民俗・宗教

2022年11月12日 (土)

今日の「ブラタモリ」は善光寺

 今日の「ブラタモリ」は善光寺でした。
 善光寺の立地や門前町のことにも触れていましたけれども、多くは善光寺そのものについてでした。
 こういうのは「ブラタモリ」では珍しいと思います。
 最後のところで、野口アナのお腹がグーと鳴ってしまったのを、撮り直さずにそのまま流していたのは「ブラタモリ」らしいと思いました。(^_^)

 善光寺には1度だけ行ったことがあります。
Zenkoji08

 平成27年(2015年)10月に萬葉学会が信州大学の教育学部で開催された折です。
 今から7年前、ご開帳の年でした。

 その折、ブログでも取り上げたのですが、歴代の回向柱の高さが謎でした。
Zenkoji09
 このように、歴代の回向柱が年の順に並んで建てられているのですが、古いものほど低くなっています。

 左側の新しいもの3本をアップにします。
Zenkoji10
 「維時 平成○○年~」の文字の高さが古いものほど低くなっています。
 つまり、これらの回向柱は古いものほど地中に沈んでいることになります。
 回向柱は、年を経るに従って、次第に自重で地中に沈んで行っている。
 なんて、そんなはずはありませんよね。
 古い回向柱は頭を叩いて地中に打ち込んでいるのでしょうかね。

 7年経っても謎が解けません。(^_^;
 「ブラタモリ」で取り上げて欲しかったのですが、出てきませんでした。
 次回は善光寺の2回目ではなくて、安曇野だそうです。

2022年11月 9日 (水)

白い蛙

 菩提寺のご住職が、住職を兼任していらっしゃる千葉県香取郡多古町のお寺で珍しいものを見かけたということで、写真をメールの添付ファイルで送ってくださいました。
 白い蛙です。
Shirokaeru01
Shirokaeru02
Shirokaeru03

 ご住職はわざわざこの写真を送ってくださったわけではなく、ご返信をくださる他の用件がありましたので、それに合わせて、ねこの写真と一緒にこの写真を添付してくださったのです。

 この蛙、なぜ白いんでしょうね。
 そういう種類なのか、あるいはアルビノか。

 ともあれ、白い○○というのは瑞祥として改元の理由になったりもしますよね。
 白い蛙、おめでたい印かもしれません。

 めでたさのお裾分けです。

2022年10月 4日 (火)

『ならら』2022年10月号の特集は「正倉院展」

 昨日、『ならら』の最新号が届きました。
Narara202210a
 今号の特集は「第74回 正倉院展」です。

 特集以外の目次。
Narara202210b
 すみません。字が小さくて。

 特集には、今年の正倉院展に出展されている宝物の写真がたくさん収められていて、なかなか壮観です。
 それ以外の論考・紹介にも興味深いものがいろいろとありましたが、その中で、次の記事に心惹かれました。
Narara202210c
 最近、地域に散在している無住の寺院や堂祠の管理がなかなか行き届かず、仏像の盗難被害が多発しているということです。
 盗んだ仏像をどうするのかといえば、ネットオークションに出品するのだそうです。常習性も高いとのことです。
 盗難を防ぐにも、集落の過疎化や高齢化のために、地域の人々の力だけでは限界が生じているとのことです。

 そのような中で、和歌山県では次のような取り組みが行われているそうです。
Narara202210d
 博物館と、高校、大学が連携している点にも、3Dプリンターという最新機器を使用して複製を作っているという点にも、大いに興味を持ちました。

 3Dプリンターで作った複製はこのようなものです。
Narara202210e
 「複製」ではなく「お身代わり像」なのですね。
 そういう呼び名も良きです。

2022年7月14日 (木)

お盆のご住職単独法要

 太陽暦に基づくお彼岸の日程は全国共通ですが、お盆は地方によって、旧暦のところと新暦のところとがありますね。
 東京は7月です。
 それで、先日お寺に卒塔婆を頂きに行ったのでした。

 コロナ禍以降、檀家が本堂に集まっての法要は中止ですが、ご住職は単独で法要を行ってくださっています。
 その写真を送ってくださいました。
Obon2022
 両側に5色の紙の幡のようなものが下がっています。
 書いてある文字が気になります。(^_^)

 調べてみると、これは回向文というもので、このような本文です。
 「願以此功徳 普及於一切 我等與衆生 皆共成佛道」
 訓読すれば、「願はくは、この功徳を以って、普く一切に及ぼし、我等衆生と皆共に仏道を成ぜむ」となりましょう。

