飛鳥・奈良

2018年7月 9日 (月)

天理の芳月の位置、判明

 学部の4年生の夏に泊まった天理市内の旅館「芳月」のことを何度か書きました。当ブログをご覧くださっている皆さまにはどうでも良い話と思います。済みません。(^_^;

 4年前に萬葉学会で天理に行った時に、懐かしの芳月に行ってみようと思ったのに、場所が分からなくなってしまい、何とかその場所を知りたいものと思っていました。詳細は繰り返しません。「天理をふらふら」「天理今昔」をご参照くだされば幸いです。

 昭和50年の夏、天理駅から東へ行って、南に下り、さる交差点の北西角にあった旅館を予約していたつもりが、何か手違いがあったようで予約されておらず、しかも満室で困っていたところ、その宿で芳月を紹介してくれたのでした。芳月の場所は、その交差点から少し東に行ったところで、その道の北に面していました。

 その「さる交差点」が川原城の交差点なのか、もう1つ南の交差点なのかが判然としません。どちらなのかが分かれば、芳月の位置もおおよそ分かります。

 そこで止まっていたのですが、昨日、家でたまたまこんな本を見つけました。昭和49年の刊行です。
Bluenara01
 改めてページをめくってみると、この本、詳しくて分かり易く、今でも十分に使えそうです。飛鳥や奈良に行くときはこの本をよく持っていったものでした。

 この本の後ろに宿泊施設の一覧が載っています。天理の部分を見たら、こうなっていました。
Bluenara02
 きらく荘の電話番号が私の字で訂正されています。全く記憶にありませんが、これたぶん、私がきらく荘に電話したのでしょうね。そうしたら、この本の電話番号が間違っていたか、あるいは電話番号が変わっていたかして、きらく荘には掛からなかったのでしょう。掛けた先の人がきらく荘の正しい番号を教えてくれたか、あるいは自分で電話番号案内に電話して教えて貰ったのだと思います。その正しい番号をわざわざ書き加えているということは、私が最初に泊まろうとしたのはこのきらく荘なのでしょう。芳月の名前はちゃんと憶えていても、泊まらなかった宿の名前は全く記憶にありませんでした。

 きらく荘の住所も書いてありますね。「天理市川原城355」とあります。これがどこなのか。今はもう住居表示が変わってしまったかもしれません。

 やはり昔の地図が要るかなぁと思いつつ、今の地図を見てみました。
Tenri_kawarajo
 住居表示、昔から変わっていなかったようです。川原城の交差点の北西角の番地、まさに「355」とあります!!

 私が最初に泊まろうとした宿はここだったのでした。とすれば、芳月の場所はここから東へ行ったところということになります。

 はずみのような感じで疑問が氷解しました。いやぁ、すっきりしました。

 思えば、この本の刊行が昭和49年、天理に行ったのが昭和50年ですから、この本、たぶん天理に行くために買ったのでしょう。

 それから40年以上も経ちました。

2018年7月 5日 (木)

奈良菊水楼の古写真

 1ヶ月ほど前に「明治30年前後の奈良市鳥瞰図」という記事を載せました。この鳥瞰図に、春日大社の一の鳥居付近に菊水楼という旅館が載っていました。菊水楼は今も同じ場所にありますが、それまで全く関心を持ったことがありませんでした。それが、100年も前の鳥瞰図にすでに載っていることで、にわかに関心が湧いたのでした。

 不思議なもので、関心を抱いたら、ネットオークションに菊水楼の絵はがきが出品されました。(^_^) 早速買ってしまいました。
Kikusuiro01
 その中に、菊水楼の前の道が写っているものがありました。
Kikusuiro02
 左奥に鳥居が写っています。道には鹿がいっぱい。(^_^)

 この道は三条大路ですね。砂利道でしょうか。でもよく整備されているように見えます。うっすらとわだちの跡のようなものも見えます。

 鳥居のアップ。
Kikusuiro04
 鹿のアップ。
Kikusuiro05
 明治30年頃の鳥瞰図では、鳥居や菊水楼は次のように描かれています。
Kikusuiro07
 この絵にも鹿がいますね。

 この写真、いつ頃のものか知りたいところですが、年号は書いてありません。表紙に「電話長二五番」とあります。この「長」というのは何でしょうね。詳しい人ならば、これが手がかりになるかもしれません。

 客室の写真もありました。
Kikusuiro03
 画面の右側に扇風機が写っていますね。

 アップです。
Kikusuiro06

 扇風機の左側にあるのは電話機のようです。今と同様に、この電話でフロント(当時だと、帳場でしょうか)に電話を掛けられるのでしょうかね。脇息やたばこ盆もあります。

 扇風機と電話機の型式も年代推定の手がかりになりそうですが、これも私には何の知識もなく、使えません。残念です。

2018年6月20日 (水)

