文字・言語

2021年3月 5日 (金)

明治10年の『新撰年代記』(8)外国との条約

 何度か取り上げてきた明治10年の『新撰年代記』、だいぶ日が空いてしまいましたが、8回目です。
 ここに「各国条約年月」という項目があります。
M10nendaiki24

 後半。
M10nendaiki25

 幕末から明治に掛けて、年月日順に並んでいます。
 途中で政権交代どころか、政体が全く変わってしまいましたのに、旧幕府が結んだ条約もそのまま継続的に取り扱われています。

 ペリーが黒船に乗って来日して、日米和親条約を結んだのが外国との条約の初めかと思っていましたが、これを見ると、アメリカは5番目ですね。
 はて? と思って岩波の『近代日本総合年表』を見たら、次のようにありました。

  安政元年3月31日 日米和親条約調印(安政2年1月5日批准書交換)
  安政5年7月29日 日米修好通商条約調印(万延元年4月3日批准書交換)

 『新撰年代記』には、アメリカ合衆国との条約は万延元年4月3日になっていますので、これは、日米修好通商条約の批准書交換の日付にあたります。
 国ごとに最新の条約締結を挙げたのでしょうね。それで、日米和親条約は載せなかったのでしょう。

 以前、「明治10年の『新撰年代記』(6)外国の国名」に載せた国名が並んでいます。
 ただ、条約リストの冒頭にある「貌利太泥亜(ブリタニア)」は載っていません。
 ググってみたら、「ブリタニア」はイギリスのグレートブリテン島南部の古称とのことです。

 他には、プロシアが「独乙北部聯国合併」となっています。
 「瑞典(ズイテン)那耳西」というのが分かりません。「瑞典」はスウェーデンですが、「那耳西」が何だか。
 その次にはハワイが載っていますね。まだアメリカ合衆国の州にはなっていないのでした。
 最後の「秘魯」はペルーです。外国の国名リストの方には「白露」という表記でした。

 あれこれ面白いです。

2021年2月18日 (木)

明治10年の『新撰年代記』(7)外国の都市名

 度々載せている明治10年『新撰年代記』の第7弾です。
 前回ご紹介した(6)では、外国の国名を取り上げました。
M10nendaiki23
 それぞれの国の項目の中に「都府」というのがあります。都市のことですね。
 各国の主要都市が漢字で列挙されています。1国につき、1~3都市です。

 これまたリストアップしてみました。

  倫敦、ロンドン/イギリス
  哥拉斯哥、グラスゴー/イギリス
  都伯林、ダブリン/イギリス
  百爾霊、ベルリン/プロシア
  斯徳哥爾摩、ストツクホルム/スエーデン
  其利斯的那、キリスチアナ/ベルギー
  不?捨拉斯、フリムウセルス/ベルギー
  力士門、リスボン/ポルトガル
  加義羅、カイロー/エジプト
  里約熱内霊、リヲデジヤネロ/ブラジル
  北京、ペキン/シナ
  南京、ナンキン/シナ
  定海、シヤャンハイ/シナ
  巴黎斯、パリス/フランス
  馬耳塞里亜、マルセール/フランス
  里昂、リヨン/フランス
  維也納、ウインナ/オーストリア
  可品哈肯、コツペンヘーケン/デンマーク
  伯爾尼、ベルジ/スイス
  雅典、アデンス/ギリシャ
  華盛頓、ワシントン/アメリカ合衆国
  紐句爾、ニユヨルク/アメリカ合衆国
  費拉地費、フイラトルフイヤ/アメリカ合衆国
  散地牙峩、サンチカコ/チリ
  徳墨蘭、テヘラン/ペルシャ
  彼得羅堡、セントピートルスブルク/ロシア
  墨斯科、モスコー/ロシア
  仏羅稜薩、フロレンス/イタリア
  羅馬、(ルビなし)/イタリア
  海牙、ベーク/オランダ
  安時堤、アムステルダム/オランダ
  馬徳里地、マトリツト/イスパニア
  墨西哥、メキシコ/メキシコ
  利馬、リマ/ペルー