 仏壇の両側には檀家の卒塔婆。
Obon2022b
 戒名が書いてあったりするので、個人情報の点からまずいですかね。
 たぶん、セーフだと思いますが、まずいようでしたら消します。

 ほおずきがたくさん飾られています。
 これは、故人が帰ってくるときの目印の灯りだそうです。

 昨日ワクチン接種してから28時間以上過ぎました。
 幸い、注射したあたりの腕が痛いくらいしか異常はありません。
 このまま済むと良いです。

 あ、あと、夜中から朝に掛けて居眠りしました。
 これはいつものことなので、副反応とは関係なさそうです。(^_^;

2022年2月12日 (土)

大正12年の『大正新脩大蔵経』会則

 珍しそうな紙モノの収集癖が止まりません。
 今度はこのようなものを入手しました。
T12taishozocat01
 『大正新脩大蔵経』の会則及び内容見本で、全40ページの冊子です。

 冒頭に、仏教連合会の「決議」があり、この出版事業に対し、仏教各宗派はその成功を希望し賛同の意を表しています。
 続いて、3ページに亙って高楠順次郎と渡邊海旭の「刊行趣旨」があります。

 それから、「編纂要旨」。
T12taishozocat02
 「編纂要旨」という4文字が「卍」で囲われているのがおシャレです。
 冒頭部のみ示しますが、ここに見えている「編纂の内容」以下、「編纂の組織」「原典の対校」「厳密なる加点」「校訂の順序」「閲覧の便益」「捜索の利便」「内外の協賛」「本書の出版」「頒布の至廉」と続きます。

 そして、「編輯顧問」。
T12taishozocat03
 これも冒頭部のみ示しますが、各宗派のトップと思われる大僧正、上人、管長、長老などが並びます。総勢103名。続いて、「外護顧問」として、各国大使や大学教授など、外国人が28名。
 『大正新脩大蔵経』というと、国語国文学の研究者にとっては、仏典を手軽に閲覧することのできる研究資料という位置づけになりますけれども、本来は仏教界のための叢書なのですね。遅まきながら、そんなことに気づきました。

 次に「編纂評議員」。
T12taishozocat04
 これまた冒頭部のみ示します。こちらには大学教授などの文化人や、仏教関係者などが403名。
 私が名前を知っている人を挙げると、以下のような方々です。
  東京帝国大学教授・工学博士 伊東忠太
  東北帝国大学教授・文学博士 宇井伯寿
  東京帝国大学教授・文学博士 上田萬年
  東京帝国大学教授・文学博士 宇野哲人
  東洋大学教授        河口慧海
  東京帝国大学教授・文学博士 黒板勝美
  文学博士          幸田露伴
  貴族院議員・国民新聞社長  徳冨猪一郎
  東京帝国大学教授・文学博士 内藤虎次郎
  京都帝国大学教授・文学博士 西田幾太郎
  國學院大学長・文学博士   芳賀矢一
  文学博士          萩野由之
  東京帝国大学教授・文学博士 三上参次
  帝国博物館長        三宅米吉
  史料編纂官・文学博士    和田英松
 私にとっては、多くは「お名前は見たことがある」というレベルですが、超大物揃いであることは分かります。
 大事業です。

 裏ページの裏には予約規定が載っています。
T12taishozocat05
 全55巻を毎月1冊ずつ、55ヶ月にわたって刊行する計画です。

 このうち、中段の費用の部分を拡大します。
T12taishozocat06
 左側の一覧表を見ると、洋装特製本の場合、毎月払いだと月々12円ずつで総額は、12円×55ヶ月=660円になります。
 2回分割ならば、315.5円×2回=631円。全額一括払いならば594円。
 この他に送料も会員負担なのですね。
 大正12年当時の600円というと今のいくら位に当たるのでしょうね。それを知る資料もありましょうが、まあ。

 こうした計画ですが、この本を計画通りにきっちり刊行できるものやら。
 しかも、大正12年には関東大震災がありましたし。
 このあたりのことについても、知る資料はありそうですが、まあ。

 まったくツメの甘い人間です。(^_^)

2022年2月 2日 (水)

