地図・航空写真

2020年11月30日 (月)

生きていた油坂池

 「奈良名勝案内図」という地図の異版を集めています。
 今のところ、大正8年版から昭和8年版まで集まりました。
 最近、昭和18年版を入手しました。
S18narameishou
 この版は戦争中のものですので、紙質はあまり良くありません。

 別の版と比較すると、なかなか興味深いですが、国鉄(当時は「省線」でしょうか)奈良駅の北東に位置する油坂池に注目しました。

 昭和3年1月版。
Aburasaka01

 同年8月版。
Aburasaka02
 1月版と比べて、8月版では、油坂池の西側が小さくなっています。埋め立てられたのでしょうか。
 他には、東の開化天皇陵の堀の形が異なります。

 昭和5年版。
Aburasaka03
 油坂池が消えてしまいました。
 埋め立てがさらに進んで、完全に消滅してしまったのかと思いました。
 そして、それを、年代不明の魚佐旅館のパンフレットの年代推定にも使いました。

 ところが、その後、「古都の焼け門」さんからコメントを頂き、空中写真によれば油坂池は昭和42年までは存在している旨、ご教示頂きました。ありがたいことです。
 地図とは整合しませんが、空中写真は確かです。

 そこで止まっていたのですが、新たに入手した昭和18年の地図にはこうありました。
Aburasaka04
 油坂池、復活していますね。昭和3年8月版と同じような形です。
 一度埋め立てたものをまた元通りに掘ったとも考えにくいです。
 とすると、昭和5年版に油坂池がないのは、地図上で間違って消してしまったということですかね。
 なぜ間違ったのかも含めて、ナゾのままです。

 南の三條池は、道路整備のために西側が削られてしまっていますね。
 刊行年の異なる地図を比較するのは楽しいのですが、地図が正しくない場合もあるということになると、なかなか油断がなりません。

2020年10月26日 (月)

前橋・高崎の地図展補足

 群馬県庁で開催中の前橋・高崎の地図展を金曜日に見に行ったことを、土曜日のブログに書きました。
Maetakachizu09
 会場で頂いた資料をもとに、少し補足します。

 主催は地図展推進協議会でした。共催・後援・協賛は以下の通りです。
Maetakachizu10
 地図展推進協議会というのがあるのですね。
 こういった地図展を各地で開催しているようです。

 主な展示物は以下の通りです。
Maetakachizu11

 会場の入口で、チラシとパンフレットをもらいました。
 パンフレットは以下の2点です。
Maetakachizu12
Maetakachizu13
 それぞれ、前橋地区と高崎地区です。

 表側には、明治18年の陸軍参謀本部の地図が印刷してあります。
Maetakachizu14

 裏側は、令和2年に国土地理院が撮影した空中写真です。
Maetakachizu15

 どちらも光が反射してテカってしまいました。(^_^;

2020年10月24日 (土)

前橋・高崎の地図展

 昨日、前橋で仕事でしたので、恒例により、群馬県庁を覗いてきました。
 1階の県民ホールで、このような展覧会を開催していました。
Maetakachizu01

 入口のゲート。
Maetakachizu02
 タイトルは、「地図展2020 双子都市 前橋・高崎の150年」ということのようです。

 入ってすぐの床に空中写真がありました。
Maetakachizu03
 靴のまま歩いて良いそうです。

 伊能図の該当箇所も。
Maetakachizu04
 ただ、伊能忠敬は前橋は通っていないので、前橋付近はありません。

 高崎付近。
Maetakachizu05
 中央付近が今の高崎駅です。

 吉田初三郎の鳥瞰図もありました。
 前橋市。
Maetakachizu06

 高崎市。
Maetakachizu07

 最近のデジタル標高地形図もありました。
Maetakachizu08

 他には、新旧の国土地理院の地図や、バス路線図なども。

 地図好きなので楽しかったです。

2020年9月18日 (金)

奈良の「つなや」と「魚佐」

 また新たな定宿帳を入手しました。
M00naniwako01
 刊年は不明です。

 表紙をめくると、表紙裏はこのようになっています。
M00naniwako02
 いきなり奈良です。こういった道中記では、江戸(東京)スタートか、(豊橋から船に乗って)伊勢神宮スタートが普通です。
 上のページは、右端の柱に書いてあるように第五丁です。落丁というよりは、冒頭の4丁分をわざと省いてダイジェスト版を作ろうとしたのではないかと思います。

