鹿

2024年2月12日 (月)

一太郎2024到着

 一太郎の最新版が届きました。
Ichitaro2024a
 今や一太郎のユーザーはごく少数でしょうね。
 でも、根強いファンも多いと思います。
 一太郎、いいです。

 ワードは、ワード文書を読むのに使うだけで、書くときは一太郎一本槍です。
 毎年バージョンアップしていますが、どこが変わっているのか実はよく分かっていません。
 でも、毎年バージョンアップに付き合っています。
 ささやかな応援です。

 余談ですが、昨日の創作童話に登場してくれた鹿さんと撮ってみました。
Ichitaro2024b
 鹿、大きいです。
 本当は鹿を飼いたいほどなのですが、それは叶いませんので、その代わりです。

2023年12月21日 (木)

ならしかトレインつり革キーホルダー

 近鉄の「ならしかトレイン」というのがあるそうですね。
 車体の外側も内部も奈良鹿だらけ。
 乗ってみたいのですが、残念ながら、まだ見たことさえありません。いつかきっと。

 そのならしかトレインのつり革を模したキーホルダーがあるというので、買ってしまいました。
Narashikatsurikawa01

 側面。
Narashikatsurikawa02

 鹿の正面顔。
Narashikatsurikawa03
 つぶらな瞳で、かわいいです。

 うちの劇団員さんと一緒に。
Narashikatsurikawa04
 ぐんまちゃんは馬なので、鹿と並べてはいけません。

 台紙。
Narashikatsurikawa05
 素敵な車両ですねぇ。
 乗りたいです。

2023年11月 9日 (木)

ならまき

 「ならまき」を購入しました。
Naramaki01
 めっちゃ薄い腹巻きです。

 子供の頃は腹巻きをして寝ていたのですが、もう腹巻きをしなくなって何十年も経ちます。
 今になって腹巻きを買ったのは、奈良のだから。(^_^)

 「カラダもココロも奈良に包まれて」とあります。
Naramaki02
 いいですね。♪

 奈良の支援になるというのにも心惹かれました。
Naramaki03

 ワンポイントは次の面々です。
Naramaki04
Naramaki05
 チラと考えて、鹿を選びました。
 やはり鹿です。

 大変気に入っています。
 使うかどうかは分かりません。

2023年9月12日 (火)

鹿瓦ばん2023秋・冬

 昨日、「鹿瓦ばん2023秋・冬」が届きました。
Narashika2023e
 第1面は鹿の角きりの記事です。

 第2面には、鹿の頭数の調査結果と、交通事故の起きた場所や件数が載っています。
 そのうち鹿の頭数の調査結果は以下の通りです。
Narashika2023f

 昨年は以下の通りでした。
Narashika2022g
 総数とオス鹿・メス鹿の数は増えていてめでたいですが、子鹿の数が減っているのが気掛かりです。
 物陰などに隠れていて、カウントされなかった子鹿がたくさんいたと思いたいです。

 毎年、メス鹿よりもオス鹿の方がだいぶ多いですけど、なぜなのでしょうね。
 オス鹿は山の方に行っていて、カウントされなかったとか。
 誕生時に、そもそもオス鹿よりもメス鹿の方が多いとか。
 なんでしょね。

 第3面は切った角の行く末と、ドングリの寄付のお願い。
Narashika2023g

 第4面は、寄付のお願いです。
 春にも寄付したのですが、また寄付します。

2023年8月14日 (月)

奈良交通のバス2台

 奈良交通創立80周年のバス2台セットを購入しました。
 1台目(Aとします)。
Narabus01

 2台目(Bとします)。
Narabus02

 ぱっと見、同じバスです。
 仔細に眺めると、相違点が2つ見つかりました。
 1つは、車両中央部の「出入口」の文字。
 Aでは白地に黒文字ですが、Bでは黄色地に黒文字です。
 もう1つは、通過して行く主要停車場のリスト。
Narabus03
 上がAで、下がBです。
 この表示板の大きさが異なり、地の色も文字の色も異なります。