大正15年の修学旅行地図

 4月2日に「明治40年の修学旅行地図」という記事を載せました。

 これは文字通りの地図で、範囲は長野県東部から群馬県西部にかけてのものでした。
M40shugaku01
 今回入手したのは、名古屋市地理歴史研究会が編集したもので、範囲は伊勢・奈良・京都・大阪・名古屋となっています。こちらは大正13年10月印刷発行、大正15年10月改正三版です。
T15nagoshu01
 どちらも名称は「修学旅行地図」。明治大正の頃(あるいはそれ以降も)、修学旅行用の地図がよく作られたのでしょうかね。

 表裏印刷で、オモテはこのようになっています。裏面には名所旧蹟の解説文が載っています。
T15nagoshu02
 広域範囲の地図がカラーで示され、周囲には、左上から反時計回りに、「奈良市地図」「京都市及伏見地図」「名古屋市地図」「大阪市地図」「外宮々域図」「内宮々域図」「宇治山田二見鳥羽地方図」が載っています。

 カラー地図の京都付近。
T15nagoshu03
 今はなき巨椋池が描かれています。画面左下には「桜井」という地名があります。楠公父子別れの桜井駅でしょうね。

 奈良付近。
T15nagoshu04
 このあたりの部分、ここが南限です。もう少し南まで下げれば、飛鳥寺や橘寺が収まるのにと思います。

 鈴鹿付近。
T15nagoshu05
 中央付近に能褒野があります。倭建命終焉の地ということでこの地名を載せたのでしょうね。

 岡崎・豊橋間。
T15nagoshu06
 左上に岡崎駅が2つあります。北の方の岡崎駅から右下の豊橋駅にかけて線路が描かれていますが、途中の駅名が手書きです。といっても、この地図に手書きで加えたわけではなく、改訂に際して印刷会社で手書き文字を加えたもののようです。

 この路線は、名鉄名古屋本線として現存しています。岡崎の駅名は現在は東岡崎になっていますが。

 この手書き部分に興味をおぼえて、ウィキペディアで「名鉄名古屋本線」を見てみました。すると、その歴史を記述した部分に次のような記述がありました。

1927年(昭和2年)
  6月1日:この日までに伊奈駅開業[3][注釈 5]。豊橋線 伊奈駅 - 吉田駅(現在の豊橋)間が開業。

 [注釈5]は以下の通りです。
^ 鉄道省編『鉄道停車場一覧』(昭和12年10月1日現在、国立国会図書館デジタルコレクション)では9月1日開業とされているが、『官報』(1927年6月11日、同上)には6月1日の伊奈 - 吉田間営業開始の項目にて「伊奈(既設驛)」と記され、開業時点で既に存在したことになっている。

 この官報を根拠として、ウィキペディアでは、伊奈駅の開業時期を1927年(昭和2年)6月1日以前としているわけです。

 ところが、この修学旅行地図には、伊奈駅は豊橋の1つ手前の駅としてすでに載っています。この地図は大正15年(1926)10月改正三版ですので、伊奈駅の開設時期はウィキペディアの記述よりもさらに8ヶ月遡らせることができそうです。

2018年6月14日 (木)

せんとくん&ぐんまちゃんのランキング

 今日のアサヒコム奈良に「せんとくん、イラスト無料に 誕生10年、人気再燃狙う」という記事が載っていました。
Sento201806
 これまで、せんとくんのイラストを使うとき、商品などの販売総額の3%の使用料を払えば商用利用を認めてきたそうです。

 しかし、近年は使用料収入が低迷しているので、使用料を無償化することで広く使って貰い、人気の再燃を図るとのことです。

 この記事の中に、民間調査会社「日本リサーチセンター」によると、ご当地キャラの中で、せんとくんの認知度は全国3位(2017年)だとありました。1位は「くまモン」、2位は「ふなっしー」だそうです。

 ここで、ではぐんまちゃんは何位だろうかと気になり、早速、日本リサーチセンターのHPを見に行ってきました。
Gunmac201806
 その結果は以下の通りです。

 日本リサーチセンターによる、2017年10月の調査結果です。

 認知率
  くまモン    91%
  ふなっしー  89%
  せんとくん  64%
  ひこにゃん  64%
  ぐんまちゃん 38%

 ぐんまちゃん、5位に入っていました。(^_^)
 でも、数字は上位と比べて少し差がありますね。認知度アップのために私も頑張らねばと思います。

 元祖ゆるキャラともいうべきひこにゃんが4位というのはやや意外でした。

 好感率
  くまモン   36%
  ふなっしー 27%
  ひこにゃん 14%
  ぐんまちゃん 7%
  せんとくん   5%

 1位・2位は認知率と同じですが、せんとくんは認知率に比べて2つ順位を落としています。

 せんとくんが登場したときは、あまり評判は良くなかったものの、「慣れればかわいい」などと言われるようになって、好感度はアップしたように思っていました。でも、まだちょっと厳しいようですね。

