キャラクター

2019年10月 4日 (金)

藤岡の鬼サブレとキティの胡麻団子

 先日、新町公民館でおみやげに頂きました。
Onisabure01

 中身。
Onisabure02

 藤岡市は新町の隣の市です。型に入れて作るのではない手彫りの鬼瓦が有名です。
 このサブレはその鬼瓦にちなんだものです。
 藤岡市には古墳時代の窯跡があり、国指定の史跡に指定されています。
 鬼瓦は古墳時代以来の伝統を承けているのか、全く関係ないのか、分かりません。

 もう1つ、これも頂きました。
Kitty_gomadango01

 中身です。
Kitty_gomadango02

 中身が入っていたポリ袋にもキティちゃん。
Kitty_gomadango03

 それぞれに手も描いてあって、これが良い味を出しているように思います。

 新町公民館では、先日のハラダのラスク(空き箱で散々遊びました)やら、今回のお菓子やら、毎回、お心遣い頂いています。

2019年9月 9日 (月)

伊勢崎のくわまる

 昨日、赤堀町の講座が終わった後、担当職員の方が両毛線の伊勢崎駅まで送ってくださいました。
 伊勢崎駅でこのようなものを見ました。
Kuwamaru01
 胸に「伊勢崎市 くわまる」という名札を着けています。伊勢崎市のゆるキャラのようです。

 伊勢崎市のHPにプロフィールが載っていました。
Kuwamaru02
 この姿勢が基本形だそうです。
 5年前に富岡製糸場が世界遺産に登録されましたが、登録されたのは、正確には「富岡製糸場と絹産業遺産群」で、この中に田島弥平旧宅も含まれます。くわまるは田島弥平旧宅をアピールするためのゆるキャラのようですね。

 立位。
Kuwamaru03

 伊勢崎駅前のと若干形が違います。
 伊勢崎駅前には、くわまるが等間隔にたくさん並んでいました。その写真は撮りませんでしたが、2体だけ。
Kuwamaru04

 どうも車止めを兼ねて置かれているのではないかと思いました。それでこういう形になっているのでしょう。
 駅前のだけを見て、くわまるの姿を理解してはいけないのでした。

2019年3月21日 (木)

合掌動物増殖&猫

 今日はお彼岸の中日で、菩提寺に行ってきました。

 階段脇の合掌動物、前回よりも増えていました。(^_^)
Myokenji201903a
 左奥の鳩、なんか大きくてバランスを欠いています。伺ったら、これは合掌動物シリーズとは別だそうです。納得です。(^_^)

 昨年の秋のお彼岸にお寺に伺ったとき、猫が居着くようになったと伺いました。

 いました。♪
Myokenji201903b
 祠の番人のようです。

 アップです。
Myokenji201903c
 なかなかたくましい面構えです。(^_^)

2019年2月23日 (土)

ゴジラ対ひっぱりだこ飯

 近所のスーパーでまたささやかな駅弁フェアをやっていまして、そこで見つけました。
Hipparigodzilla01
 ひっぱりだこ飯は、西明石駅の駅弁です。これはその特別版ということになりましょう。
Hipparigodzilla02
 側面の別の面。ちょっと分かりにくいですが、ゴジラの姿が描かれています。
Hipparigodzilla03
 紙の蓋。
Hipparigodzilla04
 中身です。中身は通常版と変わらないようです。
Hipparigodzilla05
 掛け紙の中央部。
Hipparigodzilla06
 危うし蛸。ほぼ負けのようです。(^_^;
 「~平成10年4月5日 明石海峡大橋開通記念~」とありますので、このゴジラ版が開通記念のように思えてしまいますが、そうではなくて、ひっぱりだこ飯自体が開通記念に売り出されたものです。
 ということで、今何故このタイミングでのゴジラ版なのかは分かりません。

 原材料名です。
Hipparigodzilla08

2019年2月16日 (土)

「ひみつのアッコちゃん」の台本

 昨年12月の「魔法使いサリー」に続き、「ひみつのアッコちゃん」の台本を入手しました。
Akko33a
 サリーとアッコちゃん、なんとなくセットで考えています。(^_^)

