2022年10月29日 (土)

ハロウィンの菓子2点

 いつものスーパーで見かけて、思わず買ってしまいました。
Halloween04
 心惹かれたのは、左側のオッドアイの黒猫です。
 ムースということですけど、目やヒゲはどんな風に作っているのだろうと気になりました。
 右側のカボチャの目や口はチョコレートではないかと思いました。

 蓋を取ったところ。
Halloween05
 黒猫の目やヒゲの正体は何となく見えてしまいました。

 透明のシールでした。(^_^;
Halloween06
 まさかと思ったカボチャまで。

 シールを取ったところ。
Halloween07
 のっぺらぼうになってしまいました。
 ちょっとがっかりですが、ま、おいしければ良いです。
 賞味期限は黒猫が明日、カボチャが明後日ですので、黒猫を先に食べます。
 ムースやババロアや生麩のような食感のものは好物です。

2022年10月27日 (木)

今日は「全国黒猫の日」

 今日、10月27日は「全国黒猫の日」だそうです。
 8月17日は「黒猫感謝の日」だそうですので、意外と黒猫は人気です。

 ただ、どちらも、黒猫は縁起が悪いなどという迷信によって迫害されたり、保護猫も引き取られにくいといった傾向があるので、そういった迷信を打破するために制定されたという共通点があります。

 8月の「黒猫感謝の日」の方は、アメリカのウェイン・モリスという人が2011年頃に提唱したということです。

 一方、今日10月27日の「全国黒猫の日」の方は、黒猫を祝う日で、イギリス最大級の動物愛護団体によって2011年に制定されたということです。

 どちらも2011年(頃)ですね。

 黒猫には幸せになって欲しいです。
 最近は馴染みの黒猫にも会えませんので、このような写真で。
H29halloween02
 もうじきハロウィンなので、タイムリーです。

 もう1枚。
Nekowine03

2022年10月 3日 (月)

黒目がちなお寺のねこ

 今日は、菩提寺に秋のお彼岸の卒塔婆を頂きに上がりました。
 秋分の日からはやや日が経ってしまいましたが。
 前の予定が長引いてしまい、お寺にお伺いする時間が少し遅くなってしまいました。
 ご住職は、ねこのゴハンを待ってくださっていました。
 私が玄関に着いたときには、いつもの猫が玄関先でお腹を空かせてゴハンを待っていました。

 ご住職がゴハンの用意をしている間、ねこは正座しておとなしく待っていました。
Myokenjineko39
 左側に見えているのが、作務衣をまとったご住職の脚です。

 ねこの目がいつもよりも黒目がちです。
Myokenjineko40
 時間が少し遅かったので、瞳孔が大きくなっているのでしょう。
 つぶらな瞳です。

 今までのと比べてみます。
 今年のお盆のときの目。
Myokenjineko36

 今年の春のお彼岸の目。
Myokenjineko27
 瞳孔の大きさがそれぞれ違いますねぇ。
 おもしろいです。

 『言海』の「ねこ」の項に「其睛、朝ハ圓ク、次第ニ縮ミテ、正午ハ針ノ如ク、午後復タ次第ニヒロガリテ、晩ハ再ビ玉ノ如シ。陰處ニテハ常ニ圓シ。」とあるのが思い出されます。

 面白いです。

2022年9月29日 (木)

今日は「招き猫の日」(令和4年)

 今日は招き猫の日だそうですね。
 くる(9)ふ(2)く(9)の語呂合わせから 、9月29日に設定されているそうです。
 私のHDDの中から、本物の猫が手招きしている姿の写真を探したのですが、見つかりませんでした。
 そんなに好都合な写真はありません。(^_^;

 それで、仕方なく招き猫の写真です。
 ま、招き猫なので、むしろこちらの方が正当なのでしょう。
Manekineko01
Manekineko02
 井伊家の菩提寺である豪徳寺の招き猫です。
 あふれんばかり。