 全部で34都市です。/のあとに国名を記しました。

 こちらにも普段は使わないような文字が結構出てきます。
 昨日のブログに書いた、集中講義を履修している中国からの留学生に聞いてみました。
 以下の都市名が今も同じ表記だそうです。

 倫敦(ロンドン)、都伯林(ダブリン)、斯徳哥爾摩(ストックホルム)、加義羅(カイロ)、里約熱内霊(リオデジャネイロ)、
 里昂(リヨン)、維也納(ウイン)、雅典(アテネ)、華盛頓(ワシントン)、彼得羅堡(セントペテルスブルク)、
 墨斯科(モスコー)、羅馬(ローマ)、墨西哥(メキシコ)

 この明治10年の年代記では、都市のことを「都府」と称しています。

 以前、当ブログで『万国地誌略』という資料をご紹介しました。これまた明治10年の刊行です。
 そこにこういうページがあります。
M10bankokuchishiryaku08
 アジアの地図です。右上隅に小さな○印があり、「都府又港」とあります。
 明治10年の頃、都市のことは「都府」と呼ぶことが一般的だったのかもしれません。

2021年2月15日 (月)

「サコイチ」効果

 当ブログのアクセス数が、昨日、通常と比べて3倍程になりました。

 調べてみたら、去年の今日の「「サコイチ」って」のページを見に来てくださった方が多かったのでした。今年になってからの当ブログのページ別アクセス数トップです。たった1日で。

 理由は明確で、私も愛好しているスマホゲーム「ねこあつめ」の昨日の「今日のあいことば」が「サコイチ」でした。

 去年の同日も「サコイチ」でした。はじめて見た語でしたので、「何だろう?」と思ってブログに書いたのです。チョコレートのことなのですね。明治時代に「チョコレート」を漢字に音訳したのを誤読したのです。

 今年も同じあいことばでしたので、それを見て「何だろう?」と思った方々が検索で当ブログに辿り着いたのでしょう。

 「ねこあつめ」の愛好者のお役に立てて嬉しいです。

2021年2月12日 (金)

明治10年の『新撰年代記』(6)外国の国名

 度々ご披露している明治10年の『新撰年代記』、第6回目となります。
 今回は外国の国名です。
 「各国形勢」という項目があります。冒頭はこんな具合です。
M10nendaiki23
 国ごとに、まず国名があり、続いて、「幅員 人口」「都府」「鉄路」「土産」という4項目が並んでいます。
 「幅員」というのは面積ですね。今、「幅員」というと道幅などに用いますので、面積に用いるのは新鮮な気がしました。
 「土産」は各国の産物を指しているのでしょう。すると、読みは「みやげ」ではなく「とさん」か「どさん」なのでしょう。

 挙がっている国は全部で22ヶ国で、以下の通りです。

  英吉利〔イギリス〕(イギリス)
  普魯西〔プロシア〕(プロシア)
  瑞典〔ズウイデン〕(スエーデン)
  比利時〔ベルジュム〕(ベルギー)
  葡萄牙〔ポルトガル〕(ポルトガル)
  埃及〔ヱヂプト〕(エジプト)
  伯爾西〔ブラジル〕(ブラジル)
  支那〔シナ〕(シナ)
  仏蘭西〔フランス〕(フランス)
  墺地利〔ヲースタリヤ〕(オーストリア)
  嗹国〔デンマルク〕(デンマーク)
  瑞西〔スイチル〕(スイス)
  希臘〔ギリシヤ〕(ギリシャ)
  米合衆国〔アメリカガツシフコク〕(アメリカ合衆国)
  智利〔チリ〕(チリ)
  比耳西亜〔ペルシヤ〕(ペルシャ)
  魯西亜〔ロシヤ〕(ロシア)
  以太利〔イタリヤ〕(イタリア)
  和蘭〔ヲランダ〕(オランダ)
  西班牙〔イスパニヤ〕(イスパニア)
  墨西哥〔メキシコ〕(メキシコ)
  白露〔ペイリユ〕(ペルー)

