昔話

2021年2月25日 (木)

パソコン通信を始めた頃

 先日、渋川の家の片づけで見つけました。
S63pasotsu01
 パソコン通信のマニュアルです。
 昭和63年にワープロ専用機を買ったときに、付いてきました。

 それまで「パソコン通信」という語は知りませんでした。
 このワープロ専用機も、パソコン通信ができるからという理由で選んだわけではありません。

 冒頭に、パソコン通信で何ができるのかが箇条書きで示されています。
S63pasotsu02
 このページには、「電子掲示板」と「電子メール」が挙がっています。
 そのあとは、「データベース」「チャット」「証券会社のパソコン通信サービス」「航空券や海外ホテルの予約」「電子ショッピング」「電子会議」と続きます。今のインターネットのような感じです。

 その次には、パソコン通信のための準備について書かれています。
S63pasotsu03
 ここに用意する物が挙げられています。

 ワープロとパソコン通信ソフトはあります。あとは、モデムというものを買わなくてはなりません。
 また、電話線が壁から出ているような家では、壁の電話線をモジュラーコンセントに変える工事をしてもらわなければなりません。
 全く未知の世界でしたので、ハードルが高かったと思いますが、まずは秋葉原に行ってモデムを買いました。
 秋葉原に行くのはそれが初めてでした。
 ついで、電話工事を申し込んで、モジュラーコンセントを設置してもらいました。

 保守的でめんどくさがりの私にしては、ずいぶん熱心に動いたものです。
 パソコン通信でこれをしたい、という明確な理由があったわけでもないのに。
 たぶん、このワープロ専用機でパソコン通信というものができるそうなので、その機能を使わなくては勿体ない、と思ったのではないでしょうか。
 スーパーで2000円買えば100ポイント付く券があるのに、それを使わないのは耐え難い、というのと同じかもしれません。

 次のページには接続法が説明されています。
S63pasotsu04
 確かにこのように繋ぎました。

 最後にもう1つ。
 パソコン通信サービスに入会の申込が必要です。
S63pasotsu05
 複数の会社がある中で、私はニフティーサーブを選びました。
 この時にニフティーからもらったメールアドレスを今も使っています。

2021年2月 4日 (木)

群馬で暮らし始めた頃

 先日、渋川の家の片づけで、群馬に引っ越した頃の出納帳が出てきました。
 昭和60年4月です。36年前ですね。
 生活史の資料になりましょうか。(^_^;

 引越当日の4月5日。
S6004suitou01
 東京から群馬への引っ越し代は5万円でした。荷物もあまりなかったのでしょう。
 高速代2000円とあります。もう関越自動車道が開通していました。
 大宮始発で開業した上越新幹線は、この頃には上野発になっていました。東京発になるのは少し先です。
 引越業者に昼食代・チップとして8000円渡しています。
 これは、世間知らずの私の知恵ではありません。父に言われてのことでした。
 あと、サンダル、スリッパ、歯磨き、歯ブラシなど、こまごまとした物を買っています。
 本当に大した物も持たずに引越したようです。

 2日目の6日。
S6004suitou02
 この日は電話を申し込んでいます。72800円。
 ググってみたら、当時は電話加入権として72000円が必要でした。差額の800円は不明です。
 この日も、台所まわりのあれこれを買っています。
 下の方にある「ポイロンS」は何なのか不明です。ググっても出てきませんでした。
 単位呼称は「枚」です。「ポイ」は捨てるイメージがあります。「ロン」はナイロンを連想させます。
 三角コーナーに取り付ける袋ですかね。
 さらにその下に、じょうろと移植ごてがあります。引っ越し早々なのに、園芸をする気満々。(^_^)

