文字・言語

2018年2月17日 (土)

「東海道五十三次はんじ物」

 昨日、「無筆重宝国尽案内」という判じ物をアップしたのと、その中に「ひ」と「し」の混同とおぼしき例があったのとで、思い出しました。

 似たような例に「東海道五十三次はんじ物」というのがあります。これ、在職中に担当していた教養教育科目の「日本語と文化」の中で毎年のように取り上げていました。
53tsugi01
 「東海道五十三次」とありますが、全部で20項目しかなく、対象となっている宿場も日本橋から岡部までという東側の地域に限られます。これ、本来は東海道五十三次の東部・中部・西部の3部構成か、あるいは東部・西部の2部構成のうちの東部に当たるものと思われます。

 20項目の中には分かりやすいものと難解なものとがあります。

 分かりやすいものとしては、右端の上から3つ目。歯と猫がひっくり返っている絵。「ねこ」がひっくり返って「こね」、その上に「は」があるので、「は+こね」です。

 左端の中程にある戸板と刀の柄(つか)の絵は「と+つか」ですね。その右隣は竹の皮を割いているので、「かわさき」。(^_^)

 さて、戸塚の下にこのような絵があります。
53tsugi02
 難解ですが、日本橋から岡部までの範囲で考えると、どうやら平塚のようです。なぜ平塚になるかというと、左側に魚(かつお)が描かれています。尾がないので、「かつ」。頭を下にしているので、「つか」でしょう。

 かつおの右側の男は「お若えの、お待ちなせえやし」の白井権八と思われます。着物に丸に井の字の紋所が見えます。その上半身なので「しら」。両方合わせて「しら+つか」となります。

 白井権八は、本名は平井権八だそうなので、それならば素直に「ひら+つか」となりますけれども、この人物、講談や歌舞伎の世界では白井権八の名で通っているものと思われますので、やはり「しら+つか」と考えるべきかと思います。

 そうなると、これも昨日の信濃と同じく「ひ」と「し」の混同例となりましょう。

 信濃の場合は以下のような感じですかね。

 「しなの」はどうしよう。「しな+の」で、「の」は野原の絵を描けばいいな。
 「しな」は……、「そうだ。おシなさまにしよう」。(^_^)

 平塚の場合はこんな感じでしょうか。

 「シらつか」はどうしよう。「シら+つか」かな。「つか」は刀の柄なら簡単だけども、戸塚で使っちまったからなぁ。ちょっと難しくしてみるか。
 「シら」は、おいらの大好きな白井権八で行こう。

なんてことかと。(^_^)

2018年2月15日 (木)

難波津木簡と古今集仮名序の講演会

 来週の土曜日、2月24日に日本女子大学でこのような催しがあります。
Inukaikouen01
 趣旨は以下の通りです。
Inukaikouen02
 「学術交流企画」というのがよく分かりませんが、主催は、日本女子大学の日本文学科と同大学院文学研究科です。

 恥ずかしながら、平安京から仮名書きの難波津木簡が出土していたことは知りませんでした。(^_^; まずいです。

 当日、多分参加する予定です。

2018年1月27日 (土)

魏志倭人伝の日本語

 今日は池袋で「トンボの眼」の講演をしてきました。

 「『魏志』倭人伝と卑弥呼の言語」という大それたタイトルです。(^_^;

 レジュメはこちら

 先日当ブログで話題にした「漢文のハイフンの入力法」はこのレジュメを作っている過程で必要になったものです。

 7~8世紀になれば、当時の日本語を知るための資料も豊富になりますけど、3世紀の資料は魏志倭人伝くらいしかありませんね。それも、地名・人名・官職名に限られますので、難しいです。

 今後、思い掛けないものが出てこないものかと期待しています。
Gunmac_miko
  上の画像、時代考証的にはちょっと新しすぎるようにも思いますが。(^_^;

2018年1月21日 (日)

漢文のハイフンの入力法

 ワープロソフトで漢文を入力することがたまにあります。そういうとき、大抵は白文のまま打つか、あるいは読み下し文にしてしまいます。

 でも、返り点を付ける必要があるときは、普通に「一」「二」「レ」「上」「下」と打って、それを1/4角の下付に設定します。そうすると、こんな感じになります。
Kaeriten01
 手間もあまりかからないし、見た目も十分ではないでしょうか。欲を言えば、返り点はもう少し左に寄せたいところで、そのためには返り点の文字位置を少し左寄せにすれば良いのですが、ひと手間分面倒なので、これで良いことにしています。無精です。(^_^;

 ところが、二文字を繋ぐハイフン?を打たなくてはならなくなりました。これまでそういう必要がなかったのか、プリントアウトに手で入れていたのか、悩んだ記憶がありません。

 あれこれ試行錯誤して、返り点に傍線を付けたらどうかと思い至りました。試してみた結果がこれです。
Kaeriten02
 あまりの見事さに「おお!」と声を上げてしまいました。バッチリですよね(と、自画自賛)。強いて言えば、ハイフンがやや右側に来ているので、もう少し左に寄せたいところです。

