台本

2024年5月13日 (月)

昭和35年「国定忠治」(東宝)の台本

 昭和35年「国定忠治」(東宝)の台本を入手しました。
S35kunisada01
 この台本は決定稿ではなく第2稿です。
 右下に1959とありますが、封切りは翌年です。
 右上には「総天然色」とあります。当時はまだモノクロの作品もあったことでしょう。
 主演は三船敏郎です。

 国定忠治といえば、行友李風による新国劇の台本の名場面が思い浮かびます。
 この東宝の映画には、そのままの場面はありませんが、少しかすっている場面があります。
S35kunisada02

 もう1つ。
S35kunisada03

 また、国定忠治といえば、東海林太郎の「赤城の子守歌」も思い起こされます。
 忠治は勘太郎という子を負ぶっているわけですけど、それと関わる場面もありました。
S35kunisada04
 忠治に負ぶわれている勘太郎を演じているのは、当時4歳の中村勘九郎(平成24年に亡くなった中村勘三郎)です。

 私はたぶんこの映画は見ていないと思います。
 国定忠治で思い起こされるのは、「国定忠治、鬼より怖い。にっこり笑って人を斬る」というものです。
 そのセリフはこの台本にはありませんでした。別の忠治だったのでしょう。片岡千恵蔵だったかもしれません。

 見ていないのにこう言ってはナンですけど、三船敏郎は国定忠治には似合わないような気がします。
 実際に見てみたいです。

2024年1月23日 (火)

「パーマン」の台本

 子供の頃、テレビでアニメ「パーマン」を見ていましたので、懐かしさに買ってしまいました。
Perman194a
 ただ、この台本には194回とあります。
 ウィキペディアによれば、「パーマン」のアニメ放映は2回あったそうです。
 1回目は1967年4月2日から54回、
 2回目は1983年4月4日から526回+スペシャル2回だったそうです。
 私が見ていたのは第1シリーズの方で、この台本は194回ということから、第2シリーズの方ですね。

 冒頭部を切り貼りします。
Perman194b
Perman194c

 ミツ夫は小学生なのですが、その一方でパーマンとして世のために活躍しています。
 しかし、その正体は秘密なので、パーマンとして出動している間はコピーロボットがミツ夫の代わりをします。
 コピーロボットは鼻のボタンを押すと、押した人間の身代わりになります。
 何かのはずみで物にぶつかったりして鼻のボタンが押されてしまうと、コピーが解除されてしまいます。
 この台本は、そういった騒動です。
 細かい設定など、もう忘れてしまっていましたが、懐かしく読みました。

2024年1月11日 (木)

昭和44年「ヤングおー!おー!」台本の補足

 昨日の補足です。
 昨日、昭和44年の「ヤングおー!おー!」の台本を載せました。
S44young01_20240110235901

 そこで、表紙裏にあった三枝師匠のサインと、裏表紙内側にあった仁鶴師匠のサインとを載せたのですが、実はサインはもう1つありました。
 裏表紙裏にあったこのサインです。
S44young06
 誰のサインか分からなかったので載せなかったのですが、Facebookの方に木下信一さんから頂いたコメントと、Twitterの方に社会人個人研究垢 さんから頂いたコメントによると、このサインはどうもこの番組を担当していた斎藤努アナウンサーのもののようです。
 これも初めから載せれば良かったです。

2024年1月 9日 (火)

昭和44年の「ヤングおー!おー!」の台本

 毎日放送制作の「ヤングおー!おー!」の台本を入手しました。
S44young01
 昭和44年(1969)のものです。今から54年ちょっと前。
 右下のスタンプに拠れば、11月15日(土)収録で、12月7日(日)の午後6時から放送です。
 当時の人気番組だったようですが、私は見たことがありませんでした。
 「どんなんかな~」と思って買ってしまいました。

 表紙裏にサインがあります。
S44young02
 はっきりしないのですが、桂三枝のサインではないかと思います。

 裏表紙の内側には笑福亭仁鶴のサインがあります。
S44young03
 こちらは、下に「どんなんかなァー!!」と書いてありますから、間違いないでしょう。
 サインは、縦に「笑福亭」、横に「仁鶴」ですね。

 電報が挟まっていました。
S44young04

 文面の拡大。
S44young05
 差出人は、ウエノ ユキカズさん。
 文面は、「イラストノコトデ ハナシアリ アス一八ジ デンワコウ ヤング オーオー」ですね。
 もう電話が普及していたでしょうに、なぜか電報です。

 半世紀前の三枝師匠と仁鶴師匠のサイン。価値が出ていましょうかね。(^_^)

2024年1月 4日 (木)

昭和58年「アマデウス」の台本

 昭和58年の舞台「アマデウス」の台本を入手しました。
S58amadeus01

 ちょっと、私らしくないものですが、映画の「アマデウス」はかねてDVDで観て興味を持っていましたし、舞台の主役は松本幸四郎(当時)でしたので、それで欲しくなりました。

 主な配役です。
S58amadeus02

 多くはありませんが書き込みもあります。
S58amadeus03
 この箇所は、元の内容よりも下品になっています。(^_^)
 ここはモーツァルトのセリフですが、書き込みは他の配役の分にもありますので、この台本の持ち主が江守徹だったことにはなりません。

 今度よく読んでみたいです。

2023年11月 7日 (火)

「クイズドレミファドン!」の台本&最終回写真

 「クイズドレミファドン!」の台本を入手しました。
Doremifa01
 第161回・162回の2本撮りです。

 子供の頃、毎週日曜日のお昼に見ていました。
 ……と思っていましたが、放送日を見ると、昭和54年ですね。
 子供ではなくて十分に大人でした。(^_^)
 子供の頃、日曜のお昼に見ていたのは、いとこい師匠司会の「ガッチリ買いましょう」と大正テレビ寄席でした。

