2017年12月21日 (木)

「養蚕かるた」

 このようなかるたを入手しました。長野県の上伊那のかるたです。
Yosancard01
 趣旨等を書いた解説書が入っていました。
Yosancard02
 その解説書には、読み札の文章、絵札の作者、読み札の揮毫者も紹介されています。お名前は消しました。
Yosancard03
 絵札を何枚かご紹介します。
Yosancard04
 対応する読み札は以下の通りです。

 ぬ:ぬくもれる 母の手織りの 紬縞
 か:蚕飼い この道一筋 三十年
 れ:レンタンを 使った昔が 忍ばれる
 う:うれしさを かくしきれない 繭出し日
 ま:繭玉を つくって祝う 小正月
 え:沿線に 桑畑つづく 中央道
 さ:三代の 我が家の養蚕 百年目
 み:見て学び 馴れて蚕飼いの おもしろさ

 さて、このかるた、いつのでしょう?

 奥付はありませんが、三枚目の画像に「56年度収繭量」という文字が見えます。これ、昭和56年度(1981年度)でしょうか、1956年度(昭和31年)でしょうか。

 12月17日(日)にアップした「信濃かるた」が昭和53年か54年のものです。
Shinanocard02
 それと比べると、この「養蚕かるた」はモノクロですし、絵札の服装などを見ても、かなり古色蒼然としています。「信濃かるた」よりも新しいとはとても思えません。

 しかし、「養蚕かるた」の「え」の札には中央道が取り上げられています。「信濃かるた」によれば、中央道の開通は昭和56年です。昭和31年にはまだ影も形もないのではないでしょうか。

 また、「か」の札に描かれているバスは現代のバスと同じような形をしています。昭和31年ならボンネット型と思います。

 「さ」の札に養蚕百年とあります。昭和56年なら100年前は1881年で明治14年ですが、昭和31年の100年前となると1856年となってしまい幕末の安政3年ですね。養蚕自体は古くから行われてきた訳でしょうけど、ここで言っているのは近代養蚕のことでしょうから、安政3年というのは合わないように思います。

 そういう次第で、ぱっと見ならば昭和31年の方が合っている気がしますが、仔細に検討すれば昭和56年とみるべきもののようです。

 昭和56年って、ほんの少し前のような気がします。このかるた、あえて懐かしい情景というイメージで描いたのでしょうかね。

 そう思って見ると、上に並べた「養蚕かるた」の絵札の中で、「さ」の札のおじいさんの着物の打合せは合っていますけど、「ぬ」の札、「ま」の札の女性はいずれも着物を左前に着ています。これは、絵札が描かれた時点では、日常的に着物を着ていた女性はほとんどいなくて、それで描いた人がうっかりしたのだと考えられるかもしれません。

 絵札の中にネコを描いたものが何枚かありました。作者がネコ好きなのかとも思いましたが、あるいは、蚕をネズミから守るためにネコを飼っていたのかと思いました。

2017年12月13日 (水)

猫かるた

 このような物を買いました。
Nekocard01
 中身は以下のようになっています。
Nekocard02
 横長の形状で、3つの部分からできています。右端は絵札、中間は読み札、左端は解説です。

 絵札と読み札は切り離せます。表紙も同じ部分を切り離すと、残った左端が小型本になります。

 興味深いと感じた数枚をご紹介します。

 き:気づいたら あんたによく似た グッズだらけ
 と:隣でくつろぐ それだけのことが 何よりのこと
 に:似たような 写真がスマホに 数千枚
 ひ:膝は座布団 肩は踏み台 ぐらいに思ってる
 ま:待てよ? 人間を堕落させる 兵器かもしれないな

 猫に詳しい方が選んだら、また別の札が選ばれるかもしれません。

2017年11月24日 (金)

東京駅に岩合さんの期間限定ショップ

 東京駅構内に、岩合さんの猫ショップができていました。11月30日までの期間限定です。
Tokyoiwago01
 場所は、上越・北陸新幹線の南の改札口前の空間です。
Tokyoiwago02
 写真を撮って良いものやらいけないものやら分からなかったので、当たり障りのないあたりを遠くから撮りました。
Tokyoiwago03
 そうしたら上の写真の猫の足もとにこんな掲示がありました。
Tokyoiwago04
 この内側に入らなければ撮影OKのようです。(^_^)

 ま、このショップを撮そうなんていう人はそうはいませんよね。……と、わが身を棚に上げて。(^_^)

2017年10月20日 (金)

世田谷線が、ねこだらけ!

