史料・資料

2022年6月11日 (土)

昭和3年の「奈良電気沿線名所図絵」

 このようなものを入手しました。
S03naradentetsu01
 真ん中で二つ折りにして、左側が表紙、右側が裏表紙になります。
 裏表紙には、「いにしへのならのみやこの八重ざくらけふここのへににほひぬるかな」という伊勢大輔の歌があり、右下には吉田初三郎の署名と印があります。

 中身です。
S03naradentetsu02
 パノラマの鳥瞰図です。
 左端に「奈良電車沿線を中心とせる鳥瞰図絵」とあります。
 右端に吉野山、左端には京都が描かれています。左側奥には琵琶湖も描かれています。
 そういう範囲を対象にしたかなり広域の鳥瞰図です。

 これでは細かすぎて分かりませんので、部分的にアップにして載せます。縮尺は全て統一しました。
 吉野から飛鳥・三輪付近。
S03naradentetsu03

 天理から信貴山付近。
S03naradentetsu04

 春日大社から興福寺付近。
S03naradentetsu05
 中央付近、「神鹿」として鹿が描かれています。
 嬉しいです。
 大きさは合いませんが、詩的真実ということで。♪

 東大寺付近。
S03naradentetsu06

 宇治川と平等院付近。
S03naradentetsu07

 宇治川と石清水八幡宮付近。
S03naradentetsu08
 右側に巨椋池がまだあります。
 伏見には寺田屋も書かれています。
 左下隅には四條畷。

 京都付近。
S03naradentetsu09

 琵琶湖付近。
S03naradentetsu10
 左下は山科で、大石良雄旧蹟も書かれています。
 そして、琵琶湖の向こうには、青森、北海道、樺太。
 見えるわけがありません。(^_^;
 吉田初三郎のいつもの遊び心です。
 時に、ハワイやサンフランシスコも書かれることがありますが、今回は方角違いで書かれていません。

 裏側は名所案内になっています。
 その末尾。
S03naradentetsu12
 昭和三年に奈良電気鉄道株式会社が発行したことが分かります。

 名所案内には写真も載っています。
S03naradentetsu11
 奈良の鹿もいます。♪

 鳥瞰図、極めて克明に描き込まれていると思います。
 見ていて飽きません。

2022年6月 9日 (木)

お店やさん家族合わせ

 昔から、古いもの、珍しいものが大好きです。
 そんな私にとって、ネットオークションはワンダーランドです。
 古書店では目に入らないようなものが手に入ります。

 今回はお店やさん家族合わせ(仮称)です。
 『少女倶楽部』新年号の附録とありますが、何年のものか分かりません。箱もなく、バラです。
 国会図書館などで、毎年の新年号の目次を見れば分かるかもしれませんが。

 こういうものです。
Misekazoku01
 主人が1枚と、そのお店で扱っている品物が4枚で、計5枚で1家族になるようです。
 このお店は本屋さんですね。
 主人は和服を着ています。
 他の札は、『少女倶楽部』『萬国の王城』『陸奥の嵐』『夾竹桃の花咲けば』です。

 『少女倶楽部』はこの附録の雑誌で、大日本雄弁会講談社(現在の講談社)刊。
 『萬国の王城』は山中峯太郎著で、『少女倶楽部』の昭和6年6月から7年12月まで連載され、昭和8年に大日本雄弁会講談社から刊行。
 『陸奥の嵐』は千葉省三著で昭和8年3月に大日本雄弁会講談社から刊行。
 『夾竹桃の花咲けば』は佐藤紅緑著で、『少女倶楽部』に昭和5年7月から6年6月まで連載され、昭和6年に大日本雄弁会講談社から刊行。

 ということで、全ての商品が大日本雄弁会講談社から刊行されたものという、なかなかちゃっかりした構成になっています。
 まあ、そうなりましょう。

 いつの附録か分からないと書きましたが、これらの札を見る限りでは、3点の刊行書目が揃う昭和9年新年号の可能性が高いと思いますが、刊行前の宣伝を兼ねて昭和8年新年号の可能性もあるかと思います。

 あとの家族は以下の通りです。
Misekazoku02
Misekazoku03
Misekazoku04
 これらの札の商品にも具体的な会社の商品を扱ったものが目立ちますね。
 スポンサーとしてお金を出していたのかもしれません。
 そのことには最初違和感を抱きましたが、考えてみれば、雑誌の誌面には広告は付きものですので、附録もその延長と考えればおかしくはありません。

