿瓦ばん』2022年春・夏号(全4ページ)が同封されていました。
Narashika2022d

 また、6月恒例の子鹿公開のチラシも同封されていました。
Narashika2022e
 この写真も素敵です。

 コロナが収まっていると良いです。

2021年12月18日 (土)

奈良鹿パーカー

 注文していた奈良鹿パーカーが届きました。
 発売元は、奈良市の「ヨシノマホのお店」さんです。
Narashikapar01

 背面。
Narashikapar02
 裏側から見ると、上下2つの「O」の文字から顔を出しているのは、奈良の大仏と鹿ですね。

 着てみました。
Narashikapar03
 私、パーカーを着るのは生まれて初めてです。
 フードをかぶると暖かいです。
 無精ヒゲ、お恥ずかしい。マスクをしているので、あまりヒゲを剃りません。
 もうそんなに伸びないし、すっかり白くなってしまいました。

 パーカーは大変気に入りましたが、フードをかぶると、何か怪しい人のようです。(^_^;
 また、パーカーに大きく書いてある文字はどうでしょう。
 奈良で着るには何の問題もありませんが、東京で着たら、怪しい人と思われないでしょうか。
 人の目を気にしすぎかなぁ。
 私のことなんか、誰も気にも留めないって。(^_^;

 あ、私、このパーカーを奈良の鹿のパーカーだとばかり思い込んで、タイトルも「奈良鹿パーカー」としてしまったのですが、そうじゃなくて、奈良パーカーですね。
 ま、いいや。

2021年12月17日 (金)

奈良旅手帖2022

 毎年買っている来年の「奈良旅手帖」がしばらく前に届きました。
Naratabi2022a

 裏表紙。
Naratabi2022b

 表紙は何種類かあるのですが、いつも鹿を使ったものを選んでいます。
 鹿、良いです。

 中身は、基本的に例年と変わっていないようです。

 以前は栞紐が付いていたのですが、業者を変えたために栞紐が付かなくなったということで、代わりにこういう栞が付いてきました。
Naratabi2022c

 栞の下に、意味というか趣旨というかが書いてありますが、文字が小さいので、拡大します。
Naratabi2022d

 三輪素麺の栞というのも珍しげで良いです。(^_^)

2021年9月10日 (金)

奈良公園の鹿が減ってる?

 奈良の鹿愛護会の『鹿瓦ばん 2021年 秋・冬版』が届きました。
Narashika2021a
 いつもは1枚紙を二つ折り4ページなのですが、今回は1枚の表裏2ページです。

 裏面です。
Narashika2021b
 表裏ともに、いつもと同様の記事ですが、1つ気になる記事がありました。

 奈良公園の鹿の頭数の調査結果です。
Narashika2021c

 去年のグラフ。
Narashika2021d

 一昨年のグラフ。
Narashika2020f

 奈良公園の鹿の総数が減っています。
 特に子鹿の数が減っているのが気掛かりです。

 記事によれば、調査日前後に雨が続き、森の中に子鹿が隠れていたことなどが理由として考えられるとのことです。
 それなら良いのですけど。

 あと、コロナ禍で観光客が減っているので、鹿が奈良公園を離れて、街中を自由に歩き回っているということはないでしょうか。

2021年8月31日 (火)

今日の「にほんごであそぼ」は奈良の鹿

 今日の「にほんごであそぼ」は「奈良公園の鹿」でした。
 内容は以下の通りです。
 ・花鹿亭/小噺「九官鳥」柳家わさび
 ・童謡「村祭り」
 ・ひこうき山陽たんけんたい/吉野山去年の枝折りの道かへてまだ見ぬ方の花を尋ねむ(西行法師)。
 ・名文を言ってみよう!/祇園精舎
 ・うた「平城遷都1300年祭のうた」

 オープニングは美輪明宏。
Nihongode06

 鹿のアップ。
Nihongode07

 金魚も登場。
Nihongode08

 神田山陽さん。
Nihongode09
 右手に持っているのは葛の根。左手は葛餅です。
 葛の根からどうやって葛粉を取るのかは「つづく」だそうです。

 暫く奈良に行けず、奈良の鹿にも御無沙汰でしたので、久しぶりに奈良鹿を見ることができて幸いでした。
 奈良鹿といえば、今年も鹿の角きりは中止とのことです。
R03tsunokiri

 早くコロナが収束しますように。

2021年6月14日 (月)

奈良むさし野旅館の絵はがき

 ネットオークションで4枚セットの絵はがきを入手しました。
 たとう(でいいのかなぁ?)が付いています。
Musashino01

 三笠山麓の料理旅館むさし野のものです。

 絵はがきは以下の4枚です。
Musashino02
Musashino03

 最初の2枚が春と夏、下の2枚が秋と冬でしょう。
 それぞれの中に枠があって、そこにむさし野の内部や外観等の写真が入っています。

 地図を見ると、この旅館、今でもあるのですね。
 そういえば、この旅館の前を何度も通ったことがありました。
 なんか、敷居が高い気がして、自分には縁のない場所という印象がありました。(^_^;

 若草山の麓にお土産屋さんが並んでいるあたりの南ですね。
 こういうお店の南。
H26nara24_shika05
 この鹿は毎日のようにこのお店に来るそうで、名前はさくらちゃんだそうです。♪

 むさし野のHPを見ると、この旅館は江戸時代からあるそうで、山岡鉄舟も贔屓にしたそうです。
 ジャパンナレッジで検索すると、この旅館はアーネスト・サトウの日記に出てきました。

Musashino04

 明治12年に関西に旅行に行った折のものです。
 アーネスト・サトウにも選ばれた由緒のある旅館なのでしょうね。

2021年3月24日 (水)

奈良の鹿愛護会の会員証(2021)と鹿瓦ばん

 奈良の鹿愛護会から新年度の会員証が届きました。
R03narashika01

 裏面はいつものようにポスターの優秀作です。
R03narashika02
 良い表情です。

 鹿瓦ばん春夏号が同封されていました。
R03narashika03

 巻頭はこのような文章です。
R03narashika04
 観光客の減少で、鹿せんべいをもらえなくなった鹿たちが飢えている、というデマは私も目にしたことがあります。
 鹿せんべいはおやつに過ぎないのですよね。

 それとも関係しますが、ストップえさやりが大きく取り上げられています。
R03narashika05
 2月にはそのキャンペーンも行われたのですね。
 良かれと思ってのえさやりなのでしょうが、ダメですよね。大事なことだと思います。

 さらに、プラごみなどを食べたことが原因で命を落とす鹿も少なくないようで、そうならないためにもゴミのポイ捨てはいけませんね。
R03narashika06

 また鹿に会いに行きたいです。

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