 背後。
Narabus04
Narabus05
 上がAで、下がBです。
 こちらは細かい部分の相違点がいくつか見つかります。
 そのうちの1つはテールランプの形で、Aは長方形であるのに対して、Bはそうではありません。
 Bは柿形だそうです。

 解説に依れば、Aは日野ブルーリボンKC-HU2MPCA、Bは日野ブルーリボンU-HU2MPAAとのことです。
 全くバスマニアではない私には、2台セットでなくて1台でも良かったのですけど。(^_^;

 縮尺は1/150で、鉄道模型のNゲージと同じだそうなので、ジオラマを作る場合にはNゲージの鉄道の車両サイズや駅舎などとぴったりマッチします。

 いや、このバス、奈良市内でよく見ますし、胴体には奈良鹿が描かれていますので、それに惹かれてつい買ってしまいました。ちょろい客です。

2023年6月24日 (土)

勉強になった鹿どーもくんコーナー

 NHKの「ゆう5時」の月曜日に、奈良放送局の鹿どーもくんが登場しました。
 鹿どーもくんは、引き続き火~木にも出演していました。

 火曜日は、鹿の模様の意味が取り上げられました。
Narashikadomo09
 群馬サファリパークの解説に依れば、鹿の天敵に木漏れ日と見間違わせるためではないかとのことです。

 冬毛になると模様は消えます。
Narashikadomo10
 そのことで、枯れ葉などと紛れます。

 この日の気象コーナーの終わり。
Narashikadomo11
 鹿どーもくんは背を向けています。
 あー、確かに木漏れ日と紛れて、鹿どーもくん、どこにいるのかよく分かりませんね。(^_^)

 水曜日は、夏至の日に、札幌と那覇とどちらの昼の長さが長いかというクイズが出されました。
Narashikadomo12
 鹿どーもくんは、選択肢にない「奈良」という答でした。
 正解は札幌で、那覇よりも1時間半ほども昼の長さが長いです。

 その理由は地軸の傾きにあります。
Narashikadomo13
 夏は北半球の日照時間が長く、より北にある札幌の方が昼の時間が長いとのことでした。

 木曜日は、刀根早生という柿の品種についての話で、これは奈良で作られた品種ということでした。
Narashikadomo14

 そして、鹿どーもくんの出番はこの日が最後で、鹿どーもくんは奈良へと帰って行きました。
Narashikadomo15
 荷物は首に結んだ唐草模様の風呂敷包みだけのようです。
 クラシカルで、すてきです。
 どーもくんのことは、こういったあたりも気に入っています。

2023年6月19日 (月)

NHK「ゆう5時」に奈良の鹿どーもくん

 今日の夕方、NHKの「ゆう5時」を見ていたら、NHK奈良放送局の鹿どーもくんが登場しました。
Narashikadomo06

 奈良から東京まで、近鉄と新幹線を使って来たのでしょうか。
 大きいし、目立つので、移動は大変だったと思います。座席も2席必要だったかもしれません。
 道中、サイン求められたかも。

 今、開催中の鹿の赤ちゃん大公開も紹介されました。
Narashikadomo07
Narashikadomo08
 赤ちゃん、かわいいです。

 そういえば、去年の5月24日にもスタジオに鹿どーもくんが来ていました。
Narashikadomo03

 1年振りだなぁ、などとぼーっと考えていましたが、思えば、去年も鹿の赤ちゃんの紹介がなされていたのでした。
 たまたま1年振りではなくて、時期的に必然性があったのでした。
 ぼーっと生きていてはいけません。

2023年6月16日 (金)

「日本地図おつかい旅行すごろく」(奈良県が……)

 このような双六を入手しました。新しいものです。
Otsukaisugoroku01
 日本中を旅行して各地の名物を集めよう、という趣旨です。

 東北地方。
Otsukaisugoroku02
 青森県はねぶた祭やりんご、秋田県は秋田犬やきりたんぽ鍋など、各県を代表するあれこれが描かれています。勉強になります。
 そして、それぞれの県の丸の中に入っているものが収集すべき名物です。
 宮城県の笹かまはよく分かります。秋田県はなまはげの簑です。これをお土産にもらっても。(^_^;