 このページ、架蔵の明治18年の一新講社の定宿帳と同じ絵図のようです。
 ページの左端の宿の名は、今日の本では「つなや市平」ですが、明治18年のでは「うをや佐兵衛」です。
M18isshin04
 
 絵地図は同じで、宿のマークだけが異なります。今日のはつなやのマークである「太」に丸で、明治18年のでは魚屋のマークである山形に「ウ」です。

 2つの宿は隣同士ではなく、同じ場所のように見えます。
 どちらの方が古いのか分かりませんが、魚屋佐兵衛の後身に当たる魚佐旅館は平成まで存続していましたので、今日の本の方が古いのかもしれません。
 つなやを魚佐が居抜きで買ったのでしょうか。

 今日の本には神武天皇陵が載っています。
M00naniwako03
 とすれば、江戸時代ではなく、明治になってからの刊行のように思えます。

2020年8月28日 (金)

「3密チェッカー」(2)

 今日は前橋で講座の日でした。そのため、東京から群馬まで日帰り往復しました。
 これを好機と、昨日ご紹介した「3密チェッカー」を試してみました。

 京浜東北線の田町付近。
3mitsu04
 1密です。近隣にはCOCOAをインストールしている人が18人いるようです。

 東京駅の新幹線ホーム。
3mitsu05
 密閉が密になっています。
 新幹線ホームは、ホーム上には屋根があるものの、線路の上には屋根はなく、かなり開けた立地です。
 密閉の推定は騒音レベルで行っているようですので、実際には密閉状態にはなくても、騒音レベルが高いと密閉と看做されてしまうようです。

 新幹線の中。
3mitsu06
 車内は空いていました。

 仕事が終わった後は、在来線の上野東京ラインで帰りました。
 昨夜気づいたのですが、このアプリには地図も付いていました。
3mitsu07
 私の移動経路が丸見え。(^_^;
 ピンは、青が1密で、黄色が2密のようです。
 3つある黄色は、高崎駅付近、桶川駅付近、上野駅付近です。桶川はたまたまだと思います。
 品川駅は結構混んでいましたが、黄色にはなっていません。測定は15分ごとに自動的に行われますので、品川はちょうど測定から外れてしまったのかもしれません。

 日ごとの集計も出ます。
3mitsu08
 昨日と今日、大違いです。(^_^)

2020年4月21日 (火)

昭和2年の「渋谷町全図」

 このような地図を入手しました。
S02shibuya01
 細かすぎますね。(^_^;
 左上に標題があります。
S02shibuya02
 昭和2年の渋谷町の地図です。「区」ではなく、まだ「町」です。
 昭和7年に、渋谷町、千駄ヶ谷町、代々幡町が一緒になって渋谷区が成立したとのことですが、3町の中では渋谷町の範囲が圧倒的に広かったことがこの地図から伺えます。

 右下にこのような解説が載っています。
S02shibuya03
 これによれば、翌昭和3年の地名変更に先立って、この地図が作成されたようです。
 地名変更前の地名を記録しておこうということでしょうか。
 そういうことであれば、先日のタモリさんの言葉ではありませんが、意義深い地図と思います。

 この地図を入手したことで、数年前にブログで取り上げた地図を思い出しました。
 この図録に掲載されていた絵地図です。
Hachi_shibuya

 下がその絵地図です。大岡昇平の『幼年』における記述をもとに作成した、大正から昭和初め頃にかけての地図とのことです。
Shibuya_taisho

 絵地図ですので、この地図を現代の地図と重ね合わせることがなかなか難しかったのですが、昭和2年の地図となら対比しやすかろうと思いました。北が下なので、分かりにくいんですけどね。(^_^; 昭和2年の地図も北を下にしてみました。
S02shibuya04

