菓子

2021年1月18日 (月)

食偏の字体

 昨年の9月に、NHK「チコちゃんに叱られる!」で、豊川悦司が書いた「ぎょうざ」の書き取りが×になりました。
Chiko_shoku
 画面左下にある様に、食偏の下部が横線2本ではないから、という理由でした。

 これ、正解とすべきものと思います。
 現在、常用漢字に入っている漢字は、食偏は「飲」「飯」のように「食」に1画足りない形ですが、表外字については、「飴」「餌」のように、下部は横線2本です。
 豊川悦司の書いた字が不正解とされたのはこういう理由によるのでしょう。

 しかし、これは活字などの印刷字体についてのもので、手書きまで印刷字体に合わせる必要はありません。
 文科省も、表内字については印刷字体と手書きとは分けて考えています。表外字だってこれに準ずるべきものと思います。

 ブログにそんなことを書きました。

 ふと見ると、毎日愛好しているのど飴の文字が目に入りました。
Ame03
 これ、何年も前から好物で、毎日口にしています。座右の飴です。
 「飴」の字体、食偏は常用漢字の字体と同じですね。毎日見ていたのに、今頃になって気づきました。

 この飴の袋、以前撮影していたことを思い出しました。
Ame01
 3年半前に勤務先を定年退職して、個人研究室にあった私物を片づけたときに見つけたのでした。
 賞味期限が2015年11月となっていましたので、製造したのは2014年の夏頃でしょうか。
 この袋の「飴」の字の食偏の字体は横線2本になっています。

 2014年の夏頃には横線2本だったのを、その後、どこかの時点で今の形に変更したのでしょう。
 なぜ変えたのか、理由は分かりませんが、横線2本の字体を古めかしく感じたのでしょうか。
 手書きに近い形に変えることで、より親しみやすいイメージになるようにと考えたのでしょうかね。

 興味深いです。
 一般的な活字体でなくてもいいんですよね。

2021年1月11日 (月)

二〇二一餅

 昨年、「二〇二〇餅」というおめでたいお煎餅を頂き、ブログに載せました
 今年は別の方から「二〇二一餅」を頂きました。
 紅白2種類の袋が入っています。
 紅の袋の中身。
2021bei01
 これによれば、このお煎餅は西暦2000年から毎年作っているのですね。
 最初の年の読みは「にせんべい」なのでしょう。「せんべい」の2倍。(^_^)

 白の袋の中身。
2021bei02
 右下に牛の根付けがあります。

 これが入っていました。
2021bei03

 正面顔。
2021bei04
 かわいいです。

 子年の去年はネズミの根付けが入っていました。
Akebono2020a
 こちらもかわいいです。

2021年1月 4日 (月)

お正月の和菓子&屠蘇ティー

 三が日が終わりました。
 明日は非常勤の遠隔授業3科目です。
 ま、私の場合は授業日が火曜日なので、そういうことですが、大学全体では今日から授業再開です。
 昔はもっとゆっくりしていたのですけど、半期15回厳守でこういうことになっています。
 1月4日から仕事始めですから、教員は仕方ないかもしれませんが、帰省している学生や家族が気の毒です。
 今年は、リモートの授業では、帰省先から受講可能な学生もいることでしょう。それは幸いなことです。

 大晦日に、予約で受け取ったおせち料理は、賞味期限の関係で大晦日から食べはじめ、昨日食べ終わりました。
 賞味期限は1月2日だったのですが、今のところ大丈夫です。(^_^)

 同じく大晦日に8つ買ってきた和菓子も、同じく大晦日から毎日2つずつ食べて、昨日食べ終わりました。こちらの賞味期限は1月3日でした。

 どちらもおいしゅうございました。

 元日に浸けたお屠蘇は、元日と2日とに分けて飲みました。
2021shinnen03

 さすがに計量カップからというのはあんまりなので、たまたま目に付いたティーカップで飲みました。
 そのカップで紅茶を飲むとき、お屠蘇の香りがしてヘンでした。
 ハーブティーやジャスミンティー、アップルティーは良い香りですが、屠蘇ティーは合いません。

 8つの和菓子、こういう面々です。
2021wagashi

 中段右がよく分かりません。なんでしょ?
 下段左は紅梅ですね。中央は何でしょ? これも梅?
 右端も? 萌え出たばかりの若菜でしょうか?