 3日目の7日。
S6004suitou03
 カラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機を買っています。
 「カラーテレビ」と書いているということは、当時まだモノクロテレビもあったのでしょうか?
 いずれもごく普通の品です。一人暮らしなので、冷蔵庫は割と小型です。
 これらの家電製品が今いくらぐらいなのか分かりませんが、あまり変わらないでしょうか。
 当時、バブルの少し前でしょうか。その後、バブルがはじけてデフレが続きましたので、36年経っても、物価はあまり変わっていないのかもしれません。
 当時、大型カメラ店はあって、売っている品の価格は町のカメラ屋さんとは大きな差がありましたが、大型家電店はまだなかったような気もします。そんな背景もあったかもしれません。
 これらの製品のうち、冷蔵庫と掃除機は今も現役です。丈夫で長生き。
 洗濯機は2台目になりました。テレビは、アナログ放送が地デジに変わった時点で使えなくなりましたが、DVDデッキのモニターとしてさらに使いました。
 電化製品の他に、鍋、釜、フライパン、包丁、まな板を買っています。自炊する気満々。
 土鍋も買っています。ご飯を炊くのに、炊飯器ではなく、土鍋を使いました。

 4日目の8日。
S6004suitou04
 前日に土鍋を買ったので、早速お米を買っています。
 あとは、食品と雑貨類。

 5日目の9日。
S6004suitou05
 やっと自転車を買っています。
 ということは、この日まで、買い物には歩いて行ったことになります。どのお店までも結構遠いです。
 電化製品は配達してもらいましたが、あとは持ち帰ったのですね。重かったと思います。お米も5kg買っているし。(^_^;
 あと、こたつを買っています。4月上旬はまだ寒い日もあったことでしょう。これから暖かくなりますが、寒い季節以外も、このこたつを食卓として使いました。

 6日目の10日。
S6004suitou06
 魚を焼く網や、その他あれこれ雑貨を買っています。
 暮らしているうちに、あれが足りない、これが足りないということで、順次買い増していったことが分かります。
 ほんと、引っ越しに際して持っていったのは、本、ワープロ、机と椅子、布団くらいだったのでしょう。

 という6日間でした。長々と書きまして。

2021年1月31日 (日)

宣命校本ノート

 渋川の家の片づけで出てきました。
Senmyokohon01
 私の卒論のタイトルは「続日本紀宣命の国語学的研究」でした。その別冊資料です。
 母校では、卒業式の日に「永久貸し出し」という名目で卒論を返却していました。
 貸し出しなので、本当はすぐに出せるようにしていないといけないのでしょうけど。(^_^)

 中はこのようです。
Senmyokohon02

 多少アップに。
Senmyokohon03

 宣長の『続紀歴朝詔詞解』のコピーを切り貼りしたのを底本にして、これに諸本の異同を書き込んで行きました。
 コピーは湿式のようです。少し薄くなっていますが、40数年を経てこの程度ならば優秀かもしれません。
 結構たくさんの本を見ています。ただ、大学院に入ってからさらに校合したものもありますので、卒論時点よりも増えています。
 ご覧のように、宣長は、多くの諸本が一致している本文を結構変えています。そんなことが校本を作って分かりました。

 天理図書館にもこの3冊を携えて行きました。当ブログでしばしば触れた芳月に泊まって。

 渋川転居後28年振りに再会して感慨深いものがありました。

2021年1月 5日 (火)

昔のタヌキの記事

 今日は新年最初の授業でした。
 中休みの休憩時間に、こんな画像を見てもらいました。
Tanukiyomiuri

 大昔の新聞の群馬版の切り抜きです。
 渋川の家の片付けの過程で見つけました。
 子だぬきが住みついている大学というのものどかで良いです。
 野生のタヌキなのに、不思議に人懐っこかったです。

 新聞記事の写真は私が撮ったものです。どういう経緯か忘れてしまいましたが、新聞の記事に使われることになりました。
 元の写真です。
Tanukiyomiuri02

 新聞では、必要な部分だけ綺麗にトリミングしてありますね。

 こんな写真もあります。
Tanukiyomiuri03
 中央下部に見えているのは私の太ももです。
 子だぬきが私の太ももを踏み台にして、私の鞄をあさろうとしています。
 傍若無人な奴です。
 大きな尻尾。
 鞄に付いているのは、木彫りのフクロウのマスコットです。

