公開講座等

2019年11月21日 (木)

ぐんま県民カレッジで講演(3)

 今日は中之条で吾妻教育事務所主催の講座をしてきました。先々週に続き3回目です。
 タイトルは「上野国東歌をよむ~群馬県北部の歌を中心に~」です。今回が最終回になります。

 初回の「令和」ゆかりの梅花宴序と歌に続き、第2回目は大伴旅人を取り上げましたが、今回はその流れは受けずに上野国東歌にしました。
 会場の中之条町内の沢渡神社境内に万葉歌碑があるので、それにちなむ話をすることで万葉集により親しんで貰えるかと思ったのです。
 成果があれば幸いです。
 レジュメはこちら

 レジュメの他に、スクリーンで地図や写真も見て頂きました。

 今回は時間を間違えるという大失敗をしてしまいました。
 時間は14:15~15:45の90分だったのですが、終了時刻を16:00だと思ってしまい、ちょっと早目に終わったものの、15:55頃まで掛かってしまいました。時間を間違えたのは初めてだと思います。
 でも、皆さん、所定の時間を過ぎても普通に聴いてくださいました。ありがたいことです。

 そもそも14:15~15:45という設定が中途半端ですよね。こういうの普通ないです。
 ま、自分で決めたのですけど。(^_^;
 会場の最寄り駅のある吾妻線は本数が少なくて、上下線とも1時間に1本ずつくらいです。
 それで、往復の便を考えた結果、こういう時間設定になりました。

 中之条駅の干し柿。
Agatsuma06
 前回よりも乾燥してきたように見えます。

 駅のホームから見た山。
Agatsuma07
 紅葉が進んでいます。

 一昨日のブログで取り上げた明治42年の「名所かるた」の歌の出典調べ、進んでいます。
 ところが、万葉集や古今集の歌もある一方で、国歌大観に載っていない歌が8首ありました。
 国歌大観に載っている歌の中にも、作者が契沖、賀茂真淵、村田春海、加藤千蔭などもいます。
 範囲が広いです。国歌大観に載っていない8首の作者も、あるいは近世の国学者の可能性もありそうです。
 さらにあるいは近代の歌もあるのかも……。

2019年11月 7日 (木)

ぐんま県民カレッジで講演&吾妻銘菓(2)

 今日は中之条で吾妻教育事務所主催の講座をしてきました。先々週に続き2回目です。
 タイトルは「大伴旅人の歌をよむ~梅花宴の主人、大伴旅人の人と歌~」です。
 前回は「令和」ゆかりの梅花宴序と歌とを取り上げましたので、その続編のような感じです。
 レジュメはこちら

 控室でこのようなお菓子を頂きました。
Agatsuma04
 前回とは違うお菓子です。お気遣い頂き、恐縮です。
 鳥追太鼓というのは、中之条町の鳥追い祭で使われる太鼓です。
 このお祭りに行ったことはありませんが、小正月のお祭りで、400年の歴史を持つといわれます。

 中之条駅には干し柿がいっぱい下がっていました。
Agatsuma05

 中之条から上り電車に乗ったところ、後ろの座席に座った高齢のご夫婦が草津の話をしていました。草津からの帰りのようです。
 奥さんが、「この前のブラタモリで言っていた」ということで、草津のあれこれを説明していました。
 それが極めて詳細で、正確でした。「ブラタモリ」を真剣に視聴していたことが伺えました。
 「ブラタモリ」の熱心なファンとお見受けしました。(^_^)

2019年10月30日 (水)

新町で公開講座。「さる」「なり」も

 今日は新町公民館で講座の日でした。隔週で全5回の講座、無事に終わりました。
 今日は前回に引き続き大伴家持です。
Yakamochizo02

 プリントは最後まで作って前回配ってありますので、今日は準備不要のはずが、そううまくはゆきません。(^_^;
 前回、自分への宿題を2つ課してしまいましたので、それをまとめなければなりませんでした。レジュメはこちら

