文学

2019年9月20日 (金)

『古典は本当に必要なのか、……』

 このような本を買いました。
Kotenhahontouni
 令和元年9月15日、文学通信発行です。
 今年の1月に明星大学で開催されたシンポジウムがベースになっています。
 このシンポジウムはネットで中継され、私も一部、PCで見ました。

 古典不要論者から、高校の限られた授業コマ数の中で、何を教えるかという優先順位の点で、古典の優先順位は高くない、などという発言のあったことが記憶に残っています。
 そういう主張ならば、必ずしも不要論ということではないと思います。
 でも、それは本心なのかどうか。

 古典って、昔ならば、要らないなどと言ったら、教養を疑われたものでしょうけど、時代が変わりました。

 古典不要論者は、自分で古典をちゃんと学んだ上で、不要論を唱えているのでしょうかね。古典なんか好きでもないし、ちゃんと勉強もしていないけれども、日常生活で何も困ったこともない、というあたりのことがベースにあるのなら、それは違うと思います。

 ただ、冷静になって考えてみると、高校で源氏物語を教える必要ってあるかなぁ、などという思いもあります。
 古典文学を代表する作品ですから、一部なりとも読んでおくべきだという気はしますけど、文章は難しいですよね。源氏物語がちゃんと読めたら、他の古典は楽勝という気もします。内容的にも高校生の必読書とすべきなのかどうか。

 こんなことを書いていたら、怒られそうですけど。(^_^;

 あれこれ考えて行きたいと思います。

2019年9月14日 (土)

シンポジウム「『南総里見八犬伝』の世界」

 来週の土曜日、群馬県立女子大学でこのようなシンポジウムが開催されます。
Hakkenden05

 主催は国文学科です。

 趣旨。
Hakkenden06

 パネリスト等。
Hakkenden07

 今回のパネリストは、近世文学担当の安保教授の他は、学生さん2人です。

 このうち4年生の原田さんは、私が県立女子大に勤務していた最後の年度に1年生でした。
 私の基礎演習を取っていましたので、よく憶えています。
 こんなに立派になって……。(^_^)

2019年9月13日 (金)

月の客

 スマホのゲーム「ねこあつめ」の今日のあいことばは「月の客」でした。
Tsukinokyaku

 恥ずかしながら、この語は知りませんでしたので、日国を見てみましたら、「月見の客。美しい月を賞しに出て来た人。《季・秋》」とありました。そして、次の用例が挙がっていました。
 *俳諧・笈日記〔1695〕上・京都「岩はなやここにもひとり月の客〈去来〉」

 さらにググってみますと、この句について『去来抄』に次の文章があることが分かりました。
 本文は新編日本古典文学全集『近世俳句集』132ページの頭注に依りました。

  先師上洛の時、去来曰く「洒堂はこの句を『月の猿』と申し侍れど、予は『客』勝りなん、と申す。いかが侍るや」。
  先師曰く「猿とは何事ぞ。汝、この句をいかにおもひて作せるや」。
  去来曰く「明月に乗じ山野吟歩し侍るに、岩頭又一人の騒客を見付たる」と申す。
  先師曰く「ここにもひとり月の客と、己と名乗り出でたらんこそ、幾ばくの風流ならん。ただ自称の句となすべし。この句は我も珍重して笈の小文に書入れける」となん。

 これによれば、「月の客」が誰を指しているのかについて、作者の去来は、たまたま見かけた岩頭にいる1人の人物をよんだものであるとするのに対し、芭蕉は、去来自身のこととする方が良い、とアドバイスしています。

 この『去来抄』の文章がなければ、我々がこの句を解釈しようとする時、「月の客」が作者本人なのか、それとも作者が見かけた人物なのか、可能性は両方あって、決めがたいと思います。

 幸い、『去来抄』の文章によって、作者である去来本人は、自分が見かけた人物としてこの句を作ったことが分かります。
 ところが師の芭蕉は、去来自身をよんだものとすべきだと言っています。
 俳句の文言自体は全く変わらないのに、芭蕉の解釈が作者本人の解釈を上回ってしまっているということになりましょう。