2020年12月30日 (水)

50年前の環状7号線

 このようなものが出てきました。
Kan7ehagaki01
 左下に世田谷区立旭小学校とあります。私の母校です。
 右上にある昭和三十九年十月というのは東京オリンピックが開催された時期です。

 ローカルな話題で済みません。
 旭小学校の校区に国道246号線(玉川通り)と環状7号線が通っています。
 東京オリンピックが開催されることに伴って、環状7号線が拡幅されました。
 道を渡るのに危険が伴いますので、歩道橋が作られました。それを記念した絵はがきが入っています。

 裏です。
Kan7ehagaki02
 なんか、児童の詩で歩道橋を絶賛しています。それを作ってくれた人も。

 ちょっと不思議な話です。
 確かにこの歩道橋を利用する児童もいますけど、歩道橋完成記念の絵はがきを小学校が作るというのも……。

 それはともかく、中身は絵はがきが2枚です。2枚とも上下に写真が並んでいて、写真は合計4枚になります。

 これは、上記の2本の幹線道路が交わる上馬交差点から撮影したものです。
Kan7ehagaki03
 手前から奥に伸びているのが環状7号線です。こんなに狭い道でした。
 道の両側が野沢銀座です。環7通りが商店街。
 手前を左右に通っているのが玉川通りです。東急玉川線(玉電)の線路が見えます。

 それがこうなりました。
Kan7ehagaki04
 環状7号線は玉川通りの下にもぐり、立体交差になりました。
 さらにこの数年後、玉川通りの上には首都高速3号線が架かることになります。
 まさに東京大改造です。
 画面左端に玉電が見えます。
 アップです。
Kan7ehagaki07

 これは、環状7号線をもう少し先に行ったあたりです。
Kan7ehagaki05
 道の左右に商店がびっしり並んでいます。
 中央の車は道の真ん中を走っていますね。

 この狭い道が大きく拡幅され、歩道橋が架かりました。
Kan7ehagaki06
 道幅が大分変わりました。今の環状7号線と同じ幅です。
 画面右端に「祝完成 野沢銀座商(店街)」と書いた懸垂幕が見えます。
 アップです。
Kan7ehagaki08
 渡り初めも行われたようですし、この歩道橋は大歓迎されたようです。珍しさもあったのでしょうね。

 この絵はがきは昭和39年10月に旭小学校の全児童に配布されたと書いてありますが、私はこの年の3月に卒業したので、対象外です。
 たぶん、妹がもらってきたのをもらい受けたのでしょう。脅し取ったとか、そういうことは、当時の力関係からいって考えにくいです。(^_^;

2020年12月26日 (土)

スマホの音声

 新しいスマホを買って20日近く経ち、大分慣れてきました。
 このスマホ、マナーモードにすると、電話やメールの着信音が消えるだけで、動画の音声やゲームの効果音などは音が出ます。
 こういうのは普通でしょうか。
 私がこれまで使ってきたガラケーやスマホは、どれもみなマナーモードにするとあらゆる音が出ませんでした。

 ここが今までのと大きく異なります。
 これでは、電車の中でスマホゲームの「ねこあつめ」を起動することができません。
 このゲームは、ゴハンとグッズを用意して、ねこが来るのをひたすら待つだけのゲームですから、長時間かかりきりになる必要はないのですが、たまに様子を見たい思いがあります。それができない。

 これを不満に思っていましたが、ふと、マナーモードにするのではなく、音量をゼロにすれば良いのではないか、と思い至りました。
 そこまでに10日ほどを要しました。頭固いです。(^_^;