 この年代記に付いているふりがなを〔 〕内に示し、現在の読みを( )内に示しました。

 地域別の内訳は以下の通りです。
  ヨーロッパ 14
  アメリカ   5
  アフリカ   1
  アジア    1
  中近東    1

 だいぶヨーロッパに偏っています。
 国名の排列順はよく分かりません。

 国名表記は今と同じものもあれば、そうでないものもあります。
 ま、「今と同じ」といっても、今はカタカナで書くことが普通ですが、たとえば、一太郎で「フランス」や「ポルトガル」を打とうとすると、変換候補の中に、この年代記と同じ「仏蘭西」や「葡萄牙」が出てきます。

 外国の国名にはどうして難しい漢字を当てたのでしょうか。
 理由として、次のようなことを考えました。

 1.なるべく似た発音の文字を用いようとした。
 2.その国の特徴と合う意味を持つ文字を当てようとした。
 3.すでに清国で使われていた表記に準拠した。
 4.外国の地名であることがすぐに分かるように、普段あまり用いない文字や文字列を選んだ。

 まだ思い付くかもしれません。
 いくつか兼ねたものもあったかもしれません。

 さて、いかに。

2021年2月10日 (水)

明治10年の『新撰年代記』(5)「ティ」「ヴ」の表記

 何度か取り上げている明治10年の『新撰年代記』、本体は年表なのですが、付録が豊富です。
 アルファベットの一覧も載っています。
 これは、文政五年の年代記には載っていません。やはり文明開化の時代です。

 活字体。
M10nendaiki21
 標題は「英国(イギリス)羅馬(ラウマ)軆」とあります。
 「アルファベット」という言葉は使われていません。
 「ローマ」が「ラウマ」となっていますね。歴史的仮名遣いということになりましょうか。

 筆記体。
M10nendaiki22
 標題は「同草躰」となっています。
 「筆記体」ではなく「草体」ですね。興味深いです。
 日本国語大辞典には「そう‐たい[サウ‥] 【草体】〔名〕書道で、草書の書体。」とあるばかりで、アルファベットの筆記体の意味は挙がっていません。
 「筆記体」という語に興味を覚えて、また日国を引いてみたら、載っていた用例が五木寛之の『さらばモスクワ愚連隊』〔1966〕でした。
 そんな新しい用例しかないの? と思いました。私が中学生の時、英語の授業で普通に出てきました。1966年というと、ちょうど同じ頃ですけど。
 「日国友の会」というサイトがあります。
https://japanknowledge.com/tomonokai/

 このサイトに「「日国友の会」とは」という項目があり、こうあります。
 >『日国友の会』では、日本国語大辞典第三版へ向け、未収録の用例・新項目を広く皆さまより募集しています。
 >現行の例文より古い例などがありましたら、ぜひご投稿ください。

 そこに「筆記体」のより古い例が投稿されていました。
 投稿者は末広鉄男氏で、『造本と印刷』(1948年 山岡謹七)です。戦後すぐの用例ですね。それにしても意外と新しい気がします。

 それぞれの文字には片仮名で読みが付いていますね。
 今と同じ音もありますけど、「C スィー」「J ゼイ」「W ドブルユー」「Z ズイー」など、異なるものもあります。
 「スィー」で、「セクスィー部長」を思い出しました。
 あれこれ興味深いです。