 東急線の駅にこのようなパンフレットがありました。毎月発行されている東急電鉄・東急バスの広告誌です。
Setagayaneko01
 表紙に書いてあるように、今月号の特集は「世田谷線は、ねこだらけ!」です。

 最初の見開きページ。
Setagayaneko02
 このページは、豪徳寺の紹介です。表紙やこのページにある招き猫も豪徳寺のです。

 豪徳寺と招き猫との関係についてはこのようにあります。
Setagayaneko06    
 ひこにゃんも、この話がもとになっています。

 世田谷線をこのようなラッピング電車が走っているようです。
Setagayaneko05_4
 来年の3月末ごろまで運行予定とのことですから、それまでに見に行きたいです。

 次の見開きページ。
Setagayaneko03_2
 ねこ店員がいて、ねこの本(だけ?)を扱っている書店と、ねこが6匹いるお寺の紹介です。

 その次の見開きページ。
Setagayaneko04
 こちらは、ねこ関係のスイーツを扱っているお店3軒の紹介です。

 発売当日限り、世田谷線の各駅を何度でも乗り降りできる乗車券も発売中です。
Setagayaneko07

2017年10月16日 (月)

岡山の名物キャラ

 岡山駅前には桃太郎像がありました。
Okayama01
 猿、右手を桃太郎の陣羽織に伸ばしています。陣羽織にすがりついているわけではありませんけど、家来が大将に依存していてはまずいような……。(^_^;
Okayama02
 マンホールの蓋も桃太郎。やはり、岡山というと桃太郎のようです。
Okayama03
 駅前でイベントをしていて、ゆるキャラがいました。
Okayama04
 JR西日本の「くまなく」だそうです。熊ですかね。左手のところにいる小さいのは「たびにゃん」だそうで、2人はセットのようです。子供に懐かれていますね。人気者なのでしょう。

 岡山市内には路面電車が走っていました。懐かしいです。

 その中に和歌山のたま駅長の電車が。
Okayama05
 思いがけない出会いでした。
Okayama06
 和歌山電鉄は、平成17年から岡山電気軌道の子会社だそうで、その縁で、岡山市内をこういう電車が走っているようです。

2017年10月 2日 (月)

「ねこあつめ」はじめました

 今まで使っていたスマホは、メモリーがもう一杯で、新しいアプリをインストールすることはできなくなっていました。

 スマホを更新したことで、搭載メモリーが16倍!になり、あれこれのアプリをインストールできるようになりました。

 で、「ねこあつめ」を入れました。(^_^)
Nekoatsume01
 庭先にゴハンとグッズを置いておくと、色々なねこが集まってきて、遊んでいってくれるというゲーム(ゲームなのか?(^_^))です。ほっこりできます。

 ゴハンがなくなってしまうとねこは来なくなりますが、自分で飼っている猫ではないので、餓死する心配がないのもありがたいところです。

 上の画像で設置しているのは、一番安いネコ缶と、座布団、お魚のけりぐるみ、段ボール箱、赤いゴムボール、毛糸玉です。

 普段は、ゴハンは無料の「お徳用かりかり」です。ネコ缶を用意したら、来るねこの数と種類が増えたような気がします。もっと高価なゴハンだと、来るねこの種類がさらに増えるかもしれません。

 遊びに来たねこは、お礼ににぼしを置いていってくれます。ねこにとって、にぼしは大事な宝物でしょうに、それを置いて入ってくれるのですから、律儀です。

 このにぼしで、新しいゴハンやグッズを買えます。

 遊びに来てくれたねこは、自動的に「ねこてちょう」に記載されます。
Nekoatsume02
 御朱印帳のようなものですね。これをいっぱいにするのは1つの目標になりましょう。

 「ねこてちょう」のそれぞれのねこをクリックすると、それぞれの詳細が分かります。
Nekoatsume03
 「せんとうりょく」って? (^_^;

 今までに来てくれたねこは下の通りです。
Nekoatsume04
 まだ半分にも届きません。滅多に来ないレアねこもいることでしょう。

2017年9月30日 (土)

ちりめん創作人形展

 群馬県立日本絹の里でこのような企画展が開催されます。始まるまでまだ3週間ほどあります。
Chirimen01
 ちりめん人形は、あたたかく、穏やかな感じがします。