 宿題の1つは「去る」です。「春されば」「夕されば」などは、「春になると」「夕方になると」の意で、「春が去ると」「夕方が去ると」の意ではありませんね。現代では「去る」は離れて行くことにしか使いませんが、上代では来ることにも使うと、辞書や注釈書に書かれています。
 これまで、授業や講座・講演などでは、それをそのまま受け売りしてきましたが、確認してみたくなりました。集中に「さる」は全部で129例ありました。分類すると以下のようになります。

A.季節が来る 65例
【春されば】春になると 27例
【春さり来れば】春になると 7例
【春さりぬれば】春になると 1例
【春さらば】春になったら 5例
【春さりゆくと】春になってくると 1例
【春さりゆかば】春になったら 1例
【春さりにけり】春が来たことだ 1例
【春さりくらし】春が来たらしい 1例
【春さりて】春になって 1例
【秋されば】秋になると 10例
【秋さらば】秋になったら 8例
【秋さりて】秋になって 1例
【秋さり衣】秋になって初めて着る衣 1例

B.時が来る 41例
【朝されば】朝になると 1例
【夕されば】夕方になると 30例
【夕さり来れば】夕方になると 2例
【夕さらば】夕方になったら 3例
【明けされば】夜が明けると 3例
【明けさりにけり】夜が明けてしまった 1例
【夜さり来れば】夜がやってくると 1例

C.(打消を伴って)欠けることなく 11例
【朝去らず】毎朝 5例
【夕去らず】毎夕 3例
【宵去らず】毎晩 2例
【岩もと去らず】全ての岩蔭に 1例

D.(打消を伴って)離れず 10例
【川淀去らず】川淀を離れず 1例
【海辺常去らず】海辺を常に離れず 1例
【み山を去らぬ】お山を離れない 1例
【朝廷去らずて】朝廷を去らずに 1例
【面影去らず】面影が消えることなく 1例
【床の辺去らず】床のあたりを離れず 3例
【枕去らずて】枕辺を離れず 1例
【ねどなさりそね】この寝床にいつもいてくれ 1例

E.離れて 2例
【枕片さる】あなたの枕が床の一方に寄っている 1例
 ○ここだくも思ひけめかも敷栲の枕片さる夢に見え来し(四・六三三)「枕片去」娘子
【夜床片去り】夜床の片方を開けてやすみ 1例
 ○~はしきよし 妻の命の 衣手の 別れし時よ ぬばたまの 夜床片さり 朝寝髪 掻きも梳らず 出でて来し 月日数みつつ~(一八・四一〇一)「夜床加多左里」大伴家持

 以上です。

 季節が来る、時が来る、の例が多く、特に「春されば」「夕されば」の例が目立ちます。夏や冬が来る例はありませんでした。

 そして、打消を伴って「欠けることなく」「離れず」の例があります。
 また、打消を伴わない「離れて」の例は2例しかありませんでした。この2例は用例を示しました。「枕片去り」「夜床片去り」というよく似た例です。

 何でしょねぇ。

 全体的に不思議な偏りを示しています。
 上代において「去る」は離れることにも近づくことにも使われるとはいいながら、近づく意で使われることが多く、しかも、それは季節と時間とに限られていて、人や動物が近づくことに使われた例はない。
 一方、離れる意で使われた例は打消を伴うことが多く、打消を伴わない例は最後の2例のみで、この2例は似たような意味で使われている。

 何かありそうです。

 表記はレジュメの方に示しましたように、万葉仮名の例の他は、「春去者」「夕去者」などが多いです。そんな中で、「春之在者(春されば)」3例というのがあり、気になります。「春しあれば」は実際に発音される場合には母音連続が回避されて、「春されば」となったことでしょうが(farusiareba→farusareba)、なぜ「春之在者」と書いたのか。