 井伊直孝が豪徳寺で雨宿りをしていたときに、手招きをする白い猫に導かれて落雷の難を逃れたという伝説にちなんで、豪徳寺には招き猫が奉納されています。
 彦根のひこにゃんも同じ伝説由来のゆるキャラですね。
 あ、ひこにゃんのぬいぐるみも持っています。(^_^)
Hikonyan01
 このぬいぐるみをご披露するのは初めてです。♪

2022年8月19日 (金)

「ねこあつめ」に「正述心緒」(3)

 毎日楽しんでいるスマホゲームの「ねこあつめ」の「今日のあいことば」、今日は「正述心緒」でした。
Neko_seijutsu03

 去年の今日のあいことばも「正述心緒」。
Neko_seijutsu02

 一昨年の今日のあいことばも「正述心緒」。
Neko_seijutsu

 3年前の今日のあいことばは「寄物陳思」。
Neko_kibutsu

 「今日のあいことば」は、何かの記念日など、その日にふさわしいものが選ばれています。
 今日8月19日は語呂合わせ(8(は)1(い)9(く))で俳句の日だそうです。
 かすってはいるような気がしますが、違う気もします。
 万葉集か、柿本人麻呂か、8月19日に何かないものか。

 2年前に無理やり探したところ、『万葉集古義』の著者である鹿持雅澄の命日が安政5年の8月19日であることが分かりました。
 どうでしょうねぇ。可能性はありそうに思いますけど、違う気がします。

 正解を毎年考えているのですが、分かりません。
 ま、考えているのは、当日か次の日までか、そんなところです。

 いつかすっきり解けると良いです。

2022年8月17日 (水)

黒猫感謝の日&栄太楼の黒猫

 今日8月17日は黒猫感謝の日です。
 黒猫は、縁起が悪いなどという迷信によって迫害されたり、保護猫も引き取られにくいといった傾向があるので、そういった迷信を打破するために、アメリカのウェイン・モリスという人が2011年頃に提唱したということです。
 黒猫が迷信によって不幸になっては、何とも気の毒なことです。

 黒ねこの写真を載せたく思いましたが、ここのところ黒ねこに会う機会はありません。
 以前載せた写真ですが、高級ぬいぐるみの写真がありました。
Nekonuigurumi03
 金魚を脅してはいけません。

 家捜しをしたら、黒ねこの貯金箱が見つかりました。
Eitaroneko01
 だいぶ古びてしまっています。
 洗ったのですが、ホコリが染み込んでいるのか、きれいになりません。

 底です。
Eitaroneko02
 栄太楼の容器です。
 多分黒飴か何かが入っていたのだろうと思います。
 50年以上は経っていると思います。

 今でもあるのかどうか知りたくて、「栄太楼 黒猫」でググってみました。
 そうしたら、アンティークショップで売られているのが見つかりました。
 7,600円。
 写真が載っていましたが、私のよりも保存状態は良いです。
 私のは半額以下かもしれません。

2022年8月 8日 (月)

まほろば9周年&世界猫の日

 今日8月8日、当まほろばは、開設以来満9年となりました。これも皆さまのおかげと、ありがたく存じております。
 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 また、8月8日が「世界猫の日」であるということを去年知りました。
 今日は、年も含めて高崎のぐんまちゃんショップの開店記念日でもあります。
 さらに、三友亭主人さんのお誕生日でもあります。
 三友亭主人さん、お誕生日おめでとうございます。←最後で済みません。

 世界猫の日にちなんで、今年当ブログに載せたねこの画像を2枚載せておきます。
 菩提寺の猫と、ジャンケンをしている猫の端布です。
Myokenjineko36
Nekohagire06

 これからの1年間もまた更新を頑張ります。

2022年7月12日 (火)

お寺のねこ(令和4年お盆)