 などと思っていたのですが、数日経ってから、いやいや注目すべきはむしろ「D ディー」「T ティー」「V ヴィー」ではないかと思い至りました。
 これらは今と同じ表記なので、最初は注意を引きませんでしたが、こういう、当時の日本語にはない発音をどう文字化するか。
 その結果、小さい「ィ」や長音記号を組み合わせて表記したり、「ウ」に濁点を付けたりして工夫したのですね。
 今は見慣れた普通の表記になっていますけど、120年以上も前に、今と全く同じ表記が生み出されているって、すごいことではないかと思えてきました。

2021年1月31日 (日)

宣命校本ノート

 渋川の家の片づけで出てきました。
Senmyokohon01
 私の卒論のタイトルは「続日本紀宣命の国語学的研究」でした。その別冊資料です。
 母校では、卒業式の日に「永久貸し出し」という名目で卒論を返却していました。
 貸し出しなので、本当はすぐに出せるようにしていないといけないのでしょうけど。(^_^)

 中はこのようです。
Senmyokohon02

 多少アップに。
Senmyokohon03

 宣長の『続紀歴朝詔詞解』のコピーを切り貼りしたのを底本にして、これに諸本の異同を書き込んで行きました。
 コピーは湿式のようです。少し薄くなっていますが、40数年を経てこの程度ならば優秀かもしれません。
 結構たくさんの本を見ています。ただ、大学院に入ってからさらに校合したものもありますので、卒論時点よりも増えています。
 ご覧のように、宣長は、多くの諸本が一致している本文を結構変えています。そんなことが校本を作って分かりました。

 天理図書館にもこの3冊を携えて行きました。当ブログでしばしば触れた芳月に泊まって。

 渋川転居後28年振りに再会して感慨深いものがありました。

2021年1月18日 (月)

食偏の字体

 昨年の9月に、NHK「チコちゃんに叱られる!」で、豊川悦司が書いた「ぎょうざ」の書き取りが×になりました。
Chiko_shoku
 画面左下にある様に、食偏の下部が横線2本ではないから、という理由でした。

 これ、正解とすべきものと思います。
 現在、常用漢字に入っている漢字は、食偏は「飲」「飯」のように「食」に1画足りない形ですが、表外字については、「飴」「餌」のように、下部は横線2本です。
 豊川悦司の書いた字が不正解とされたのはこういう理由によるのでしょう。

 しかし、これは活字などの印刷字体についてのもので、手書きまで印刷字体に合わせる必要はありません。
 文科省も、表内字については印刷字体と手書きとは分けて考えています。表外字だってこれに準ずるべきものと思います。

 ブログにそんなことを書きました。

 ふと見ると、毎日愛好しているのど飴の文字が目に入りました。
Ame03
 これ、何年も前から好物で、毎日口にしています。座右の飴です。
 「飴」の字体、食偏は常用漢字の字体と同じですね。毎日見ていたのに、今頃になって気づきました。

 この飴の袋、以前撮影していたことを思い出しました。
Ame01
 3年半前に勤務先を定年退職して、個人研究室にあった私物を片づけたときに見つけたのでした。
 賞味期限が2015年11月となっていましたので、製造したのは2014年の夏頃でしょうか。
 この袋の「飴」の字の食偏の字体は横線2本になっています。

 2014年の夏頃には横線2本だったのを、その後、どこかの時点で今の形に変更したのでしょう。
 なぜ変えたのか、理由は分かりませんが、横線2本の字体を古めかしく感じたのでしょうか。
 手書きに近い形に変えることで、より親しみやすいイメージになるようにと考えたのでしょうかね。

 興味深いです。
 一般的な活字体でなくてもいいんですよね。

2020年12月27日 (日)

チュー害を受けた畳

 渋川の家の片づけ、絶賛進行中です。
 しかし、ねずみの糞や、ねずみの囓った跡、ねずみが食いちぎってできたと思われる細かい紙片などが発見されてからは、作業が慎重になり、スピードが落ちました。

