古代群馬

2019年1月28日 (月)

宝くじの結果発表

 1月15日 (火)に「上野三碑の宝くじ」という記事を書きました。
3pikuji01
 1等2000万円です。上野三碑が絵柄になっているからという理由で買った宝くじですが、もしも2000万円が当たったらどうするか。賞金と交換してしまったら、せっかくの上野三碑宝くじが手もとに残りません。迷い所ですが、それは2000万円を取ります。(^_^)

 1枚しか買わないからこういう悩みが生じるのでした。

 抽せん日のことはすっかり忘れていましたが、24日(木)でした。早速ネットで見てみました。会場は群馬テレビ第1スタジオだったようです。

 1等2本のうち1本は、01組153000番です。私のとは組が全く異なりますが、番号は1145番違い。組違い賞は10万円、惜しかったです。

 3等1万円は、下4桁が1754番。こちらは101番差でした。もっと惜しい。

 で、結局、6等100円は下1桁が5番で、これが当たっていました。現金化すれば元手が取り戻せますが、この金額ならば、上野三碑の宝くじは手もとに留めることにします。

 そのような顛末でした。

2019年1月15日 (火)

上野三碑の宝くじ

 この度、上野三碑を絵柄にした宝くじが発売されましたので、買ってしまいました。(^_^)
3pikuji01
 関東・中部・東北自治宝くじで、発売されるのは東日本の1道・22県・11指定都市です。そして、なぜか東京都は発売対象になっていません。今日は元の職場で非常勤の日でしたので、出勤途上に玉村町内で買いました。

 絵の部分のアップです。
3pikuji02
 碑文までうっすらと見えます。バックが大仰ですね。(^_^) 東国文化の黎明といったイメージでしょうか。

 宝くじを買うのは50年振りです。50年前というと高校生。(^_^; その頃の一時期、宝くじを買っていました。当たるといいなぁという気持ちはもちろんありましたが、それよりも、絵柄に興味を持って、毎回買っていたという感じです。趣味の切手集めに近い感覚だったように思います。その頃から収集癖があったのでしょう。栴檀は双葉よりです。(^_^;

 今日買った宝くじの番号、こうして広く世間に公開してしまいました。一等2000万円です。当たったらまずいかも。(^_^;

2018年12月23日 (日)

上野三碑「世界の記憶」登録申請書

 昨日の講演が終わった後、聴きに来てくださった方からこのような冊子を頂きました。
3pi_shinsei01
 奥付はこのようになっています。
3pi_shinsei02
 昨年11月末に上野三碑が「世界の記憶」に登録されたのを記念して、具体的にどのような申請書を提出したのか、それを広く知ってもらうために印刷刊行したものと思われます。

 目次です。
3pi_shinsei04
 この下に英文の目次が続きますが、それは省略しました。この冊子には日本語の申請書と英語の申請書とが載っています。申請に当たって実際に提出したのは英語のだけだそうです。

 申請書の目次の冒頭にある「要約」というのは次のような内容です。
3pi_shinsei03_2
 インドや東アジアとの関係についても言及していますね。

 貴重なものを頂きました。このような貴重なものを頂いて良いものやら迷ったのですが、ご夫妻で参加した集まりで配付され、1冊ずつ貰ったので、とのことでした。ありがたいことです。参考になります。

 また、カンバッジも頂きました。
3pi_canbadge

 カンバッジの文字を見ますと、3月11日に記念式典が行われたのですね。ご夫妻が参加した集まりというのはこのことかもしれません。

2018年12月22日 (土)

放送大学群馬学習センターで講演

 今日は、前橋で講演をしてきました。放送大学群馬学習センターの土曜フォーラムで、タイトルは「上野三碑をよむ」です。上野三碑が「世界の記憶」に登録されてから1年ちょっとになります。レジュメはこちら
3pimap
 そういうこともあって、皆さん熱心に聴いてくださいました。会の終了後、1時間ほど茶話会が催されましたが、そこでも多くのご質問を頂きました。ありがたいことです。

 金井沢碑にある「しもさの」という地名の表記が素直な「下佐野」ではなく「下賛」と書かれていますので、その説明のために地名二字化の話もしました。これが意外と新鮮な話題だったようで、茶話会でもご質問を頂いたり、おもしろかったという感想を頂いたりもしました。取り上げて良かったです。

 上野三碑にはまだまだ不明な部分があります。それらが何とか明らかにできると良いです。

2018年12月 7日 (金)

東国文化のクリアファイル

 古代東国文化関係のクリアファイルを2枚入手しました。

 1つは上野三碑です。
3picf01
 上の多胡碑は、このクリアファイルの実物では文字がほぼ読めます。下の2碑もそこそこ読めます。碑文の彫りが結構深いこともありますが、照明の仕方が良いのでしょうね。写真は光量や方向の要素が極めて大きいのだなぁと改めて思います。写真、うまくなりたい。

 2つ目は東国文化です。表側。
Togokucf01
 裏側。裏はシンプルですね。
Togokucf02

 表側にはぐんまちゃんと埴輪の馬とが並んでいます。ぐんまちゃんも馬なんだよなぁ、と思うと、なんかすっきりしません。(^_^)