 今はいつでも「ねこあつめ」を見ることができるようになりました。

 その昔のガラケー時代、着メロを自分で入力することができました。1がド、2がレ、3がミ……といった具合です。音の長さもどこかのキーを使って、全音符、二分音符、四分音符……という具合に入力、登録することができました。

 私は「津軽海峡・冬景色」を入れていたのですが、マナーモードにするのを忘れていて、某学会の会議の席上、これが高らかに鳴り出して大いに狼狽しました。惟光さん(天爵露城さん)がウケてました。(^_^)

 エライことでしたが、電車の中よりはマシだったかもしれません。
 これ以来、ケータイ・スマホは原則常にマナーモードにしているようになりました。
 入試の監督なんかもありますしね。いろいろとあぶないです。(^_^;

2020年8月30日 (日)

東京23区の電話番号が変わったのは

 整理中の段ボール箱から、このような文書が出てきました。
Tokyodenwa
 またまた守秘義務違反が心配。(^_^;

 東京23区の電話番号、もう今の形に慣れてしまっていますけど、そういえば、昔は03-○○○-○○○○でした。
 その前は、03-○○-○○○○という時期があったのでしょうけど、それは記憶にありません。
 今の形に桁が増えたのは、平成3年1月1日の午前2時からだったのですね。
 もう30年近く前。

 その頃、どんな日々だったのやら。
 ブログをしていれば記録が残っていましょうけど、そのようなものはまだなく。
 前年の10月に専修大学で萬葉学会の研究発表をしていました。西條さんと同じ回。
 研究発表が無事に終わって、ほっとしていたかもしれません。(^_^)

2020年8月18日 (火)

新聞沙汰になった9年前

 整理中の段ボール箱からこのようなものが出てきました。
311_shinbun01
 東日本大震災の翌日の毎日新聞の群馬版です。
 私の名前が載っているのを見つけた勤務先の事務局の方がコピーを渡してくれたのです。

 震災の時は、東京から群馬に移動中の新幹線に乗っていました。もう少しで高崎駅に着くというときに地震が発生しました。
 大きく揺れて停まったので、車両故障かと思いましたが、外を見たら、電線が大きく揺れていたので、地震だと思いました。
 やがて、その旨のアナウンスがありました。

 高崎駅を目前にしながら、新幹線は停まったまま。1時間半ほど経ってから、そろそろと動き出して、駅に着き、降車することができました。
 改札口への階段に近いドア付近の座席に座っていたので、改札に向かう乗客の中では先頭に近い位置でした。
 それで、改札付近にいた新聞記者に掴まってしまったのでしょう。
 気の利いたコメントをもらえそうに見えたのかもしれません。(^_^)
 で、私のコメントですけど、どうってことないですね。名前や年齢を出されるほどのものではありません。
 新聞記事って、必ずといっていいほど年齢が載りますね。載せなくて良いのに。(^_^;

 あの地震では群馬県もずいぶん揺れました。
 同じページに県内各地の震度が載っています。
311_shinbun02
 もとのコピーで、上の方が少し欠けていますが、本震では桐生で震度6弱だったようです。
 高崎は震度5強。それなら新幹線は止まります。

 翌日は、毎年恒例の国公立大学の後期日程入試の日でした。
 移動中だった受験生も多かったことと思います。
 広範囲に電車が止まってしまい、影響を受けた受験生はどんなにか心細かったことでしょう。
 地震前にすでに受験校付近に到着していた受験生も、無事に受験はできても、いつ故郷に帰れたのか。
 職業柄、やはり受験生のことが気になりました。

2019年6月15日 (土)

「大草原の小さな家」

 ネットオークションに出ていたので、懐かしくて買ってしまいました。
 私以外に誰も入札せず。(^_^;
Daisogen
 昔、毎回楽しみに見ていました。
 中高の頃かと思ってググってみましたら、放送開始は大学4年の夏でした。
 月光仮面、隠密剣士、アトム、鉄人が小学生の頃だったのははっきり覚えているのですが、それ以後の番組は放送時期の記憶が曖昧なものが多いです。