 作品の解釈の難しさをつくづくと思います。

2019年9月12日 (木)

『古典文学の常識を疑うⅡ』

 一昨年の夏に『古典文学の常識を疑う』(勉誠出版)という本が出ました。
 当ブログでもご紹介しました。
Kotenjoshiki01

 この本が好評だったということで、続編が刊行されました。
 注文していたところ、今日届きました。
Kotenjoshiki2a
 今回のには「縦・横・斜めから書きかえる文学史」という副題が付いています。

 目次。
Kotenjoshiki2b

 続き。
Kotenjoshiki2c

 続き。
Kotenjoshiki2d

 続き。
Kotenjoshiki2e

 続き。
Kotenjoshiki2f

 あれこれ興味深い項目があります。あちこち拾い読みしています。

2019年7月26日 (金)

シンポジウム「文学全集の世界」にちょっとだけ

 今日は、群馬県立女子大学でシンポジウムがありました。
 これは、先日、当ブログでもご紹介しました。
Bungakuzenshuno01  
 講師の田坂憲二先生は、平成24年まで群馬県立女子大学の同僚でした。
 先生とは歳も1つ違いでしたので、昔のテレビ番組の話題などでとても話が合い、親しくして頂きました。

 今日は是非伺いたかったところですが、あいにく15時まで前橋で仕事がありました。
 シンポジウムは16時10分までですので、仕事を終えてすぐに駆け付けたのですが、参加できたのは終わりの20分ほどでした。

 講師の田坂先生。
Bungakuzenshuno04
 もうお一人の講師、山崎隆広先生(群馬県立女子大学文学部総合教養学科)。
Bungakuzenshuno05
 学科長の市川祥子先生を加えたシンポジウム。
Bungakuzenshuno06
 この国文学科主催のシンポジウムは、学生のみならず、高校生や地域の方々もターゲットにしています。
 今週はオープンキャンパス週間で、授業も公開していますので、高校生の参加も期待できます。
 参加者の内訳は分かりませんが、広い教室がほぼ一杯でした。嬉しいことです。

 大学院で田坂先生のゼミ生だった元院生も来ていました。そのうちの一人は、先日の私の公開講座にも来てくれていたそうです。こういう折に卒業生が母校に顔を出してくれるのもありがたいことです。

2019年7月22日 (月)

「童謡かるた」

 このようなものを入手しました。
Doyocard01
 蓋の裏側に奥付が貼ってありました。
Doyocard02
 歌詞の作詞は野口雨情、絵は岡本帰一です。岡本帰一は知らなかったので、ググってみました。
 「金の船(のちに「金の星」に改題)」、「コドモノクニ」の挿し絵を描いていたようです。
 昭和5年没とのことですので、このかるたの発行後数年で世を去られたことになります。

 歳をとって子供返りしたのか、最近、童話や童謡に関心が向いています。

 絵札から4枚。
Doyocard03
 対応する読み札。
Doyocard04
 知った歌は1つもありませんでした。(^_^;
 残念です。

2019年7月18日 (木)

シンポジウム「文学全集の世界」

 来週の金曜日、群馬県立女子大学でこのようなシンポジウムが開催されます。
 主催は同大学国文学科です。
Bungakuzenshuno01
 趣旨は次の通りです。
Bungakuzenshuno02
 講師等。字が小さくて済みません。
Bungakuzenshuno03
 講師のおひとりでいらっしゃる田坂憲二先生は、国文学科のもと同僚です。
 次のような著書を出されていて、昨年、当ブログでもご紹介しました。
Nichibuntasaka01
 参加したく思いますが、当日はあいにく15時まで前橋で仕事があります。
 終わってすぐに駆け付ければ、終わりの20分くらいは参加できるかもしれませんが、どうなるか未定です。
 この教室は、幸い部屋の後ろにも出入口があります。前だけにしか出入口がないと途中からは極めて入りにくいです。(^_^;

2019年7月 9日 (火)

