動物

2018年5月23日 (水)

品川駅構内に馬!

 今日は前橋で仕事の日でした。終わった後、上野東京ラインに乗って、品川駅で降り、京浜東北線に乗り換えるべく、駅構内を歩いていたら、人だかりができていました。

 何だろうと思って、見に行ったら、馬がいました。(^_^)
Shinagawauma01
 私も弥次馬です。(^_^;
Shinagawauma02
 日本ダービーの宣伝のようです。少しずつ前方に移動できました。
Shinagawauma03
 上の3枚の写真から分かるように、馬は首を動かしていました。

 首のアップ。ナマの馬をこんなに間近に見る機会は滅多にありません。やはり動物は良いです。
Shinagawauma04
 その昔、地下鉄の車両はどこから入れたのか、それを考えると夜も眠れない、という漫才のネタがありましたね。春日三球照代さん。それを思い出しました。この馬どこから入れたんだろうと。

 そういえば駅構内の馬の話題、最近のネットニュースで見たことを思い出しました。

 帰宅してから、ググってみたら、見つかりました。前に見たときは記事をちゃんと読んでいなかったのですが、改めて読んだら、この馬、ロボットだということでした。

 「えっ!!」です。

 間近に見たのに、本物の馬としか思えませんでした。

 口のあたりをアップにすると、本物ではないのかなぁという気もします。
Shinagawauma05
 3枚目の写真の膝のあたりも本物にしてはやや不自然かもしれません。

 でも、それらも、ロボットかもしれないという思いで、じっくり写真を見るからそう思えるだけで、実際にその場ではそんなことは全く感じませんでした。

 まことにリアルな馬でした。

2018年1月30日 (火)

草刈りヤギさん速報

 今日は立川の国文学研究資料館に行ってきました。

 駅の少し北に広大な空き地があって、夏場はそこで草刈りヤギさん達が活躍しています。

 当ブログにも、昨年5月25日に「立川の働くヤギさん」、11月1日に「立川の除草ヤギさん、その後」と題して載せました。

 冬場は雑草も伸びないので、草刈りはお休みですが、このような掲示が出ていました。
Tachiyagi06
 4月になったらまた再会できそうです。でも、3ヶ月という短期間ですね。

 この空き地には、今、たくさんの重機が入って土をほっくり返していました。4月以降、ヤギさん達の活躍する余地があるのだろうかとちょっと心配です。

 7月からは工事が本格化するのかもしれませんね。それで、ヤギさん達の任期も7月初めまでなのかと思いました。

2018年1月 6日 (土)

ぐんまの動物愛護推進

 今、NHKで「もふもふモフモフ」を放送しています。戌年にちなんで「わんわんスペシャル」なので、ねこがほとんど出てこないのは残念です。

 私、もとは犬派だったはずなのですが、どこで猫派に変わってしまったのやら。

 先日、群馬県庁に行った時にこんなチラシがありました。
Dobutsuaigo
 群馬県も動物愛護推進に取り組んでいます。このチラシに依れば、3本柱を立てて、それぞれでの取り組みを行っているようですね。人と動物とがうまく共生できる社会になると良いです。

 こういう雑誌もありました。
Tokimekigunma94
 この号の特集は「アニマルセラピー」です。これもまた有意義な共生と思います。私もアニマルセラピーを受けたい気がします。(^_^)

2017年12月 1日 (金)

桐生が岡動物園のライオンの赤ちゃんの名前決定

 10月に桐生で講演をしたときに、桐生が岡動物園に寄って、ライオンの赤ちゃんを見たことを書きました
Kirilion05
 赤ちゃんライオン3頭の名前を公募していたところ、それが決定し、29日に桐生市が発表した旨、昨日のアサヒコム群馬に載っていました。

 全部で4023件の応募があり、選考の結果、オスは「オリト」、メスは「シルク」と「つむぎ」だそうです。

 オリトは「織都から」、シルクは「絹織物から」、つむぎは「幸せを紡ぎだせるように」というのが命名の理由だそうです。桐生市は織物の町として織都と呼ばれています。

 3頭それぞれの性格は、「オリト」はおっとり、「シルク」は好奇心旺盛。「つむぎ」はお母さんが大好きでそばから離れない、ということだそうです。

2017年11月 1日 (水)

