公開講座等

2017年7月29日 (土)

「トンボの眼」の万葉集講座02

 今日は池袋で講座をしてきました。

 「トンボの眼」という団体の講座です。「万葉集をよむ」という連続講座の第2回目で、タイトルは「天智・天武を中心に」でした。レジュメはこちら

 当初のタイトルは「天智天皇・天武天皇」だったのですが、先月の「有間皇子」の時に20分も早く話が終わってしまったのに懲りて、今回は、天智・天武の他に、舒明天皇と中皇命も加え、タイトルも「天智・天武を中心に」と変更しました。

 今回はちょうどよい時間に収まりました。

 画像が無いと寂しいので、天武持統合葬陵の写真を載せておきます。
Tenmuryo

2017年6月24日 (土)

「トンボの眼」の万葉集講座01

 今日は池袋で講座をしてきました。

 「トンボの眼」という団体の講座です。「万葉集をよむ」という連続講座の第1回目で、タイトルは「有間皇子」です。レジュメはこちら

 2時間(休憩10分を含む)の講座だったのですが、20分前に終わってしまいました。(^_^;

 仕方がないので、残りの時間は質疑応答にしました。人数は15人という少人数で、机の配置もロの字型でしたので、皆さん、割と気楽に質問してくださったようで、楽しい時間になりました。

 早く終わったのが怪我の功名でした。(^_^)
Gunmac_shiori02

2017年4月25日 (火)

富岡で講座&ネコ再び

 今日は富岡で「富岡学」の講座をしてきました。テーマは「富岡の万葉集「真金吹く丹生」」です。レジュメはこちら

 「富岡学」で話をするのはこれで3年目です。毎回メンバーが変わるので同じ内容で良いと言われ、そのお言葉に甘えて、毎年ほぼ同じ内容で話をしています。(^_^; 多少は改訂していますけど。

 去年は6月に行いました。夜7時から8時半までの時間です。最寄り駅の西富岡駅は夜間は無人駅になります。この駅にネコがいました。そのことは去年ブログにも「富岡で出前講座&西富岡のネコ駅長?」というタイトルで書きました。下はその時のネコです。
Nishitomineko01
 今年も同じ時間帯での講演です。このネコに再会できることを楽しみにしていました。

 駅に着いたのは6時過ぎでした。今日は駅員さん(駅長さん?)がいました。ネコは見当たらなかったので、聞いてみたら、出札窓口の中にいました。(^_^)

 駅員さんが抱いてくれたのを撮影。去年よりも大きくなっているような気が。(^_^)
Nishitomineko04
 自転車置き場でも撮影しました。元気でいてくれて良かったです。
Nishitomineko05
 お蔭で気持ちよく講座の会場に向かえました。♪

 講座を終えて駅に戻ったら、もう無人の時間帯になっていました。ネコもいませんでした。去年と違って、このネコ、夜は駅員さんのおうちに泊まっているのかもしれません。

2017年4月 9日 (日)

品川区で講座

 今日は品川区で講演をしてきました。

 「トンボの眼」という団体の講座です。「飛鳥・藤原京歴史の風景」というリレー式のシリーズの1回で、タイトルは「万葉の世界-飛鳥とその周辺の歌」です。レジュメはこちら

 今回は新ネタでした。レジュメはA4で4枚弱+地図でしたが、3枚目に少し入ったところで時間切れになってしまいました。(^_^; ま、時間が余ってしまうのを恐れて、資料の内容は多めにしましたので、仕方ないかと思います。

 会場は、大井町線で大井町の1つ手前の下神明という駅のそばです。この駅で降りたのは初めてです。

 大井町線に乗って外を見ていると、大きな蛸の遊具が見えます。それを間近で見たいと思っていましたが、わざわざ途中下車するまでの気はありませんでした。

 今回、期せずしてその蛸を間近で見ることができました。(^_^)
Shimoshin01
 会場は品川区中小企業センターです。蛸(下の画像の左下に一部が見えています)のすぐ近くに案内表示がありました。
Shimoshin02

2017年3月 9日 (木)

桐生で出前講座&織姫神社

 今日は桐生市で出前講座をしてきました。テーマは毎度おなじみの「上野三碑を考える」です。わたらせプロバスクラブというサークルの講演会でした。参加者の皆さんは来月上野三碑の見学に行かれるそうで、その予習という意味でお声かけくださったとのことでした。うまく予習になりましたか。(^_^) レジュメはこちら

 場所は、桐生市市民文化会館という所で、桐生駅から歩いて行ける距離ではありますが、ちょっとあります。相変わらずノートパソコンなど荷物も多いし、「さて?」と考えつつ桐生駅を降りたら、レンタサイクルがありました。♪
Kiryu201703a
 なんと無料でした。
Kiryu201703b
 「おりひめサイクル」とあります。また「商連貸自転車」とあります。この「商連」というのは「商店連合会」という意味でしょうかね。ありがたかったです。