土屋文明記念文学館で、ごんぎつね展

 群馬県立土屋文明記念文学館で「みんなの「ごんぎつね」」という企画展が開催されます。
 今週の土曜日から2ヶ月ちょっとです。
Gongitsuneten01
 児童文学には悲しい内容のものも少なからずありますよね。
 心揺さぶられますけど、悲しい内容の作品はやはり切ないです。

 会期中に記念講演会が3回開催されます。
 1回目は府川源一郎氏。
Gongitsuneten02
 2回目はかすや昌宏氏。
Gongitsuneten03
 3回目は遠山光嗣氏です。
Gongitsuneten04
 新美南吉記念館から来てくださるのですね。新美南吉記念館からお借りした展示品も多そうです。

 ぐんまちゃんも来るそうです。
Gongitsuneten05
 連続4日間+3日間。大変そうです。(^_^)
 今まで、企画展にぐんまちゃん来館ということはなかったように思います。児童文学だからでしょうかね。

2019年5月27日 (月)

森鴎外旧居をゆく

 学会出張の折は、近隣の史跡巡りを楽しみにしています。
 今回は、大宰府に行くかなぁ、巌流島かなぁ、などと考えていました。
 でも、実際に行ったのは、宿を取った小倉駅近くのみでした。昔よりも動くのが億劫になりました。(^_^;

 駅の南に森鴎外の旧居があるというので行ってきました。鴎外の旧居の存在は小倉に着いてから知りました。

 門の所から。
Ougaikyukyo01
 ぴったりの場所にバイクが止まっていたので、バイク越しの撮影になりました。帰るときにはもうバイクはありませんでしたので、帰りにもう1度撮せばよかったです。そういう知恵はあとから湧いてきます。(^_^;

 解説板。
Ougaikyukyo02
 鴎外が住んだのは1年半ほどのようですね。

 全体像。
Ougaikyukyo03
 見取り図。
Ougaikyukyo04
 この図では上が北になります。玄関は北向きです。写真は北東から南西方向を撮しています。

 通り土間からの撮影。
Ougaikyukyo05
 手前が玄関奥の五畳間。その奥が六畳、その奥が八畳の部屋で、鴎外はこの八畳間とその南の部屋を主に使っていたそうです。

 鴎外が主に使っていたという八畳間。
Ougaikyukyo06
 1年半ほどしか住んでいなかったとはいえ、実際に鴎外がこの家で暮らし、作品も書いていたのだと思うと感慨深いものがあります。しばしこの部屋でくつろぎました。

 その八畳間を出たところから撮した廊下。いや、縁側か。
Ougaikyukyo07
 鴎外の遺書が展示してありました。
Ougaikyukyo09
 墓石には「森林太郎墓」以外に1字も彫ってはいけない、書は中村不折に依頼すること、宮内省や陸軍の栄典は一切固辞することなどが書かれています。こんな貴重なものを、と思いましたが、これは複製だそうです。

 鴎外の胸像。
Ougaikyukyo08

2019年5月25日 (土)

九州女子大学・九州共立大学で上代文学会

 今日・明日は、2019年度の上代文学会の大会です。
 
 鹿児島本線の折尾駅で降りて会場校に向かって歩いて行くと、会場校の手前に地下歩道がありました。歩道には壁画が。
Jodai2019e
 会場校の学生さん達の作品でした。
Jodai2019f
 こういう地域貢献は良いことと思います。

 会場校の門。大変に良いお天気でした。
Jodai2019g
 会場のある建物。
Jodai2019h
 学会挨拶。代表理事の品田悦一先生。
Jodai2019i
 会場校挨拶。教育機構副長の中島久代先生。
Jodai2019j
 新元号「令和」がらみで、大宰府のことや、大学の校章が梅の花であることなどにも触れられました。

 工藤浩先生の講演。演題は「大嘗祭に関する二、三の問題」。
Jodai2019k
 佐藤隆先生の講演。演題は「大伴家持とその意匠ー「白」への関心ー」。
Jodai2019l
 このあと懇親会が開かれ、第1日目は無事に終了しました。

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