 ついでに現代の地図も。
S02shibuya05

 ブログに絵地図を載せた時に、朝倉山のオニさんからいろいろとご教示をいただきました。以下の通りです。

 ・駒場通りから大向通りにかけては、文化村通りで、大向小学校は今の東急本店に当たります。
 ・練兵場通りは、ファイヤーストリートでしょうか。
 ・竹久夢二の家から生民軒牛乳屋への道は井の頭通りでしょう。
 ・衛戍監獄は、今の渋谷区役所近辺だと思います。
 ・練兵場は、言わずと知れたNHK、代々木公園ですね。当時は狐が出没したそうです。
 ・宇野浩二の家の方に伸びているのは、公園通りのようです。
 ・練兵場通りは途中で二股になっていますが、そこは今の丸井だと思います。
 ・ファイヤーストリートは、渋谷駅を後ろにして丸井を左手に見る道のことです。電力館に通じる道です。
 ・憲兵分隊のすぐ下の三角形のところは、109だと思います。

 3枚の地図を比べてみると、オニさんの判断は全てどんぴしゃりだったことが分かります。掌を指すが如く。
 改めて御礼申し上げます。

 絵地図には、渋谷川と宇田川とが載っています。渋谷川は東京オリンピックを前に暗渠になってしまいました。
 現在の渋谷大改造では、渋谷川の一部を地上に出すようなことを聞きました。

 一方の宇田川の方は、宇田川町の地名の由来になった川と思われますが、今はやはり暗渠になってしまったのでしょうね。
 この川は昭和2年の地図に載っていました。
 代々木の方から南下しています。
S02shibuya07
 あ、昭和2年の地図は48度ほど右に回転していますので、それを逆に回転して北が上になるようにしました。
 上の3枚の地図とは向きがほぼ逆になります。

 宇田川は、画面左上から右下に掛けて流れています。
 北から順に深町小橋、深町橋、松濤橋、大向橋などの橋の名前が書かれています。
 大向小学校の北東で、この流れに、南西から流れてきた川が合流します。

 その川も含め、合流後の流れは以下のようになっています。
S02shibuya06
 大向橋の下流には後藤橋があり、その先で川は消えてしまっています。暗渠になったのでしょうか。現在の109のあたりです。
 参考までに、現代の地図。
S02shibuya09
 太い道は変わりませんが、細い道は大分変わってしまっていて、重なりません。
 宇田川も辿りにくいです。

 絵図にある大岡昇平の家は、昭和2年の地図では、大向橋のすぐ左の「20」と書いてあるあたりと思います。現代の地図では大きな文字で「宇田川町」と書いてある「町」の上あたりになりましょうか。

 地図の比較は楽しいです。


【追記】R2.4.23
 古都の焼け門さんのコメントを受けて、昭和2年の地図から1枚追加します。
 大向小学校の西側です。
S02shibuya10
 大向小学校の北沿いを流れる川を西へ遡ってみました。
 画面右端中央付近に大向小学校があります。
 その北沿いの川を辿ると、「松濤」と「大山」との境界付近を通って、画面左端中央付近で地図の端になってしまいます。この先は駒場になろうかと思います。駒場の向こうから流れて、大向小学校の北を通って、宇田川に合流することになります。

2020年4月 1日 (水)

「奈良名勝全図」

 家の片づけ、ほそぼそと続いています。
 その過程で出てきました。
Narameishouzen01
 「奈良名勝全図」とあります。発行年や発行者は書いてありません。
 もしかしたら、左側の余白に書いてあったのが切断されてしまっているかもしれません。

 何枚か部分拡大します。

 興福寺五重塔と猿沢池付近。
Narameishouzen02
 右上隅に春日大社の一の鳥居があります。その手前には旅館菊水楼。菊水楼の前には鹿がいます。(^_^)
 画面右下付近には、当ブログで何回か話題にした「うを佐旅館」があります。かま屋も。

 興福寺金堂と猿沢池付近。
Narameishouzen03
 左下付近に、かごや、小刀屋、いんばんやという3軒の旅館が並んでいます。いずれも道中記(定宿帳と呼ぶべきか)に時々出てきます。
 三条通を挟んだかごやの向かいには郵便電信局と警察署があります。
 画面左上隅には裁判所があります。今と同じ位置ですね。
 その向かいには図書館があります。

 東大寺と県庁付近。
Narameishouzen04
 画面左下隅付近に、先ほどの裁判所と、その隣に県庁があります。
 その左には高等女子師範学校と女子師範学校。今の奈良女ですね。
 その上方には景清門(転害門)が描かれています。

