植物

2019年7月16日 (火)

露草元気

 今朝、玄関先に出たら、露草がたくさん咲いていました。
 20輪ほど咲いていましたが、1つ1つの花が小さいので、目立ちません。(^_^;
Tsuyukusa20190716a
 小雨に濡れています。

 アップです。
Tsuyukusa20190716b
 ベランダには、アマリリスの鉢などを並べています。そこにも露草の種が飛んだようで、芽が出ていました。抜かなかったので、元気に育っています。そちらも開花していました。
Tsuyukusa20190716c
 花の密度はこちらの方が高いですね。

 家主であるはずのアマリリスが見えなくなっています。
 「軒を貸して母屋を取られる」状態になってしまいました。(^_^;

2019年7月14日 (日)

月兎耳があちこちから発根

 わが家の月兎耳、今、こんなです。
Tsukitoji20190714a
 茎が長く伸びて、葉(でいいのかな?)がたくさん付いています。
 なんか、ネット上で見る月兎耳と姿形が違うような。(^_^;
 ネット上では、地表からいきなり葉(でいいのかな?)が出ているものが多いです。
 うさぎ年の私としては、月兎耳という名を好ましく思っていますが、この植物のことを知ったのがほんの数年前ですので、詳しいことが分かりません。

 雨が続いていますので、ここのところ室内に取り込んでいます。
 それで、近くで見ると、根が出ていることに気づきました。
Tsukitoji20190714b
 ここにも。
Tsukitoji20190714c
 かねて、葉挿し(芽挿しかな)を考えていましたので、発根したのなら何よりです。
 ただ、上の2枚の写真は、どちらもかなり下の方です。葉から発根したというより、茎から出てきたようです。
 こんな下の方で切って挿し芽を試みるのはリスクが大きすぎます。

 上の方を探したら、1つ根が見つかりました。
Tsukitoji20190714d
 もう少し様子を見てみます。

2019年6月22日 (土)

水槽の水替え&廃水利用

 一昨日、金魚の水替えをしました。
 水替えの折に水槽の内側をスポンジで掃除中、左手を水槽の縁にかけていたら、親指をちゅぱちゅぱされました。
Kingyo_r010622
 実際に掃除をしていたとき、右手はスポンジを使っているので、両手塞がりで写真は撮れません。
 上の写真は昨日撮ったイメージ画像です。ガラス蓋も載ったままですが、大体こんな感じでした。

 日頃、キューブ状に固められた乾燥イトミミズを与えるときは、小さくちぎって指で与えていますので、指が近づくと寄ってきます。
Kingyo_h301008b
 それで、水替えの時も、目の前に現れた指に反応したのでしょう。
 水槽内に手を入れて掃除をしているというのに、怖れることを知らない連中です。(^_^)

 無事に掃除と水替えが終わった後、汲み出した水は捨てずに、鉢植えに撒きました。

 撒かれた方は、「おいしい水だ」と思ったか、「わっ! なんだなんだ 生臭い水が降ってきた」と思ったか、知る由もありません。
 植物の栄養になると幸いです。

 臭いに惹かれて猫が寄ってきたりして。(^_^)

2019年6月14日 (金)

露草・オリヅルラン競演

 しばらく前から露草が咲き出しました。まだ3輪や5輪です。まだ少し季節が早いのでしょうか。
 オリヅルランもたくさんランナーを伸ばしています。

 こんな感じです。
Tsuyuorizuru01
 ただ、接近して撮そうとすると一方がボケます。

 露草メイン。
Tsuyuorizuru02
 オリヅルランメイン。
Tsuyuorizuru03
 被写界深度の関係で仕方ないですね。(^_^;
 
 ボケを少なくするには、遠めから撮って、トリミングすれば良いのでしょうが、解像度は落ちますね。
 うんと明るければ、多少ともボケは減りましょう。

 あれこれやってみます。

2019年6月 3日 (月)

