レトロ

2022年6月 9日 (木)

お店やさん家族合わせ

 昔から、古いもの、珍しいものが大好きです。
 そんな私にとって、ネットオークションはワンダーランドです。
 古書店では目に入らないようなものが手に入ります。

 今回はお店やさん家族合わせ(仮称)です。
 『少女倶楽部』新年号の附録とありますが、何年のものか分かりません。箱もなく、バラです。
 国会図書館などで、毎年の新年号の目次を見れば分かるかもしれませんが。

 こういうものです。
Misekazoku01
 主人が1枚と、そのお店で扱っている品物が4枚で、計5枚で1家族になるようです。
 このお店は本屋さんですね。
 主人は和服を着ています。
 他の札は、『少女倶楽部』『萬国の王城』『陸奥の嵐』『夾竹桃の花咲けば』です。

 『少女倶楽部』はこの附録の雑誌で、大日本雄弁会講談社(現在の講談社)刊。
 『萬国の王城』は山中峯太郎著で、『少女倶楽部』の昭和6年6月から7年12月まで連載され、昭和8年に大日本雄弁会講談社から刊行。
 『陸奥の嵐』は千葉省三著で昭和8年3月に大日本雄弁会講談社から刊行。
 『夾竹桃の花咲けば』は佐藤紅緑著で、『少女倶楽部』に昭和5年7月から6年6月まで連載され、昭和6年に大日本雄弁会講談社から刊行。

 ということで、全ての商品が大日本雄弁会講談社から刊行されたものという、なかなかちゃっかりした構成になっています。
 まあ、そうなりましょう。

 いつの附録か分からないと書きましたが、これらの札を見る限りでは、3点の刊行書目が揃う昭和9年新年号の可能性が高いと思いますが、刊行前の宣伝を兼ねて昭和8年新年号の可能性もあるかと思います。

 あとの家族は以下の通りです。
Misekazoku02
Misekazoku03
Misekazoku04
 これらの札の商品にも具体的な会社の商品を扱ったものが目立ちますね。
 スポンサーとしてお金を出していたのかもしれません。
 そのことには最初違和感を抱きましたが、考えてみれば、雑誌の誌面には広告は付きものですので、附録もその延長と考えればおかしくはありません。

 5枚揃っていないものに次の3組があります。
Misekazoku05
Misekazoku06
 なくしてしまったのでしょう。残念です。

 魚屋さんの残る1枚はひらめですね。
 魚屋さんでは特定企業の商品は載せにくいでしょうけど、ヤマサ醤油が載っていますね。

 お菓子屋さんの明治チョコレートはデザインが今とそう変わらないように思います。
 残る1枚はドロップです。サクマのドロップだったかもしれません。

 運動具屋さんの他の札は、ラケット、スキー、デッドボールとあります。
 デッドボールというのはドッジボールのことでしょうかね。

 家族合わせって、子供の頃に遊んだことがあったかもしれませんが、もう遊び方も忘れました。

 まとめの感想としては、いつも通り、同時代資料は面白い、ということになります。
 結論はいつも一緒。(^_^)

2022年6月 3日 (金)

『魔法使いサリー』43の台本

 先日の『ひみつのアッコちゃん』の台本に続き、『魔法使いサリー』の台本を入手しました。
 私、正直言って、この両者、記憶がかなりごっちゃになっています。(^_^;
Sari43a
 第43話とあります。
 ウィキペディアによれば、第43話は「こまった生徒」のタイトルで、1967年(昭和42年)9月25日放送です。
 先日のアッコちゃんの放送日は1969年(昭和44年)の4月21日ですので、今回のサリーの方が1年半ほど早いです。

 こちらにも、冒頭に「製作意図」が載っています。
Sari43b
 これまた、製作意図と言えるかどうか。

 テーマソング。また冒頭のみ載せます。
Sari43c
 懐かしいです。
 アッコちゃんのテーマソングも同じく小林亜星の作曲でした。

 配役。
 縦に長いので二分割しました。
Sari43d
Sari43e
 サリーのところに「かわいい魔法使いの少女」とありますが、「魔」の字が、まだれに「マ」と書いてあります。画数が多いですからねぇ。
 サリーちゃんのママは、魔法の国の女王様だったのでしたか。記憶が曖昧でした。

