植物

2020年5月 6日 (水)

桑の実

 玄関前の桑の木に何か付いているのに気づきました。
Kuwanomi01

 もう1枚。
Kuwanomi02
 桑の実ですね。

 やがて熟して、どどめ色になるのでしょう。

 外出自粛で家にいる時間が増えて、金魚のお世話や、植物のお世話をする時間が増えたのに、桑の実が付いていたことに全く気づきませんでした。
 実が付くには、その前に花が咲いたことでしょうに、花にも全く気づきませんでした。
 ぼーっと生きているようです。(^_^;

 実をよく見ると、すべて緑の枝に付いています。茶色い枝は昨年以前に伸びた枝、緑の枝は今年伸びた枝です。
 とすると、枝をよく刈り込んで、新しい枝がたくさん出るようにすれば、桑の実もたくさん付くことになりますかね。
 来年はそんなことも念頭に置こうと思います。

2020年4月28日 (火)

残るアマリリス発芽

 3月14日にアマリリスの植え替えをしました。全部で6鉢です。
 幾日も経たずに、そのうちの3鉢が芽を出しましたので、3月29日にその写真などを載せました。
 さらに2鉢が芽を出し、これも4月11日に載せました。

 あと1鉢。その球根は、渋川の家で鉢に植わっていたのを、鉢から掘り出して東京に持って来たものです。
 植え替えるまで新聞紙に包んでいただけでしたので、根が弱ってしまったのかもしれません。
 無事に芽を出すように願いつつ、観察していました。
 いつ発芽するのだろうかと、気になっていた方もいらしたことと思います。←たぶん、いないと思う。(^_^)

 出ました。(^_^)
Ama20200428a
 よく分かりませんね。
 アップです。
Ama20200428b

 これで6鉢全て芽を出しました。幸いです。安心しました。
 昨日はつつじが咲かない話題でしたので、良い話題もないと。♪

 もとは1つの球根から分球したクローンのようなものですけど、一番最初に発芽したものと、最後に発芽したものと、1ヶ月ほどの差が出ました。何か差があったのでしょう。
 今日ご披露した球根は、鉢から掘り出したあと、植え付けるまでの日数が長かったことが影響していたと思います。悪いことをしました。

2020年4月27日 (月)

つつじが咲かない

 外出自粛で運動不足になっていますので、スーパーに行った帰りに、真っ直ぐ帰宅せず、大回りしています。
 ま、15分くらいなので、大した運動にはなっていないのですけど。
 季節柄、あちこちのお宅のつつじがきれいに咲いています。
 こんなのとか、
Tsutsuji2020a
 こんなのとか。
Tsutsuji2020b
 いずれも柵越しです。咲いているのも民家ではなくて、公的な施設のようです。
 やはり、普通のおうちにカメラを向けるのは憚られます。(^_^;

 こういう花を見ると、うちの玄関先のつつじもそのうち咲くことでしょう。

 ……と思いつつ、待っていましたが、咲く気配もありません。
 こんなです。
Tsutsuji2020c
 すぐ隣の桑の木に長年月圧迫されて、ずいぶんかわいそうな枝形になっていますが、それでも毎年咲いてくれていました。

 去年の5月5日はこのようでした。
Tsutsuji2020d

 去年よりもまだ1週間早いとはいえ、大違いです。
 じっくり観察してみると、今年の枝には花芽が付いていません。
 今年はどうもダメそうです。

 理由が分かりません。
 またググってみました。検索キーワードは「つつじ 花が咲かない」です。そのまま。(^_^)
 これでもちゃんとヒットしました。ネットは便利。
 それで出てきた、考えられる理由は以下の通りです。

 ・剪定時期を間違えている
 ・剪定のし過ぎ
 ・日光が不足している
 ・肥料の与えすぎ
 ・害虫(ベニモンアオリンガ)
   幼虫がツボミや新芽を食い荒らすそうです。

 どれも当てはまりそうもありません。
 剪定は全くしていないし、肥料もやっていません。日光は半日くらいは十分に当たっていると思います。
 害虫ですかねぇ。

 今後、害虫を気にしながら、来年を楽しみにしたいと思います。

 いろいろあります。

2020年4月11日 (土)