 群馬県から中部・北陸地方。
Otsukaisugoroku03
 群馬にはこんにゃく芋、新潟には火焔式土器、石川には兼六園、福井には恐竜化石などが描かれています。
 丸の中の名物は、群馬はだるま、新潟は柿の種、石川は輪島塗です。

 近畿西部から中国地方。
Otsukaisugoroku04
 金閣寺、太陽の塔、姫路城、岡山城、出雲大社、石見銀山、原爆ドーム、宮島、錦帯橋、などなどが描かれています。
 丸の中の名物は、岡山はキビ団子、広島は牡蠣です。兵庫はたこつぼ、鳥取は砂丘の砂、島根はどじょうすくいのざるです。

 愛知から近畿地方。
Otsukaisugoroku05
 細かくは述べませんが、それぞれに名所や名物が描かれています。奈良には金魚も描かれていて、ご機嫌です。
 そんな中で丸の中に描かれた名物が、奈良はなんと鹿せんべい! です。
 鹿せんべいは名物ちゃう。
 ちょっと考えても、奈良漬け、一刀彫り、吉野葛、柿の葉寿司、墨、などなどあるのに、なぜ鹿せんべい。
 ま、鹿関連のものが名物になっていて嬉しいですけど、なんか違う気がします。

2023年4月25日 (火)

ならシカGPT

 今日、ツイッターを見ていたら、こういう記事がありました。
Narashikagpt01
 ヨシノマホさんがChatGPTを登載した「ならシカGPT(仮)」という名のLINEアカウントを作ってくださったということです。
 URLはこちらです。
https://line.me/R/ti/p/@184hnffv

 面白そうだと思って、早速アクセスして見ました。
 ちょっとやり取りがあって、無事に使えるようになりました。

 「ならシカGPT」ということで、まずは奈良鹿のことを。
Narashikagpt02
 おお!

 次にはリニアのことを聞いてみました。
Narashikagpt03
 冷静な反応です。

 次は回答に金魚を期待して、誘導尋問(?)を。
Narashikagpt04
 金魚、全く出てきませんでした。

 ストレートな質問に変えてみました。
Narashikagpt05
 終わってしまいました。(^_^;
 1番下の「有料プランを見る」をクリックしてみました。
Narashikagpt06
 1ヶ月980円ですね。
 それならやってみようかと思います。
 名称は「ならシカGPT」ですが、奈良や鹿以外のことを聞いても答えてくれるのでしょうね。

2023年3月 6日 (月)

「鹿瓦ばん」2023年春・夏号

 奈良の鹿愛護会の「鹿瓦ばん」2023年春・夏号が届きました。
Narashika2023c
 第1面の記事は2つ。
 1つは、子鹿に触らないようにとの注意。
 子鹿に人間の匂いが付くと母鹿が育てなくなるからです。
 もう1つは、プラごみを食べた鹿が命を落とすことがあるので、そういうゴミを拾う美鹿パトロール隊の活動報告。

 第2面の記事も2つ。
Narashika2023d
 1つは、犬を鹿に近づけないようにとのお願い。
 もう1つは、どんぐり寄付のお礼とどんぐりボックス設置の報告です。
 ドングリの寄付は14,327kgだそうです。1.4tですね。すごい量です。

 毎年恒例の6月の子鹿大公開のチラシも同封されていました。

 新年度の会員証と振替用紙が同封されていました。
Narashika2023a
 会費納入のお願いと一緒に会員証が同封されているって、太っ腹です。
 以前は、会費を振り込んだ後に会員証が送られてきました。
 それに比べて会員証送付の手間と費用とが省けます。
 愛護会の会計、厳しいのでしょうかね。
 寄付金や牧草協賛金のお願いもありました。寄付します。

 会員証の裏側は、ポスターコンクールの奈良市長賞の受賞作品です。
Narashika2023b
 中学生の作品でしょうかね。
 鹿、良い顔をしていますね。目も良いです。
 上手いものです。
 鹿と奈良を大切にせねばと思います。

より以前の記事一覧

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