 5枚揃っていないものに次の3組があります。
Misekazoku05
Misekazoku06
 なくしてしまったのでしょう。残念です。

 魚屋さんの残る1枚はひらめですね。
 魚屋さんでは特定企業の商品は載せにくいでしょうけど、ヤマサ醤油が載っていますね。

 お菓子屋さんの明治チョコレートはデザインが今とそう変わらないように思います。
 残る1枚はドロップです。サクマのドロップだったかもしれません。

 運動具屋さんの他の札は、ラケット、スキー、デッドボールとあります。
 デッドボールというのはドッジボールのことでしょうかね。

 家族合わせって、子供の頃に遊んだことがあったかもしれませんが、もう遊び方も忘れました。

 まとめの感想としては、いつも通り、同時代資料は面白い、ということになります。
 結論はいつも一緒。(^_^)

2022年5月25日 (水)

去来本『おくのほそ道』

 去来本『おくのほそ道』の複製を買いました。
Okunohoso01
 『おくのほそ道』が好きなのと、苦手なくずし字の勉強をしようと思ったのと、安かったのと、それらが理由です。

 帙に貼ってあった奥付。
Okunohoso02
 昭和8年、岩波書店の発行で、コロタイプ印刷です。

 冒頭。
Okunohoso03
 「月日は百代の過客にして」という有名な文で始まっています。

 巻末。
Okunohoso04
 元禄8年に嵯峨の落柿舎で書写した旨の去来の奥書があります。
 1行目には「誤字・落字のおほからん事をおそれ侍るのみ」とあります。
 謙遜の気持ちもありましょうが、注意深く書写したつもりでも、誤った本文を後世に残してしまうことを恐れたのでしょうね。

 先日の大河がらみで、平泉の部分。
Okunohoso05
 1行目から、

  偖(さて)も義臣すぐつて此城に
  こもり、功名一時の叢となる。国破
  れて山河あり、城春にして草
  青みたり、と笠打敷て、時のう
  つるまで泪を落し侍りぬ。
    夏草や兵どもが夢の跡

 読めない文字もあって、活字本を参照しました。
 つくづく名文と思います。

2022年5月12日 (木)

再来年の大河は紫式部。&定子・彰子の名

 再来年のNHK大河は紫式部の一生を描く「光る君へ」で、主演は吉高由里子とのことですね。
 昨日のSNSはその話題で盛り上がっていました。
 平将門が主人公だった「風と雲と虹と」はありましたが、平安中期の貴族社会を描くのは初めてですね。
 これが成功すれば、「飛鳥・奈良時代も」ということになるかもしれませんね。期待したいです。
 大河に付きものの合戦はなさそうです。陰謀渦巻く権力闘争は出てきましょうか。
 暗殺はあまりなさそうなので、善児のような人物は登場しないかも。

 紫式部の名前は「まひろ」という設定だそうで。
 確かに、最初から「紫式部」という名で登場はできませんので、何らかの名前は必要ですね。
 「まひろ」は、美称の接頭辞「ま」+形容詞「広し」の語幹でしょうか。
 当時の女の人の本名は知られませんので、こういう名が一般的かどうかは分かりませんけど、アリかと思います。

 万葉集の歌からは、男性が女性の名を尋ねることは求婚を意味し、女性が名を教えれば求婚を承諾、教えなければ求婚を拒絶したことが知られます。
 そして、女性の名は親と配偶者くらいしか知らなかったと思われます。
 といって、それでは不便なので、女の人は普段は通称(ニックネーム)で呼ばれていたのでしょうね。

 大宝年間の戸籍や奈良時代の戸籍が正倉院に残っていて、そこには女性の名も載っています。
 現代だと、戸籍に載っている名が本名ということになりますが、正倉院の戸籍もそうなのかどうか。
 古代の戸籍は主に徴税のために作成されたものなので、行政的には住民の男女の別と年齢が分かれば十分なので、掲載人名は必ずしも本名である必要はなく、通称でも良かったと考えます。

 平安時代も、女性の名についての意味は同様だったとすれば、女性は通称で呼ばれていたことでしょう。
 紫式部も清少納言もそうですね。
 ここで、定子や彰子はどうなのかという問題が生じます。
 皇后・中宮という公人中の公人なので、名が知られているという考え方もあると思いますが、公人とはいえ、天皇の奥さんの名前が公にされているというのも不思議なことです。
 そう考えると、定子や彰子という名は公的な通称なのかと。
 本名は親と天皇しか知らない。

 こういう考え方、どうなのでしょう。
 不勉強で全く知らないのですが、誰かが既に言っているのか、誰も言っていないのか、誰かが言ってすでに否定されているのか。
 常識なのか、非常識なのか。
 妄言でしたら、多謝です。

