飛鳥・奈良

2017年11月30日 (木)

最古のため池発見とスルガ木簡

 今日のアサヒコム奈良に「最古級のため池を確認 「山田道」側溝も」という記事が載っていました。

 明日香村飛鳥、東山で、飛鳥時代の幹線道「山田道」の側溝とみられる溝と、6世紀前半に造られたとみられる人工のため池の跡が見つかった、ということを昨日、奈良文化財研究所が発表したとのことです。

 「飛鳥」は分かりますけど、「東山」は知りませんでしたので、地図を見てみました。
Yamadamichi
 万葉文化館の東ないし北東ですね。

 現場はコンビニエンスストアの建設予定地で、すでに埋め戻されており、現地説明会はないそうです。

 ため池の跡は山田道の側溝跡のそばにあたり、発掘されたため池の中では最古級だそうです。

 池底の地層の特徴から、このため池は6世紀前半に谷だった地形を利用して造られたとみられ、7世紀初めには岸をかさ上げしたり、池の水を排出する溝を造ったりした形跡があったとのことです。

 山田道の整備が始まると、その排出溝も埋められ、山田道が完成した後になって、ため池全体も埋められたとみられるそうです。

 なかなか興味深いですけど、一番心惹かれたのはその先です。♪

 埋めた後の地層から、「珠流河」(するが、駿河)や「伊委之」(いわし、魚のイワシ)と読める荷札木簡が見つかったとのことです。

 これまで知られているスルガ木簡は、あらかた「駿河」の表記です。それ以外のものは、石神遺跡から出土した「素留宜矢田部調各長四段四布□□六十一」と記されたものしか見つかっていません。

 この「素留宜」は国名なのか氏族名なのかいまいちはっきりしません。そのような中での今回の発見、貴重です。

 さらに、国造本紀(『先代旧事本紀』の第10巻)に「珠流河國造」とあります。

 『先代旧事本紀』は平安時代に記紀を切り貼りして作られた偽書ながら、巻5と巻10のみは然るべき古記録を基にして書かれたとされています。

 国造本紀の「珠流河國造」と今度見つかった木簡の「珠流河」、同じ表記ですね。極めて興味深いです。

2017年11月 7日 (火)

「日本文化の源流」展

 奈良県立万葉文化館でこのような展覧会があります。
H29manyobunka01
 先日、都内で学会関係の会議があり、そこでご一緒した万葉文化館のI先生から、このチラシを頂きました。

 裏です。
H29manyobunka02
 字が小さいので、趣旨等の部分をアップで載せます。
H29manyobunka03
 日向の内藤家に伝来したお宝の展示ですね。奈良は大和猿楽発祥の地なので、そこで能関係の展示というのは納得できます。

2017年11月 4日 (土)

奈良旅手帖2018

 毎年予約している「奈良旅手帖」、今年も届きました。

 表紙
Naratabi2018a
 裏表紙
Naratabi2018b
 オモテは太陽と鹿、裏は月と鹿でしょうね。

 毎年、表紙は何種類かのうちから選べるようになっています。私が選んだのは次の通りです。

 2017年
Naratabi2017a
 2016年
Naratabi2016a
 2015年
Naratabi2015a
 毎年鹿の描かれているのを選んでいました。(^_^)

 奈良旅手帖、刊行からちょうど10年になるというので、大幅リニューアルを考えてアンケートをとったのだそうですが、今まで通りが良いという声が多かったので、大きな変更はないとのことです。

 私のところにもこのアンケート、来たような気がします。(^_^; 個人的には地図の充実を望みます。アンケートに答えれば良かったかな。

2017年9月19日 (火)

鹿瓦ばん2017秋冬

 奈良の鹿愛護会から、年2回発行されている「鹿瓦ばん」の最新号が届きました。1枚の表裏2ページです。
Shika201709a
 1ページ目で面白かったのは下の記事です。
Shika201709c
 鹿は好きですけど、雄の鹿とライバル関係になろうとは思いません。(^_^; 鹿せんべいをやるときには気をつけます。

 2ページ目です。
Shika201709b
 こちらでは、冒頭にある「しかっぴ」ですね。鹿のフンと残餌とを原材料に作った完熟堆肥です。5kg100円、10kg200円という低価格です。今度奈良に行ったら買って帰ろうと思います。重いので、宅配ですね。(^_^)