 キャスト。
Akko33b
 声優さんに疎いので、どうも見知った人が見当たりません。

 変身の部分。
Akko33c
 ちょっと不思議なのが、全体的にきれいすぎることです。紙も劣化が見られません。

 後年、新たに製作されたのかと思いましたが、文字が手書き(ガリ版)ですので、そういうことではないのでしょう。復刻版でしょうかね。

2019年1月25日 (金)

共食いキャラ

 昨日の記事に書いた肉の万世と、前橋のころとんについて、記事を読んでくださった方からコメントを頂きました。ああいうのを「共食いキャラ」というそうで、『共食いキャラの本』(大山顕著。洋泉社)という本も出ているとのことでした。Amazonで見てみましたら、この本は残念ながら現在版元品切れのようです。

 著者である大山顕氏のサイト上の記事もありました。

 >とんかつ屋さんや精肉店、焼き鳥屋で「おいしいョ!」などと言わされているブタやウシやトリ。彼らを「共食いキャラ」という。
 >人間に向かって「自分の仲間を食え」とすすめるのはつらい仕事だ。その呼び込みの笑顔の裏に涙が光る。

とあります。

 ううむ。共食いキャラに対する強い共感が心に響きます。

 ぐんまちゃんが馬肉の宣伝をしたら、共食いキャラになりますね。

 馬肉ではありませんが、ぐんまちゃんの馬油せっけんならあります。
Gunmac_bayu04
 これも共食いキャラに類するものといえましょう。

2018年12月29日 (土)

スマホの武将にゃんこ

 こんなものを買いました。スマホのマスコットです。これは真田幸村。
Bushonyan01
 裏側。
Bushonyan02
 伊達政宗。
Bushonyan03
 裏側。
Bushonyan04
 裏側、後ろ足の肉球がちゃんと描いてあって、藝が細かいです。また、伊達政宗の兜の吹き返しには肉球の紋所(?)が描かれています。

 構造はこんな風になっています。
Bushonyan05
 イヤホンジャックに差し込む方式です。手にもちゃんと肉球が描かれています。

 単なるマスコットではなく、イヤホンジャックに敵(ホコリ)が侵入するのを防ぐという重要な任務を負っています。(^_^)

 全部で5種類あるようです。好みで選ぶとこの2武将になりました。(^_^) 良いものを手に入れて御機嫌ではありますが、これを取り付けたスマホを外で使うのはちと恥ずかしいです。

 話は変わりますが、昨夜また調べなくてはいけない本が出てきました。あいにくの年末年始。ネットの「日本の古本屋」でいくつかの店にあることが判明しました。神保町にも何軒か。送って貰うと1月7日以降になってしまうので、直接行ってきました。神保町の古書店、開いてる店、閉まっている店がありましたが、開いている店の方が多かったです。無事に購入できました。

 これからもまた論文を書き進めて行くにつれて、必要な本が出てくる可能性があります。そうなるともう正月休み明けまで待たないといけないかもしれません。

2018年12月25日 (火)

コンせんとくん&若鶏

 このようなものを買いました。USB充電器です。
Consent01
 商品名は「コンせんとくん」。ネーミングに惹かれました。(^_^)
Consent02
 裏側はこのようになっています。
Consent03
 充電する機器とコンせんとくんとを繋ぐUSBケーブルは別売です。重さは45gです。旅先などに持って行くにも好都合です。
Consent06
 この充電器自体はコンセントではないのに「コンせんとくん」というネーミングはおかしいのではないかというツッコミはありそうです。(^_^;

 コンセントって、これですよね。
Consent04
 でもまぁ、コンセントに挿してスマホなどを充電する機器、ということで許容範囲ではないかと思います。(^_^)

 USBポートが2つ付いていますので、同時に2つの機器を充電できます。
Consent05
 昨日は鶏を買い損ねましたが、今日はスーパーに行った時間が早かったので、無事に買えました。(^_^)
Consent07
 帰宅してよく見たら、「若鶏」とありました。ありゃ、です。