 絵がないと寂しいので、架蔵の双六などから少し貼っておきます。

 明治41年の雑誌『少女界』新年号の付録「歴史双六」から。
M41rekishi09
 絵は、鏑木清方・宮川春汀の合作です。この絵をどちらが描いたのかは分かりません。

 大正2年の雑誌『婦人世界』新年号の付録「日本名婦双六」から。
T02meifu06
 どちらの双六も、紫式部の枠で「1」が出ると「清少納言」の枠に飛ぶことになっています。

 年代不詳の絵はがき「近江歴史」から。
Oumireki02
 「紫式部上東門院の命を受け石山寺に参籠して源氏物語を著し之を上つる文辞絶妙今に至り範を垂る」とあります。

 昔のものはあれこれ面白いです。

2022年4月26日 (火)

天寿国曼荼羅繍帳の絵はがき

 天寿国曼荼羅繍帳の絵はがきを入手しました。
Tenjukoku01
 発行は中宮寺。印刷は京都の便利堂です。

 全部で6枚入っています。1枚はこんな感じです。
Tenjukoku02

 6枚を並べると、全部繋がります。
Tenjukoku03

 描かれた亀の背中にそれぞれ4文字ずつ刺繍されています。
 その部分を切り貼りしました。
Tenjukoku04
 右上は、亀の背中の文字ではなく、月のうさぎです。
 以下、それぞれ以下のような文字です。

 ・孔「部間人公」主
 ・「于時多至」波奈大女郎
 ・天「皇前曰啓」之

 これらのうち、はっきり読めるのは、最初の「部間人公」だけで、あとはちょっと厳しいです。

 天寿国曼荼羅繍帳の画像はどこかに載っているでしょうね。
 至文堂の『日本の美術』なんかにありそうで、持っているかもしれませんが、とりあえず出てこないので、私にとっては貴重な絵はがきです。

2022年4月25日 (月)

「名所江戸百景」のうち「猿わか町よるの景」

 このような浮世絵を入手しました。
Edo100saruwaka01
 歌川広重の「名所江戸百景」のうち「猿わか町よるの景」です。
 初めて浮世絵を買いました。(^_^)
 初刷りなどといった古い刷りではなく、明治以降の新しい刷りと思います。
 ネットオークションの収集品が、端布に続き浮世絵にまで広がりそうな。(^_^;
 いえ、素敵な風景だなと思いまして。

 広い通りを大きな満月が照らしています。
 特にお祭りなどの行事が行われているというわけではなく、普通の日のように見えます。
 満月で明るいので、多くの人々が街に繰り出しているという感じでしょうか。
 月は実際にはこんなに大きくはないのでしょうが、感覚的には大きく見えることがありますね。

 道路の右下付近のアップ。
Edo100saruwaka02
 白い犬がいます。子犬も3匹います。
 子犬の右側のおねえさん、子犬を見る目が冷たいような。(^_^;
 子犬、かわいいのに。
 左側にはあんまさんのような人が歩いています。
 影が丁寧に描かれていて、月の明るさがよく分かります。

 子犬のアップ。
Edo100saruwaka03
 あんまりアップになっていません。かわいいです。

 2階から3人の人が見下ろしています。
Edo100saruwaka04
 子犬を見ているのでしょうか。
 どんな部屋なのかよく分かりません。
 窓の縦のサンが部屋の境目というわけではないのだと思いますが、どうなのでしょう。

2022年4月20日 (水)

ナゾの旧国かるた?

 ちょっとミョーなものを入手しました。
 旧国かるたのようなものです。

 字札。
Kyukokucard01
 東京府、大坂府、京都、伊勢神宮、横浜、神戸。あとは、旧国の中から大和と上野。
 読み札を読むと、東京、大阪、京都は3府、横浜と神戸は5港のうちの2つです。
 5港というのは、安政五ヶ国条約によって開かれた、箱館・横浜・新潟・神戸・長崎を指します。
 東京には「トウケイ」、大坂には「オオザカ」というルビが付いています。

 絵札のうち、3府、伊勢神宮、神戸・横浜。
Kyukokucard02
 絵柄はその土地にまつわるあれこれで、時代はまちまちです。
 神戸といえば楠公さん。

 これ以外の旧国から独断と偏見で12ヶ国を選んでみました。
 おおよそ時代順に並べました。
Kyukokucard03
Kyukokucard04

 さて、これはなんでしょうね。
 字札と絵札とがあるところをみると、かるたなのでしょうけど、字札はどう使うのでしょうね。
 単に、「東京府」「大坂府」などというように府県名だけを読み上げるのかどうか。
 用途は学習用ですかね。