 「犬猫飼い主募集中!!」のポスターもありました。いいですね。
Kiryu201703c
 会場の近くに織姫神社という神社がありましたので、立ち寄りました。寄り道せずに早く会場に行けば良いのに。(^_^;
Kiryu201703d
 これが社殿といいますか、祠といった感じですね。
Kiryu201703e
 機織りの神さまである白滝姫を祀っているそうです。桐生は織物で栄えた町ですし、レンタサイクルの名前も「おりひめ」でした。

 会場は4階にあり、見晴らしも良かったです。赤城山がよく見えました。
Kiryu201703g
 たまたま一昨日も赤城山の写真を載せました。あれは赤城山の南西方向からの撮影でした。今日の写真は赤城山の南南東方向からの撮影です。

 眺望を楽しむ人のための案内板もありました。
Kiryu201703h
 山の名前がわかるとなんか嬉しいです。(^_^)

2017年1月28日 (土)

愛知大学で研究発表

 今日は愛知大学で「越境地域政策研究フォーラム」という催しがありました。

 これは、三遠南信(三河・遠江・南信濃)地域が現在の県境(愛知東部・静岡西部・長野南部)を越えて連携すべく、この地域のことを多角的に考えてゆこうというフォーラムです。
Aichidai2017a
 私は、その分科会5「越境地域と歴史・文化」で研究発表をしてきました。私のテーマは「古代史料にみる三遠」です。

 東歌・防人歌の地域は遠江・信濃以東です。つまり、この件に関しては三河と遠江との間に境界線があるわけですが、他の要素を広く見てゆくと、他にも境界線が引けるのか、それともこの境界線はかなり強い境界線であるのか。そんなことを発表しました。

 レジュメはこちら

 私以外に3人の方々が発表しました。それぞれに興味深く、楽しい会でした。

 萩さんがおいでくださいました。ありがとうございました。嬉しゅうございました。

2016年12月20日 (火)

上野三碑講演会で講演

 一昨日の日曜日、渋川公民館で講演をしてきました。演題は「伊香保-万葉に歌われたふるさと」です。レジュメはこちら

 これは、上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会(事務局:群馬県文化振興課内)が主催する「上野三碑講演会」の一環です。

 この講演会は、
>上野三碑のユネスコ「世界の記憶」登録を推進するため、講演会を県内各地で開催します。
>また、上野三碑と各地域の関係についても、地元講師を招き、講演を行います。
という趣旨で、今年の10月30日から来年の2月18日まで、全9回にわたって県内9ヶ所で開催されます。
3hikouenkai
 講師は、前澤和之氏(跡見学園女子大学兼任講師)・熊倉浩靖氏(群馬県立女子大学教授・群馬学センター副センター長)のお二人で、これに加えて、毎回各地域の地元講師1名が加わります。

 私は渋川在住ということで、渋川地区の地元講師ということになりました。地元講師の講演テーマは、その土地にまつわる内容です。その土地の方々に少しでも上野三碑に親しむ手がかりになるようにとの趣旨でしょう。

 私の「伊香保-万葉に歌われたふるさと」という演題は熊倉氏からの提案です。私も異存なくお引き受けしたのですが、会の趣旨からいえば、メインテーマはあくまで上野三碑なのですから、伊香保の東歌の話を勝手にすれば良いわけではなく、それと上野三碑とを絡めることが期待されます。

 あれこれ頭をひねったのですが、これが全く絡まないんですねぇ。(^_^;

 なぜ絡まないのか考えました。

 上野三碑のうち山上碑は亡き母の墓誌銘です。多胡碑は建郡記念碑。金井沢碑は仏教関係の誓願文です。

 これに対して、東歌には挽歌は1首しかなく、大部分は相聞歌(および譬喩歌)です。墓誌や行政とは縁遠い内容です。また、万葉集の中に仏教的要素はないわけではありませんけど、少ないですね。

 そして、石碑は、何としても後世に伝えたいことを文章化して石に刻んだものであるのに対し、歌は口頭でうたわれたものであり、東歌には方言もたくさん用いられています。

 そんなわけで、両者には接点があまりないんですね。

 上野三碑と上野国東歌って、ほぼ同じ時代の(上野三碑の方がやや古いですけど)、同じ地域のものでありながら、随分違った存在であることに改めて気付きました。

 これは、上代における言語生活の多面性をものがたる一つの現れと位置づけられそうです。

 あれこれ考えて勉強になりました。おもしろかったです。

2016年11月19日 (土)

