群馬あれこれ

2018年2月 8日 (木)

ぐんまのおみやげ総選挙結果発表

 昨年の9月から12月にかけて、「ぐんまのおみやげ総選挙」という催しが行われていました。その件は、当ブログでもご紹介したのですが、長丁場でもあり、すっかり忘れていました。(^_^;

 数日前、その結果発表がありました。サイトはこちら
Gunma_omiyage01
 トップ3は以下の通りです。
Gunma_omiyage02
 ハラダのラスクが堂々の1位。2位は僅差で七福神あられ。どちらも時々食べます。おいしいです。3位の本宿どうなつは残念ながら名前も知りませんでした。(^_^;

 ベスト10は以下の通りです。

 第1位 ガトーラスク グーテ・デ・ロワ(ガトーフェスタ ハラダ) 4,553票
 第2位 七福神あられ(幸煎餅) 4,491票
 第3位 本宿どうなつ(古月堂) 3,024票
 第4位 食べると幸せになれる奇跡の腑(もつ)煮(腑(もつ)煮屋 ワインディングロード) 1,502票
 第5位 旅がらす(旅がらす本舗 清月堂) 1,343票
 第6位 福豚熟成ロースハム(林牧場 福豚の里 とんとん広場) 1,149票
 第7位 牛や清のぐんまちゃん弁当(牛や清) 1,133票
 第8位 美香蔵(H.I.D. ル・パティスリー・ヒデ) 1,102票
 第9位 若そば(キリブチ製麺) 995票
 第10位 ちごもち(微笑庵) 949票

 ううむ。この中で食べたことがあるのは、1位2位の他には5位の旅がらすだけです。

 30位までで食べたことのあるのは、
 第16位 上州御用 鳥めし弁当(登利平)
 第20位 焼きまんじゅう(県内各地)
 第23位 峠の釜めし(荻野屋)
 第28位 レモンケーキ(菓子工房こまつや)
といったあたりです。

 30年間も群馬県民であったのに、意外と知らないものです。(^_^;

2018年2月 7日 (水)

ぐんまちゃん家で六合えむプロジェクト

 群馬県中之条町役場から手紙が来ました。

 2月22日(木)に銀座のぐんまちゃん家で開催される「六合えむプロジェクト」の案内でした。
Kuniemu2017b
 この催しは、ぐんまちゃん家のHPにも掲載されていますが、学生たちの発表時間については記載されていませんでした。中之条町からの案内で知ることができました。2回同じ内容と思いますので、それならば午後の部に行くかなぁと考えています。(^_^)
Kuniemu2017a
 中之条町から来た封筒の発送元は次のように印刷されていました。
Kuniemu2017c
 ほのぼのとしていて、いい感じです。(^_^)

 さて、ぐんまちゃん家。歌舞伎座の向かい側という絶好の立地なのですが、この3月末の契約切れに際して、移転するそうです。家賃が高すぎるからということのようです。

 移転先は銀座七丁目。現在地よりも340mほど西で、松坂屋の南です。

 今よりも面積は3割広くなる上、家賃は安くなるそうです。でもねぇ、立地の良さはアピールの点でも捨てがたいと思うんですけどねぇ。

2018年2月 6日 (火)

日本のまんなか

 先日、某大学の某研究室にお邪魔したとき、書架にこのような本がありました。
Nihonmannaka
 人様の書架を勝手に撮影してしまって……。(^_^;

 「日本のまん真ん中」とありますね。

 昨年まで住民だった渋川市では「日本のまんなか緑の渋川」と自称(現在は「日本のまんなか 水と緑といで湯の街 渋川市」となっています)していましたので、ちょっと違和感を覚えました。
Gunmac_heso
 ググってみますと、わが町こそ日本の中心と自称している地域は6ヶ所くらいあるようです。

 何を規準に採るかで違ってくるのですね。

 みんな違ってみんな良い(←ちょっと違う)、と思います。

2018年1月29日 (月)

