駅弁

2017年10月19日 (木)

岡山のあなごめし&きびだんご

 岡山ネタ、もう1つ。

 行きには、岡山駅に着いたのが20時半頃で、辛うじて駅弁を買えましたが、帰りは、岡山駅に着いたのが17時前でしたので、駅弁は各種ありました。

 迷った結果、「あなごめし」にしました。絵はやはり桃太郎。(^_^)
Anagomeshi01
 一番迷った相手は「おむすびころりん」です。あとでググってみたら、「おむすびころりん」は人気の駅弁なので、売り切れも多いのだとか。(^_^;

 でも、「あなごめし」もおいしかったです。
Anagomeshi02
 同じお店で、きびだんごを買いました。やはり岡山といえばきびだんごです。
Kibidango01
 包装紙を外すと、こういう箱です。
Kibidango02
 この絵には見覚えがあります。以前、東京駅で買ったきびだんごにもこの絵が描いてありました。東京駅にも進出しているのですね。

 このきびだんごは特製のようで、1つ1つに絵が描いてありました。
Kibidango03

2017年10月13日 (金)

桃太郎の祭ずし

 明日・明後日、岡山で萬葉学会があるので、今日、岡山に来ました。

 今日は、前橋で仕事の日でした。そこで、東京→前橋→岡山、という大移動になりました。前橋の仕事は3時までで、岡山には8時半少し前に着きました。意外と早かったです。

 さて、夕飯。東京駅で駅弁を買って、途中で食べるというのが普通でしょうが、折角岡山に行くのですから、岡山の駅弁を食べたいところです。問題は、8時半前に岡山駅に着いて、駅弁が買えるかどうか。

 賭に出ました。

 岡山駅に着いたとき、新幹線改札内の駅弁屋はもう閉っていました。賭に負けたかと思いましたが、改札外の土産物店で駅弁も扱っていて、辛うじて数点残っていました。幸いでした。♪

 で、買ったのがこれです。
Matsurizushi01
 パッケージの中はピンクの桃の容器。
Matsurizushi02
 中身は次の通りです。
Matsurizushi03
 おいしゅうございました。(^_^)

2017年10月 9日 (月)

駅弁味の陣2017

 JR東日本では、今年も「駅弁味の陣」が始まりました。
Ajinojin2017a
 今年は6回目。これまでの歴代「駅弁大将軍」は以下の通りです。
Ajinojin2017b
 初代は新潟(この鱈めし、お気に入りです)ですが、二代以降は山形2回、秋田2回と、東北勢が健闘しています。

 今年は、駅弁の歴史にスポットライトを当てています。
Ajinojin2017c
 宇都宮駅のおにぎりが駅弁の始まりとされているようですね。

 百年以上の歴史を持つものを、この味の陣では「百年駅弁」と呼んでいます。
Ajinojin2017d
 今回は復刻を含め百年駅弁が6点エントリーしています。復刻の掛け紙は楽しいです。(^_^)

 高崎駅の峠の釜めしやだるま弁当は、百年には達していないながら、半世紀以上の歴史を持っているようですね。

2017年9月14日 (木)

秋露のささやき/うさぎの餅つき

 先日、東京駅で購入した駅弁の掛け紙です。秋になりました。
H29akitsuyu
 季節限定の「秋露のささやき」、毎年この季節になると登場します。掛け紙も中身も毎年異なります。

 うさぎの餅つきが描かれるのは初めてかと思い、HDDの中をあさって、この駅弁の写真を探してみました。

 平成20年から23年。
Akitsuyu2008_2011
 平成25年から28年。
Akitsuyu2013_2016
 平成24年の分が見つからなかったのが残念です。毎年買って、毎年撮影していますね。(^_^;

 下の写真の右上、平成26年にうさぎの餅つきの絵がありました。

 例年、紅葉がメインですけど、今年は満月がメインですね。そのお蔭で、餅つきうさぎも、大きく、良い場所に位置しています。うさぎ好きの私は嬉しいです。(^_^)

 餅を搗いているうさぎも、やけに力強く、張り切っているように見えます。(^_^)

 さて、念のためまほろばを見てみましたら、3年前、「秋露のささやき」に餅つきうさぎが描かれているのを取り上げて、今回と同様の記事を書いていたのでした。

 3年前と発想が全く同じです。そして、記憶力に不安があります。(^_^;

2017年6月28日 (水)

東北新幹線開業35周年記念弁当

 先日の「JR東日本30周年記念 東日本うまいもん弁当」に続き、今日は「東北新幹線開業35周年記念弁当」を買いました。
Tohokushin35a
 実は、先日あの駅弁を買ったとき、この駅弁と並んで置いてありました。それで、今度はこの駅弁を買おうと決めていました。(^_^)
Tohokushin35b
 中身は以下の通りです。
 ・酢飯
 ・茶飯
 ・笹蒲鉾
 ・茄子素揚
 ・帆立貝ひも数の子和え
 ・人参煮
 ・湯葉煮
 ・いくら醤油漬
 ・ワカメ煮
 ・山菜漬
 ・りんごシラップ漬
 ・生姜甘酢漬
 ・牛タン塩焼
 ・若桃シラップ漬
 ・サーモントラウト甘酢漬
 ・カニフレーク甘酢漬
 ・錦糸玉子
 ・ねぎ味噌