 趣旨は次の通りです。
Chirimen02
 妖精って、暑さや寒さとは無縁な存在と思っていましたが、ちゃんと冬支度をしている点に意表を衝かれ、おかしかったです。(^_^)

 さて1枚目の画像の猫。
Chirimen03
 一心不乱にさんまを見つめていますね。右手が浮いています。今にも手が出そう。(^_^)

 さんまを3尾焼いていますけど、1尾がこの猫の分ということはないのでしょうね。猫にやるつもりなら焼かないでしょうから。焼き上がったさんまは3尾とも人間が食べてしまうのでしょう。

 待ち構えていた猫は虚しく肩透かしでしょうか。それとも、かわいそうに思った誰かから少しくらいお裾分けを貰えましょうか。

 この企画展、人形の展示だけでなく、ギャラリートークや、ちりめん細工講習会、竹本京氏の人形制作実演会も開催されます。

2017年9月 6日 (水)

黒猫の『赤穂義士物語』

 こういう本を買いました。平成21年6月1日発行。発行人は The 47Black Cats Planning 、発行所は赤穂市加里屋の赤穂孔版です。
Akogishimono01
 四十七士が黒猫です。なぜ黒猫なのかは以下のように書かれています。
Akogishimono02
 ちょっと分かったような分からないような。(^_^)

 赤穂関係は黒猫ですが、その他の登場人物は黒以外の猫です。吉良さんはグレー。シルバーグレーのイメージでしょうか。
Akogishimono03
 遊里のお姉さんたちは白猫です。大石さん、膝枕でゴロゴロ言っています。(^_^)
Akogishimono06
 猫だらけの中で、将軍綱吉は犬です。犬公方ですからね。でも、絵はちょっとオオカミっぽい。
Akogishimono04
 見開きの右ページが絵で、左ページが文章になっています。
Akogishimono05
 文章ページは、日本語と、英語、フランス語です。グローバル。

2017年7月27日 (木)

「アートになった猫たち」展に行ってきました

 昨日、標題の展覧会に行ってきました。

 会場は高崎駅東口の高崎タワー美術館です。駅の2階から外に出るとペデストリアンデッキがあり、そこに看板が設置してありました。
Artcat07
 そのペデストリアンデッキを歩いて1~2分でタワーに行けます。
Artcat08
 タワーの中に入って、エレベータで4階に行くと会場入口があります。4階・3階が美術館で、出口は3階です。
Artcat09
 藤田嗣治の作品が4点、竹久夢二が数点、国貞、国芳が多数、広重や渡辺崋山もありました。見応えがありました。

 展示数は200点ほど。ひたすら猫だらけ。(^_^)

 図録を買いました。
Artcat05
 中身を載せてはまずいと思いますが、こっそり1つだけ。
Artcat06
 意外な作者でした。

 大物画家の作品やインパクトのある作品と並んでしまうと、「普通にうまい」という印象になってしまいましたが、歌手の八代亜紀の絵です。八代作品は2点展示されていました。

2017年6月30日 (金)

アートになった猫たち

 高崎市タワー美術館でこのような展覧会が開催されます。会期は、明日から2ヶ月ちょっとです。
Artcat01
 チラシの裏は以下の通りです。
Artcat02
 裏にあるのが主な展示品なのでしょうね。竹久夢二や藤田嗣治、漱石の『吾輩は猫である』などが見えています。

 猫の絵というと、菱田春草が思い浮かびますが、ここにないところをみると、多分出品されていないのでしょう。残念。

 趣旨は以下の通りです。
Artcat03
 美術館では猫の絵を募集しています。
Artcat04
 描いた本人が入館するとプレゼントが貰えるのですね。

 写真ならばまだしも、絵となるとハードルが高いです。絵、下手なもので。(^_^; 猫か虎か分からないような絵でも描ければ大いばりです。そんなレベルではありません。

 岩合さんの展覧会でも一般から猫写真を募集していますが、そちらは写真の募集なのに、こちらは絵なのですね。なぜかと考えたら、岩合さんのは写真展なのに、こちらは絵の展覧会だからなのでしょう。明快でした。(^_^)

--------------------------------------------------------------------
 当ブログ、「動物」というカテゴリーを作って、猫はそのカテゴリーに入れていましたが、この度、「猫」というカテゴリーを新設しました。「鹿」も。

 新規の書き込みのみならず、従来「動物」に入れていた記事の中で、猫と鹿に関するものも、さかのぼってカテゴリーを変更する予定ですが、それはまぁ、追々ということで。

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

ウェブページ