 台本部分の冒頭。
Sari43f
 セリフだけではなく、情景も書かれています。
 この台本ができあがってから作画にも取り掛かったのでしょうかね。
 あるいは、声優さんにとって、セリフだけの台本ではやりにくいので、情景も書いたのか。

 やはりナマの資料は楽しいです。

2022年5月26日 (木)

『名作テレビ館』(徳間書店)

 こういう古書を買いました。ムックです。
Meisakutv01
 「名作テレビ館」というタイトルの上に「'53-'76 TELEVISION THEATER」、タイトルの下に「帰ってきたあのドラマ あのタレント あのCM「大全集」」とあります。
 昔のものが好きなので、こういうのも大好きです。
 本当は、昔のものを懐かしんでばかりいないで、もっと前向きに生きねば。(^_^;

 表紙の右下のアップです。
Meisakutv02
 右側は、朝ドラ「おはなはん」のおはな(樫山文枝)と速水中尉(高橋幸治)。
 高橋幸治はつい先日「丹下左膳」で話題にしました。
 左側は、大河ドラマ第1作「花の生涯」の長野主膳(佐田啓二)と村山たか(淡島千景)。
 佐田啓二は中井貴一のお父さんです。似ていますね。
 「花の生涯」の翌年、交通事故のため37歳の若さで亡くなったのでした。
 中井貴一はまだ3歳だったそうです。

 中のページはこんな感じです。
Meisakutv03
 「ベン・ケーシー」、懐かしいです。
 それはそうと、かなりのページがこんな感じです。
 盛りだくさんなので、1つ1つの番組の紹介が写真1枚くらいしかありません。

 こんな写真もありました。
Meisakutv04
 大河第4作の「源義経」の義経(尾上菊之助)と静御前(藤純子)です。
 正統派の義経でした。
 三谷さんの義経も新解釈で面白かったです。
 昨日に続き、今日も義経追悼風になりました。

 尾上菊之助と藤純子はこの番組がきっかけで結婚しました。
 そして生まれたのが今の尾上菊之助。カムカムで桃山剣之介を演じました。棗黍之丞であります。
 モモケンは、最初は劇中劇に登場したので、歌舞伎の御曹司や松重豊をなんて贅沢に使うのだろうと思いましたが、その後、ドラマにしっかりと絡んできましたね。

 なんか、今回はミーハーで、かつ古老は語る風になってしまいました。

2022年4月17日 (日)

昭和26年のデイト

 昨日の昭和26年の「新語常識辞典」、なかなかおもしろいです。
 語の解説は大体以下のような感じです。
S26shingo06
 「ディスカッション」の語釈の「民主的人間をつくる新教育」というあたり、戦後の時代を感じます。

 こういった語釈が一般的な中で、面白い項目を見つけました。
 「デイト」です。切り貼りして載せます。
 この項目は、ページを跨がったり、コラムが途中にあったりしますので、ヘンな形になってしまいました。
S26shingo07
 という内容です。
 「デイト」というのは「男女交際の相手」を指すとあります。
 今はこの使い方は見ませんね。
 手元の英和辞典によれば、アメリカやカナダにはこういう用法があるようです。

 ただ、この「新語常識辞典」の解説は、「男女交際の相手」という意味ではなく、男女でどこかへ出かけるという現在の「デート」の説明になっているようです。レディーファーストの考え方も盛り込まれていますね。
 全体として、語釈というより、男女交際のあるべき姿の詳細な解説といった趣です。
 戦前にはそもそも「デイト」という語自体が一般的ではなかったのでしょうかね。
 「あいびき」でしょうか。でも、多分、「あいびき」と「デイト」は違うのでしょうね。

 同時代資料は本当に面白いです。

2022年4月16日 (土)

昭和26年の「新語常識辞典」

 このようなものを入手しました。
S26shingo01
 雑誌『家の光』昭和26年9月号の附録です。
 農協関係の雑誌なので、農機具の絵が描いてあります。
 上空の飛行機は米軍機でしょうか。