 ちょっとあれこれ考えてみます。

 もう1つの宿題は、いわゆる伝聞推量の助動詞「なり」です。平安以降は伝聞推量の助動詞として使われるこの語は、奈良時代には実際に「声がする」「音がする」という意の本動詞として使われた例が多い、という話をして、それを具体的に説明することになっていました。まとめはレジュメをご覧いただくとして、大部分は「声がする」「音がする」の意で、特に鳥の声についていうことが多いです。鳥の姿は見えなくても、声でなんの鳥なのかが分かって歌にしている例もあり、このようなあたりからも伝聞推量に繋がって行くのかという気がします。

 万葉集の「なり」の多くは「声がする」「音がする」の意ですが、少数ながら「ようだ」の意で用いられているとおぼしき例(4首5例)もありますので、伝聞推量の意でも使われ始めていたことになりましょう。

 毎回、皆さんとても静かに、熱心に聴いてくださり、やりやすかったです。質問も活溌に出ました。それを受けて、私の宿題も増えたのですが。(^_^;

2019年10月27日 (日)

國學院大學で国際シンポジウム

 昨日は、このようなシンポジウムを聴きに、渋谷の國學院大學に行ってきました。
Kojikigaku201910
 このうちの左側、第2回目です。

国際シンポジウム「神話・伝承の教材化と実践―『子ども古事記』がひらく世界―」
【日時】令和元年10月26日(土)13時~17時30分
【場所】國學院大學 渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階 常磐松ホール

 小学校の国語科の学習指導要領で、1年生・2年生に昔話や神話・伝承などのわが国の伝統的な言語文化に親しむことが定められているのを受けてのシンポジウムです。

 松本久史先生(國學院大學/神道学)の総合司会のもと、会が始まりました。

 学長挨拶の後、4人のパネリストによる報告がありました。

■吉永安里氏(國學院大學/国語科教育法・保育内容指導法(言葉))
 「国語科教育と神話・伝承」

■原田留美氏(東京都市大学/上代文学・児童文学)
 「教育・保育の素材のための古事記神話の再話について考える」

■シャロンドン・エミリア氏(元関西学院大学/比較文化論)
 「日本神話を伝える方法と対象を考えて」

■岩瀬由佳氏(國學院大學/説話文学)
 「現代インドにおける説話の伝承:子どもパンチャタントラの構成と内容」

 吉永先生は、小学校における実践報告、教材化にあたっての工夫や問題点、
 原田先生は、古事記の概説と、幼い子供たちが物語に親しむ意義、神話に親しむ意味、神話に親しむ上での難しさと、それに対する工夫、
 シャロンドン先生は、神話の特徴、神話を伝える方法について、
 岩瀬先生は、インドの古物語「パンチャタントラ」の子供向けリライト版から猿とワニの物語を取り上げてお話しくださいました。

 その後、成田信子先生(國學院大學/国語教育学)の司会のもと、4人のパネリストによる討議が行われました。

 充実した内容で興味深く、勉強になりました。

 それから、第2部として、小山茉美氏(声優・ナレーター)による「日本神話イザナミ語り」がありました。

 小山氏は著名な声優さんですが、古事記の専門家ではありませんので、果してどんな語りになるのかという不安がありましたが、語りが始まったら、ほんの数分で、それが大変に失礼な思いであったことが分かりました。

 すばらしかったです。

 台本もご自身で作られたそうです。古事記の内容に忠実に従いながら、適宜省略して、とてもわかりやすい内容になっていました。1時間かけて、天地開闢から国譲りまでを語られました。稲羽の素兎やスクナビコナのセリフはおなじみのアニメ声で語られ、楽しかったです。

 國學院大學の学生さんの雅楽サークルによる演奏もありました。

 とても充実した4時間半でした。行って良かったです。

 昨日の渋谷駅付近はハロウィーンの混乱が予想されましたので、帰りは渋谷駅ではなく、恵比寿駅に出ました。平穏に帰れました。(^_^)

2019年10月24日 (木)