 とすれば、返り点を左に寄せれば、それに連動してハイフンも左に寄りますね。一石二鳥ですが、手間を惜しんでこれで良いことにしてしまうかもしれません。ツメが甘い人間です。(^_^;

 ご機嫌だったのですが、ググってみたら、「Wordで漢文入力」というサイトがあって、そこに同じ方法が書いてありました。
http://www.shuiren.org/chuden/toyoshi/kanbun/02.htm

 最終更新日は2009年6月14日だそうで、もう10年近くも前です。

 かなりがっかり。(^_^;

2018年1月20日 (土)

『角川新字源』新旧文字サイズ比較

 昨日の記事への朝倉山のオニさんのコメントに、新旧両版の文字サイズのことがありましたので、見本を貼っておきます。

 「一」の解説です。上が初版(一昨日の背表紙の画像の中央の版)、下が改訂新版です。両方とも、このあとに熟語が続きます。
Shinjigen14
 文字サイズは大きくなって、読みやすくなりました。2色刷にもなっています。また、漢文の引用は、初版は返り点は付いていましたが、改訂新版では送り仮名も付いています。

2018年1月19日 (金)

『角川新字源』改訂新版(続)

 昨日ブログにアップした記事「『角川新字源』改訂新版」が、早速版元の編集部の方のお目に止まり、今日メールを頂きました。以前、私も関わった『古典基礎語辞典』で大変にお世話になった方です。

 メールによると、特装版(昨日ご紹介したものです)はやはり若者向けを意識して作ったそうですが、意外とベテラン世代の教員にも人気だそうで、通常版・特装版ともに売れ行き好調だそうです。

 出版不況といわれる今日、紙の辞書が、しかも漢和辞典が売れ行き好調というのは嬉しいことです。

 開きの良い造本もポイントだったようで、取り上げて良かったです。(^_^)

 しかし、昨日朝倉山のオニさんに教えて頂くまで、中央の女の子が「子」の形になっている(上方のウ冠と併せて「字」の形になっている)ことに全く気づかなかったのは、何とも迂闊でお恥ずかしいことでした。(^_^;

 望遠鏡は真理の探究の象徴、ペンは文筆の象徴としか考えなかったのです。ちゃんと形を構成していたのですねぇ。

 足もとの影もちゃんと「字」になっていました。
Shinjigen09
 ブログに載せるために特装版を選んだのでしたが、今はこの箱の絵、大いに気に入りました。特装版を買って良かったです。(^_^)

 その後、また頂いたメールで、「新字源」の「新」の字や「源」の字、そして角川ビルも描かれているとのことでしたので、探してみました。(^_^)

 箱の裏側です。
Shinjigen10
 「新」の字は分かりやすいですね。

 角川ビルは右端、下の方にあります。
Shinjigen13
 「源」の字は左端に滝のように見えているのがツクリの部分です。まさに源流の絵。

 サンズイは箱の内側、折り返しの部分にあります。
Shinjigen11_2
 合成すればこのようになります。(^_^) 源さん登場。
Shinjigen12

2018年1月18日 (木)

『角川新字源』改訂新版

 先頃刊行された『角川新字源』の改訂新版の箱がユニークだというので買ってきました。
Shinjigen01
 といっても、箱だけが目的というわけではありません。この漢和辞典は以前から愛用していました。用途によっては『学研漢和大字典』や『広漢和辞典』を使うこともありますけど。諸橋大漢和は滅多に使いません。(^_^;

 所持している新字源です。
Shinjigen02
 右端は学部2年目に買ったもので、東京の家で使っています。中央は群馬に勤めてから買って、群馬の家で使っていました。判型もデザインも異なりますが、どちらも初版です。

 左端が今回購入した改訂新版です。奥付によれば平成6年(1994)11月に改訂版が発行されたらしいのですが、それは買い漏らしていました。

 さて、改訂新版の箱、確かにユニークです。若者をターゲットにしているのでしょうね。若者はそもそも紙の漢和辞典はあまり買わないように思いますので、箱を変えても効果があるかどうか。

 逆に、こういう箱にしてしまうと中高年には敬遠されてしまうのではないかと、人ごとながら心配していました。

 ところが、書店に行くと、この辞書、全てがこの箱ではなく、オーソドックスな箱のもありました。むしろそちらの方しか置いていない店もあり、そちらの方が一般的なようです。

 さて、私はどちらの箱のを買おうか、ということになります。好みとしてはオーソドックスな方なのですが、そちらの写真をブログに載せても面白くないので、迷わずこちらにしました。ブログ本位制。(^_^;

 帯に特徴が書いてありました。この右下の※の注記を見ても、この箱の方が特殊であることを物語っていますね。
Shinjigen06
 初版の親字数は1万字ということですので、親字は3500字ほど増えています。増えた大きな要因は、第3項にある第1水準~第4水準の全漢字を収録したということにありそうですね。JIS漢字と漢和辞典に収録すべき漢字とは必ずしも重ならないとは思いますが、これはこれで意義があろうかと思います。

