駅弁

2020年1月 6日 (月)

焼き鯖すし(2)

 昨日、いつものスーパーで買いました。
Yakisaba04
 小浜駅の駅弁です。本場物ですね。♪
 中身です。
Yakisaba05
 かなり脂がのっていました。

 寿司にしては生姜が付いていないなぁ、と思いましたが、鯖の下に隠れていました。
Yakisaba03

 タイトルに(2)とつけたのは、この駅弁、一昨年の5月にも同じスーパーで買って、ブログに載せていたのでした。
 なんか見たような駅弁だと思いましたが、HPには載せていませんでしたので、錯覚かと思いました。
 でも、気になってブログを探して見つけました。
 HPに載せるの、ついうっかりしたのですね。

 今回はちゃんとHPに載せました。
 それで、ブログの方にも載せることにしました。

2020年1月 3日 (金)

お屠蘇と鯛

 歳末、いつものスーパーで、お屠蘇が目に入りました。
 お屠蘇、もう何十年も飲んでいません。
 昔飲んだ時の香りと味が記憶に甦ってきました。
 で、お酒と一緒に買ってきました。
Toso
 お酒は、南魚沼の純米吟醸「八海山」の1合瓶です。

 屠蘇散の説明を読むと、屠蘇散を清酒1合に6~7時間浸し、みりん(30~50ml)、または砂糖(小さじ2~3杯)を加える、とあります。
 普通、元日に飲むのでしょうけど、寝坊したり、忘れていたりして、屠蘇散を浸すのは今日になってしまいました。まだ三が日なので良いと思います。

 おいしゅうございました。でも、昔飲んだのはもっと甘かったような。
 昔飲んだのは、清酒じゃなくて、みりんに浸けたのかもしれません。

 今日の夕方、またいつものスーパーに行ったら、ささやかな駅弁フェアをしていました。
 そこに金目鯛西京焼弁当がありました。小田原の駅弁です。新年早々、鯛はめでたいと思い、買って来ました。
Kinmesaikyo01

 中身です。
Kinmesaikyo02

 パッケージと中身と違うような気も……。(^_^;

 パッケージの右下隅にこのようにありました。
Kinmesaikyo03
 パッケージの写真はイメージ映像なのでした。

 でも、焼きたてをアップで撮ればパッケージのようになるでしょうから、あながち違っているとも言えないような。

2019年12月 9日 (月)

穴子づくしコース弁当

 2日連続の駅弁ネタは気が引けますが、昨日、四味但馬牛重の関連で、四味穴子重についても触れましたので、その流れで。(^_^;

 先日、いつもの近所のスーパーで買いました。八戸駅の駅弁です。
Anagozukushi01

 中身。
Anagozukushi02

 蒲焼きと白焼きが入っています。パッケージの写真を見ると、白焼きはワサビがお薦めなのでしょう。

 この駅弁もそうですけど、穴子には他にも複数の味をセットにしたものがあります。

 姫路の穴子かさね重。
Anagokasane01

 三原のあなごあいのせ重。
Anagoainose01

 複数のデータがあると楽しめます。←まだ言ってる。(^_^)

 それはそうと、前に戻って、今日の穴子づくしコース弁当には、ワサビともう1つ袋が付いてきています。ワサビはパッケージの写真のように白焼きに載せるとすると、もう1つの袋の方は蒲焼きにかけるタレだと思いました。そう思いますよね。
 でも、実際は醤油でした。これまた白焼きにかけるようです。説明を読まないでいきなり食べるからこういうことになります。(^_^;

2019年12月 8日 (日)

四味但馬牛重

 先日、いつもの近所のスーパーで買いました。姫路駅の駅弁のようです。
4mitajimagyu01
 
 中身。
4mitajimagyu02

 四味というのは、パッケージによれば、味噌、焼き肉、旨辛、すき焼です。
 ただ、申し訳ないことに、どれがどれやらよく分かりませんでした。(^_^;
 味噌を除けば、他はどれも甘辛い味ですし、どれも量があまり多くなくて……。

 HPにこの駅弁を登録するとき、同じ姫路の会社で「四味穴子重」というのを売っているのに気づきました。今年の2月に同じスーパーで買っていました。
Shimianagoju01

 中身。
Shimianagoju02

 データがたくさん集まると、単品では分からなかったことを知ることができて楽しいです。

2019年12月 2日 (月)

岡山駅ハローキティ弁当の容器

 一昨日の「ブラタモリ」は岡山でした。
 岡山には一昨年初めて行きました。萬葉学会の折です。
 1回だけとはいえ、行ったことのある場所がテレビに登場するのはなんか嬉しいです。(^_^)

 ただ、学会会場以外で行ったのは岡山城だけで、「ブラタモリ」に出てきた吉備津彦神社や鬼ノ城には行っていません。
 そんなわけで、「ブラタモリ」に映った場所で知っている風景はこれだけです。(^_^;
Momotaro01
 駅前の桃太郎像。