ぐんま県民カレッジで講演&吾妻銘菓

 今日は中之条で講座をしてきました。主催は吾妻教育事務所です。
 タイトルは「「令和」と万葉集~梅花宴序を中心に~」です。
 毎度おなじみの、という感じになっています。(^_^;
 レジュメはこちら

 控室でこのようなお菓子を頂きました。
Agatsuma01

 真田の岩櫃城は隣町にあります。
 先日の台風で大きな働きをしてくれた八ッ場ダムの「八ッ場」も、あんパンになっていました。(^_^)

 今日の講座、こんな顔でやりました。(^_^;
Agatsuma02

 名誉の向こう傷のように見えますが、ケガはしていません。
 昨夜、メガネの、鼻に当たるところの部品が無くなってしまったのです。
Agatsuma03

 このままでは痛いので、修理しようかと思いましたが、難しそうです。
 そこで、顔の方に絆創膏を貼ることにしました。
 良いところに気付きました。(^_^)

 ヘンなところに絆創膏を貼っていることを不審がられてもいけないので、自分の方から事情説明しました。
 受けました。先手必勝です。

2019年10月16日 (水)

新町で公開講座&三波石ミニ庭園

 今日は新町公民館で公開講座をしてきました。
 今年度の第4回目です。
 前回の宿題を済ませてから今回の話をしました。今回は大伴家持です。
 レジュメはこちら

 今回の講座でも、頂いたご質問を承けてまた宿題ができました。
 ありがたいことです。
 今回の家持は、次回と2回連続の予定で、レジュメの途中までしか終わっていません。次回は、宿題と、今日の続きということになります。

 新町駅に三波石のミニ庭園が造られています。それが刷新されていました。
Sanbaseki05

 このニュースは上毛新聞の電子版に載っていました。10月11日に工事をしたそうです。
 三波石というのは、群馬県藤岡市などに産出する銘石です。

 今回の刷新では、お客さんが無事に帰ってくるようにとの思いを込めて、カエルの像を加えたそうです。

 カエルのアップ。
Sanbaseki06
 「筑波EXPO85」の文字が見えます。年代物ですね。(^_^)

 三波石の小さいのは私も持っています。
Sanbaseki01
 以前、新町駅で配っていたのを貰ったものです。

2019年10月 2日 (水)

新町で公開講座&新町は群馬の玄関

 今日は、新町公民館で今年度3回目の公開講座でした。テーマは大伴坂上郎女です。
 レジュメはこちら
 今回もまた、皆さんとても熱心に聴いてくださいました。質問も活溌に出て、次回の私の宿題は3つになりました。(^_^;

 新町駅のホームに長い横断幕があります。東京方面に向かう列車のホームから見えます。
 写真を撮るにも、長すぎて1枚に収まりきれないので、分割しました。

 向かって左端。
Shinmachi_gunma01
 SLとリゾートやまどりがJR東日本高崎支社のお宝で、基本的に毎週土日に運行しています。

 中央部。
Shinmachi_gunma02
 日本語の他に、米中韓3ヶ国語でアピールしています。

 そして右端。
Shinmachi_gunma03
 「群馬の玄関」とあります。
 東京方面から高崎線を北上して行くと、新町駅の1つ手前の神保原駅までが埼玉県、新町駅からが群馬県になりますので、新町駅は確かに群馬の玄関口になります。群馬県最南端の駅です。

2019年9月28日 (土)

山上碑・金井沢碑を愛する会で講演

 今日は高崎市山名町で講演をしてきました。
 主催は「山上碑・金井沢碑を愛する会」です。
 上野三碑のうち、山上碑と金井沢碑は山名町にあります。
 多胡碑だけは吉井町ですので、多胡碑は置いといて、他の二碑を愛する会なのだと思います。

 会場は南八幡公民館です。最寄り駅は山名駅。ホームにこんなベンチがありました。
Minamiyahata01
 これだけでぐんまちゃんと分かりますね。(^_^)