2018年10月23日 (火)

10月は東国文化

 一昨日のブログ記事「ぐんまちゃん家、不振」に、『ぐんま広報』の9月号表紙を載せました。この号の特集は、ぐんまちゃん家グランドオープンでした。
Gunmac201809
 では、最新号である『ぐんま広報』10月号の特集はというと、次の通りです。
Gunma_koho201810
 表紙とも3ページに亙って群馬の埴輪が特集されています。

 10月28日には上野国分寺跡でこのようなイベントが開催されます。
H30kokubunji
 県庁2階の県民センター内には「東国文化」ののぼり旗が立っていました。
Togokubunka

 群馬の10月は東国文化月間のようです。(^_^) 何はともあれ、古代に光が当たるのはありがたいことです。

2018年10月16日 (火)

群馬HANI-1グランプリ結果発表

 7月にご紹介した「群馬HANI-1グランプリ」の結果発表が14日にありました。2日経ってしまいましたが、ご報告します。投票総数は59,261票だったそうです。
Gunmahani1a
 第1位 笑う埴輪      7,969票
Hani1_01
 第2位 ぐんまちゃん埴輪 5,536票
Hani1_02
 第3位 楯持ち人埴輪   4,982票
Hani1_03
 第4位 馬に乗る人     3,338票
 第5位 三人童女      2,285票
 第6位 人面円筒埴輪   2,209票
Hani1_046
 第7位 ぶじんくん     2,130票
 第8位 塩顔埴輪      2,115票
 第9位 武装男子埴輪   2,114票
 第10位 琴弾男子像    1,777票
Hani1_0710

 結果を見ると、個性的な埴輪が上位を占めているように思います。また、埴輪のネーミングも票に繋がったのではないかと思います。特に「ぐんまちゃん埴輪」(^_^)

 こういうイベントは楽しいです。そして、これを通して古代に関心を持ってくれる人が増えたら幸いです。

2018年10月15日 (月)

新町で公開講座、上野国東歌

 今日は、新町公民館で公開講座をしてきました。テーマは「上野国東歌」です。→レジュメはこちら。

 連続5回なので今回が最終回です。いろいろと撮りためた写真などもありますので、プロジェクターでそれらも見て頂きました。

 それで時間が掛かったせいか、終わりませんでした。(^_^;

 もしも来年も依頼されれば、来年の第1回目は「上野国東歌2」となりそうです。
Sanohi06_2
 上の写真は佐野の舟橋の万葉歌碑です。江戸時代に建てられたもので、群馬県内の万葉歌碑としては最古級のものです。

 背後に新幹線が見えています。歌碑から新幹線が見えるのなら、新幹線からも歌碑が見えるはずだと思い、一時、新幹線からの撮影に凝っていました。今はもうしていません。(^_^) 2階建ての新幹線Maxの2階からだと良く撮れます。

 新町公民館の担当の方々には、昨年も今年も大変にお世話になりました。厚く御礼申し上げます。

2018年10月12日 (金)

県民センターに上野三碑コーナー

 今日は前橋で仕事の日でしたので、また群馬県庁2階の県民センターを覗いてきました。

 上野三碑コーナーが設けられていました。
Kenmin3hi04
 なぜか、秋になると古代群馬に光が当たります。「文化の秋」というイメージなのでしょうかね。

 上野三碑のミニチュアがありました。官人姿のぐんまちゃんも。
Kenmin3hi05
 ユネスコ「世界の記憶」の登録証が飾ってありました。
Kenmin3hi06
 レプリカでなく実物でしょうか? 

 貴重な品が盗難に遭ったりすまいかと、ちょっと心配。

 ま、登録証が失くなったとしても登録が抹消されてしまうわけではないでしょうから、そう考えれば、大して貴重ともいえないかもしれません。(^_^)

 このコーナーの隣には、ぐんまちゃんスタジオがあります。バックの写真は季節によって変わります。今は秋バージョンですね。吾妻渓谷だそうです。
Kenmin3hi07
 良い子は、この台に乗るとぐんまちゃんとのツーショットが撮れます。良い子だけじゃなく、良い大人もツーショットが撮れます。

 ただ、良い子の場合は「よい子は」というプラスイメージになりますが、良い大人の場合は、「いいオトナが」というマイナスイメージになりそうです。助詞も「は」から「が」に変わりそう。日本語はなかなか玄妙です。

2018年10月 7日 (日)

群馬古墳フェスタ2018

 来週の日曜日、このようなイベントがあります。
Kofunfesta2018a
 メインステージでは、このようなプログラムで進行します。
Kofunfesta2018b
 7月にスタートした「群馬HANI-1グランプリ」の結果発表もあります。
Gunmahani1a
 また、多数のブースがあって、以下のような様々な体験コーナーがあります。
Kofunfesta2018c
 さらに、前日には、これに関連したシンポジウムも開催されます。
Kofunfesta2018d

 力が入っていますね。嬉しいことです。

より以前の記事一覧

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