 この番組もそうですが、昔のアメリカ映画には、信頼、正義、正直、思いやり、友情、家族愛などをテーマにした作品が多かったように思います。この番組、強く心に響く回が多かったです。

 毎週、熱心に見ていましたが、途中から見なくなってしまいました。
 放送時間が変わったんです。最初は火曜日の20時からでした。晩ご飯を食べ終えてじっくりと見ることができました。
 それが、途中から土曜日の18時からになってしまいました。この時間はNHKでは昔から子供向けのドラマ枠でしたが、大草原をこの時間枠で放送するのはちょっと違うといいますか、腰を据えてじっくり見るには適さない時間でした。

 それに加えて、この時間にはまだ帰宅していない日もあり、また、お姉さんのメアリーが失明してしまうのがかわいそうで、見るのがつらくなりました。

 もう40年以上も昔の、そんなことを思い出しました。

2019年4月30日 (火)

平成に改元の頃

 平成最後の日となりました。
 といって特段のことはなく、今日も明日も在宅予定です。
 先ほど近所のスーパーに行ってきました。何か特別のゴハン、たとえば鶏のもも肉なんぞがあるかと思いましたが、ありませんでした。クリスマスじゃないっちゅうに。(^_^;

 平成最後の買い物は近所のスーパー、令和最初の買い物も同じスーパーということになりましょう。

 渋谷あたりでは、日付の変わる頃に大騒ぎが起こるのでしょうかね。穏やかに済むと良いです。

 平成最初の頃に思いを馳せてみました。

 あの時は昭和天皇の崩御に伴う改元でしたので、前年から昭和天皇の病は篤かったとはいえ、突然のことでした。1月7日に崩御、8日に改元でしたが、小渕さんが「平成」の新元号を発表したのは7日の午後でしたか、夜でしたか。

 私は、昭和60年から群馬県立女子大学に勤めていました。調べてみたら、崩御の7日は土曜日、改元の8日は日曜日だったのですね。その日を群馬で迎えたのか東京で迎えたのか、記憶がはっきりしません。年末年始は東京で過ごしました。7日はもう群馬に戻っていたかもしれません。

 パソコンを使い始めたのは昭和63年の暮でした。使い始めてしばらくして改元を迎えたことになります。HDDの中にその頃のデータが何かないかと探してみました。見つかった最古級のファイルは、1989/01/27のタイムスタンプのある「完全な水槽について」というテキストファイルでした。まだインターネットの時代ではなく、パソコン通信のペットフォーラムかアクアリウムフォーラムからダウンロードしたもので、中身は金魚や熱帯魚の育て方です。この頃も金魚を飼っていたのですね。「十年一日」どころか「三十年一日」の如き暮らしぶりです。

 まだデジカメはないので、当時の金魚の写真はありません。最近のを載せます。
Kingyo_h310417
 今日撮せば平成最後の姿ということになりますが、金魚は元号とは無関係に暮らしていますので、特に今日撮影することはしませんでした。2週間ほど前の写真です。
 水温が上がって食欲旺盛、元気いっぱいです。

 思い返すに、改元の頃はまだHDDは持っていませんでしたので、データファイルはすべてフロッピーディスクに収めていました。後年、HDDを買ったときに、必要なファイルはFDからHDDに移しました。最初に買ったHDDの容量はそう大きくありませんでしたので、ファイルは厳選して移したのでしょう。完全水槽のファイルはそのハードルを越えたことになります。(^_^) 以後、新しくHDDを買い足したり買い替えたりする度ごとに、ファイルはコピーを繰り返し、今に至っています。紙のデータはあっという間にどこかに行ってしまいますが、電子データは残ります。うっかり消さないようにせねば。

 平成最後の日の記事としては、甚だまとまりませんが……。(^_^;

より以前の記事一覧

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