2020年12月21日 (月)

木星・土星大接近&クリスマスパフェ

 木星と土星とが400年振りの大接近と教えて頂きました。
 今日は東京に帰ってきましたので、ミラーレス一眼と望遠レンズが使えます。
 帰宅して早速撮りました。

 月はこんなです。
Hoshi20201221a

 17日にはもっと細い月のすぐそばに木星と土星がいたようです。
 4日経って、月は大分太くなっていました。
 付近に明るい星は見えません。

 月よりも大分低い位置に明るい星が見えました。
Hoshi20201221b
 これでしょうか。
 相変わらず、三脚がないので、手持ちです。ブレてしまいました。
 何枚か撮った中で1番マシなのがこれです。

 1番ブレたのはこれ。
Hoshi20201221c
 これでは訳が分かりません。(^_^;

 あまり良く撮れなかったので、別の話題で。

 いつものスーパーにはクリスマス関係の食べ物があれこれ並んでいました。

 いつも、クリスマスの時期にはクリスマスマークの付いたパエリアが並ぶのですが、今日はまだありませんでした。
 ビーフガーリックライスに付いていました。
Xmas20201221a

 マークのアップ。
Xmas20201221b

 プチクリスマスパフェというのが並んでいました。
Xmas20201221c
 これは初めて見ました。

 側面。
Xmas20201221d

 上部。
Xmas20201221e

 確かに何となくクリスマスっぽいです。

2020年10月13日 (火)

さわらぎ

 昨日に続き、また頂き物のお菓子です。

 箱。
Sawaragi01
 みやびです。

 歌は百人一首でした。
 女性歌人の歌と絵とが並んでいます。
 次のような歌でした。
 「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」小野小町
 「あらざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたびの逢ふこともがな」和泉式部
 「有馬山猪名の笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする」大弐三位
 「大江山いく野の道の遠ければまだふみもみず天の橋立」小式部内侍

 中身です。
Sawaragi02
 中身もまた風雅です。いずれも秋らしい絵柄ですね。
 赤い柿が印象的です。

 さはさりながら、やはり、うさぎ。(^_^)
Sawaragi03
 親子のうさぎでしょうか。月を見ています。
 月と兎もよく似合います。

 このお菓子の名前「さわらぎ」とは?

 日国には次のようにあります。用例は省略しました。

 >さわら‐ぎ[さはら‥] 【椹木】〔名〕「さわら(椹)」に同じ。

 ということで、「さわら」を引いてみました。

 >さわら[さはら] 【椹】〔名〕ヒノキ科の常緑高木。各地で広く植栽されるが、本州や九州に自生が知られている。高さ三〇~四〇メートル、径一メートルに達する。ヒノキに似ているが樹形はより鋭い円錐形をなす。葉は扁平な鱗状で小枝や細枝に対生状に圧着し、小枝がちょうど一枚の葉のようになる。葉の先端はとがり、裏面の白斑がいちじるしい。雌雄同株。果実は球形の毬果で径七ミリメートルぐらい、一〇または一二個の鱗片からなり、黄褐色。種子は長さ約二ミリメートル、幅約四ミリメートルで翼がある。材はヒノキより軟らかいが湿気に強いことから、桶(おけ)材や、障子・ふすまの組子に使う。漢名に花柏を当てるが誤用。さわらぎ。学名はChamaecyparis pisifera

 桶の材に使うということですね。このお菓子の色合いなどがサワラ材のイメージと重なることによる命名なのでしょうかね。

2020年10月12日 (月)

うさぎのチョコボール

 頂き物です。
Usagichoco01
 うさぎがたくさん。
 うさぎ年生まれで、うさぎ好きの私には嬉しいお菓子です。

 首輪といいますか、リボンといいますか、色とりどりなので、並べてみました。
Usagichoco02
 顔が違いますね。何種類かあります。
 芸が細かいです。というか、すごい手間。

 益々気に入って、取り出してみました。
Usagichoco03

 なんと! でした。
 中身は白いチョコボールが2つ。
 うさぎの顔や耳、手足や尻尾などは個包装に印刷してあるのでした。
 よくできています。こんな仕掛けとは気づきませんでした。
 思えば、色とりどりのリボンは、2つのチョコボールの境目を隠していたのでした。
 なるほどです。
 よくできています。(^_^)

 あ、最後の写真のバック、色や、右上にちょっと写っている模様で、同業者の方はお気づきかもしれませんが、岩波の日本古典文学大系です。(^_^)
 つい、お手軽に、その辺にあるものを利用してしまいます。

2020年7月25日 (土)

アーモンドチョコの箱に球技

 夕飯の後に毎日アーモンドチョコレートを2粒ほど食べています。
 デザートといいますか、あまり意味はないのですが、習慣です。
Almondchoco01

 数ヶ月前、この箱にラグビーの絵が描いてあることに気づきました。
Almondchoco02
 去年、ラグビーが話題になりましたので、それ絡みかと思いました。
 アーモンドチョコレートの形はラグビーボールに似ていますので。