 今日は菩提寺に卒塔婆を頂きに行ってきました。
 相変わらず、コロナの感染を避けるために本堂に集まっての法要は中止です。
 コロナの新規感染者数、すごい勢いで増えていますね。心配です。
 お寺に行けば、恒例のねこ。
 ご住職は、私が着くまでねこのゴハンを待っていてくださいました。

 ねこはこんな感じでいました。
Myokenjineko35
 駐車場の車のところです。
 向かって左側がチョビ、右側の車の下にいるのがハチだそうです。
 ハチは、正しくはハチなんとかなのですが、なんとかの部分を忘れてしまいました。(^_^;
 そこそこ近くにいますけど、仲は悪いそうで、ゴハンの時は離れて食べるそうです。

 チョビ。
Myokenjineko36
 今日はだいぶ接近できましたので、鮮明に撮れました。
 相変わらず舌を出しています。

 ハチ。
Myokenjineko37
 ハチは別の車の下に行ってしまいました。
 手足がかわいいです。

 チョビの耳。
Myokenjineko38
 バックが白で分かりにくいですが、避妊済みの地域ねこのしるし、さくら耳です。

 最近、お寺にはたぬきが出没するそうです。
 街中なのに。
 ねこのゴハンを食べてしまうことがあるそうですが、ケンカになればねこの方が強いのだとか。
 楽しいお寺です。

2022年7月 2日 (土)

ねこの端布補遺

 10日ほど前に「ねこの端布」という記事を書きました。
 全部で12通りの様々なねこの姿が描かれていて、楽しかったです。
 そのうちの6通り。
Nekohagire02
 その時は、左下のねこは魚がたくさん泳いでいる夢を見ているのだなぁ、とか、下中央のねこは「いろは」と書いているなぁ、などに目が行ったものの、他の絵柄にはあまり関心が向きませんでした。

 ところが、先日、こんな風に折り畳んであるこの端布をぼーっと見ている時に、左側のねこはピースサインをしていることに気づきました。
Nekohagire05
 「おお!」です。この端布、意外と新しいのかもと思いました。
 ところが、右のねこを見ると、ピースサインはしていません。パーかグーですね。
 また「おお!」です。

 早速開いてみました。
Nekohagire06
 左上のねこがチョキなのは間違いありませんが、あとは、右上のねこがパーで、下のねこがグーですかね。
 ねこのパーとグーは分かりにくいです。
 ともあれ、この図柄はねこのジャンケンなのでした。
 なかなか油断なりません。

 実際のねこはチョキは出せないでしょうから、ねことジャンケンをするときには、こちらはパーを出し続けていれば、勝ちかアイコですね。
 ねことジャンケンをするときの必勝法です。

 それはともかく、ぼーっと見ていてはだめですね。
 何ごとも注意深くあらねばと反省しました。

2022年6月26日 (日)

うだうだと&浜木綿

 金曜日に渋川の家に来て、その日はうだうだ。
 土曜日もうだうだ。
 そこまでは想定内でしたが、今日、日曜日もうだうだ。
 なんかやる気が起きなくて。
 これではちっとも片付きません。何しに来たのだか。
 群馬の高温もさることながら、体がまだ暑さに慣れていないのですよね。
 こんな感じです。
Yarukinashineko
 この画像は、5年ほど前にネットで拾いました。
 それを勝手に使っていいとは思いませんが、あまりにもこういった感じでした。(^_^;
 火曜日まで渋川にいるつもりでしたが、明日もこんな状態では意味ないので、もう明日東京に帰ってしまうかもしれません。
 せっかく来たんだから、せめて明日1日だけでも頑張れ、という考えもあります。
 どうするか思案中です。

 浜木綿はこんなです。
Hamayu_r040626a

 5月下旬はこんなでした。
Hamayu_r040528
 あまり変わりませんかね。

 葉が1枚、ダイナミックによれています。
Hamayu_r040626b
 これは、縁側の窓際で冬越しさせたときに、窓に近すぎて、成長するに従ってよれてしまったのです。
 真っ直ぐにはならないかもしれません。

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