いろいろ芽生え

 3月14日にアマリリスの植え替えをしました。全部で6鉢。
 早くもそのうちの3鉢が芽を出しましたので、3月29日にその写真などを載せました。
 その後、2鉢が芽を出しました。
 4鉢目。
Ama20200410a

 5鉢目。
Ama20200410b

 あと1鉢です。その球根は、渋川の家で大きめの鉢に植わっていたので、鉢ごと運ぶのが重くて、鉢から取り出して東京に持ってきました。植え替えるまで新聞紙に包んでいただけでしたので、根が弱ってしまったのかもしれません。無事に芽を出すと良いです。

 玄関先では、一昨年地植えにしたオリヅルランが元気です。
 一昨年。
Orizuru20180618d

 去年の2月。
Orizuru20190220a

 今日です。
Orizuru_jiue05
 ぐんぐん大きくなっています。

 他に、何かわらわらと発芽しています。
Tsuyukusa202004a
 ツユクサですね。雑草に近い増え方です。(^_^)

 一昨年、ポット植えを買って来て、すぐに地植えにしたあじさい。
Ajisai202004
 これも元気です。

 気の重い毎日ですが、植物は全く関わりなく日々の営みを続けています。
 金魚も元気。(^_^)

2020年4月 2日 (木)

近所の桜

 近所に桜の木と桜並木があります。家から徒歩1分ほどです。
 しばらく前に満開になったので、写真を撮りに行きたいと思いながら、雨や曇りや雪などで、叶いませんでした。
 今日やっと青空になりましたので、撮りに行きました。
Sakura2020a

 アップです。やはり桜はバックが青だと映えます。
Sakura2020b

 桜並木。
Sakura2020c
 小さくて見えにくいですが、親子らしい3人連れが歩いていました。
 並木の方は、もう葉も目立ちます。
 雨、風、雪にさらされましたからね。今日も風が強かったです。

 花びらも落ち始めています。
Sakura2020d

 幹から直接咲いているような花も。
Sakura2020e

 去年は東工大の構内に無断で侵入して桜を撮影したのですが、時節柄、今年は遠慮します。(^_^;

2020年3月29日 (日)

アマリリス発芽

 東京は、昨日は暖かな日でしたが、今日は打って変わって気温が下がり、雪も降りました。
 朝5時頃はまだ雨だったのですが、その後、雪に変わったのでしょう。
 昼頃にはこんなになっていました。
Yuki20200329
 カランコエ越しの窓の外の積雪。

 ただ、この窓は、風次第で吹きだまりになります。路上はこんなには積もっていません。
 路面の雪は、夕方にはあらかた消えました。

 今日は寒い1日でしたが、昨日まで暖かかったせいか、あるいは植え替えが刺激になったのか、2週間前に植え替えたアマリリス、6鉢のうち3鉢が早くも発芽しました。
 1鉢目。
Ama20200328a

 2鉢目。
Ama20200328b

 3鉢目。
Ama20200328c
 これはまだほんの少し顔を出したという段階です。

 植え替える時の球根はこういう状態でした。
Ama20200314c
 鉢の中で根もころごろになっていましたので、それをほぐして根を整理したらこうなってしまいました。

 球根の植え付けってこういうものだとは思いつつも、こんなに土を全部取り去ってしまって大丈夫かなと、ちょっと不安でした。
 無事に発芽して安心しました。残りの3鉢も追々芽を出すことでしょう。
 成長を楽しみに待つことにします。

2020年3月28日 (土)

こんな時こそ 花を

 昨日、群馬県庁に行った時、玄関を入って正面の吹き抜けに、どーんと国宝指定の懸垂幕が下がっていました。
 玄関を入った左手には、このようなものがありました。
Gunmac_hanawo01
 花がたくさんきれいに飾られています。
 そして、上には「こんな時こそ 花を飾ろう 花を贈ろう」の文字が。
 確かにそうだなぁ、と思い、撮影しようとしてデジカメを構えて、液晶画面を見たら、ぐんまちゃんの姿が目に飛びこんできました。
 肉眼で見ていた時には全く分かりませんでした。

 上の画像はどうでしょう。すぐにぐんまちゃんと気づかれましたか?

