群馬あれこれ

2018年11月23日 (金)

連休は混む&金魚がちょっとヘン

 今日は勤労感謝の日。3連休の初日でしたが、前橋で仕事でしたので、日帰り往復しました。

 いつもと同じ時刻の新幹線でしたが、混んでいて座れませんでした。普段は座れないなんてことはありません。さすが連休初日です。立ちん坊だと疲れるので、デッキの床に座ってしまいました。体力を温存せねば。

 高崎駅で降りて、座席の混雑具合を示す電光掲示板を見たら、次のようでした。
20181123a
 下り列車には×がたくさん並んでいますが、よく見ると、×だらけなのは、金沢行き、長野行きの北陸新幹線で、新潟行きの上越新幹線には空席があります。私の乗ったのも金沢行きでした。

 北陸新幹線が金沢まで延伸してからの人気、まだ落ちていないようですね。この季節は北陸のカニ目当ての旅行者も多いのではないでしょうか。もう少しすると、上越新幹線もスキー客で混むことでしょう。

 前橋での仕事を終えてまた高崎駅に戻ってきたら、えびす講市で巨大な恵比寿様に定位置を譲っていた上野三碑のレプリカが戻ってきていました。
20181123b
 ……と言いたいところですが、反対側から見ると、山上碑のレプリカがありません。多胡碑記念館で開催中の「山上碑の世界」のために出張中のようです。レプリカも忙しく仕事をしています。
20181123c
 帰りは新幹線ではなく在来線を使いましたが、混雑具合を見ようと、電光掲示板を見てきました。弥次馬です。(^_^;

 こんな感じで、下り線の混雑は解消していました。
20181123d
 ついでに上り線はこんなです。
20181123e
 上り線にはやや混雑が見えます。混んでいるのはやはり北陸新幹線です。

 さて金魚。

 朝、金魚の様子が少しヘンでした。普段は、私の姿を見ると、「ゴハン ゴハン」と寄って来るのですが、今日は私への反応が鈍く、金魚同士で追いかけっこをしていました。体を寄せるような動作も見えます。産卵への動きのようにも思えますが、時期が違います。金魚の産卵は5月頃だと思いますので。

 気に掛かりながら帰宅したら、もう普段の状態に戻っていました。何だったんでしょうね。

 明日からもよく観察して行こうと思います。

 

2018年11月20日 (火)

発掘された八ッ場の軌跡

 このような研究発表会が行われます。
Yanbanokiseki01
 10:00から15:30までという長丁場です。

 院生だった頃に、長期休暇の度ごとに押しかけていた川原湯温泉がいよいよダムの底に沈みます。

 研究発表の内容は以下の通りです。
Yanbanokiseki02

 このあたり、縄文時代から人が住んでいたのですね。その頃から温泉が湧いていたのでしょうかね。もしそうなら、当時としては天国のような土地だったことでしょうね。

2018年11月18日 (日)

明治10年の『上野村名 授業之枝折』&虫除けのいちょう

 このような本を入手しました。
M10gunmasonmei01
 群馬県師範学校が編纂したもので、明治10年の刊行です。西南戦争の年ですね。
M10gunmasonmei02
 内容は、群馬県内のすべての町村1037を郡ごとに列挙し、ふりがなを付けたものです。

 凡例の冒頭にはこうあります。
M10gunmasonmei05
 これを見ると、この本とは別に『上野村名習字帖』という本が刊行されていて、その本の指導書ということのようです。その本の内容は、書名から考えるに、群馬県の村名を筆記するときの手本なのでしょうね。大変に実用的な本と思います。

 地名については、凡例にこのようにあります。このページの3項目目です。
M10gunmasonmei06
 地名の読みは判断しがたいので、その読みを示す、ということでしょう。ただし、この本のふりがなは現地の読みと異なる可能性があるので、もしもそういうことがあれば教えて欲しい、とも述べています。

 本文はこんな感じです。
M10gunmasonmei07
 私は群馬県で30年暮らしてきましたが、生え抜きではないので、地名の読みについては詳しくありません。気づいた範囲で言えば、この本では「下小塙」「上小塙」に「シモコハナワ」「カミコバナワ」というふりがなが付いていますが、現代では「しもこばな」「かみこばな」と呼んでいます。140年で読みが変わったのでしょうかね。文字から考えれば、「はなわ」が本来の読みでしょうが、全体で6音というのは少し長いので、末尾が省略されてしまったのかもしれません。よく見ていけば、まだ見つかりそうです。

 同時代資料は楽しい。

 裏表紙です。
M10gunmasonmei03
 持ち主は、萩原アサ女さんです。署名の上にハンコが捺してあります。
M10gunmasonmei04
 「萩あさ」とありますね。これまた興味深いです。同時代資料は楽しい。

 上に載せた画像のいくつかのページに影のようなものが写っています。この本は袋とじになっていて、その袋の中に入っているものの影です。正体不明なので、汚いものではないかと不安でしたが、やがて正体が判明しました。いちょうの葉っぱでした。