2018年6月 7日 (木)

明治30年前後の奈良市鳥瞰図

 このようなものを入手しました。
Narachokan01
 表紙には英語しか書かれていません。出版者は大阪のカワカミさんで、神戸の神戸ヘラルドが SOLE AGENTS とあります。総代理店ということでしょうか。海外に輸出したものかもしれません。神戸ヘラルドの所在地は Kio Machi,Kobe とあります。神戸の地名には疎いのですが、どうも現在の神戸市中央区京町のことと思われます。そうすると、ここは旧外国人居留地のようです。

 中身です。
Narachokan02
 右下に奈良の大仏の絵が描かれています。
Narachokan03
 なんか、あまり似ていないような。(^_^;

 「おお!」と思ったのは、猿沢池の周囲です。
Narachokan04
 先日ご紹介した明治18年の定宿帳にあった魚屋佐兵衛(魚佐)と、明治31年の定宿帳にあった印判屋が載っています。位置もピッタリ。

 奈良の名所絵図を何枚か持っていますけれども、それらの絵図に宿屋が載っていることはほとんどありません。そういう意味でこの絵図は貴重です。

 海外からの旅行者を対象にしているので旅館を載せたのでしょうかね。

 定宿帳2点とこの鳥瞰図とがうまく繋がりました。

 この絵図、発行年月が記載されていないので、いつのものか分かりません。

 ただ、奈良国立博物館が載っていますので、奈良国立博物館ができた明治28年以後のものです。
Narachokan05
 現代はこのようになっています。
Narachokan07
 この池のあたり、鳥瞰図はこのようです。
Narachokan06
 菊水楼はどちらにも載っていますね。この旅館は明治24年創業とのことです。
 現在、菊水楼の近くにある四季亭は鳥瞰図には載っていません。温泉所とあるあたりです。四季亭の創業は明治32年だそうですので、この鳥瞰図の年代は、奈良博ができた明治28年以降で、四季亭ができる明治32年以前ということになります。

 意外と範囲が狭められました。明治時代の奈良に詳しい方が見れば、もっと絞り込めるかもしれません。

 なお、奈良ホテルの建っている場所は、鳥瞰図では飛鳥山とあり、建物は建っていません。奈良ホテルは明治42年創業だそうですので、載っていなくて当然ですね。

 この鳥瞰図、表紙には英文しか書かれていないのに対して、地図上の文字は全て日本語です。

 ただ、地図上の固有名詞のいくつかには番号が付いていて、それらについては地図の左端に英文が挙がっています。
Narachokan08

2018年5月28日 (月)

明治31年の定宿帳

 明治31年の定宿帳を入手しました。
M31issinko01
 これ、以前ご紹介した明治18年の定宿帳とよく似ています。

 明治18年の最初のページ。
M18isshin02
 今回の明治31年の最初のページ。
M31issinko02
 どちらも、伊勢神宮がスタートですが、その前に豊橋の壺屋庄六があります。豊橋から船に乗って、海路伊勢に向かいます。両者、内容は同じですが、文字が違いますので、同版ではありません。同様の内容を新たに彫ったのですね。

 奈良のページは全く異なります。

 明治18年の。
M18isshin04
 明治31年の。
M31issinko03
 明治18年のは魚屋佐兵衛が指定されています。後年の魚佐旅館ですね。地図も魚屋佐兵衛の旅館が示されています。

 明治31年のは「いんばんや庄右衛門」が指定旅館です。地図もいんばんやが案内されています。

 現代の(というか、少し前の)地図です。
M31issinko05
 定宿帳の地図は、明治18年のも31年のも東が上です。現代のは北が上なので、90度回転させて見ないとなりません。魚佐旅館は猿沢池の南にあります。いんばんや庄右衛門は、定宿帳には「なんゑん堂の下たるい丁さる沢いけのまへかど」とあります。今の天平ホテルの位置に当たりそうです。

 ググってみましたら、上方落語「東の旅」に、奈良の旅籠として、印判屋庄右衛門の名が小刀屋善助と並んで登場していました。有名な旅籠だったようです。

 定宿帳のいんばんや庄右衛門の所には、「いんばんや」という朱印が捺してありますね。表紙にも同じ印があります。表紙にはもう1つ、「大鶴」という朱印が捺してあります。

 探してみたら、法隆寺の宿に「大こくや鶴松」というのが見つかりました。
M31issinko04
 ここに「大鶴」の印が見えます。「大こくや鶴松」をつづめて「大鶴」ですね。

 これもググってみたら、法隆寺夢殿前に大黒屋という旅館のあったことが分かりました。「斑鳩の記憶データベース」に「廃屋の大黒屋」というページがあり、写真も載っていました。