あじさい開花&オルヅルラン元気

 あじさいが咲きました。
Ajisai20190603
 花はもう少し大きくなるかと思って、しばらく様子を見ていましたが、変わらないようです。

 このあじさいは、昨年の7月にポットに植わって咲いていたのを買って来たものです。
 買って来てすぐに地植えにしました。
 その時の写真です。
Ajisai20180705b
 改めて見てみてびっくりしました。
 今年との差は一体何なんでしょうか。(^_^;
 あまりにも差がありすぎます。
 でも、去年のは葉や株に比べて、異様に花が大きく多いと思います。
 去年の方が異常。(^_^) なんかイケナイ薬かなんか使っていたのではないでしょうか。(^_^;

 今後、じっくりと育てて行こうと思います。

 一方、地植えにしたオリヅルランは元気です。
Orizuru20190603a
 地植えにした年は全くランナーは出ませんでしたが、今年は沢山出ています。
 写真ではよく分かりませんが、10本ほどランナーが出ています。

 花も咲いています。
Orizuru20190603b
 蕾もたくさん。
Orizuru20190603c
 楽しみです。

2019年5月20日 (月)

アマリリス開花&植物近況

 昨日のブログでご披露した開花まであと一息のアマリリス。咲きました。(^_^)
Ama20190520
 昨日とは反対側からの撮影です。手前で咲いているのは、数日前にご披露した1輪だけ咲いた花です。まだ元気です。

 一昨年と昨年に分家した子株を地植えにしたオリヅルラン、元気です。去年はまだランナーは1本も出ませんでしたが、今年は出ました。段々にオトナになってゆくのでしょう。
Kusa201905a
 親株の方は、鉢植えのまま屋外で冬越ししました。置き場所がベランダだったため、鉢植えであることに加えて風当たりも強く、だいぶしょぼくなってしまいました。でも、暖かくなってきたら一気に元気になり、いつの間にかランナーが出て、子株が付いていました。
Kusa201905b
 大きく頑丈そうな子株です。さすがの親の貫禄ですかね。

 てっぺんまで水が廻らずに、成長点が枯れてしまった桑の子。本体は元気です。
Kusa201905c
 下の方で分岐した茎が伸びてきています。

 そして、先端が枯れてしまった茎の方も、少し下に芽が付きました。葉っぱなのか、茎なのか、観察を続けて行こうと思います。
Kusa201905d
 去年、咲いていたあじさいの鉢を買ってきて、すぐに地植えにしました。それに花芽がつきました。
Kusa201905e
 どうも1輪だけのようですが、開花が楽しみです。

 頭が不自由になるまで研究は続ける所存ですが、それ以外に、金魚のお世話や、植物のお世話、古地図や道中記の収集なども楽しみです。

2019年5月19日 (日)

お茶の包装紙

 お茶を頂きました。
Kitamura01
 この時期だと新茶ですね。ありがたいことです。パッケージの色も新茶のようです。(^_^)

 このお茶の包み紙はこのようになっていました。
Kitamura02
 折り鶴ですね。おシャレです。色もパッケージと同系色です。
 手間が掛かるでしょうに。こういう包装に接するとほのぼのとした気持ちになります。良いです。♪

 話は変わりますが、一昨日、もう1鉢のアマリリスが「明日あたり咲きそうです」と書きました。「明日」というと昨日のことですが、今日はこんな具合です。
Ama20190519
 1輪は咲きましたが、もう1輪がもう一息です。今度こそ本当に「明日あたり」といった感じです。

 ここまで書いてから、アマリリスでなくオリヅルランの話題ならばお茶の包装紙と関連したのにな、と思ったことでした。

2019年5月17日 (金)

アマリリスが1輪開花

 昨日アマリリスが咲きました。
Ama20190516a
 ご覧のように1輪だけです。

 このアマリリス、もう20年以上も毎年花を付けています。毎回、1本の茎に決まって2輪ずつ。

 たまに3輪咲いたこともありました。
Ama20190516x
 それで、アマリリスというものは(少なくともうちのアマリリスは)花を2輪以上付けるものと思っていました。1輪だけというのは記憶にありません。

