2020年4月30日 (木)

得鳥羽月

 前にも書きましたが、スマホのゲーム「ねこあつめ」がお気に入りです。
 このゲームで、毎日日替わりの「あいことば」が示されます。
 この「あいことば」が、なかなか只者ではありません。
 「寄物陳思」などという業界用語が登場したこともありました。(^_^)
Neko_kibutsu
 
 今年4月1日の「あいことば」は「得鳥羽月」でした。
 はじめて見る言葉でしたし、読み方も分かりません。
 読み方が分からないと国語辞典や古語辞典は引けませんが、今は便利になって、ジャパンナレッジや電子辞書などを使えば、読みが分からなくても検索できます。

 で、日国では2項目見つかりました。以下の通りです。

 >えとりは‐の‐つき 【得鳥羽月】〔名〕陰暦四月の異名。
 > *蔵玉集〔室町〕「藤の花夏にかかれる奥山の下にや待たんえとりはの月」
 > *俳諧・哥林鋸屑集〔1660〕「四月。〈略〉得鳥羽(ヱトリハノ)月」


 >とことば‐の‐つき 【得鳥羽月】〔名〕(「ば」の清濁については不明)陰暦四月の異称。えとりはのつき。《季・夏》
 > *俳諧・俳諧新式〔1698〕夏の詞よせ・四月「う月 うのはな月 とことはの月 はな残り月」
 >補注
 > 「俳諧・増山の井」に「卯月 卯の花月 得鳥羽の月 花残りの月」とあるが、読み方は不明。

 ということで、陰暦4月の異名なのですね。読みも「えとりはのつき」と「とことばのつき」という2様があるのでした。
 どちらかが本来の読みで、一方は文字に引かれて生じた誤用ということなのでしょう。

 語の由来もよく分からないようで、「雛の羽毛が生えそろう時季」や「鳥の羽が生えかわる季節」という説があるようです。

 日国の用例を見ると、俳諧で用いられる語なのでしょうかね。五七五の17音という限られた音数ですので、その短い中で新しい表現を生み出そうとした工夫の1つなのでしょうかね。まったくの素人考えです。

 何かもう少し分かってからブログのネタにしようと思っていましたが、今日で4月が終わってしまいますので、今日載せることにしました。
 ま、旧暦4月の異名ということですので、本当はまだ良いのかもしれませんけど。(^_^)
Gunmac_hatena


2020年4月 3日 (金)

禁3密ねこ版ポスター

 「nekodea~ネコデア~」というサイトに、ねこを使った「新型コロナウイルス感染防止のお願い」のポスターがあることを知りました。
 「ネコデア」というのは、「ねこをテーマに、アイデアをカタチに」という趣旨だそうです。

 こういうポスターです。
Kin3mitsuneko01

 中央部のアップ。
Kin3mitsuneko02

 このポスターは、「ご自由にお使いください!」とのことで、PDFをダウンロードできるようになっています。
 在り処は、https://nekodea.com/newcoronavirus/です。

 良いお仕事と思います。

2020年3月26日 (木)

地域猫?

 昨日、お寺のねこのことを書きました。
Myokenjineko02

 その時は気づかなかったのですけど、このねこ、右耳に切れ込みがありましょうか?
Myokenjineko03

 飼い主のいないねこに避妊手術を施し、その目印として耳の一部をカットして、地域猫として見守る、という話を以前教えて頂いたことがありました。

 群馬県の地域猫のしおりにもこのようなイラストがありました。
Myokenjineko04

 お寺のねこの耳の切れ込みはずいぶん小さいので、あるいは違うのかもしれません。
 切れ込みがあまり小さいと目印にはなりにくいですから。

 どうでしょうね。

2020年3月25日 (水)

お寺のねこ

 今日はお寺に卒塔婆を頂きに行きました。
 普段ならば、春秋のお彼岸やお盆にはお寺で法事が行われるのですが、今年は新型コロナウイルスの感染防止のために、ご住職の判断で法事が中止になりました。それで今日頂きに行ったという次第です。

 お寺に着いた時に、玄関の近くの祠にねこがいたので撮影しようとしたら、逃げられてしまいました。接近しすぎたのです。(^_^;