 同じ封筒に鹿の角きりの案内も入っていました。
Shikatsuno2017
 6月の鹿の赤ちゃん大公開は是非行きたいですけど、鹿の角きりはあまり心が動きません。伝統行事ではありますし、人間の安全のために必要なことでもあるのでしょうけど。

2017年9月13日 (水)

『西国巡礼 細見之絵図』

 このようなものを入手しました。
Saigoku01
 折りたたまれていたのを開くと、全体像はこんなです。
Saigoku02
 凡例と、巡礼の全行程はこのようです。
Saigoku03
 凡例にもあるように、地図上では巡礼の道は太く彩色されています。一番の「なちさん」から三十三番の「たにぐみ」まで、相当に長い道のりですね。和歌山県、大阪府、奈良県、京都府、滋賀県、兵庫県、岐阜県に亙ります。

 版元は南都大仏前絵図屋庄八です。
Saigoku04
 この版元、以前ご紹介した「奈良名所絵図」の版元でもあります。下の図の左下欄外に版元名が書いてあります。
Naraezu01
 巡礼絵図の方、宝暦四年(1754)の版を嘉永二年(1849)に改版したようです。100年近く経っていますね。わずかな改訂なのか、大改訂なのかは分かりません。

 この巡礼道、一番は那智山ですが、その前に伊勢神宮からの道が描かれています。お伊勢参りを済ませてから西国巡礼に回るとしたら、さらなる大遠征ですね。
Saigoku05
 奈良付近。
Saigoku06
 六番壺阪寺、七番岡寺、八番長谷寺、九番(興福寺)南円堂などが見えています。

 以前見た別の絵図に記されていた、橘寺、飛鳥、阿倍、多武峰、桜井、三輪、丹波市、帯解、田原本、八木などのおなじみの地名(実際にはひらがなですが)も見えています。

 知った地名を見ると、なんか嬉しい。(^_^)

 紀伊半島の南に「たごノ浦」という地名がありました。現代の地図を見ても、「田子」という地名や紀勢本線の駅名があります。和歌山県東牟婁郡串本町です。
Saigoku07
 「たごのうら」って、富士山の近くにも、越中にもありますよね。地形由来の地名でしょうかね。関係が気になります。

 群馬の、多胡碑のある多胡郡も関係があるのか、あるいはこちらは全く無関係なのか。海と山ですからねぇ。でも、あれこれ気になります。

2017年9月12日 (火)

「朱雀門ひろば」来年3月オープン

 平城宮跡の復元朱雀門の南に、観光拠点「朱雀門ひろば」が来年3月24日にオープンするという記事を、5日ほど前に新聞のネット版で読みました。

 朱雀門前の朱雀大路西側が県営区域で、
  観光案内・物販施設「天平みつき館」
  飲食・交流施設「天平うまし館」
  団体集合施設「天平つどい館」
を新たに建設するとのことです。

 天平うまし館のそばには池を設け、先年復元された遣唐使船を展示し、同館から橋を渡って船に乗れるようにするそうです。

 また、現在閉館中の「平城京歴史館」は、休憩と宮跡展望のための施設「天平みはらし館」にリニューアルし、ここにはレンタサイクル貸出所などもできるとのことです。

 一方、朱雀大路の東側は国営区域で、こちらは平城宮跡展示館「平城宮いざない館」の整備が続いているそうです。

 私のHDDに10年前の写真がありました。南側から朱雀門を臨んでいます。この向かって左側が西側、右側が東側になります。ここに上記の諸施設ができるのですね。
Suzaku200703
 朱雀門の北は、なるべく奈良時代の姿に近づけていって欲しいです。朱雀門の南には、こういう施設群ができても良いのかなぁと思います。活性化にも繋がりましょう。

 奈良県各地は、今日は大変な大雨だったようですね。お見舞い申し上げます。

2017年9月 7日 (木)

シンポジウム「万葉集の中の漢籍・仏典を考える」

 9月16日(土)に万葉文化館でこのようなシンポジウムがあります。
Manyokansekibutten
 なんか面白そう。大いに心惹かれます。また、この日は例の天理の至宝展の開始日でもあります。
Kotenshiho01
 兼ねて行けば一石二鳥ですが、あいにくこの日は自分の講座(「トンボの眼」)があります。8月・9月はあまり予定がないのに、よりによってぶつかってしまいました。