 別にベジタリアンではなく、肉も魚も大好きですけど、若鶏とか子牛とかという文字を見ると、少し心が痛みます。「あたら若い命を」ということで。

 心して頂くことにします。

 「あたら若い命を」で、昔見た「鞍馬天狗」を思い出しました。竹脇無我のです。古谷一行が沖田総司ですので、かなりの年代物です。土方歳三は成田三樹夫でした。

 池田屋に新選組が斬り込んだとき、鞍馬天狗も池田屋にいたのです。最初に屋内に斬り込んだ新選組は近藤以下4人でしたか。鞍馬天狗は、土方隊が到着する前に明らかに10人くらい斬っていました。数が合わない。(^_^;

 沖田とも斬り合いになります。互角の戦いの途中で沖田が喀血して昏倒します。「斬れ!」という沖田の声に対して、天狗は「消えかけようとしている若い命の火を無残に吹き消したくはない」(セリフの記憶やや曖昧)と言って、部屋から出て行きます。

 いろいろとツッコミどころ満載の池田屋でした。

 若鶏のもも肉からこのシーンを思い出すというのは、我ながら尋常ではありません。頭がおかしい。(^_^;

2018年9月28日 (金)

合掌動物フィギュア

 23日(日)、お寺で催されたお彼岸の法事に参列してきました。

 廊下の傍らにこういうものがあるのが目に止まりました。
Gassho01
 動物たちが円陣を組んでいます。よく見ると、みな合掌しているのでした。

 柴犬とカワウソ。
Gassho02
 三毛猫とイルカ。
Gassho03
 他にペンギンもいました。

 三毛猫だけ単独アップで。(^_^)
Gassho04
 それぞれ真摯な表情で合掌しています。お寺に相応しいフィギュアですね。

 それぞれ何を祈っているのでしょうね。虹の橋を渡ってしまった仲間の冥福を祈っているのかもしれません。

 このお寺に、猫が3匹居着いたそうです。(^_^) 先日は参列者が多かったので、どこかに疎開していたのか、全く見かけませんでしたが、今後、お寺に行く楽しみが増えました。(^_^)

2018年6月14日 (木)

せんとくん&ぐんまちゃんのランキング

 今日のアサヒコム奈良に「せんとくん、イラスト無料に 誕生10年、人気再燃狙う」という記事が載っていました。
Sento201806
 これまで、せんとくんのイラストを使うとき、商品などの販売総額の3%の使用料を払えば商用利用を認めてきたそうです。

 しかし、近年は使用料収入が低迷しているので、使用料を無償化することで広く使って貰い、人気の再燃を図るとのことです。

 この記事の中に、民間調査会社「日本リサーチセンター」によると、ご当地キャラの中で、せんとくんの認知度は全国3位(2017年)だとありました。1位は「くまモン」、2位は「ふなっしー」だそうです。

 ここで、ではぐんまちゃんは何位だろうかと気になり、早速、日本リサーチセンターのHPを見に行ってきました。
Gunmac201806
 その結果は以下の通りです。

 日本リサーチセンターによる、2017年10月の調査結果です。

 認知率
  くまモン    91%
  ふなっしー  89%
  せんとくん  64%
  ひこにゃん  64%
  ぐんまちゃん 38%

 ぐんまちゃん、5位に入っていました。(^_^)
 でも、数字は上位と比べて少し差がありますね。認知度アップのために私も頑張らねばと思います。

 元祖ゆるキャラともいうべきひこにゃんが4位というのはやや意外でした。

 好感率
  くまモン   36%
  ふなっしー 27%
  ひこにゃん 14%
  ぐんまちゃん 7%
  せんとくん   5%

 1位・2位は認知率と同じですが、せんとくんは認知率に比べて2つ順位を落としています。

 せんとくんが登場したときは、あまり評判は良くなかったものの、「慣れればかわいい」などと言われるようになって、好感度はアップしたように思っていました。でも、まだちょっと厳しいようですね。

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