文具

2021年7月14日 (水)

四十七士錦絵スタンプ

 このようなものを入手しました。
Chu_stamp01
 折り本です。題簽には「忠臣蔵 四十七士 錦絵スタンプ」とあります。
 この文字は印刷のように見えます。

 中身はこのようになっています。
Chu_stamp02
 上下に四十七士の丸いスタンプと、それに対応するその義士の解説が書いてあります。
 解説は貼ってあります。

 例として、大石内蔵助と堀部安兵衛のものを切り貼りします。
Chu_stamp03

 丸い錦絵スタンプは、例えば以下の通りです。
 大石内蔵助。
Chu_stamp04
 大石内蔵助の絵が大きく描いてあり、背後に、遊里で遊ぶ内蔵助の姿が描かれています。
 文字が小さくてよく読めませんが、「山科の閑居を出でゝ日々遊里に豪遊して敵の牒者を避く」でしょうか?
 左側には「東京 銀座 伊東屋」とあり、右下には「い」と書いてあります。

 どのページも同様で、それぞれ会社名と「いろは」とが書いてあります。
 次のページの大石主税には「ろ」、吉田忠左衛門には「は」とあり、最後の寺坂吉右衛門は「す」です。

 いくつか示します。
 堀部安兵衛。
Chu_stamp05
 エピソードは高田馬場の仇討ちで、会社名は「酒の安兵衛」です。

 今も有名な会社としては、潮田又之丞の浅田飴。
Chu_stamp06

 村松三太夫のマルベル堂。
Chu_stamp07

 四十七士の分が全部揃っていて、その後に松の廊下の刃傷の場面。
Chu_stamp08

 もう1つ、天野屋利兵衛。
Chu_stamp09

 トリに当たる天野屋利兵衛のスタンプには「スタンプの温古堂」とあります。
 この折り本は、表裏に亙ってスタンプが捺してあり、裏の冒頭は以下の通りです。
Chu_stamp10
 上がこの温古堂で、下は日本スタンプ協会です。

 また、大石内蔵助は伊東屋でしたが、伊東屋はもう1つ、不破数右衛門もそうです。
Chu_stamp11

 2つのスタンプに登場しているのは伊東屋だけのようです。

 ということで、このスタンプ帳の仕掛け人は、日本スタンプ協会、温古堂、伊東屋と思われます。

 これどういうものなのでしょうね。
 集印帳という趣ですが、お店を1ヶ所ずつ回って、スタンプを捺して貰うというシステムなのでしょうか。
 お店の場所は、全部東京都内ですが、銀座あり、品川あり、浅草あり、両国あり、新宿あり、かなりバラバラです。
 コンプリートするには、かなりハードルが高そうです。

 近年(もう大分前からでしょうか)、駅を回ってスタンプを集める、スタンプラリーが流行っていますが、あれのご先祖に当たるものと言えるのかもしれませんが。

2021年5月12日 (水)

「東国文化」のクリアファイル

 家の片づけで出てきました。
Togokubunkacf01
 群馬県の「東国文化」のクリアファイルです。

 裏側。
Togokubunkacf02
 裏側はなんか地味です。

 上の2枚の画像は、クリアファイルの間に白紙を挟んで画像化しました。
 白紙を挟まないとこうなります。
Togokubunkacf03
 この方が良いですね。
 たぶん、これを狙ったものでしょう。
 表裏セットで完成形になるという高度なデザインです。←いや、それほどでも。(^_^)

 さて、ぐんまちゃんと、馬の埴輪。どちらも馬なのですよねぇ。
 でも、一方は4足歩行で、一方は2足歩行の上、服を着て、装身具まで着けています。
 埴輪の馬は、納得できない思いでいるかもしれません。(^_^;

2021年4月 6日 (火)

真弧(まこ)

 昨年8月の「ブラタモリ」スペシャルで、2015年の「長崎」が再放送されました。
 そこで、出島の発掘作業が紹介され、出土遺物の形をトレースするための道具「真弧」が登場しました。
Mako01
 こういう道具のことは全く知りませんでした。

 遺跡発掘の報告書に土器の断面図が載っていたりしますけど、その図はこういう道具を使って描いていたのですね。
Mako02
 なんか、感動的な道具でした。

 タモリさんも大きな関心を寄せていました。
Mako03

 欲しくなりましたが、どこで買えるのか分かりません。
 困ったときは、アマゾン、またはネットオークション。
 アマゾンで買えました。
 竹製のは高価だったので、プラスチック製のを。
Mako04

 目の前にあった缶で試してみました。
Mako05

 こんな感じです。
Mako06

 もう少し複雑な形も。
Mako07

 こんなです。
Mako08

 楽しいものが手に入りましたが、実際に使い道があるかどうか。(^_^;
 また、使わない物を買ってしまった恐れも。(^_^;

2020年8月14日 (金)

公文書A4への移行の時期

 定年退職に際して勤務先から自宅に運んだ私物の段ボール箱、30数箱あったのですが、無事に全部開きました。(^_^)
 あ、「開いた」というのは文字通り箱を開封したということです。
 カラになった箱もありますが、あまりにも雑々としたものが入っていて、「これはあとで」ということで、手を付けずに閉めてしまったものもあります。こういう先送りをしているので、一事が万事、あれこれ片づきません。(^_^;

 こんな書類が出てきました。
H06a4ikou01
 平成6年3月11日付の文書で、発信者は群馬県総務部学事文書課文書係です。
 こういった内部文書を勝手にさらしてしまって良いものやら。守秘義務違反?
 守秘義務の対象になるのは「職務上知り得た秘密」です。
 この書類の内容は、「秘密」ではないと思うので、載せてしまいます。