 残念です。(^_^;

2017年9月 3日 (日)

「奈良名所細見図」

 ネットオークションで入手しました。明治23年発行です。
Narameishosai01
 左上に東大寺、下に興福寺、右上に春日大社が描かれています。

 ちゃんと鹿も描かれていて、嬉しいです。人力車が描かれている点に明治を感じます。
Narameishosai02
 江戸時代に出版された「奈良名所絵図」というものもあります。
Narameishosai03
 こちらは、左に興福寺、右下に春日大社、上に東大寺が描かれています。この3つが不動の名所なのですね。

 両方を比べると、さすがに「細見図」というだけあって、「奈良名所細見図」の方がかなり細かく詳しいです。

 「名所絵図」には、猿沢の池に魚が描かれていました。
Narameishosai05
 「細見図」の猿沢の池にも何か描かれています。波か魚か微妙ですが、魚のように思えます。
Narameishosai04
 どちらにも杖をついた人が描かれています。当時、珍しくなかったのでしょうか。あるいは、水戸黄門のように、旅をする高齢者の必需品だったか。

2017年8月20日 (日)

『ヤマト歴史読本』

 こういう雑誌を買いました。
Yamatorekidoku01
 5月22日発行とあります。雑誌ですので、実際にはもう少し早く発行されていたのかもしれません。こういう雑誌が出ていたことは今まで気付きませんでした。

 「ヤマト」というのがちょっと分かりにくいですが、表紙の右上にありますように、対象は天理市・桜井市と、川西・三宅・田原本の各町です。纏向遺跡を中心とした地域ですかね。奈良市や大和三山は含まれません。

 中身をご紹介してはまずいでしょうから、目次だけ。目次は5ページあります。
Yamatorekidoku02
 次の見開き。
Yamatorekidoku03
 その次。左ページは既刊の『奈良歴史読本』の広告です。
Yamatorekidoku04
 『奈良歴史読本』の方は、表紙を見る限りでは、奈良市を中心に奈良県全体が対象になっているようですね。こちらも買っていたような気がします。

 中身をご披露してはまずかろうと思いつつ、見開きを1つだけ。
Yamatorekidoku05
 『ヤマト歴史読本』の収録範囲の立体地図です。

2017年8月17日 (木)

「天理図書館 古典の至宝」展

 9月から11月に掛けて、天理参考館でこのような特別展が開催されます。
Kotenshiho01
 天理参考館のHPによれば、詳細は以下の通りです。

----------------------
特別展「天理図書館 古典の至宝 ―新善本叢書刊行記念―」

2015年4月から刊行が始まった新天理図書館善本叢書に収録される中から、重要文化財『古事記』(道果本)や国宝『日本書紀』(乾元本)などの国史古記録、国宝『類聚名義抄』(観智院本)などの古辞書、『源氏物語』(池田本)や室町時代末から江戸初期にかけての奈良絵本、西鶴・芭蕉・蕪村の自筆資料など、国宝3点・重要文化財10点を含む古典籍70余点を三期に分けて展示いたします。

◆会期:2017(平成29)年9月16日(土)~11月27日(月)
 一期:9月16日(土)~10月9日(月)
 二期:10月11日(水)~11月6日(月)
 三期:11月8日(水)~11月27日(月)

◆会場:当館3階企画展示室1・2

[出品予定資料]
一期:重要文化財『古事記』道果本、国宝『日本書紀』乾元本(上)、『源氏物語』池田本、奈良絵本、連歌俳諧ほか
二期:国宝『播磨國風土記』、国宝『類聚名義抄』、重要文化財『古語拾遺』嘉禄本、『源氏物語』池田本、奈良絵本、連歌俳諧ほか
三期:国宝『日本書紀』乾元本(下)、重要文化財『明月記』安貞元年8・9月、『源氏物語』池田本、奈良絵本、連歌俳諧ほか
----------------------

 出品リストは以下の通りです。
Kotenshiho02
 字が小さくてよく見えませんね。特に関心のある部分を拡大します。
Kotenshiho03
 全三期は無理でも、第一期は見に行きたい気がします。

 関連して、次のような催しもあります。
Kotenshiho04
 これも、主要部分を拡大します。
Kotenshiho05
 大いに関心がありますけど、先着20名なら、もう満員かもしれませんね。あと、日程的にもこの日は岡山で萬葉学会です。残念。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