 春日大社の二の鳥居手前付近。
Narameishouzen05
 画面左下に奈良ホテルがあります。
 画面中央付近に雪消沢があり、鹿がいます。(^_^)
 その上方には鹿苑。

 この地図、いつのものか分かりませんが、今の画像に奈良ホテルがあります。奈良ホテルは明治42年営業開始とのことですので、この地図は明治42年以降のものということになります。
 また、同じ画像の右端中央付近に第十六師団第五十三聯隊兵営とあります。
 ウィキペディアによれば、この聯隊は第16師団隷下の聯隊として明治42年に高畑村に移転して来て、大正14年に軍縮のため廃止されたとのことです(昭和13年に復活しますが、その時は第17師団隷下として)。

 ということで、この地図は明治42年から大正14年までの間に発行されたものということになります。
 他にもまだ手がかりがあるかもしれません。

2020年2月 7日 (金)

魚佐旅館「奈良案内」の年代

 1月末に「魚佐旅館の奈良案内」という記事を載せました。
 戦前のものということは分かりますが、具体的な年までは分かりません。ただ、載っている地図が手がかりになりそうです。
Uosaannai01

 わがコレクションに、「奈良名勝案内図」という地図が、大正8年版から昭和8年版まで10枚ほどあります。
 魚佐旅館の奈良案内の地図とこれらを比較してみました。
 手がかりになるのは、魚佐旅館の奈良案内の次の部分です。
Uosamap01
 上の地図の左上、旧一条通沿いに、奈良中学校、第五小学校、育英高等女学校があります。

 大正8年の奈良名勝案内図は以下の通りです。
Uosamap02
 この地図では旧一条通沿いには学校は全くなく、もっと南に佐保川を挟んで、奈良中学校と第五小学校があります。育英高等女学校は全くありません。

 これが、大正12年の地図では以下の通りです。
Uosamap03
 3つの学校は魚佐旅館の奈良案内地図と同じ場所にあります。
 育英高等女学校も登場しました。
 中学校と小学校の跡地は白抜きになっています。

 ということで、魚佐旅館の奈良案内の年代の上限は、大正8年から大正12年までの間ということになります。

 下限を決める手がかりとしては、これらの学校の南にある油阪池と、その東の開化天皇陵が使えます。

 下の地図は、昭和3年1月の「奈良名勝案内」です。
Uosamap04
 左下に油坂池があります。その東に開化天皇陵。馬蹄形の堀の形は魚佐旅館の奈良案内図とよく似ています。

 下の地図は、同じく昭和3年ですが、8月のものです。
Uosamap05
 油坂池の西側が削られて痩せてしまっています。そして、開化天皇陵の馬蹄形の堀が南に長くなっています。
 そして、育英高等女学校の位置が若干東に移っているようです。育英の西に新しい道もできています。

 下は昭和5年のものです。
Uosamap06
 油坂池は消えてしまいました。埋め立てられてしまったのでしょう。

 ということで、魚佐旅館の奈良案内の下限は、昭和3年の1月から8月までの間と考えて良さそうです。

 以上、記述を簡単にするために、地図の発行年月をそのまま使って、上限・下限の推定をしましたが、実際には土地の状態が即座に地図に反映されるわけではなく、多少のタイムラグが生じていることでしょうから、その分の幅を考える必要がありましょう。
 ただ、同じ昭和3年に1月版と8月版とがあるところをみると、実際の変化をかなり早く地図に反映させているのではないかと思います。

 今後、奈良の地図をもっと多く収集して行くことにします。←部屋を絶賛片づけ中なのですが、それを尻目にどんどんものが増える。(^_^;

2020年1月31日 (金)

魚佐旅館の奈良案内

 奈良関係の記事が続いています。
 今日は、猿沢池畔にあった魚佐旅館の奈良案内です。
Uosaannai01
 左側が表紙のような感じです。

 その部分のアップです。
Uosaannai02
 魚佐旅館・魚佐旅館別館が作成したものです。
 女子学習院御用というのはステイタスになっているようです。

 さて、魚佐旅館というと、当ブログで以前ご紹介しましたように、明治18年の定宿帳にあった魚屋佐兵衛の後身です。
 明治30年前後の奈良鳥瞰図には「魚佐」として載っています。下の図の右下隅です。
Narachokan04
 この鳥瞰図で、魚佐の隣に鎌屋があります。
 そして、鎌屋旅館は昭和30年代には「魚佐旅館別館」になっていた旨、「いがらし」さんからご教示いただいていました
 今日の奈良案内は戦前のものと思われますので、鎌屋旅館は戦前に既に魚佐別館になっていたことが判明します。
 この記事、「いがらし」さんのお目に止まると良いです。