 気づきやすさは、液晶画面>上の写真>実物肉眼、の順でした。
 何の加減でしょうね。見えている範囲の大きさの違いでしょうかね。
 あとは、そこだけに集中できるかどうか。

 画像を小さくしてみました。
Gunmac_hanawo02
 こっちの方が、より気づきやすいでしょうか? あまり変わりはないかも……。(^_^;

 さて、この花ですけど、製作したのは群馬県と群馬県園芸協会だそうです。
 花の需要が多い時期なのに、新型コロナウイルスの影響による卒業式や送別会の自粛などで販売が低迷しているため、花の魅力をアピールしようという企画だそうで、群馬県産のバラを600本使用して作ったそうです。

 感染拡大の影響は様々な方面に及んでいますね。
 早く終息して欲しいです。

2020年3月21日 (土)

球根の赤ちゃんの正体

 ちょうど1週間前にアマリリスの植え替えをしました。
 7鉢にもなってしまい、置き場所に悩みましたが、簡単でした。
 まだ地上部に何も出ていないので、日当たりの良い場所に置く必要はないことに気づきました。
 それならば、置き場所はいかようにもなります。(^_^)

 まだ何の変化もありません。
 芽(実態は鞘のようなものに収まった花のつぼみ)が出るまであと1ヶ月ほど掛かりましょう。
 例年のように無事に出てきて欲しいです。

 そんな中で、1鉢だけ芽の出たものがあります。
Nira20200321

 この鉢は、植え替えの時に見つかった球根の赤ちゃんのようなものを植えた鉢です。

Ama20200314d

 過去に何度か体験した分球とはずいぶん異なります。
 でも、ひょっとしたら、分球のごくごく初期の段階かとも考えました。

 でも違いますね。葉が全く異なります。
 この葉、どこかで見たような……。

 韮ですね。(^_^;

 アマリリスの鉢に紛れ込んだのでしょう。
 お恥ずかしい勘違いでした。

2020年3月14日 (土)

アマリリスを植え替え

 毎年花を咲かせてくれる鉢植えのアマリリス、もう十数年もずっと植えっぱなしです。
 たまには植え替えた方が良いのではないかと思い、今日、植え替えました。

 植え替え前の鉢。
Ama20200314a
 全部で5鉢。いずれも渋川の家から少しずつ持ってきました。
 もとは1鉢だったものが段々に分球して、これだけの数になってしまいました。
 手前にある球根だけのものは、鉢ごと持ってくるのが重くて、先月、中身だけ持ってきたものです。
 いずれも地上部の葉はすっかり枯れています。

 植え替えに当たって用意したもの。
Ama20200314b
 植え替えって、普通は外でするものでしょうけど、外は寒いし、雪まで降っているし、座ってできないし、ということで、部屋の中で行うことにしました。
 無茶します。(^_^; 無精者です。
 段ボール箱は、その中にポリ袋を入れて、その中で作業をしようという魂胆です。
 部屋の中だと座ってできるので楽です。♪

 掘り上げた面々。
Ama20200314c
 どれも実際にはもっと沢山の根がありました。鉢の中じゅう一杯に、根もころごろにといった感じで。
 やはり、あまり長年月放置してはいけません。

 上の写真の右下のもの。
Ama20200314d
 球根の赤ちゃんのようなものができていました。←韮のようです。(3/21追記)

 植え替え後。
Ama20200314e
 きれいにできました。(^_^)

 植え替え前は5鉢でしたが、植え替え後には7鉢になってしまいました。
 置き場所が……。

 部屋の中はほぼ汚さずに作業を終えることができました。めでたいです。
 くたびれたし、夕飯を食べるのが遅くなると「ブラタモリ」を見るのに支障があるので、後片づけは後回し。
 今日は金魚の水槽の水替えもしようと思っていたのですが、それもまた明日。

2020年3月10日 (火)

今日のカランコエ

 3年前、定年退職した折に学科の皆様から頂いたカランコエ、今日はこんな感じです。
Kalanchoe20200310

 去年もカランコエの写真をアップしていました。日付は3月9日。全く意識していませんでしたが、今年とわずかに1日違いでした。
Kalanchoe26

 どうでしょうね。大体同じ感じでしょうか。暖冬のせいか、今年の方が多少花が多いかもしれません。

 花束はきれいでも、やがて萎れて、枯れてしまいます。鉢植えだと末永く楽しめます。(^_^)

 ただ、頂いた時はこんなでした。
Kalanchoe14
 葉っぱの大きさがまるで違います。
 どうしてでしょう? 肥料が足りないのでしょうかね。

より以前の記事一覧

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