 チュー糞などの写真は撮る気もせず、ブログにアップすることも考えていません。
 おぞましいです。

 これは載せて良いかどうか微妙かと思いましたが、まあセーフかと思い、載せてしまいます。
Tatamichu
 テレビの裏に、細かく刻んだような紙片の山がありました。ところがよく見ると、紙だけでなく、わらのようなものも混ざっています。
 不審に思いながら掃除機で吸い込んでみたら、その下はこうなっていました。
 これもねずみの仕業と思われます。
 食いちぎった紙片と畳表を混ぜて、ねぐらを作ったのでしょう。
 全くとんでもない連中です。

 タイトルには「チュー害」と書きましたが、正しくは「鼠害(そがい)」でしょうか。あまり聞かない語ですが、日国に載っていました。

2020年12月13日 (日)

新スマホ、その後

 先週の月曜日にスマホの機種変更をして1週間近く経ちます。
 前のとはメーカーも違いますし、あれこれ分からないことも多く、機種変更しなければ良かったかなぁと思うこともしばし。←いつもです。(^_^;
 それでも、段々馴染んできたし、分かってきました。
 トップ画面、今こんなです。
Sumafo06
 などと、プライバシーを曝してしまうことはないのですけど。(^_^;

 ぎっしりです。初めからあったものと、後から入れたものとあります。
 前の機種は使用頻度順にアイコンが並ぶのですが、これは自分で決めた固定式です。勝手に位置が変わってしまうより、こちらの方が良いです。

 左上隅にはWebメールが置いてあります。
 前の機種ではPCのメールを読むためのアプリが付いていて、とても使い勝手が良かったのですが、そのアプリはそのメーカー専用ということで、新機種には使えません。仕方なく、他のアプリを使おうとしましたが、うまく行きません。これも機種変更を後悔した理由の1つでした。
 困っていたら、Zoomの師匠から、niftyのメールならば、Webメールが使えると教えて頂きました。
 お蔭様でこの件は解決しました。ありがたいことです。

 「ぐまのやぼう」や「ねこあつめ」はまたゼロからの開始になり、腐っていましたが、結局また始めました。初心に返って楽しんでいます。

 昨日は初めて電話が掛かってきましたが、あたふたして取れず、こちらから掛け直しました。
 実は、前の機種でも、取り方、よく分からなかったのです。それくらい掛かってきません。(^_^;
 マニュアルを読んで把握しました。電話のマークを上に動かすと受信することができ、下に動かすと拒否だそうです。下に動かさなくて良かった。

 電話アイコンのデザインは、スマホではなくて、従来のイエ電などのですね。さすがにダイヤル式ではなく、プッシュホンですけど。
 メールアイコンのデザインも、電子メールではなくて、紙の封筒。
Sumafo07

 思うに、下駄が入っていなくても下駄箱、筆が入っていなくても筆箱、ぞうりが入っていなくてもぞうり袋というようなものですかね。
 と、書いてしまいましたが、ひょっとして、今、下駄箱も筆箱もぞうり袋も死語の世界に行っちゃっていましょうか?

2020年11月26日 (木)

奈良旅手帖2021

 毎年買っている奈良旅手帖、予約していた来年度のが届きました。
 表紙は何種類かある中から選べますが、毎年鹿の柄を選んでいます。(^_^)
Naratabi2021a

 裏側。
Naratabi2021b

 中身はほぼ例年通りです。

 天智・天武を中心とした系図も従来通りです。
 ここには前回のを載せます。
Naratabi2020f

 この中で、天武のキサキのうちの2人に一部カナが使われていました。
Naratabi2021c
Naratabi2021d
 JISの第1水準・第2水準以外の文字なので、こういうことになったのでしょう。
 一方がひらがなで、もう一方がカタカナというのも不統一です。
 気づいたのは今回初めてでしたが、これはずっと同じでした。
 プロの印刷所、作字するなり何とかできると思うんですけどねぇ。

 今回は業者を変えたためにしおり紐が付かないということで、代わりに透明なプラスチックのしおりが付いてきました。
Naratabi2021e
 このしおりもよいです。

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