115系・続

 今日は日帰りで東京・渋川を往復してきました。

 帰りに高崎まで乗った電車も、途中の新前橋駅で見かけた電車も115系でした。最近、115系はあまり見かけなかったのですが、3月で定期運行が廃止されるということで、鉄道ファンのために115系を積極的に運行しているのでしょうかね。

 その2編成には、いずれも昨日のブログに載せた「ありがとう115系」のラッピングはありませんでした。全ての115系にあのラッピングを施しているわけではないようです。

 さて、高崎まで乗った115系には、運転台の後ろにこのようなポスターがありました。
115kei03
 写真に撮りたかったのですが、人目が気になります。(^_^;

 そこで、終点の高崎駅に着いて、お客さんが降りてから撮しました。お客さんが降りると同時に、JR東日本の車内整備の係員が2~3人乗ってきましたけど、「早く降りて」などとは急かされませんでした。そりゃぁ、撮していたのがJR東日本のポスターですものね。(^_^)

 上の写真、下方からの撮影ですので、ポスターがやや台形に写っています。これを、画像補正ソフトの「ピタリ四角」を使うと、こんな具合になりました。
115kei04

2018年1月28日 (日)

115系電車、定期運行廃止へ

 少し前に、JR東日本の高崎支社管内の115系電車がこの3月で定期運行を止めるという記事を見ました。

 115系と言われても分かりませんが、これです。
115kei01
 昭和38年(1963)に、寒冷地向けの電車として造られたのだそうです。色は湘南カラーですけど。

 車体は鋼製で、丸ごと全部塗装されていますね。最近、この列車はあまり見かけません。多くがステンレス製の車体に置き換わっている感じです。そちらは、丸ごとの塗装ではなく、色は帯状にあるのみなので、塗料の量も随分違うことでしょう。

 上の写真は、先日、新前橋駅でたまたま見かけたものです。

 こんなラッピングが施されていました。
115kei02
 3月まで、見かける度に、良い写真を撮るべく挑戦してみたいと思っています。

2018年1月26日 (金)

干しイモフォーラム

 今日は前橋で仕事の日でしたので、恒例により、県庁を覗いてきました。

 そうしたら、県民ホールでこのような催しをしていました。
Hoshiimo01
 県内初の「干しイモフォーラム」だそうです。

 県内各地で作られている干しイモの試食や人気投票、販売会などが催されていました。
Hoshiimo02
 干しイモスイーツのお披露目会も。
Hoshiimo03
 帰宅してからググってみましたら、趣旨は以下の通りです。

 ・群馬県内では各地域において、古くから、優良な干しイモが加工されており、その多くは常連客と相対で取引されるほど人気があります。

 ・県では既存の加工技術を引き継ぎながら、新技術や新品種を活用してより優位性の高い「ぐんまの干しイモ」の開発を目指し、「ぐんまの干しイモ ステップアップ!プロジェクト」を立ち上げました。

 ・県内消費者の方々に群馬県の干しイモの魅力を再認識していただき、「みんなで干しイモで盛り上がる」ことを目的に、群馬初の「干しイモフォーラム」を開催します。

 盛り上がると良いです。(^_^)

2018年1月20日 (土)

新町自慢(^_^;

 近所のスーパーでコーンアイスを買いました。
Shinmachi_ji01
 冬でも毎日こういうものを食べているので、中性脂肪や体脂肪率が高いのでしょう。(^_^;

 このアイス、会社は東京都港区にあるようですが、新町で作っているのでした。
Shinmachi_ji02
 思いがけないところで新町という地名を見て、感慨を覚えました。もと勤務先の最寄り駅が新町駅で、このブログにも時々登場しています。

 中山道の宿場町ではあるのですが、そう有名ではないですよね。

 でも、新町にはラスクのハラダもあります。
Shinmachi_ji04
 そして、かのハーゲンダッツの工場もあります。
Shinmachi_ji05
 ……などと、私が自慢することもないのですが。(^_^;

2018年1月15日 (月)