立川の除草ヤギさん、その後

 数ヶ月前に立川に行ったときに、広大な空き地に除草ヤギさんがいました。
Josoyagi01
 一昨日、立川に行ったとき、除草ヤギさんとの再会を楽しみにしていましたが、今回はいませんでした。

 こんな掲示が出ていました。ヤギさん達の故郷は栃木県だったのですね。
Josoyagi02
 事情説明の別の掲示もありました。
Josoyagi03
 これを読むと、来年の復活も期待できそうです。

 早期打ち切りの理由となった流鏑馬の掲示もありました。
Josoyagi04
 故郷に帰ったヤギさん達の後日譚も。(^_^) おめでたいニュースです。
Josoyagi05
 そのまたさらなる後日譚も。ヤギさん達、この地域で愛されていたのでしょうね。
Josoyagi06
 「ゆき」の子供が「こゆき」というのはよく納得できます。「あんこ」の子供が「あずき」というのは逆ではないかと。(^_^;

2017年10月30日 (月)

立川のペンギン

 今日は、立川の国文学研究資料館に行ってきました。この施設は、極地研と同じ敷地の中にあります(建物も繋がっているような)。

 用事が済んだ後、極地研のショーウィンドウを覗いてきました。ペンギンの剥製が並んでいました。

 アデリーペンギン。
Penguin01
 大中小3羽います。疑似家族ですかね。

 幼鳥です。
Penguin02
 こんなに幼くして命を落としたのは、何とも哀れです。

 イワトビペンギン。
Penguin03
 フンボルトペンギン。
Penguin04
 暑さに対する耐久力があるので、日本で最も飼育数の多いペンギンだそうです。

 動物を見るのは楽しいです。

2017年10月29日 (日)

水槽のアクセサリー

 金魚の水槽の中が殺風景なので、先日、渋川の家の水槽から、岩(作り物です)と土管とを持ってきて入れました。
Kingyo_h291029a
 なんか落ち着きました。(^_^) 

 底のジャリの上にはこういうのを敷きました。
Kingyo_h291029c
 説明を読んでいたら、効果がありそうな気がして。(^_^;

 確かに、通常の砂利では、砂利そのものの中にはバクテリアなどは入り込めませんし、砂利と砂利との間もバクテリアが住みつくには適していないように思います。

 それに対して、この濾過砂利は多孔質の素材でできているとのことですので、効果がありそうです。

 水がやや濁っているのが気になります。まだ濾過バクテリアが十分には働いていないのでしょう。早く水質が安定するように願っています。

 さて、アクセサリー。

 水槽内が殺風景だからというこちらの勝手な都合で入れました。金魚にしてみれば、住み処が狭くなった、と不満かもしれません。(^_^; 渋川の家の水槽で金魚が土管の中に入っている光景を見たことはほとんどありません。

 それが、今日、土管の中に1匹入っていました。
Kingyo_h291029b
 気に入ったようで、この金魚だけ、よく入っています。(^_^)

 でも、この金魚、あまり元気がなく、ちょっと心配です。体調不良のために、土管の中で体を休めているのかもしれません。今後、注意して見ていようと思います。

2017年10月22日 (日)

金魚、増やしました

 金魚が3匹ではやはり寂しいので、仲間を増やすことにしました。

 金魚屋さんに行ったところ、お店にいた金魚は、うちのよりもやや小さかったので、少し多めの方が良いかと考え、4匹買いました。

 派閥争いなどせず、仲良く暮らしてくれることを願いつつ、新しい4匹を水槽に入れました。

 新しい4匹は、広いところに来られて、大喜びで泳ぎ回っていました。一方、今までの3匹は隅っこの底付近に集まって、おとなしくしていました。先住者で、体も大きいのに。(^_^;