 それによれば、高浜虚子が『斑鳩物語』を執筆した旅館として有名だそうです。鴟尾をのせた木造3階建ての旅館で、明治10年頃に建設されたということです。

 現在も同様の位置に同名の旅館がありますが、関係は分かりません。

 いろいろと分かって楽しいです。

2018年5月 4日 (金)

『ならら』2018年5月号

 『月刊 大和路ならら』という雑誌があります。奈良に行ったとき、橿原神宮前駅構内の書店などで見かけると、よく買っていました。

 ちょっと前に、フェイスブックかツイッターで、この雑誌の最新号の特集が平城宮跡だということを知りました。ネットで購入できることが分かったので、早速注文することにしましたが、この際と思って、定期購読を申し込んでしまいました。(^_^; どうも倹約精神が足りません。(^_^;

 最新号、届きました。♪
Narara201805a
 裏表紙は、先頃オープンしたばかりの「朱雀門ひろば」でした。タイムリーです。
Narara201805b
 そのうち朱雀門ひろばにも行ってみたいです。

 夕方、近所のスーパーに買い物に行ったら、吉野の柿の葉寿司がありましたので、買ってしまいました。
Kakinoha03
 『ならら』効果です。
Kakinoha04
 影響されやすい私。(^_^;

2018年5月 1日 (火)

大正4年の「奈良市全図」

 昨日に続き、今日は大正4年の「奈良市全図」です。
T4narashi01
 昨日の「奈良県管内図」と同じく大正4年のものですが、相次いで同年の地図が手に入ったわけではなく、昨日の「奈良県管内図」の裏面が今日の「奈良市全図」です。(^_^)

 現在のJR奈良駅から近鉄奈良駅のあたりまで。
T4narashi02
 興福寺付近。
T4narashi03
 先日ご披露した明治22年の絵図では、現在のメインストリートともいうべき登大路が描かれていませんでした。
Narameishosai09
 それが、明治44年の地図では、登大路は描かれていますが、三条通りよりも細いです。
M45narashi01_2
 今回の大正4年の地図では、登大路は三条通りと同等かあるいは広く描かれています。

 東大寺付近。
T4narashi04
 春日大社付近。
T4narashi05
 公会堂は、今の奈良県新公会堂と同じ位置のようですね。「飼鹿場」とある場所は、今の万葉植物園の場所のように思われます。

2018年4月30日 (月)

大正4年の「奈良県管内全図」

 大正4年の「奈良県管内全図」を入手しました。
T4naraken01
 この地図で嬉しいのは、当時の郡界が示され、それぞれの郡が色分けされていることです。

 昔の郡界を示したものには、『国史大辞典』や『日本歴史地名大系』の地図などもありますけど、それらに比べてこの地図は大きいし、色分けしてあるし、地名も豊富だし、ということで、分かり易く有用です。

 ただ、大正時代の地図なので、江戸時代以前とは郡名も範囲も異なります。

 ざっと言えば、
  添下+平群=生駒
  広瀬+葛城下=北葛城
  葛城上+忍海=南葛城
  磯城上+磯城下+十市=磯城
となるようです。

 平城京付近。
T4naraken02
 平城京の中を、添上郡と生駒郡との間の境界線が通っていたのですね。

 現在、平城京の北辺付近にウワナベ・コナベ古墳というのがありますけど、その古墳名は大鍋・小鍋となっています。

 山辺道沿い。
T4naraken03_2
 櫟本や和邇下神社は添上郡、丹波市は山辺郡、柳本は磯城郡なのでした。

 飛鳥付近。
T4naraken04
 大和三山の中で、耳成山と香具山は磯城郡、畝傍山は高市郡ですね。あと、今井、雲梯、飛鳥、岡、檜前、真弓、高取なども高市郡。御所は南葛城郡です。

 飛鳥の東方。
T4naraken05
 三輪山、桜井、倉橋、初瀬、吉隠などは磯城郡、榛原は宇陀郡です。

 見ていて楽しいです。しかし、大和国は南方6割ほどが吉野郡ですね。

2018年3月25日 (日)

奈良の鹿愛護会 会員証2018

 先日、奈良の鹿愛護会に来年度の会費やら牧草協賛金やらを払い込んだところ、早速、会員証が届きました。
Narashika2018a
 会員番号、消すほどのことはないのかもしれませんが……。(^_^)

 ウラは、いつものように、子供たちの描いたポスターコンクールの優秀作品です。
Narashika2018b
 「しかとなかよし」という言葉、良いです。♪ 背後にあるのは大極殿でしょうかね。

 特典目当てに会員になっているわけではないので、別に良いのですが、会員特典は次のようになっています。
Narashika2018c
 上から4つ目の◆にある「鹿角1対」には心惹かれるものがあります。真田幸村ごっこができそう。(^_^)

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