 造本上の工夫としては、180度開いてもページが閉じない、という他に、
Shinjigen07
 360度開けます。(^_^)
Shinjigen08
 愛用して行こうと思います。

2018年1月13日 (土)

「東国千年の都」展2018

 昨日、前橋で仕事の日でした。帰りにこういう展覧会に行ってきました。
Togoku2018a
 前橋市・高崎市と両市の教育委員会が主催で、毎年この時期に開催しています。会場は前橋プラザ元気21の1階で、1月6日から1月16日まで。その後、高崎シティギャラリー2階で、1月20日から29日までです。

 会場は、ストロボをたかなければ撮影OKでした。嬉しいです。

 多胡碑のレプリカもありました。
Togoku2018b
 山王廃寺で発掘された瓦も出展されていました。「放光寺」とヘラ書きされています。
Togoku2018c
 上野三碑の1つ山上碑に、この碑を建てたのは「長利」という名の「放光寺」の僧とあります。この放光寺がどこにあったのか不明だったのですが、山王廃寺から「放光寺」とヘラ書きされた瓦が出土したことで、山王廃寺(仮称です)の正式名称が「放光寺」だったことが判明しました。その瓦です。

 以前、この瓦の写真を本かパンフレットから取り込み、それを、授業や公開講座等で使ってきました。何から取り込んだのか既に分からなくなってしまっていて、出典も示さずに。(^_^;

 今後はこの写真が使えます。(^_^)
Togoku2018d
 4隅に「方光」というスタンプの捺された瓦もありました。
Togoku2018e
 「山字」と書かれた土器片も。
Togoku2018g
 和名抄の多胡郡の項に「山宗[也末奈]」という郷名があります(東急本と古活字本)が、これが高山寺本では「山字[也末奈]」となっています。これと関わるかもしれません。

 行った成果が大いにありました。

 竈も復元されていました。
Togoku2018h
 貧窮問答歌にうたわれたのもこんな感じのものだったのでしょうかね。

 上級役人の食事。
Togoku2018i
 下級役人の食事。
Togoku2018j
 庶民の食事。
Togoku2018k
 庶民の食事ではタンパク質や脂肪はほとんど摂れそうにありませんね。上級役人の食事や下級役人の食事も野菜中心のようにみえます。

2018年1月 7日 (日)

オリヅルランの子株、その後

 昨年、3回にわたって分家したオリヅルランの子株、こんな状態です。
Orizuruko16
 中央の一番大きいのは9月17日の分家、右側の2つは11月1日の分家です。右奥のには根のようなものがでていましたが、手前のには出ていなくて、この2株はランナーで繋がったまま植えました。2株を繋ぐランナーが有効だったかどうかは分かりませんが、発根していなかった株も無事に根付いたようです。

 左側のは11月20日の分家です。これも植え付け時には発根していなかったのにランナーから切り離して植えてしまいました。ややしょぼい感じですが、植え付けから1ヶ月以上経っているのに枯れてはいないところをみると根付いたのかもしれません。掘ってみたいのを我慢しています。(^_^;

 いずれもあまり育ってはいませんが、左側の子株以外は元気そうです。大きくなるのは暖かくなってからでしょうか。楽しみに見守ることにします。

 タイトルをうっかり「オリズルラン」と入力したら、ATOKから「「オリヅルラン」の誤り」と指摘されました。これはごもっともです。私が悪うございました。でも、「あづまうた」と入力しようとすると「「あずまうた」の誤り」と指摘するのはやめて欲しいです。(^_^;

 ちなみに、出雲は、「いづも」「いずも」どちらでも文句は言われませんでした。

2017年12月30日 (土)

スルガ木簡続報

 11月30日に、この日の新聞記事を基に「最古のため池発見とスルガ木簡」という記事を書きました。この新聞記事の中で一番興味を惹かれたのは、「珠流河」という表記でした。この表記、国造本紀の表記と一致しているもので。

 昨日、奈良の大学院に進学したかるべさんからお手紙と資料を頂きました。かるべさんは、奈良で開催された木簡学会の研究集会に出席されたそうです。この研究集会では、あのスルガ木簡も取り上げられたということで、資料を送ってくださったのです。ありがたいことです。

 送ってくださった資料には次のようにあります。
Yamadasuruga
 これを見ると、スルガ木簡は2点あるのでした。1点目は「□流河」とあり1字目の「珠」というのは推定ですね。そして2点目は「×流河」とあり、1字目は不明です。

 そして、この地名の下には「評」とあるので、どちらのスルガも国名ではなくて評名(郡名)なのでした。

 さらに、その下には「作度里ヵ」(もう1点には「佐度里」)とありますが、この里名は和名抄には載っていない地名です。

 そのような次第で、かるべさん情報で、新聞記事からは知り得なかった貴重な情報をいろいろと知ることができました。

 ありがとうございました。

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

ウェブページ