 この3匹は、9年前に知人の知人のおうちで生まれた金魚です。たくさん生まれて飼いきれないということで、頂いたのです。思えば、自分のきょうだい以外の金魚に会ったことは無いはずですし、人間も数人しか見たことがなかったことでしょう。

 一方、新しい3匹は、大和郡山か弥富か、どこかで生まれて、選別を生き残り、長旅も経て、わが家に来たことでしょう。

 その違いは大きそうです。

 でも、数分後には、先住の3匹も今まで通りに泳ぎだし、もう渾然一体となって、仲良く暮らしています。ほっとしました。全部で7匹になりました。
Kingyo_h291022a
 新しく来た4匹のうち、3匹は同じくらいの大きさですが、1匹だけ小さいのがいます。
Kingyo_h291022b
 上の写真、やや遠近の差はありますが、白いのが一番大きい金魚、赤いのが一番小さいのです。ちょっと心配でしたが、見ていると、この1匹が一番すばしっこくて、食欲も旺盛です。たくさん食べて、大きさもそのうち追いつくのではないでしょうか。この成長も楽しみです。

2017年10月18日 (水)

金魚の引っ越し

 5月下旬に研究室の片づけが終わって以降、群馬の家の中の蔵書や家具などはそのままに、身は東京の家にいることが多くなりました。群馬の家に行くのは週に1度くらいです。

 群馬の家に置きっぱなしにしてきたものの中に金魚もあります。

 ふと、「残置牒者」という言葉を思い出しました。ルバング島の小野田少尉ですね。いえ、金魚は別に牒者としての仕事はしていません。

 1週間に1度しかゴハンが貰えないというのはかわいそうです。動物虐待に当たりましょう。水草はたくさん入れているのですけど。

 そこで、金魚を東京の家に連れてくることにしました。

 まずは、東京の家に、水槽、濾過器、エアレーション、ライトなどを購入し、設置しました。こんな感じです。
Kingyo_iten01
 あと、梅酒などに使う広口瓶を買いました。4リットルのです。

 今日、引っ越しを敢行しました。

 群馬の家の金魚を広口瓶に入れて、東京に運びました。
Kingyo_iten02
 広口瓶は新聞紙で包み、
Kingyo_iten04
 それを手提げに入れました。
Kingyo_iten05
 この手提げ袋、かなりくたびれていて、持ち手が切れないか不安でしたが、大丈夫でした。

 在来線で3時間半かかりました。幸いに元気でした。
Kingyo_iten03
 新居に移してやると、早速元気に泳いでいました。
Kingyo_iten06
 引っ越し、無事に完了です。

 水槽の容量にはまだ余裕がありますので、あと2~3匹買ってこようかと思います。派閥争いなどが起きないと良いのですが。

2017年10月 6日 (金)

桐生市で講座&ライオンの赤ちゃん

 今日は群馬県桐生市で話をしてきました。桐生市高齢者大学です。会場は桐生市中央公民館。タイトルは、「万葉集をよむ-東歌をよむ-」。どうも変わり映えのしないテーマで。(^_^; レジュメはこちら

 この高齢者大学は55年目になるそうで、長い歴史を持っています。回数は毎年15講座だそうです。内容は多岐に亘るようですが、やはり文学、歴史が人気だそうです。

 先日、桐生が岡動物園で、7月に生まれたライオンの赤ちゃんを公開中というニュースを見ていましたので、ついでに動物園にも行ってきました。(^_^)

 ガラス越しのため、反射してしまって、撮影はなかなか難しかったです。赤ちゃんは3頭です。

 そのうちの2頭。
Kirilion01
 赤ちゃんライオンというので、「仔猫の大きいの」くらいのつもりでしたが、なかなかどうして、かなり大きかったです。

 食事(授乳)中。
Kirilion02
 お父さんライオンは隔てられています。
Kirilion03
 子供たちはお父さんに関心があるようです。
Kirilion04
 子ライオン3頭の名前募集中です。
Kirilion05
 3番目のライオンには、「ライラ(母ライオンです)の背中によく登る」とあります。確かに、何度かお母さんの背中に登ろうとしていた子がいました。(^_^)

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