菓子

2022年11月 5日 (土)

鉄道開業150thクッキー

 これまた、昨日のぐんまちゃん手帳と同じく、先日群馬に行ったときの収穫物です。
Tetsudo150cookie02
 鉄道開業150thクッキーです。

 紙の箱かと思いましたが、帰宅して見たら紙ではなくて金属でした。
 買うときに気づきそうなものですけど。(^_^;
 小物入れとして使えそうです。

 中身はこんなです。
Tetsudo150cookie03

 蓋に描かれていたのはJR6社の特急列車です。
Tetsudo150cookie01
 私はテツではありませんが、それぞれなかなかすてきです。

 クッキーの解説も入っていました。
Tetsudo150cookie04

 おいしゅうございました。

2022年10月29日 (土)

ハロウィンの菓子2点

 いつものスーパーで見かけて、思わず買ってしまいました。
Halloween04
 心惹かれたのは、左側のオッドアイの黒猫です。
 ムースということですけど、目やヒゲはどんな風に作っているのだろうと気になりました。
 右側のカボチャの目や口はチョコレートではないかと思いました。

 蓋を取ったところ。
Halloween05
 黒猫の目やヒゲの正体は何となく見えてしまいました。

 透明のシールでした。(^_^;
Halloween06
 まさかと思ったカボチャまで。

 シールを取ったところ。
Halloween07
 のっぺらぼうになってしまいました。
 ちょっとがっかりですが、ま、おいしければ良いです。
 賞味期限は黒猫が明日、カボチャが明後日ですので、黒猫を先に食べます。
 ムースやババロアや生麩のような食感のものは好物です。

2022年10月13日 (木)

飴細工の金魚

 飴細工の金魚を頂きました。
 どこで撮そうかと思いましたが、少し考えて、これはもう金魚の水槽の前一択かなと思いました。♪
Kingyoame01
 この金魚、1点1点手作りなんですよね。職人さんの技です。
 見事に金魚が再現されていると思います。

 後ろを金魚が通りかかるタイミングで撮ると、よりきれいな色になります。
Kingyoame02
 より映えます。

 もう1つ、黒出目金。
Kingyoame03
 タイミングを誤ると、赤出目金になってしまいます。(^_^)

 正面から。
Kingyoame04
 この角度からだと、出目金であることがよく分かります。
 リアルですね。この目なんかどうやって作ったのでしょうね。
 手作り、すごいです。

 素敵なものを頂きました。
 食べるのは勿体ないですけど、撮影したので、食べてしまいました。
 おいしゅうございました。

2022年9月10日 (土)

中秋の名月(令和4年)

 今日は中秋の名月。良い天気でした。
2022chushu01
 満を持して(←満月だけに)撮ったのですが、あまり面白くない写真ですね。(^_^;
 もっと露出を落とせば、月の地形が映ったと思います。
 写真、ちっとも上達しません。

 HDDの中を捜したら、このような箱の写真がありました。
2022chushu02
 満月を見ているうさぎですね。
 手前にはススキが生えていて、月の手前には赤とんぼも飛んでいます。

 箱の中身は和三盆の干菓子です。
2022chushu03
 大きな満月がど~んとあって、うさぎもいます。
 手前中央にはお月見団子もあります。

 中秋の名月にふさわしいお菓子です。

2022年7月30日 (土)

初カヌレ

 Twitterで、カヌレというものを知りました。
 これまでは名前すら知らなかったお菓子です。
 おいしそうだなぁと思って、注文してしまいました。
Canele
 製造元は岡山市のカヌレ専門店です。
 百貨店の通販で買いました。

 冷凍保存で、食べる分だけ、10分前に冷凍庫から出すようにとのことです。

 TwitterやFacebookではいろいろな情報が得られます。
 あんまり入浸っていると、時間が経ってしまいますけど。

2022年6月28日 (火)

『西Navi』最新号は倶利伽羅合戦

 先日、群馬に行く時に乗った新幹線の座席に置いてあった『西Navi』6月号の特集は「源平倶利伽羅合戦」でした。
Nishinavi202206a
 表紙は火牛の計です。
 こういう像が現地に設置してあるのでしょうか。

 この特集、NHK大河を意識してのものだったと思いますが、番組では、倶利伽羅峠の合戦はナレーションだけで終わってしまいましたね。

 合戦のことが大きく取り上げられています。
Nishinavi202206b

 倶利伽羅合戦図屏風。
Nishinavi202206c

 合戦経過図。
Nishinavi202206d

 グルメとお土産。
Nishinavi202206e
 義仲かぶと、巴御前、義仲・巴醤油など、木曽義仲と巴御前、人気です。
 これらはNHK大河で売上を伸ばしているのではないでしょうか。

 巴御前は今後もまだ登場しそうですね。

2022年6月17日 (金)

方言せんべい(4)

 3月以来、3回に亙って取り上げてきた「亀田のまがりせんべい」(「方言せんべい」「方言せんべい(2)」「方言せんべい(3)」)、その第4弾です。
Hogensenbei01