 なお、箱はなく、字札・絵札ともに北海道、中国、四国、九州は1枚もありません。
 失われてしまったのか、あるいはこれが上巻で、別に下巻があるのか。
 あれこれナゾです。

2022年4月19日 (火)

忠臣蔵の端布

 このような端布を入手しました。
Chu_hagire01
 大きさは概略で36cm×106cmです。
 端布も収集品になってしまったわけではありません。たまたまです。
 タイトルには「忠臣蔵の」と書きましたが、これは仮名手本忠臣蔵のことではなく、赤穂事件にまつわる物語の意です。

 松の廊下の刃傷。
Chu_hagire02
 こらへこらへた 十四日 所もあらふに 松の廊下の 入口で 犬侍じやの 人非人
とあります。ちょっと尻切れトンボです。

 神崎与五郎の詫び証文。
Chu_hagire03
 武士の 大和心を 其儘に 姿に見する 富士ヶ峯 積りし雪は 千早振 神代より 解けしためしの 有***
とあります。
 恥ずかしながら、末尾の***が読めません。(^_^; 内容的には、「あるはなし」「あるものか」などかと思うのですが、どちらも違うようだし。

 大高源吾の煤竹売り。
Chu_hagire04
 「年の瀬や 水の流も 人の身も」と記して御座ります
とあります。

 大高源吾と出会った宝井其角。
Chu_hagire05
 有がとふ御座ると筆をかりスラスラスラト書て其角殿「あしたまたるゝ宝船」
とあります。

 兄の元に今生の別れに赴く赤埴源蔵。
Chu_hagire06
 糸のほつれや かさの台 頭に戴く 君が恩 忘れぬ程の 武夫とは 義理の足元 降うづむ
とあります。これもやや尻切れトンボのような。

 討入りに臨む大石内蔵助。
Chu_hagire07
 赤き心や 紅葉ばの 日暮を急ぐ 唐錦 よしや嵐に 乱れても
とあります。これこそ尻切れトンボと思いますが、どうなのでしょうか。

 という端布です。

2022年4月16日 (土)

昭和26年の「新語常識辞典」

 このようなものを入手しました。
S26shingo01
 雑誌『家の光』昭和26年9月号の附録です。
 農協関係の雑誌なので、農機具の絵が描いてあります。
 上空の飛行機は米軍機でしょうか。

 新語辞典というと、『現代用語の基礎知識』が頭に浮かびます。
 ひょっとしてそれよりも早いかと思ったのですが、ググってみたら、『現代用語の基礎知識』は昭和23年10月初版発行でしたので、そちらの方が先でした。
 この「新語常識辞典」はその3年後の発行ですので、むしろ『現代用語の基礎知識』を参考にしているものと思います。

 全部で250ページほどで、巻頭にカラーページがあります。
 世界地図。
S26shingo02
 おおよそは今とあまり変わりませんが、アフリカは大きく変わっています。あとはソ連崩壊に伴う東欧が異なります。

 朝鮮半島では戦争中です。
S26shingo03

 日本から南東方向にはマッカーサーラインが引かれています。
S26shingo04

 プロ野球チーム一覧。
S26shingo05
 パリーグは大きく変わりました。当時の球団名は今はもう1つもありません。
 セリーグは球団名が変わっていないのは3球団ですね。
 そもそも、両リーグとも7球団ずつあります。

 70年経ちますものね。
 この冊子、私よりも1ヶ月先輩です。

 結論はまたいつもと同じく、「同時代資料は楽しい」ということになります。(^_^)

2022年4月 7日 (木)

大正2年の「日本名婦双六」

 こういうものを入手しました。
T02meifu01
 雑誌『婦人世界』新年号の付録で、大正2年1月1日発行です。

 振出しは右下で、天宇受売命です。
T02meifu02

 上りは最上段中央で乃木夫人です。
 乃木夫妻が殉死したのは大正元年9月ですので、ちょうどその時期ですね。

 あとの面々は、おおよそ下から上に次の通りです。

  天宇受売命、小野小町、加賀千代、巴御前、平政子、常盤御前、板額、松下禅尼、
  秋色女、弁内侍、清少納言、中将姫、袈裟御前、木村重成妻、静御前、政岡、紫式部、
  瓜生保母、小督、春日局、山内一豊妻、楠木正行母、乃木夫人

 「鎌倉殿の13人」でお馴染みの北条政子(平政子)もいます。
T02meifu03
 もう尼の姿です。

 これも同ドラマに登場の巴御前。
T02meifu04

 今年の大河には登場しませんでしたが、義経のお母さんの常盤御前。
T02meifu05
 抱いているのが義経ですね。
 手を引いているのは全成か義円。

 なんか楽しいです。

より以前の記事一覧

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