 新語辞典というと、『現代用語の基礎知識』が頭に浮かびます。
 ひょっとしてそれよりも早いかと思ったのですが、ググってみたら、『現代用語の基礎知識』は昭和23年10月初版発行でしたので、そちらの方が先でした。
 この「新語常識辞典」はその3年後の発行ですので、むしろ『現代用語の基礎知識』を参考にしているものと思います。

 全部で250ページほどで、巻頭にカラーページがあります。
 世界地図。
S26shingo02
 おおよそは今とあまり変わりませんが、アフリカは大きく変わっています。あとはソ連崩壊に伴う東欧が異なります。

 朝鮮半島では戦争中です。
S26shingo03

 日本から南東方向にはマッカーサーラインが引かれています。
S26shingo04

 プロ野球チーム一覧。
S26shingo05
 パリーグは大きく変わりました。当時の球団名は今はもう1つもありません。
 セリーグは球団名が変わっていないのは3球団ですね。
 そもそも、両リーグとも7球団ずつあります。

 70年経ちますものね。
 この冊子、私よりも1ヶ月先輩です。

 結論はまたいつもと同じく、「同時代資料は楽しい」ということになります。(^_^)

2022年2月 9日 (水)

昭和28年のNHK開局記念番組

 ステイホームの日々、まほろばのネタはネットオークションの獲物ばかりになります。(^_^;
 今日のもそうです。
S28nhkstart01
 昭和28年のNHK開局記念特集番組のプログラムで、1枚紙の2つ折りです。
 表紙を見ると、このイベントは2月1日の午後6時から日比谷公会堂で開催されています。
 NHKのHPによれば、この日にテレビ放送開始ということですので、このイベントもテレビ中継したものと思われます。

 中身。
S28nhkstart02

 画面では文字が小さいので、2つに分割して載せます。
 その右側。
S28nhkstart03
 おめでたい獅子舞から始まります。
 続いてNHK副会長の挨拶。漫才と落語。歌。
 歌は、3人の歌手と合唱団、そして東京放送管弦楽団です。

 続き。
S28nhkstart04
 歌の曲目が並んでいます。
 懐メロはわりと知っているつもりでしたが、知らないものばかり。
 知っているのは最後の「買物ブギー」だけです。
 最後は現代舞踊となっています。

 裏側。
S28nhkstart05
 こちらは、テレビジョンの歌と、のど自慢全国コンクールのお知らせです。

 さてそのテレビジョンの歌ですが、以下の通りです。
S28nhkstart06
 拡大しましたが、やはり字が小さくて読みにくいと思います。よろしく御判読ください。
 作詞は西條八十、作曲は古関裕而です。朝ドラ「エール」ですね。
 歌詞が何ともおかしいです。
 御味読ください。(^_^)

2022年2月 7日 (月)

昭和34年の台本「高田馬場」(VTRと異体字)

 また珍しいものを入手しました。
S34takadanobaba01
 昭和34年のフジテレビの台本「高田馬場 前篇」の台本です。

 後篇もセットで入手できました。
S34takadanobaba02

 それぞれ、右上の部分を並べて切り貼りします。
S34takadanobaba03
 右側が前篇、左側が後篇です。

 鶴田浩二シリーズの第22夜と第23夜です。
 当時、鶴田浩二は人気の映画俳優だったはずです。テレビに出演することを映画会社が承認したのですね。
 30分番組で、毎週土曜日の放送です。放送日は2夜に別れていますけど、VTRは同日、2本撮りですね。
 VTRがどちらも30分ずつになっていますけど、これは間違いでしょうね。30分では1回分しか撮れません。

 昭和34年(1959)というと、今から63年前。こんな大昔にもうVTRがあったことに驚きました。
 このずっと後に放送が始まった「水戸黄門」や「大岡越前」はフィルムでしたのに。

 作と脚色はこのように書かれています。
S34takadanobaba04
 脚色は村上元三ですね。当時大活躍していたことが知られます。
 作が読めませんでした。見たこともない字です。
 ただ、1番下は「伸」、その上は「川」だとすれば、「長谷川伸」かと思い、そのつもりで見れば、そう読めます。
 何とも個性的な書き方です。興味深く思えました。