 出演者は次の面々です。
Doremifa02
 「特別ゲスト」としてタモリさんが出ています。
 もう、この頃から大物扱いだったのでしょうか。

 タモリさんの登場場面。
Doremifa03
 今の「ブラタモリ」のタモリさんとはだいぶ雰囲気が違います。(^_^)

 この台本に最終回の記念写真が挟まれていました。
Doremifa04

 最前列中央部のアップです。
Doremifa05
 向かって一番左は斎藤清六、その隣は高島忠夫です。
 その隣はよく分かりません。その隣は坂上とし恵と思います。

 あれこれ懐かしいです。

2023年11月 6日 (月)

阪妻の「雄呂血」の台本

 無声映画「雄呂血」の台本を入手しました。
Orochi01
 ググってみましたら、今泉伍朗というのは弁士でした。

 冒頭はこのような内容です。
Orochi02
 この冒頭部分にはなんか憶えがあります。

 「雄呂血」はテレビで一部だけ見たことがあります。
 激しい立ち回りのあったことが記憶に残っています。
 それ以上のことはありませんでしたが、この台本を入手したことで、DVDを買ってしまいました。
 今度ちゃんと見てみます。

 無声映画の台本って、どういう仕組みなのでしょうかね。
 製作会社から映画館に台本が配付されるのでしょうか。
 映画を見て弁士が勝手に語っているわけではないでしょうし、それは無理な話でしょう。
 この台本はガリ版刷りですので、複数冊を刷ったわけでしょうね。

2023年10月21日 (土)

「リボンの騎士」第1話の台本

 「リボンの騎士」第1話の台本を入手しました。
Ribbonnokishi01a
 ウィキペディアによれば、第1話の放送は1967年(昭和42)4月2日(日)とのことです。
 当時、私は高校1年生です。←歳が分かる。←今さら。
 妹が見ていましたので、私も見ていました。面白かったです。

 最初のページ。
Ribbonnokishi01b
 4行目に「脚本 手塚治虫」とあります。
 毎回ではないかもしれませんが、手塚治虫が脚本も手がけていたのですね。

 声の出演。声優名の入っていない役もありますので、切り貼りしました。
Ribbonnokishi01c
 著名な声優さん達が参加しています。

 本文の最初のページ。
Ribbonnokishi01d
 項目名は「ショット」「秒数」「カメラワーク」「タイトル」「アナウンス」となっています。
 ドラマの台本とは違いますね。
 声優さんのセリフは「アナウンス」となっています。

 このページの最後の行にある「男みたいな女みたいな子供」というのがサファイア王子(王女)ですね。

 ウィキペディアによれば、手塚治虫がこの物語の着想を得たのは宝塚で、サファイアのモデルは淡島千景だそうです。
 そして、サファイアの声を演じた太田淑子も宝塚出身だそうです。

 あれこれ興味深いです。

2023年10月 4日 (水)

「ヤッターマン」(55)の台本

 「ヤッターマン」第55話の台本を入手しました。
Yattaman55a
 表紙には製作NO60とありますが、ウィキペディアに拠れば第55話で、1978年(昭和53年)1月14日の放送です。

 タイトルが「カン流島の大決闘だコロン」とありますように、内容は宮本武蔵と佐々木小次郎による巌流島の決闘を踏まえています。
 この2人の名は、宮本無策と佐々木イジローです。

 佐々木イジロー登場のシーン。
Yattaman55b
 強いです。
 「今年こそは宮本無策に勝てるかな」とあります。

 一方の宮本無策の登場シーン。
Yattaman55c
 完全に油断しています。
 そして、こちらにも「今まで全戦全勝だからな」とあります。
 どうも、この2人、毎年闘っているようです。

 佐々木イジローにはドロンジョ一味が付き、宮本無策にはヤッターマンたちが付きます。
 決闘の結果は佐々木イジローの勝利に終わります。
 それを受けて、ドロンジョ一味とヤッターマンとの戦いになり、ヤッターマンが勝ちます。
 宮本無策は反省し、佐々木イジローもドロンジョたちに利用されていたことを知り、2人はまた来年の決闘を目指すことになります。

 という内容です。
 ま、他愛ない内容ですが、楽しみに見ていました。ただ、本放送ではなく、再放送でした。

2023年9月27日 (水)

「水戸黄門」最終回の台本

 TBS「水戸黄門」第43部第21回の台本を入手しました。
Mitokomon4321a

 このシリーズは第43部が最後で、21回が最終回。平成23年(2011)12月12日の放送です。
 レギュラーシリーズの最終回ということになります。
 ただ、ウィキペディアによれば、この1週間後の12月19日に「最終回スペシャル」が放送されていますので、そちらが本当の最終回というべきかもしれません。

 配役は以下の通りです。
Mitokomon4321b

 実際の配役表を切り貼りしました。
 由美かおるはもう登場していません。

 この回では、老中(側用人ではないかと思います)の柳沢吉保と水戸徳川家江戸家老の藤井紋太夫(役者名は配役表に載っていません)とが結託して御老公を亡き者にしようと結託します。
 その2人がいる座敷に御老公が乗り込んできます。
Mitokomon4321c

 いつもと違って、格さんではなくて、御老公本人が印籠を出しています。
 印籠の中に家康の遺骨が入っているなんて、そんな畏れ多いことはないと思います。
 はったりかもしれません。

 私、実際に放送を見ていたはずなのですが、これは記憶にありませんでした。

 台本はなかなかおもしろいです。

より以前の記事一覧

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