 もう1鉢はこんなです。
Ama20190516b
 明日あたり咲きそうです。こちらは例年通り2輪。

 1輪だけしか花を付けなかったのは栄養不足ですかねぇ。咲かなくなってしまった鉢もあります。肥料やっていないし。考えないといけません。

 先ほどふと思い付いたのですが、金魚の水槽の水替えや、濾過器の掃除の折に、古い水、汚れた水はそのまま風呂場に流してしまっていましたが、この水、植物にとっての養分が含まれていそうな気がします。今度から捨てないで植物への水やりに利用しようと思います。

 良いことに気づいた。(^_^)

 カランコエ、沢山花を付けてくれましたが、もう散ってしまいました。シーズン終了ですね。
Kalanchoe27
 と思っていたところ、こんなつぼみが付いているのに気づきました。もう少し楽しめそうです。

2019年5月12日 (日)

つつじが満開(でした)

 玄関先のつつじ、4月下旬から咲き始めました。
 段々花が増えて行きましたが、やがて萎れたり散ってしまう花も。
 ちょくちょく撮影してきました。比較すると、5月5日あたりがピークでした。1週間前ですね。
Tsutsuji20190505a
 アップです。
Tsutsuji20190505b
 このつつじ、お隣の桑の木に圧迫されてきました。去年、桑の木を途中から伐採して、天井が取れましたが、つつじはなかなか上に伸びてゆきません。(^_^;
 途中から伐採した桑の木は元気に枝葉を伸ばしています。

 つつじは今日あたりもまだ沢山花が付いていますので、まだしばらく楽しめます。

2019年5月 7日 (火)

堆肥はくさい

 今日は元の勤務先で非常勤の日です。4月26日(金)の前橋での仕事以来10連休でしたが、朝、無事に起きられました。(^_^)
 授業も2コマ無事に済みました。
 帰りに大学の近くのホームセンターに寄りました。目的は金魚のゴハンの乾燥イトミミズを購入することです。だいぶ残りが少なくなっていましたので。
 乾燥イトミミズはいつもこの店で買っていたのですが、今日はありませんでした。品切れなのか、もう扱わなくなってしまったのかは分かりません。どこか他の店を探さねば。

 せっかく店に立ち寄ったので、ふらふらしていたら、園芸用品のコーナーで、堆肥が目に入りました。
Noshukutaihi01
 鉢植えの植物などに与える肥料を考えていましたので、これを買いました。本当は植物を植える前の土に元肥として使うもののようです。ま、いっか、という感じです。袋の中央部に縦に「ベイシアグループより発生した食品ざんさを最新の発酵技術によりリサイクル」と書いてあります。
 これいいですね。グループ会社の食品部門から発生した食品残渣で肥料を作るというのは合理的なリサイクルと思います。
 袋の裏にもこう書いてあります。
Noshukutaihi02
 良いものを買いました。御機嫌で電車に乗ったのですが、何か臭います。
 臭いのもとはこれでした。ちゃんと密封したポリ袋に入っているのに臭います。店頭では気づきませんでしたが、電車の中で気になりました。上の画像にも、堆肥に「米ぬか等有機原料を加え腐熟させ」とあります。腐熟させているのですねぇ。それは臭います。(^_^;

 乗客のご迷惑になるといけないので、この堆肥をポリ袋に入れてしっかり縛ってリュックに入れました。これで臭わなくなりました。
 なかなか強烈ですが、くさい方が効きそうな気がします。(^_^)

 話は戻って、電車に乗る前に新町駅近くのスーパーも覗いてみました。このお店にもそこそこ大きなペットフードコーナーがありましたが、猫用が大多数で、犬用が若干、ウサギ用がほんの少しでした。鳥用や金魚用はなし。猫は好きなので、猫用が幅を利かしていても不快ではありませんが、金魚用がゼロというのは……。(^_^;

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