大泉で出前講座&おおたん&ぐんまちゃん家

 今日は群馬県大泉町で出前講座をしてきました。テーマは「忠臣蔵を考える」。先日の高崎での出前講座と同じです。あれからあまり日も経っていませんので、レジュメは同じです。(^_^;→こちら

 皆さん熱心に聴いてくださって、とてもやりやすかったです。

 大泉町は太田市の近くです。群馬県の東部にありますので、私にとってはちょっと行きにくい場所です。

 高崎方面からは両毛線で伊勢崎まで。そこで東武線に乗り換えて太田まで行きます。帰りもこの逆かと思いましたが、太田駅から北千住、浅草への東武線があるのでした。それに乗れば高崎を経由せずに東京方面に行けます。群馬県の東部に行くことはあまりないので、交通をあまり把握していません。(^_^;

 太田駅構内に「おおたん」の石像がありました。このキャラクターは知りませんでした。
Ootan01
 帰宅後、ググってみました。二次元画像はこういうのです。立体とはちょっと感じが違います。(^_^)
Ootan02
 プロフィールの一部をご紹介します。

 【キャラクター名】:おおたん
 【特徴】:太田市のアルファベット表記の頭文字「O」を基調に、未来に躍動する明るく元気なキャラクターをイメージしています。
 体の色の緑は「大地」を表現し、自然に恵まれた太田市をイメージしています。
 また、頭の4つの丸は合併した4市町をイメージし、黄は「実り」、青は「空」、橙は「太陽」、水色は「清流」を表現しています。
 【キャラクターの役割】:笑顔あふれる元気な太田市をPRすること
 【性別】:なし
 【尊敬する人】:新田義貞

 尊敬する人は新田義貞だそうです。太田市はかつての新田郡とほぼ重なります。新田義貞の故郷です。

 駅の北口には新田義貞像もあります。
Nitta01
 アップです。
Nitta02
 帰りは、北千住に出て、日比谷線に乗り換えました。その先、どこで乗り換えようかと路線図を眺めました。途中に上野、秋葉原、新橋があります。東京の地下鉄路線は網の目のようですね。選択肢がたくさんあって迷います。

 路線図の中に東銀座がありました。東銀座といえばぐんまちゃん家の最寄り駅です。ここで乗り換えることにしました。(^_^) 時々寄ると新製品が並んでいたりします。

 二階の催し場ではNHK大河「真田丸」のテーマ曲が流れ、沼田の米を販売していました。

 ネクタイを買いました。
Gunmac_tai

2016年11月 1日 (火)

高崎で出前講座(忠臣蔵)

 今日は高崎で出前講座をしてきました。テーマは「忠臣蔵を考える」です。専門外なのに、大それた講演をしています。(^_^;

 レジュメはこちら

 この他にプロジェクターを使って写真を70数枚お目に掛けました。下はそのうちの1枚です。
Sengakuji2013_01
 会場は高崎市総合福祉センターというところで、対象者は60歳以上(ひょっとしたら65歳以上)の方々です。忠臣蔵について詳しい方もいらっしゃったことでしょうが、無事に済みました。

 10:00~12:00でした。で、13:00から勤務先で授業なんですよ。

 慌ただしい移動でした。(^_^;

 出前講座でどこかに出掛けると、どこかついでに寄りたくなりますけど(そして、寄ればブログのネタにもなりますけど)、それは叶いませんでした。

 高崎駅から会場までの途中に、三代将軍家光の弟である駿河大納言忠長の墓所があります。いずれそこに行ってみたいと思っています。

2016年10月23日 (日)

池袋で上野三碑の講演

 今日は池袋で講演をしてきました。テーマは「上野三碑をよむ」です。レジュメはこちら

 会場は池袋駅から徒歩6~7分だと思うのですが、恥ずかしながら道に迷い、遅刻しそうになりました。(^_^; おのぼりさんです。

 昔から池袋にはあまりご縁がありませんでした。たまに芳林堂に行くくらい。その芳林堂、高田馬場店にはよく行きましたけれど、倒産してしまったようですね。あんな大きな書店もそういうことになってしまうとは恐ろしい時代です。

 今日の講演の主催者は『トンボの眼』という団体なのですが、団体というか、個人で主催しているようです。

 会場にあったチラシを貰ってきました。
Tonbonome01
 ここのところの講演会のスケジュールは、9月30日(金)、10月6日(木)、19日(水)、22日(土)、23日(日)となっています。たった1人の世話人がこれだけ仕切っているのですから、そのバイタリティは驚異的です。

 今後の日程は次のようになっています。
Tonbonome02
 今決まっているのがこれだけで、今後さらに追加されてゆくようです。なんとも意欲的です。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