『ならら』最新号の特集は修二会の神名帳

 先日、『ならら』の2022年2月号が届きました。
 特集は、東大寺二月堂修二会の神名帳です。
Narara202202a
 「神名帳」というと、延喜式神名帳しか知りませんでした。
 修二会の神名帳もあったとは。
 と、恥ずかしげもなく無知をさらしています。見栄は張らない。(^_^;

 本文によれば、東大寺二月堂修二会の神名帳は「二月堂神名帳」と称され、修二会の際に、鎮守神や日本全国の天神地祇、陰陽神、御霊を含めて、449項522柱の神々が読み上げられるとのことです。
Narara202202b
 上は、二月堂神名帳の冒頭部です。
 ここから初めて、あまねく全国の神を勧請するための神名帳ということだそうです。

 長く生きていても、知らないことだらけ。
 『ならら』、良いです。

2021年8月13日 (金)

阿弥陀経かるた

 このようなものを入手しました。
Amidacard01

 これで阿弥陀経を学び、極楽往生を遂げようというわけではなく、まだまだ達者でいたいと思っています。
 いや、どんな内容なのかなと気になりまして。

 絵札と読み札はこんな感じです。
Amidacard02

 もう1組。
Amidacard03
 文殊菩薩は私の守り本尊だそうで、知恵第一というのが気に入っています。

 解説の冊子が付いています。
Amidacard04

 たとえば「い」はこんな感じです。
Amidacard05

 全てこのような内容で、勉強になります。

 奥付です。
Amidacard06

 極楽往生はまだまだ先でも、この解説を読んで、阿弥陀経を学んでみようという気になりました。

2021年7月30日 (金)

『ならら』最新号は盆踊り特集

 毎月定期購読している『ならら』最新号が届きました。
Narara202108
 特集は、「災厄を祓う「風流」」です。

 分かりにくいタイトルですが、「お盆発祥の地・奈良」に、今なお受け継がれる「風流(ふりゅう)踊」という意味で、「風流踊」は2022年にユネスコの無形文化遺産への登録を目指しているそうで、そういう点でタイムリーな話題です。
 また、災厄を祓うという意味では、新型コロナ禍の少しでも早い収束を願います。
 この特集は18ページにわたります。

 「お盆発祥の地・奈良」という表現に、最初は「はて?」と思いましたが、お盆が仏教行事であることを考えれば、大和国が発祥の地というのは、確かにそうだと思います。
 史料的には、推古天皇14年4月8日条に、「是年より初めて寺毎に、四月の八日・七月の十五日に設斎(をがみ)す。」とある、4月8日が灌仏会、7月15日が盂蘭盆会の初めとされるようです。

2021年7月27日 (火)

合掌動物、ねこ尽くし

 何度かご紹介している合掌動物、いつもはいろいろな動物がセットになっていて、それはそれで素敵ですが、今回はねこだけのチームです。

 正面から。
Gassho16
 種類は、向かって左から、ノルウェージャンフォレストキャット、エキゾチックショートヘア、三毛猫、スコティッシュフォールド、ロシアンブルーです。
 長い名前は憶えられない。(^_^;
 黒ねこがいないのは残念です。

 うしろから。
Gassho17

 側面から。
Gassho18

 今回もまた、全員真摯に祈っています。

2021年7月11日 (日)

卒塔婆を持ってクリニックへ

 先日の水曜日に、菩提寺にお塔婆を頂きに行って、ねこの写真を撮ったことを書きました。
 実は、その後、かかりつけのクリニックに行きました。卒塔婆を持って。
 卒塔婆は、以前上野で買ったこういう袋に入れました。
Myokenjineko01
 
 荷物になるとは思いましたが、一旦家に寄って出直すよりは早くて楽なので、そうしました。

 クリニックの先生も看護師さんも、中身がなんだか分かりませんでした。
 先生は最初は弓かと思われたようですが、弓にしては短いし。
 刀や木刀にしては反りがないし、竹刀にしては豪華だし、ゴルフのクラブにしては柄がミスマッチだし。
 普通分からないと思います。

 この袋を買う前は、仕方ないので、むき出しのままでした。
 卒塔婆をむき出しのまま運んでいる人を見たことがありません。

 後から思うに、卒塔婆を持って医院に行くって、縁起でもないかもしれませんね。
 お医者さんや看護師さんは科学者なので、気にしないかもしれませんが、待合室に高齢者がいたら、イヤだったかもしれません。
 むき出しのままでなくて幸いでした。

 ということに、今日になって気づいた次第です。(^_^)

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