 こういった面々です。
Hogensenbei14

Hogensenbei15

 京都は「おいしおすなぁ」ですなぁ。ほんに。

Hogensenbei16

 東京の「とてもおいしい」は、こうやって他の方言の中に置くと、どうもよそよそしい気がします。
 共通語ということで、書き言葉に近くなってしまったんでしょうかね。
 日常会話で「とてもおいしい」という発言は、あまり聞かれないように思います。

Hogensenbei17

Hogensenbei18

 広島と山口という隣県で「ぶち」が共通していますね。
 そういえば、学生時代の部活の先輩で広島出身の人が「ぶち」を使っていました。
 福岡出身の人も「ぶち」を使っていたような。

 方言せんべい、これで18袋、36方言になりました。全体の3/4程になりました。
 今までは幸いにしてあまり重複はありませんでしたが、これからは重複が増えてくると思います。
 コンプリート、頑張ります。

2022年5月11日 (水)

方言せんべい(3)

 3月に「方言せんべい」「方言せんべい(2)」という記事を載せました。
 「亀田のまがりせんべい」の個包装にそれぞれ2府県ずつの方言が載っています。
Hogensenbei01

 このおせんべい、飽きるといけないと思って、しばらく別のおせんべいに浮気していましたが、久しぶりにまた帰ってきました。
 幸い、今回の個包装に以前の回とかぶるものはあまりありませんでした。
 こういった面々です。
Hogensenbei10Hogensenbei11Hogensenbei12Hogensenbei13

 これで全体の半分を少し越えたところです。
 早くコンプリートできると良いです。

2022年4月 8日 (金)

「カムカムエヴリバディ」終了&かむかむレモン

 毎日楽しみに見ていた朝ドラの「カムカムエヴリバディ」、今日最終回でした。
Kamukamu09

 朝ドラはなるべく見ないようにしています。
 見始めると、1回でも欠けると嫌なので、留守録を仕掛けて見ることになり、いろいろと厄介なので。(^_^;
 それでも、うっかり見てしまって、最後まで見ることになった作品もいくつか。(^_^)

 カムカムもそうなってしまいました。
 面白かったです。♪
 戦後すぐのできごとが40~50年後に繋がってゆくなど、伏線がただ事でない状態で、油断のならない番組です。

 親-子-孫の三代をリレーで繋いだ100年間のドラマでした。
 ラジオ英語講座と餡子が太い2本柱で、これに次ぐのがジャズと時代劇、周辺に野球、といった感じでしょうか。
 それらが複雑に絡み合っていました。多くの挫折も成功もありました。

 伏線がたくさんあったことで、先の展開をめぐって、SNS上でも多くの推測が飛び交っていました。
 私もたくさん推理したのですが、何1つ当たりませんでした。何1つというのがすごいです。(^_^;

 結果的に、SNSを通しての視聴者参加型の推理ドラマになったという面もあったと思います。
 それもこの番組が人気を博した理由の1つだったことでしょう。

 話は違いますが(←違いすぎ)、冒頭附近に載せた「かむかむレモン」、もう何年も毎日食べています。
 習慣化されてしまって。(^_^)

 たまに期間限定版が出ます。
Kamukamu10
 これは先日渋川の家で発掘しました。賞味期限は去年の11月ですが、このくらいならばまぁ大丈夫でしょう。

 他にもあれやこれや。
Kamukamu03
Kamukamu06
 それぞれにおいしゅうございました。

2022年3月22日 (火)

方言せんべい(2) 愛知は「でらうみゃぁ」

 ちょうど1週間前に「方言せんべい」という文章を載せました。
 新潟県の亀田製菓の「まがりせんべい」の個別包装の裏側に2府県ずつの方言が載っているという内容でした。
Hogensenbei01
 全部で4種類、計8府県の方言が紹介されていました。

 そのおせんべいを食べ終わりましたので、新しいのを買って来ました。
 早速開けて、全部見ました。♪
 1週間前の袋とは全く中身が異なっていました。全部で4種類8県です。
 以下の面々です。
Hogensenbei06Hogensenbei07Hogensenbei08Hogensenbei09

 前回、愛知県は名古屋弁として「どえりゃぁ うみゃぁ」と考えたのですが、正解は「でらうみゃぁ」でした。
 どえりゃぁ→でら、でしょうね。

 長崎と長野が同じ袋だなぁ、というのがヒントになり、県名の排列は五十音順ではないかと気づきました。
 今回の4袋8県、まさにその順でした。前回の4袋8府県も同様でした。

 どうやら、すべての都道府県を網羅しているのではないかと思います。
 亀田製菓としては、「うちの県がない!」という苦情を避けたかったのではないでしょうか。

 今までゲットしたのは、8袋16府県です。
 全部集めるのは大変。(^_^;
 このおせんべいばかり食べ続けて飽きてはいけませんので、休み休みにするかもしれません。

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