 そういえば、こういう駅弁の容器を持っています。
Momotaro02
 ネットオークションで入手したものです。
 容器だけ。

 側面。
Momotaro03

 こういうものを出品する人がいるんですねぇ。入札する人がいるかどうか、ダメ元で出したのでしょうかね。
 出す方も出す方ですけど、入札する方もする方です。(^_^;
 私の他に誰も入札する人もなく、ずいぶん安く落札できました。
 こんなものを買っているので、いつまでも部屋が片付かない。(^_^;

2019年12月 1日 (日)

あっちっちあなご三本仕立て

 先日、いつもの近所のスーパーで買いました。
Anagosanbon01
 神戸駅の駅弁です。下の中央からおなじみの黄色い紐が出ています。これを引っ張ると温かくなります。

 中身。穴子が豪華に3本入っています。たれが付いていて、たれごと温まります。
Anagosanbon02

 パッケージの側面に説明があります。
Anagosanbon03
 注意事項のトップに「航空機内では召し上がらないで下さい。」とあります。
 なんでしょね。恥ずかしながら、まだ飛行機に乗ったことのない私には分かりません。(^_^;
 機内の気圧の関係でしょうか。

2019年11月 9日 (土)

有田焼カレー(3)

 いつも行く近所のスーパーで買いました。
Aritacurry11

 このカレーをご紹介するのは3回目です。
 容器の絵付けが毎回違っていてラッキーです。

 側面。
Aritacurry13

 中身のカレー。
Aritacurry12

 ここまでは、夕方、スーパーから帰って撮しました。

 以下は、食べて「ブラタモリ」を見たあとで。

 内側。
Aritacurry14
 側面と同じく、メインは桜ですね。
 そして、市松模様があって、内側の側面には、矢羽根、亀甲、籠目などの伝統柄が描かれています。

 底部。焼き物に疎くて名称が分かりません。高台で良いのでしょうか。あるいは、高台の内側?
Aritacurry15

 それぞれの写真に写っている赤い台は、この駅弁が入っていた箱です。

 3つ分まとめてHPに載せました

 あ、カレーは大変においしゅうございました。(^_^)

2019年6月20日 (木)

鯛のみそ寿し

 大分日が経ってしまいました。
 先日小倉に行ったときに、小倉駅構内で買った駅弁です。
Taimisozushi01
 「みそがみそたい」って、私レベルのダジャレです。(^_^)

 中身です。
Taimisozushi02
 鯛の押し寿司の上にとろろ昆布が載せてあります。
 そして、しょうゆの他に、秘伝の鯛味噌が付いています。
 お好みで両方が使えます。

 おいしゅうございました。
 草が足りないので、別にサラダを買いました。

2019年5月 6日 (月)

牛かさね重

 昨日、近所のいつものスーパーで買いました。
Gyukasane01
 姫路の駅弁です。パッケージに「国産牛焼肉を二層に仕上げました」と書いてあります。

 中身。
Gyukasane02
 パッケージの側面には断面の写真が載っています。
Gyukasane03
 中間の肉はこんなにはなかったような。(^_^; ま、偏りもありましょうし、許容範囲かと思います。

 製造元はまねき食品です。以前買った同社の駅弁には次のようなものもありました。
Anagokasane01
 これは穴子かさね重です。

 これにも断面図が印刷してありました。
Anagokasane03
 ということで、この会社は重ねるのが好きな会社のようです。

 1つだけでは分からなかったことでも、複数のものを見ることによって何かが分かるって、ありますね。
 いえ、そんな大袈裟なことではありませんけど。(^_^)

2019年2月27日 (水)

四味穴子重&雪崩直撃

 先日、またいつもの近所のスーパーで買いました。姫路駅の駅弁です。
Shimianagoju01

 昨年12月に、焼あなご・煮あなご、両方が楽しめる「あなごあいのせ重」というのを載せました。
Anagoainose01
 今回のは4つの味です。

 中身です。
Shimianagoju02
 おいしゅうございました。あなごはいろいろと料理できるのですね。

 夕方、パソコンで作業をしていたら、もののきしむような音がして、本や雑誌が襲いかかってきました。雪崩です。これまで、渋川の家や東京の家で雪崩が起きたことは何度もありましたが、直撃を受けたのは初めてだったかもしれません。
Nadare201902
 片づけに1時間ほど掛かりました。

 元のように積み直すのも……、と考え、かなりのものを金魚部屋に運びました。

 あ、金魚部屋は納戸状態になっていて、ここ数週間、片づけに励んでいました。片づけが進んでいたのに、またものが増えることになってしまいました。賽の河原の石積みのような。(^_^;

 ま、片づけが進んでいたからこそ、雪崩たものを運び込むことができたわけですけど。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ウェブページ