 ちょうど檀家の方が1人いらしていて、ご住職様、ご住職の奥様と4人でしばしお話しをしました。
 その中で、私が持参した卒塔婆袋が話題になりました。
Myokenjineko01
 数年前に上野で購入したものです。
 お寺で頂いた卒塔婆を持ち帰るのに、生のまま手に持って電車に乗るのは抵抗があります。
 大体、むき出しの卒塔婆を手にして電車に乗っている人を見たことがありません。(^_^;
 そこで卒塔婆袋を購入したのでした。
 上野には仏具店がたくさんありますが、どの店にも置いてなくて、ある仏具店で教えて貰った法衣屋さんで購入することができました。この袋の生地はたぶんお坊さんの法衣に使うのと同じものと思います。

 卒塔婆を頂いて外に出たら、さっきのねこがいました。(^_^)
 祠の前ではなく、近くの地面でした。あまり近づかないようにして、無事に撮影できました。
Myokenjineko02

 去年の春のお彼岸の時に祠の前にいたのは下のねこです。
Myokenji201903c

 違うねこですね。
 お寺に来るねこは3匹いるそうです。
 随分長くお寺に来ているはずなのに、ご住職にも奥様にもある程度以上には近づかないそうです。
 なかなかガードが堅いねこたちです。

2020年2月23日 (日)

高山寺復興プロジェクト

 一昨年9月の台風で高山寺が大きな被害を受けたということで、その復興のためのプロジェクトが行われました。
 高山寺といえば鳥獣戯画。鳥獣戯画、好きです。うさぎもたくさん描かれていますし。
 そういう親しみもありましたので、ささやかながら寄付をしました。

 先日、お礼が届きました。
 ご丁重なお礼状。
Kouzanji01

 お守り。
Kouzanji02
 うさぎなので嬉しいです。(^_^)

 裏側は鳥獣戯画にも捺されているのと同じイメージの朱印です。
Kouzanji03

 中身も気になったのですが、紐が固かったのでまだ開けていません。そのうち。(^_^)

 拝観証。
Kouzanji04
 これを持って行くと拝観料が終身無料になるということです。♪
 台風で倒れた杉を使って作ったそうです。良い香りがします。

 上の画像では大きさが分かりませんね。こんなです。
Kouzanji05
 文庫本より少し大きいです。旅行に持って行くにはちょっと嵩張る。
 なんか時代劇に出てくる鑑札や手形のようです。いえ、こういうの嫌いじゃないですけど。(^_^)

 比較のために置いた文庫本の帯には「猫による人間のしつけ方」とあります。
 猫を飼っていると、猫にしつけられてしまうようです。(^_^;

2020年2月22日 (土)

今日は猫の日&ぐんまちゃんの誕生日

 今日は猫の日であり、またぐんまちゃんの誕生日でもあります。
 何か両方に共通の話題でもあれば良いのですが、ありません。(^_^;
 両者のツーショットとしては、こんなのもあります。
Gunmac_kitty01

 こんなのも。
2016neko05

 でも、両方とも既に当ブログでお披露目済みです。
 今回は新しいのはありません。
 1年掛けて、何か探しておかないと。

 今日はぐんまちゃんのお誕生日会が開催されるはずでしたが、コロナウィルスの感染リスクを避けて中止だそうです。
 本人による企画案の決済も済ませていたのに。
Gunmac_nenga2020b

 猫絡みの話題としては、先ほど、猫発見器というものがあることを知りました。
 親機と子機とからなっていて、子機を猫の首輪に付けておくと、猫がどこかに行ってしまった時に、親機が光と音とで猫の居場所を知らせてくれるという仕組みだそうです。子機の重さは7gとのことです。
 便利そう。私は猫を飼っていませんけど、メガネやスマホが時々どこかへ行ってしまうので、メガネやスマホに付けておけば、探し出せそうです。メガネに付けるのはちょっと邪魔そうですけど。

2020年1月30日 (木)

「日本昔絵すごろく」

 こういうものを入手しました。
Mukashie01
 「日本昔絵すごろく」。いつのものか分かりません。
 文字が左横書きですし、絵柄から見ても、間違いなく戦後のものでしょう。いつごろのものでしょうね。
 編集は神社本庁、絵はひらさわていじん氏です。

 項目(というのか?)は次の通りです。

  1.天のうきはし
  2.いなばのしろうさぎ
  3.やまたのおろち
  4.くにびき
  5.すくなひこなのみこと
  6.くさなぎのつるぎ
  7.ちいさこべのすがる
  8.きんのとび
  上り.あめのいわと

 記紀神代巻の神話が多いですけど、神武紀の「きんのとび」や、雄略紀の「ちいさこべのすがる」、出雲国風土記の「くにびき」もあります。「くにびき」のみならず「すくなひこなのみこと」も採られているあたり、出雲への配慮が見られましょうか。