 でも、よく見たら、オリンピックのマークもあります。
 明治製菓は東京五輪のスポンサー企業なのでしょうね。
 この絵はラグビーブーム絡みではなくて、オリンピック絡みだったのでした。
 コロナ禍がなければ、昨日、開会式だったのですよね。関係各方面に甚大な影響があったことでしょう。

 スーパーの店頭でよく見ると、ラグビー以外の絵がありました。
 そういうことなら集めなければなりません。←ナゾの使命感。(^_^;
 今のところ、4点集まりました。オリンピックとパラリンピックが2点ずつです。
Almondchoco03

 まだ持っていないのを買うべく、選んで買っています。
 人が見たら、少しでも賞味期限の遅い品を選んでいるように見えるかもしれません。
 誤解です。(^_^;
 生ものだと賞味期限を見ることもありますが、賞味期限内に食べられるかどうかだけが目的で、少しでも新しいものをという発想はありません。

 同じメーカーのマカデミアンナッツチョコレートの箱には、野球など他の競技の絵が描いてありますけど、そこまで手は出しません。(^_^)

2020年7月24日 (金)

季節限定「旅がらす」2020夏

 今日は前橋で講座の日でした。
 東京都民は、不要不急の外出は控えるように言われていますけど、不要不急とは言えないので、仕方ないですね。
 行きは新幹線、帰りは上野東京ラインに乗りました。どちらもすいていました。
 4連休とはいっても、中間ということはありそうですね。初日と最終日は多少混むかもしれません。

 高崎駅構内でお店を覗いたら、こういうものがありました。
Gunmac_tabigarasu202007a
 季節限定の「旅がらす」です。

 2枚の鉱泉せんべいの間にクリームを挟んだもので、通常はクリームはバニラですが、この季節限定版では、クリームがはちみつレモンとメロン味になっています。
Gunmac_tabigarasu202007b

 はちみつレモンの絵とメロンの絵は包装紙にも使われています。
Gunmac_tabigarasu202007c

 春先にも季節限定版があり、いちご味と生姜味でした。
Tabigarasu02

 季節限定版は、目先が変わって楽しみです。

2020年4月13日 (月)

義士ようかん完食

 昨年の3月に義士ようかん48本セットを買いました。
Gishiyokan03
 四十七士+「義」で48本で、本煉、黒糖、塩、抹茶、さくらの全5種類です。

 賞味期限は今年の2月15日。1年は52週ですので、週に1本ペースでOKです。
 週に2~3本食べていたりしていましたが、夏から始まったCCレモン断ちとアイスクリーム断ちに合わせて、甘いもの全般を控えるようになりました。その最中にようかんというのは論外です。それで、このようかんもずっと食べなくなってしまいました。
 
 CCレモン断ちとアイスクリーム断ちは今も継続中ですが、甘いもの一般はあまり控えなくなりました。このようかんも復活。(^_^)
 それで、昨夜無事に全部食べ終わりました。おいしゅうございました。
 賞味期限を2ヶ月ほど過ぎてしまいましたが、支障ないでしょう。ようかんですから。

 冷凍庫にはアイスクリームがいっぱい入っています。
 緊急事態宣言が発令されましたので、食料品の備蓄も心掛けていますが、冷凍庫が満杯です。
 アイスクリーム、少しずつ食べて、空きを増やそうかなぁと考えている今日この頃です。

2020年3月24日 (火)

季節限定「旅がらす」

 群馬県に「旅がらす」というお菓子があります。製造販売元は前橋の清月堂です。
 こういうのです。
Tabigarasu04
 画像は清月堂のHPから借用しました。勝手に使ってしまっていますけど、ま、宣伝になるから良いかと。(^_^;
 2枚の鉱泉せんべいでクリームを挟んでいます。ゴーフルやゴーフレットと似ていますが、それらよりも固めです。
 ハラダのラスクのように県外まで有名というわけではありませんが、県内ではよく知られています。

 しばらく前に、「旅がらす」の期間限定版を頂きました。
Tabigarasu01

 中身です。
Tabigarasu02
 いちご味と、しょうが味。おいしく頂きました。

 京都の八つ橋などにも季節限定版がありますね。

 当ブログに載せたものには、「鶴乃子」や「かもめのたまご」の春バージョンがありました。
Sakuratsurunoko02

Kamomesakura04

 季節感もあるし、いつもとは違った味だし、目先が変わって良いです。(^_^)

 期間限定「旅がらす」の外袋にこうあります。
Tabigarasu03
 1951年というのは、「旅がらす」の誕生年ではなく、製造販売元の清月堂の創立年です。
 私と同い年。(^_^) ←歳がばれる。 ←今さら。(^_^;

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