 この奈良案内の右側は奈良史跡地図になっています。
 一部アップします。
Uosaannai03
 右下に魚佐旅館・魚佐別館があります。まさに猿沢池の南です。
 汽車の奈良駅からと、近鉄(当時は大軌でしょうか)の奈良駅からの道順が赤の実線で示されています。

 裏側は名所案内などになっています。
Uosaannai04

 一部アップします。奈良の名産品・特産品。
Uosaannai05
 一刀彫、奈良漬、筆、墨などは今と一緒ですね。

 拝観料・運賃等。
Uosaannai06
 他と比べないと、高いのやら安いのやら、分かりません。

 この奈良案内、年紀がないのでいつのものか分かりません。
 ただ、詳しく地図を見てゆけば、ある程度絞られるかもしれません。例えば油阪池など。
 何か分かったらまたアップします。

2020年1月16日 (木)

「標註日本外史附図」

 このようなものを入手しました。
Nihongaishifuzu01
 題簽が剥がれてしまってありません。

 最初の見開きページです。
Nihongaishifuzu02
 右ページ(表紙ウラ)には「標註日本外史附図」とあります。
 「とあります」といっても、実は上から2字目の「註」と、下から2字目の「附」は、最初は読めず、調べました。多分合っていると思います。(^_^) また、下から3字目も難解ですが、これは以前、「新居関所史料館蔵」の蔵書印で覚えましたので、「史」と分かりました。体験は大切。

 上の画像の通り、この本には序文等もなく、最初のページからいきなり本文が始まっています。そして、巻末には刊記もありません。
 そういう不思議な本です。
 調べてみると、『日本外史』のテキストに『標註日本外史』というものがあることを知りました。この本はその付図という位置づけのために、特に刊記がないのかと思います。

 左ページ(第1ページ)は「関東八州略図」とありますが、平将門の乱の地図です。宇都宮のあたりを拡大します。
Nihongaishifuzu03
 「押領使秀郷」とあります。将門を討った俵藤太秀郷ですね。大好きだったNHK大河「風と雲と虹と」で露口茂が演じていました。

 大坂の陣のページ。
Nihongaishifuzu04
 今は、大坂冬の陣、夏の陣と言っていますが、この本では、「大阪前役之図」「大阪後役之図」とあります。

 前役之図で真田丸のあたりを拡大します。
Nihongaishifuzu05
 「玉造」の近くに「真田」の文字が見えます。
 文字が上下逆で読みにくいので、180度ひっくり返してみます。
Nihongaishifuzu06
 「玉造」の右下に「真田」とあります。その右にある2字は「月城」と読めます。知らない語でしたので日国を見たら、次のようにありました。

 「がつ‐じょう[グヮツジャウ]【月城】城郭の門外に突き出た半円形の一区画。城の出丸。げつじょう。」

 なるほど。そういうことなら真田丸のこととして誠によく理解できます。
 歳をとっても知らないことがたくさん。

 真田の右上に「直孝」の文字が見えます。井伊直政の子息ですね。
 大河「真田丸」で、真田丸に押し寄せた井伊勢を見て、幸村が「井伊にも様々な物語があることであろう」(セリフ、記憶が曖昧です)というような発言をして、次の大河「おんな城主直虎」へのエールを送っていたことを思い出しました。

 どうも、今日はあれこれ雑駁な内容で……。(^_^;

 昨日発生した雪崩、夕方でしたので、昨日は歩くための道作りで終わってしまいました。今日は夕方まで外出しましたので、何もしていません。明日から頑張ります。

 雪崩のあと感じたのは、部屋が明るくなった、開放的になった、という2点です。すっきりしました。
 山を撤去したら、その跡地に本棚を置けないかと考えています。置いたら、今までよりももっと暗くなり、閉塞的になることでしょう。そんなことを感じました。

より以前の記事一覧

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