 この本の持ち主の萩原アサ女さんが飾りとして入れたのかと思いましたが、そうではなく、いちょうの葉っぱは虫除けになるのですね。虫除けに入れたのでしょう。こういうことは当時広く行われていたのでしょうかね。やはり同時代資料は楽しいです。(^_^)

2018年11月14日 (水)

シンポジウム「近世草津再考」

 群馬県立女子大学で次のようなシンポジウムが開催されます。
Kinseikusatsu01
 チラシの裏です。
Kinseikusatsu02
 シンポジウムの趣旨はこうあります。
Kinseikusatsu03
 字が小さいですね。

 「草津温泉の歴史を、病者の慈悲の薬湯、庶民の湯治の実態、旅館業者の競争、江戸との関係など社会史的な視点から再考察を試みる。」とのことです。

 なかなか興味深いです。

 とはいいながら、行かないかもしれません。日曜日なので。(^_^;

2018年11月12日 (月)

美肌県ランキング2018

 今日のアサヒコムに「日本で最も美肌の都道府県は? 日本海側の県が上位独占」という記事が載っていました。ベストテンは以下の通りです。
Bihada2018
 ポーラ化粧品が1989年から29年間に亙って毎年調査をしているそうです。当ブログでも2014年に「美肌県ランキング」というタイトルで紹介したことがありました。

 今年度のデータを見ると、確かに上位4位まではすべて日本海側ですね。「秋田美人」といわれる秋田県は第2位です。「京美人」の京都府も第5位。

 奈良県は前年度の第17位から第7位へと大躍進、和歌山県も前年度の第28位から第8位へと大躍進です。この2県には何があったのでしょう? そういえば、昔の高校野球(そのうち夏だけだったでしょうか?)ではこの2県はセットでしたね。「紀和代表」という名でしたか。両県にはそれぞれ天理、智弁という強豪校がいたのに、厳しいシステムでした。

 島根県がトップなのに、お隣の鳥取県は43位で、不思議です。

 ……と書いてきたものの、実は私、美肌県には特に興味はありません。(^_^;

 では何故、2014年に続き、今回もまた取り上げたかというと、どちらも群馬県が最下位だったからです。特に今年度は3年連続最下位だそうです。(^_^;

 下から2番目、3番目ではあまりインパクトはありませんが、最下位となるとまた別です。(^_^)

 群馬が最下位の理由は、ポーラの分析では、「日照時間が長く、水蒸気量も少ない土地柄に加え、生活習慣も影響している」とありました。

 昨日ご紹介した群馬県民手帳によれば、群馬県の日照時間は全国第6位、降水量は全国第42位です。これに加えて、空っ風も影響していそうですね。お肌には厳しい自然環境です。理由の最後に挙げられている「生活習慣」って?

2018年11月11日 (日)

群馬県民手帳2019

 群馬県民手帳の2019年版が高崎駅構内のぐんまちゃんショップに登場しましたので、購入しました。
Kenmin2019a
 群馬県民手帳は、従来は通常の手帳サイズだったのですが、昨年発売の2018年版からA5サイズも加わりました。2019年版も手帳サイズとA5サイズとを併売するのかどうかは分かりません。
Kenmin2019b
 昨年、A5サイズの県民手帳を買って当ブログでご紹介したのは11月9日でした。今回も同様の時期ですね。年の瀬が近づいています。

 2018年度版と2019年度版、表紙のデザインをはじめほぼ同じですが、細かいところに相違がありました。

 2019年版の巻頭付近には県内の世界遺産を紹介するページがあります。
Kenmin2019c
 上野三碑が世界の記憶に登録されたのは去年の11月でしたので、2018年度版には間に合わなかったのでしょう。2018年度版にも上野三碑のページはありますが、2019年度版ほど詳しくはなく、「世界の記憶」という記述ももちろんありません。

 また、2018年度版には、小型の統計資料が付録として附属していました。この別冊、手帳サイズ版に収録されているページの抜き刷りのようなものではないかと思います。
Kenmintecho08
 2019年度版ではこれが本体に組み込まれました。その分、増ページとなりました。
Kenmin2019d
 上の写真で、向かって左が2018年度版、右が2019年度分です。

 2019年度版には背表紙に年号が入りました。過去の数冊分を並べる場合などには便利と思います。
Kenmin2019e
 2019年版の小口にはインデックスが印刷されました。これも便利と思います。
Kenmin2019f
 微妙に改善されています。

 個人的には、統計ページはカットして、その分薄くして貰う方が嬉しいです。ただ、この県民手帳の編集・発行は群馬県統計協会ですので、制作者としてはここは譲れないところでしょうねぇ。(^_^;

2018年11月 8日 (木)