ぐんま郷土史の黎明

 このようなシンポジウムが開催されます。
Hagiwara04a
 今週の土曜日ですので、あまり日はありません。
Hagiwara04b
 年に2~3回開催している「群馬学連続シンポジウム」とは別の催しです。群馬県立女子大学に、郷土史家の萩原進氏の蔵書が寄贈されたことにちなむシンポジウムで、こちらは第4回目となります。

 今回のシンポジウムの趣旨は以下の通りです。
Hagiwara04c
 行きたい気はしますが、ちょっと仕事が立て込んでいるので、行けるかどうかはっきりしません。

 定年退職したのに仕事が立て込んでいるって、いかがなものかと思います。(^_^;

2018年1月13日 (土)

「東国千年の都」展2018

 昨日、前橋で仕事の日でした。帰りにこういう展覧会に行ってきました。
Togoku2018a
 前橋市・高崎市と両市の教育委員会が主催で、毎年この時期に開催しています。会場は前橋プラザ元気21の1階で、1月6日から1月16日まで。その後、高崎シティギャラリー2階で、1月20日から29日までです。

 会場は、ストロボをたかなければ撮影OKでした。嬉しいです。

 多胡碑のレプリカもありました。
Togoku2018b
 山王廃寺で発掘された瓦も出展されていました。「放光寺」とヘラ書きされています。
Togoku2018c
 上野三碑の1つ山上碑に、この碑を建てたのは「長利」という名の「放光寺」の僧とあります。この放光寺がどこにあったのか不明だったのですが、山王廃寺から「放光寺」とヘラ書きされた瓦が出土したことで、山王廃寺(仮称です)の正式名称が「放光寺」だったことが判明しました。その瓦です。

 以前、この瓦の写真を本かパンフレットから取り込み、それを、授業や公開講座等で使ってきました。何から取り込んだのか既に分からなくなってしまっていて、出典も示さずに。(^_^;

 今後はこの写真が使えます。(^_^)
Togoku2018d
 4隅に「方光」というスタンプの捺された瓦もありました。
Togoku2018e
 「山字」と書かれた土器片も。
Togoku2018g
 和名抄の多胡郡の項に「山宗[也末奈]」という郷名があります(東急本と古活字本)が、これが高山寺本では「山字[也末奈]」となっています。これと関わるかもしれません。

 行った成果が大いにありました。

 竈も復元されていました。
Togoku2018h
 貧窮問答歌にうたわれたのもこんな感じのものだったのでしょうかね。

 上級役人の食事。
Togoku2018i
 下級役人の食事。
Togoku2018j
 庶民の食事。
Togoku2018k
 庶民の食事ではタンパク質や脂肪はほとんど摂れそうにありませんね。上級役人の食事や下級役人の食事も野菜中心のようにみえます。

2018年1月11日 (木)

沼田へちょっと

 昨日ちょっと沼田に行ってきました。沼田といえば真田氏ゆかりの土地ですが、昨日は病院へお見舞いに行くのが目的でしたし、電車の時間の都合もありましたので、病院以外で、ふらふらしたのは駅前のみです。

 駅の線路をまたぐ歩道橋から北を望む。
Numata2018a
 目の前の雪山は谷川岳と思います。

 数日前に雪が降ったようで、線路には雪が残っていました。
Numata2018b
 沼田城を望む。駅の北東に見える山の上が沼田城趾です。
Numata2018c
 中央やや右寄りに鐘楼が見えます。小さくてほとんど見えませんね。

 アップです。
Numata2018d
 以前、城跡から見た姿です。
Numata2018e
 このようなのぼり旗が立っていました。
Numata2018f
 「日本一有名な河岸段丘」とあります。タモリさんのお蔭で有名になった面もありましょうが、タモリさん自身が若い頃に関東で暮らすことになって、すぐに沼田に河岸段丘を見に行ったということでしたから、その頃すでに日本を代表する河岸段丘だったのでしょうね。

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

ウェブページ