 天孫降臨がないのは、戦後の時代背景を意識して、あえて外したのでしょうかね。

 1.天のうきはし。
Mukashie02
 天浮橋は虹とみているのですね。

 2.いなばのしろうさぎ
Mukashie03
 うさぎは白兎として描かれています。また蒲は花粉ではなくて穂綿を念頭に置いてのものでしょう。

 3.やまたのおろち
Mukashie04
 頭も尾も1つのように見えますけど、場所が狭いので省略したのでしょうか。姿は蛇というより龍ですね。

 7.ちいさこべのすがる
Mukashie05
 右下にねこがいますね。かわいいです。絵師はねこ好きなのでしょうかね。(^_^)
 ……と考えましたが、ひょっとすると、このねこは、蚕を食べるねずみ除けなのかもしれません。←深読みが過ぎるかも。(^_^;

 ほのぼのとしたすごろくと思います。

2020年1月13日 (月)

岩合さんのWクリアファイル

 菩提寺のご住職から頂いたお年賀の中に入っていました。
Iwagowfile01
 私がねこ好きだということをご存知で、こうしたものをくださいます。お心遣い、ありがたいことです。

 一見、普通のクリアファイルのようですが、ひと味違いました。
 こんな風に開きます。
Iwagowfile02
 これにA3の紙が入ります。こういうクリアファイルは初めて知りました。

 入れた後に二つ折りにしてしまったら、初めから二つ折りにして入れるのとあまり変わりませんから、折りたくない書類の場合は、折らずに使うことになりますね。私のリュックなら、折らずに入ります。(^_^)

 袋にこのようなラベルが貼ってありました。
Iwagowfile03

 便利そうです。良いものを頂きました。

2019年12月 7日 (土)

黒猫のワイン(2)

 先日、スーパーで買った黒猫のワインのことを書きました。
 その後、同じスーパーでまた別の黒猫ワインを見つけました。
 すぐに買おうと思いましたが、同じ買うなら、また「3000円以上買うと200ポイント」の日に買うことにしました。
 その日が来たので、買いました。♪
Nekowine05
 この前と同じメーカーのですが、猫の絵は全く違いますね。

 ビンを回すと、猫の前方にはやはりブドウが描かれています。
Nekowine06

 この前のと並べてみます。
Nekowine07
 容量は半分ほどです。

 よく見ないで買ってしまったのですが、これスパークリングワインでした。
 開けたらすぐに全部飲んでしまわないとダメですかね。
 困った。

2019年11月29日 (金)

黒猫のワイン

 以前も話題にしたことですが、私の行きつけのスーパーでは、時々このような券が貰えます。
Nekowine01
 普段、私の買い物は1500円前後です。2000円ならば十分クリアできますけど、3000円はきつい。
 この券があると、日持ちのする食べ物や、食べ物以外のものを買って、なんとか頑張っています。

 今回も何かないかと売り場を物色していたら、黒猫と目が合いました。
 黒猫、好きです。♪
Nekowine02

 ラベルのアップ。
Nekowine03
 ワインならば日持ちがします。お値段は998円。1点でこれだけ稼げれば大きいです。(^_^)
 無事に総額3000円を超えました。
 あきれるばかりのちょろい客。お店の思う壺です。(^_^;
 思う壺すぎ。

 猫ラベルのワイン、記憶があります。
 2007年の5月に掲示板「まほろば」で話題にしていました。
 サボっていて、「まほろばバックナンバー」には載っていませんが、HDDに残してあります。
 勤務先で、新任の先生方の歓迎会があり、その折に出たワインでした。
Nekowine04

 2つとも同じ会社ですね。
 どちらも猫ですけど、絵は全く違います。

 この時も、ラベルの猫に反応してしまいました。
 単に猫というだけでなく、猫の真剣な表情がおかしかったのです。

 この猫、ビンのラベルを読んでいるのでしょうかね。それとも、「こんなに飲んでしまった」と、ビンを見つめながら反省しているのか。
と書いたところ、朝倉山のオニさんから、

>「ま~たこんなに飲んで。大丈夫かいなウチの飼い主は」などと思ってたりして。
というコメントを頂きました。

 そうかもしれません。(^_^)

 晴南さんからも、「六条院殿によると、ポピュラーなワインだそうです。」というコメントを頂きました。

 さらに、白兎さんや源さんの後輩さんからも。

 源さんの後輩さんからは、

>黒猫のラベルの図柄はいろいろあるようですが、黒猫が乗っていた樽のワインがおいしかったという故事からきているときいたことがあります。
というコメントを頂きました。

 懐かしく思い出されます。

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