 掛け紙の上部に並んでいる駅名は、大宮-宇都宮-郡山-福島-仙台-古川-一ノ関-北上-盛岡となっています。

 そうですね。東北新幹線も上越新幹線も開業当初は大宮始発でした。これが35年前。私が群馬に勤め始めたのは32年前で、その時には上野始発になっていました。その後、数年して東京始発になりました。上野駅の新幹線ホームは地下深くですし、東京始発になって、ずいぶん便利になりました。

 北も、開業当初は盛岡止まりだったのですね。

 近年は、在来線も湘南新宿ラインができたり、上野東京ラインができたりして便利になりました。

2017年6月25日 (日)

東日本うまいもん弁当

 東京駅はしょっちゅう通っているのですが、駅構内の駅弁屋さんにはしばらく御無沙汰でした。混んでいるもので。(^_^;

 今日、久しぶりに覗いたら、このような駅弁がありました。
Higashinihonben30a
 「JR東日本30周年記念 東日本うまいもん弁当」です。国鉄が分割民営化されてから30年なのですね。
Higashinihonben30b
 掛け紙の裏にはこのような地図が印刷されていました。
Higashinihonben30c
 この駅弁には、JR東日本管内の17都県をイメージした料理が詰め合わされているのでした。

2017年6月20日 (火)

ぐんまの郷

 昨日、高崎駅構内の駅弁屋で買いました。
Gunmanosato01
 季節限定の新製品のようです。
Gunmanosato02
 お品書きは以下の通りです。
Gunmanosato03
 トップにあるギンヒカリというのは、群馬県が作り上げたニジマスです。

 どれもおいしゅうございました。

 ただ、画像ではサイズが分かりませんが、底面積が結構大きいです。列車の座席のテーブルはあまり大きくありませんし、持ち帰って家で食べる場合、箱が大きいのは運ぶのに厄介です。

 この駅弁会社のだるま弁当や鳥めし弁当はとてもコンパクトですので、これも少し工夫してくれていたらと思います。

 掛け紙の絵は、右上が碓氷峠のめがね橋、右下は尾瀬の水芭蕉、左側は草津温泉と思われます。下はたぶん上毛三山(妙義、榛名、赤城)と思われます。

2017年6月16日 (金)

なごや満載

 明日・明後日、中京大学で開催される古事記学会に参加するため、今日のうちに名古屋に移動してきました。

 夕飯は「なごや満載」という駅弁です。各種の駅弁が並んでいる中でこれを選んだについては名前のインパクトも大きかったと思います。(^_^)
Nagoyamansai01
 中身です。
Nagoyamansai02
 HPにも載せました

 もうすっかり忘れていましたが、HPには「名古屋満載」という駅弁が載っていました。平成20年1月に購入したものです。仮名と漢字との違いはありますが、「なごや満載」は「名古屋満載」の後身でしょうかね。

 名古屋満載のパッケージです。
Nagoyaman01
 同じく中身。
Nagoyaman02
 ひょっとすると、この時も名前に惹かれてこれを選んだのかもしれません。だとしたら、9年経っても発想は変わらないのでした。(^_^;

2017年6月 1日 (木)

奈良拾遺

 ちょっとタイミングを外してしまいましたけれども、先日の上代文学会の折の落穂拾いです。

 宿の窓から。
Unebi20170519
 畝傍山と二上山の夕景です。良い感じで鳥が飛んできました。学会の会場は奈良市内の奈良女子大学だったのですが、宿は橿原でした。(^_^)

 大会前日の夕飯です。京都駅で買いました。駅弁の名前に惹かれたところがかなりあります。(^_^)
Ikarugaben01
 中身です。
Ikarugaben02
 お品書き。
Ikarugaben03
 リストの末尾に「蘇(そ)入団子」とあります。食べ終わって、かなり経ってからこのお品書きを見ました。「蘇入団子」がどんな味だったか憶えていません。失敗しました。(^_^;

 帰る日に買ったしかまろくんのストラップ。
Shikamaro09
 裏です。
Shikamaro10
 メモも買いました。
Shikamaro08

2017年3月25日 (土)

金色のひっぱりだこ飯

 今日、東京の家の近所のスーパーで買いました。このスーパー、たまに駅弁を売っています。
Hipparigold01
 燦然と輝く黄金のひっぱりだこ飯です。

 横から。口のところのゴム紐も金色です。
Hipparigold02
 中身。
Hipparigold03
 この駅弁、西明石駅の駅弁です。7年前に購入した通常版はこのような姿です。
Hippari01
 中身。
Hippari02
 累計生産1000万個突破記念ということで、このような金色バージョンになったようです。

 通常版の購入は7年前なので、今の中身は分かりませんが、7年前のと比べると金色バージョンには燦然と輝く栗の甘露煮が入っています。

 東京に居ながらにして珍しいものが手に入りました。(^_^)

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