 大きな文字がギザギザです。
 平成6年というと26年前です。まだ、アウトラインフォントを使っていないのですね。
 経費を節約しているのかもしれません。

 さて、この文書のポイントは以下の通りです。
H06a4ikou02

 字が小さく、読みにくくて済みません。
 平成6年の4月から公文書をA4サイズに移行するという内容です。国際基準に準拠ですね。
 それまではB5サイズが標準だったようです。

 大昔のことで、もうすっかり忘れてしまっていましたが、思えば、私が勤め始めた昭和60年の頃、会議の書類はB5だったように思います。
 それが、いつの頃からかA4に変わったのですが、その時期は平成6年4月ということになります。

 ただ、私は、B4が身に染み付いてしまっていて、授業の資料や講座・講演の資料はずっとB4を使っていました。最近になってA4に移行しつつあります。県のお達しから四半世紀が経ってしまいました。国際化に縁遠い人間です。(^_^;

2020年8月12日 (水)

歴代天皇路線図

 ネットで知った2枚一組のクリアファイルを買いました。
 1枚は徳川将軍の路線図。
Tokugawarosen
 面白いですけど、まあまあです。←ナゾの上から目線。(^_^;

 もう1枚は歴代天皇の路線図です。神武天皇から今上天皇までを1枚に収めています。
Tennorosen01

 上代専攻としては、やはり上代の部に興味があります。

 弥生線と古墳線。
Tennorosen02
 景行と仲哀を結ぶ支線に日本武尊があります。
 応神・継体間には4駅、履中・顕宗間には市辺押磐皇子があります。

 飛鳥線と奈良線。
Tennorosen03
 天智・光仁間には施基親王、天武・淳仁間には舎人親王があります。

 このあたりを見て欲しくなりました。(^_^)

2020年1月13日 (月)

岩合さんのWクリアファイル

 菩提寺のご住職から頂いたお年賀の中に入っていました。
Iwagowfile01
 私がねこ好きだということをご存知で、こうしたものをくださいます。お心遣い、ありがたいことです。

 一見、普通のクリアファイルのようですが、ひと味違いました。
 こんな風に開きます。
Iwagowfile02
 これにA3の紙が入ります。こういうクリアファイルは初めて知りました。

 入れた後に二つ折りにしてしまったら、初めから二つ折りにして入れるのとあまり変わりませんから、折りたくない書類の場合は、折らずに使うことになりますね。私のリュックなら、折らずに入ります。(^_^)

 袋にこのようなラベルが貼ってありました。
Iwagowfile03

 便利そうです。良いものを頂きました。

2019年12月29日 (日)

日本刀のペーパーナイフ

 このような物を買いました。
Nihontopaperknife01

 日本刀の形をしたペーパーナイフがあることを、フェイスブックかツイッターで知りました。
 日本刀好きな私としては欲しくなり、アマゾンで探したら、いろいろなものが見つかりました。
 刀剣女子効果ですかね。あちこちで日本刀の展覧会も開催されていますしね。
 選んだのはやはり真田幸村になってしまいました。

 刀身の素材はステンレス刃物綱で、焼き入れもしてあるそうです。
Nihontopaperknife02

 切れ味は、ペーパーナイフとしては十分ですけど、この姿形としては不満です。(^_^;
 安全のために、刃の部分をあまり薄くしてありません。指で触れても切れません。
 砥石で研いでしまおうかしらん。(^_^)
 一応、刃文風のものは付いています。
Nihontopaperknife03

 でも、これ、本物の刃文では勿論なく、ヤスリなどで付けた模様でしょう。
 研いだら、刃文が消えてしまいそう。うちにある砥石では細かい傷も付きそうです。

 さて、どうしたもんじゃろか。
 目立てヤスリを使うくらいが無難かもしれません。

2016年11月21日 (月)

刀鉛筆

 一昨日、ぐんまちゃん家で購入しました。
Enpitsuto01
 朱色の鞘に、六文銭の紋所と「真田幸村」の文字があります。ぐんまちゃんとは直接関係ありません。真田→岩櫃・沼田の縁で扱っているのでしょう。

 刀身は鞘から抜くことができます。
Enpitsuto02
 抜くと、中身は鉛筆です。「竹光」というのがありますけど、これはさしずめ「鉛筆光」です。語呂が悪い。(^_^;

 上部に柄(つか)や鍔が付いていては、使うときに重さのバランスが悪そうです。

 柄と鍔とは一体になっていて取り外すことができます。
Enpitsuto03
 これを取り外してしまえば、普通の鉛筆です。ミョーな柄(がら)ですけどね。(^_^)

2015年11月29日 (日)

ぐんまちゃんの付箋ケース

 電車に乗っているときに本や書類を読んでいると、付箋を貼りたくなることがあります。

 でも、カバンの中にじかに付箋紙を入れていると、付箋紙はくちゃくちゃになってしまいます。何か良いものがないかと思っていたら、こんなものを見つけました。
Gunmac_fusen01
 ぐんまちゃんの付箋紙ケースです。ぐんまちゃんファンとしては一石二鳥です。(^_^) これで安心して付箋紙を持ち歩けます。
Gunmac_fusen02
 このケース、下辺に目盛りがあるのに気付きました。良いアイディアです。これはmmです。
Gunmac_fusen03
 そして、目盛りは上辺にもありました。こちらはインチです。
Gunmac_fusen04
 「おお! 国際的だ」と思いそうになりましたが、考えてみればちょっと違いますね。

 日本では法律を作ってまで、尺貫法からメートル法に移行したのでした。日本こそ国際的といえましょう。

 このケース、まだ左辺と右辺とがあいていますので、そこに曲尺と鯨尺の目盛りを付けても良かったんじゃないでしょうか。(^_^)

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