 前篇の終わり近く。
S34takadanobaba05
 酔っ払って帰宅した堀部安兵衛が高田馬場に向かって疾走する場面です。この先は次週に続く。
 視聴者はさぞ待ち遠しかったことでしょう。
 「細井」とあるのは細井広沢です。中丸忠夫(たぶん中丸忠雄)が演じています。
 最後の行の細井広沢のセリフの中に「長進一番」とあります。
 見たこともない語でしたが、日国に「長進」は立項されていて「遠くまで進むこと。大いに進むこと。大いに進歩すること。」とありました。
 年をとっても知らないことがいっぱい。
 長谷川伸はすごい。

2021年12月25日 (土)

曽我兄弟や楠公さんの絵本

 戦前の講談社の絵本を4点入手しました。刊行は昭和12年頃です。

 源為朝。
Ehon_tametomo

 曽我兄弟。
Ehon_soga

 新田義貞。
Ehon_yosisada

 楠木正成。
Ehon_nanko01

 いずれも心ときめく表紙です。♪
 子供の頃に読んだ、小学校高学年用の『為朝ものがたり』『曽我物語』を思い出しました。

 中はこのようです。
Ehon_nanko02

 文字の部分。
Ehon_nanko03
 漢字カタカナ交じりです。
 読みにくい。(^_^;

 漢字カタカナ交じりは、普段読み慣れていないので読みにくいということもあるでしょうが、それだけではないように思います。
 漢字は直線(特に活字の場合)、平仮名は曲線なので、漢字と平仮名の識別は容易ですが、片仮名は直線なので、漢字カタカナ交じりはどちらも直線のため区別が付きにくく、それで読みにくいということが大きいでしょう。

2021年11月10日 (水)

東海銀行の通帳

 またまた発掘品の紹介です。
 今は亡き東海銀行の古い預金通帳が出てきました。
Tokaigin01
 この通帳は、もともとは、小学校の修学旅行の積立金のために学校が作ってくれたものです。
 確かに、担任の先生が集金するより、保護者がそれぞれに銀行に預け入れる方が合理的な気がします。
 通帳に金額が印字されますしね。
 
 この2ページ目。
Tokaigin02
 1966年の8月9日に3500円を預金して、残高が15903円になった時点で、暫く放置していました。
 その放置期間に、半年ごとに、利息が125円、157円……などと付いています。
 今と2桁ほど違いましょうか。もっと? 
 今の利率はあまりにも微々たるもので、具体的な利率はよく知りません。

 東海銀行には定期預金もしていて、その解約時の計算書も出てきました。
Tokaigin03
 こちらは、10万円の預金に対して、5000円以上の利息が付いています。今から見れば夢のようですね。
 お若い方がこんなのをご覧になったら、目を剥きそう。
 これは昭和48年時点のものですけど、利率はこの先まだ上がりましたね。

 東海銀行は、その後、あれこれの経緯があって、今は三菱UFJですね。

2021年11月 8日 (月)

国文学研究資料館のコピー一番乗り

 今は東京都立川市にある国文学研究資料館は、国語国文学を学ぶ者にとってはありがたい存在です。
 コピー依頼をする入館者も大勢います。
 国文学研究資料館は、かつては東京都品川区戸越にありました。
 その地で、昭和52年の6月に開館式典が挙行され、7月から閲覧サービスを開始しました。

 当時私は修士課程の2年生でした。
 どんな施設か大いに関心を持ち、家から30分ほどの所にありましたので、早速行ってきました。
 資料を閲覧させてもらい、コピーも依頼しました。
 その折の書類が先日発掘されました。

 資料複写申込書。
Kokubunkencopy01
 
 領収証書。
Kokubunkencopy02
 どちらもカーボン紙ですね。

 領収証書の右上に、「昭和52年度 第1号」とあります。
 私がコピー一番乗りでした。
 自慢ではありませんが、これはなかなかなことかなぁと、感慨無量です。

より以前の記事一覧

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