台本

2017年2月19日 (日)

「国定忠治」の台本

 新国劇の「国定忠治」の台本を入手しました。
Chuji01
 表紙の右下に-39.3-とあるのは年月でしょうから、昭和39年3月のものと思われます。新国劇の台本です。

 表紙に「全通し」とあるように、目次は全11場からなっています。
Chuji02
 大冊です。
Chuji06
 登場人物のリストはありますが、配役は書かれていません。ひょっとしたら、昭和39年の3月に、実際にこの台本を用いて全11場の芝居が行われたわけではなく、新国劇における「国定忠治」の昭和39年3月時点での決定版の台本という性格のものなのかとも思いました。演劇には全く疎くて、単なる憶測です。実際に上演したとすれば、忠治は辰巳柳太郎以外には考えられません。緒形拳がNHK大河「太閤記」の主役に抜擢されるのはこの翌年ですから、若手の緒形は巌鉄か定八を演じたかもしれませんね。

 一番有名と思われる、例のシーンも当然あります。
Chuji03
Chuji04
Chuji05
 そういえば、江戸紫のCMを思い出しました。あれも懐かしいです。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