 会場の玄関脇に二碑のレプリカが鎮座していました。
Minamiyahata02
 この公民館が二碑を愛する会の拠点のようです。

 控室で出されたお茶請け。
Minamiyahata03
 高崎名物のみそまんは知りませんでした。群馬には、みそパンや焼き饅頭などもあり、味噌が人気です。
 ぐんまちゃん最中は嬉しいお菓子です。

 講演のタイトルは「万葉集 東歌の世界-石碑の路を中心に」でした。
 レジュメはこちら。他にスクリーンで30枚近くの写真や地図を見て頂きました。
 久し振りに「令和」絡みでない講演でした。(^_^)

2019年9月24日 (火)

奈良シニア大学in東京で講座

 今日は、奈良シニア大学in東京で講座をしてきました。
 会場は昨日と同じ奈良まほろば館です。演題は「「令和」と梅花宴の歌」。
 会場も演題も昨日と同じようで……。(^_^;
 昨日は梅花宴序のあとは古代の元号の話をしました。今日は梅花宴序の後は梅花宴の歌をよみました。その点が相違です。
 レジュメはこちら

 奈良シニア大学というのは、55歳以上の方を対象とした生涯学習の場です。「大学」ではありません。
 これまで、奈良校と橿原校とがあったようですが、この9月から東京にも進出しました。なぜか「東京校」ではなく、「in東京」を名乗っています。
Narasenior

 午前中は単発の講座、午後は連続講座です。私は午前の単発の講座でした。
 皆さん、とても熱心に聴いてくださり、やりやすかったです。

 昨日、せんとくんが手にしていた金魚の水槽、今日はありませんでした。
 昨日までだったようです。昨日見られて幸いでした。(^_^)

2019年9月23日 (月)

奈良まほろば館で講座

 今日はお彼岸の中日で、午前中はお寺の法要に参加してきました。
 午後は日本橋の奈良まほろば館で講座でした。
 お寺で頂いた卒塔婆を持って行くのもナンですので、お塔婆はお寺で預かって頂いて、明日受け取りに行きます。

 午後の講座は、奈良まほろば館と東京都中央区との連携講座で、テーマは「新元号「令和」と『万葉集』」。全4回です。

 第1回 令和元年9月23日(月・祝)
     北川 和秀 「令和」と古代日本の元号
 第2回 令和元年10月22日(火・祝)
     鈴木 道代 梅花の歌と中国文学
 第3回 令和元年11月3日(日)
     市瀬 雅之 旅人から家持へー「令和」のまなざしー
 第4回 令和元年11月24日(日)
     井上 さやか 『万葉集』巻五と大伴旅人

 私の話はもう「毎度おなじみの」という感じになってしまいました。(^_^;
 レジュメはこちら
 先日の赤堀町のとほぼ同様なのですが、その折の反省を活かして改訂しました。

 お寺の法事では、ご住職の方針で、参列者全員にお経本が配られて、全員でお経を読みます。
 今日も大きな声でお経を読んできましたので、午後は声がよく出ました。(^_^)

 奈良まほろば館では、万葉文化館の井上先生、大谷先生達が定期的に講座をなさっていますので、今日の受講者の中にはその常連さんもいるはずです。それがちょっとプレッシャーでしたが、皆さんの反応は良く、大変にやりやすかったです。

 会場の奈良まほろば館は、奈良県のアンテナショップで、群馬で言えばちょうどぐんまちゃん家に当たります。担当職員の方は奈良県の職員さんで、先年の大古事記展でもスタッフの一員でいらしたとのことでした。

 奈良まほろば館にはかねてから関心があったのですが、まだ行ったことがなく、今日が最初ということになりました。

 入口。せんとくんがいます。
Naramahoroba01

 そして、せんとくんの手には。
Naramahoroba02

 大和郡山の金魚ですね。金魚を見ると嬉しくなります。(^_^)

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