群馬産黒みつわらび餅

 最近、近所のスーパーで毎日買っています。(^_^) わらび餅、好きです。
Kuromitsuwarabi01
 封緘紙(と言っていいやら)に「旅がらす」のマークがあるのに気づきました。毎日食べているのに、今頃。(^_^; 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」とチコちゃんに叱られそう。

 「旅がらす」は群馬の会社が作っているお菓子です。封緘紙にも製造者は「旅がらす本舗」と記されています。
Kuromitsuwarabi02
 「旅がらす」は全国区にはなっていないと思いますが、昨年開催された「群馬のおみやげ総選挙」では第5位に入っています。鉱泉せんべいの間にクリームが挟んであります。ちなみに優勝はハラダのラスクでした。
Kuromitsuwarabi03
 この会社、「旅がらす」だけを作っているのかと思っていましたが、こういう生菓子も作って、東京のスーパーにも卸していたのでした。さて、このわらび餅、上から黒みつが掛かっているのではなく、わらび餅の中に黒みつが入っています。おいしいです。♪
Kuromitsuwarabi04
 原材料の中に、ちゃんとわらび粉が入っています。
Kuromitsuwarabi05
 乳児には蜂蜜を食べさせてはいけないって、どこかで聞いたことがありました。ちゃんと注意書きがありますね。

 思いがけず東京で群馬のお菓子に遭遇しました。多くの人に食べて貰いたいです。

2018年11月 7日 (水)

高崎市のえびす講市

 高崎駅の東西を繋ぐ通路の真ん中に、このような巨大な像が出現しました。
Ebisuko2018a
 11月17日(土)・18日(日)の両日開催されるえびす講市の広告です。

 趣旨等は以下の通りです。
Ebisuko2018b
 毎年この時期になると、この巨大な恵比寿様が出現していたのですが、当ブログで取り上げたのは今回が初めてだったと思います。

 この場所は、高崎祭の時にはだるまが置かれます。
Takasakieki201706a
 何もイベントがないときだけ上野三碑のレプリカ。(^_^)
3pireplica07
 邪魔といえば邪魔なのですが、人通りが多いので、宣伝効果は大きいと思います。

 さて、恵比寿様。ヒルコと同一とする信仰があるようですね。それで、まんが家のえびすさんの表記は「蛭子」なのでしょう。両者がどうして結びついたのやらよく分かりませんが、中世のようですね。

2018年10月27日 (土)

明日は群馬県民の日(H30)

 明日は群馬県民の日です。
H30kenmin01
 なんか、群馬県民の日のこと、毎年取り上げているような気がします。

 様々なイベントが行われるほか、県の施設の入館料が無料になったりします。
H30kenmin02
 県内の学校も休みです。ただ、今年は日曜日と重なってしまいましたね。学校は、翌日月曜日が振替休日になるのでしょうか。それともローカルな祝日なので、スルーされてしまうのでしょうか。

 群馬県立女子大学はどうかと思ってHPの学年暦を見てみましたら、振替休日は設定されていませんでした。スルーです。(^_^;

 都道府県民の日というのは、あるところとないところとがあるようですね。

 東京都は私が小学生の頃には既にありました。清水崑のカッパのバッジを着けていると、都電・都バスや都の施設が無料になるのでした。カッパの絵は毎年変わります。バッジは学校で配布されていましたけど、あれ、無料で配られていたのか、買っていたのか、不明です。PTA会費から一括購入だったのかもしれません。清水崑さん亡き後、カッパのデザインは小島功さんに代わりました。黄桜も清水崑→小島功でしたか。

2018年10月21日 (日)

ぐんまちゃん家、不振

 銀座の歌舞伎座の前にあったぐんまちゃん家、移転することになり、3月に店じまいして6月に移転オープンしました。

 毎月第1日曜に発行されている「ぐんま広報」の9月号の特集は、ぐんまちゃん家新装オープンでした。
Gunmac201809
 ところが、10月20日付のネット版の上毛新聞によれば、6月12日の移転オープンから9月末までの約3カ月半の来場者は約8万3000人で、前年同期(約16万5000人)から半減したとのことです。

 台風が来たり、いろいろなことがありましたが、やはり移転が最大の原因でしょうね。前は歌舞伎座の真ん前にあったし、地下鉄銀座線の東銀座駅の出口もすぐ近くでした。それが今度の場所は大通りに面していない場所で、地下鉄の駅からも少し離れています。前の場所は地代もさぞ高かったことでしょうけどね。

 ま、オープンしたことがまだあまり知られていないということもありましょうから、今後に期待したいです。

 などと、人ごとのように言っていますが、私もまだ行っていません。(^_^;

 罪滅ぼしにちょっと宣伝しておきます。

 こんなリーフレットがあります。
Gunmacc01
 玄関と地図。
Gunmacc02
 1階は物産やグッズの売り場です。
Gunmacc03
 2階はレストランになっていて、上州牛の料理などが食べられるようです。
Gunmacc04
 私もそのうち行ってみようと思います。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