鉄道

2020年5月23日 (土)

『トランヴェール』2020年4月号は群馬特集

 JR東日本の新幹線の座席には『トランヴェール』という月刊雑誌が用意されています。
 この雑誌が好きで、表紙に「ご自由にお持ち帰りください」とありますので、毎号持ち帰っています。
 ところが、今のコロナ禍による外出自粛により、群馬には3月27日以来行っておらず、新幹線にも乗っていません。
 そのような次第で、この雑誌の4月号は入手することができませんでした。

 私、テレビも、毎日あるいは毎週見ている番組は、1回でも見ないのはなんかイヤなのです。頭固いです。(^_^;
 この雑誌も毎号愛読していますので、4月号が飛ぶのはイヤでした。

 ところが、この雑誌、通販で買えることを知りました。バックナンバーも、在庫があれば買えるのでした。
 早速注文しました。5月もひょっとしたら新幹線に乗れないかもと思い、4月号と5月号。オニですな。(^_^)
 お金のことを言ってはナンですけど、誌代は1冊157円で、送料は2冊で280円です。
 費用は、締めて、157×2+280=594円ということになります。
 新幹線に乗れれば、無料なのに。(^_^;
 1冊157円の雑誌が新幹線の車内では無料というのは、新幹線のお客さんには、その代金がサービスということなのでしょうね。

 今日、届きました。♪
Trainvert20204a
 なんと、4月号は群馬特集でした。
 巻頭の駅弁ページも高崎の駅弁2つ。
Trainvert20204b

 今回から連載開始の路線ざんまいページも、晴れの第1回目は「温泉ざんまい」で、群馬県の吾妻線沿線でした。
Trainvert20204c
 ま、この沿線には草津温泉がありますので、順当なところかもしれません。
 それらを含め、1冊ほぼまるごと群馬でした。買って良かったです。(^_^)

 一緒に買った5月号の特集は伊豆でした。
Trainvert20205

 群馬といい、伊豆といい、せっかくの良い季節なのに、このような状況で残念です。
 この雑誌の編集に当たった方々も残念に思っていることでしょうね。
 新幹線の乗客も激減しているそうですから、この雑誌を読む乗客も少ないことでしょう。
 せっかく苦労して作った雑誌なのに、製作に当たった方々、張り合いのないことでしょう。お気の毒です。
 そういう点からも買って良かったと思います。

 今日は東京都の新規感染者は2人でしたし、間違いなく収束に向かっていますね。
 あと一息。油断せずに、日々を送りたいと思います。

2020年5月19日 (火)

西鉄の旅人(たびと)列車

 数年前に学生から貰いました。
Tabitocard01
 鉄道フェスティバルで貰ったのだそうです。
 そういう催しに行ったということは、この学生、テツなのでしょうね。(^_^)
 万葉集関係ということで、私にくれたようです。
 大宰府行きの急行です。「旅人」という名前はぴったりですね。
 去年の「令和」改元を受けて、益々人気が出たことでしょう。

 万葉集関係の列車の写真を私のHDDの中から捜してみました。

 近鉄奈良駅で写した列車。平成23年の撮影です。
Tabitocard02

 高岡駅で写した列車。これも同じく平成23年です。
Tabitocard03
 万葉関係のラッピングは施していませんが、路線名が「万葉線」です。
 この列車は高岡⇔射水間を走っています。

 どちらの写真も9年前ですので、今はまた新たな列車が走っているかもしれません。

2020年1月12日 (日)

高崎駅ホームの待合所

 一昨日、高崎駅の2番線に停車中の電車内から撮りました。5番線・6番線のホームにある待合所です。
Takasakiekihome01
 山は上毛三山(赤城、榛名、妙義)でしょうか。下のトンネルは碓氷トンネルをイメージしたものかもしれません。

 同じ場所から撮った7番線・8番線のホームにある待合所です。
Takasakiekihome02
 これは分かりやすくSLです。手前に写っている柱の駅名標にも動輪の絵が描いてあります。

 これらの待合所、このような姿になったのは最近です。
 ぼーっと生きているので、時期ははっきりしません。
 1年以上も前ではないけれど、2~3週間前ほど最近でもなかったと思います。←幅広すぎ。(^_^;

 高崎線の在来線のホームは1番線から8番線までありますが、1番線は今使われていません。
 2番線と4番線とが同じホームのお向かいです。3番線はこのホームの先にあり、八高線のホームです。
 そして、5番線と6番線とが同じホームのお向かい同士、7番線と8番線とが同じくお向かい同士です。

 撮影時は、たまたま4番線から8番線まで電車が全く停まっていなかったので、2番線の電車内から8番線まで見通すことができました。
 ラッキーでした。

 群馬の山々やトンネル、SLをイメージしたデザインは好ましく思います。

2019年12月11日 (水)

「日本海美食旅」の階段

 前橋駅にこのような階段がありました。
Maebashikaidan04
 日本海美食旅の広告です。

 右下は新潟県のへぎそばです。おいしそう。
Maebashikaidan05

 その上は山形県鶴岡市の羽黒山五重塔。
Maebashikaidan06

 その左は弥彦村の弥彦公園もみじ谷。
Maebashikaidan07

 その下は鶴岡市の加茂水族館です。
Maebashikaidan08

 新潟県と山形県とがタッグを組んでいます。
 ただ、美食旅とはいっても、ここに登場している食べ物はへぎそばだけです。
 残念ながら山形県にはまだ行ったことがありません。
 新潟・山形間は羽越線で直接往来できるのですね。

 前橋駅の階段には、9月に当ブログでご披露したように、ぐんまちゃんの絵も描かれています。今日の写真は別の階段です。
Maebashikaidan01

 絵が描かれている駅の階段は他にあまり見た記憶がありません。
 階段利用は前橋駅の駅員さんの発案なのでしょうかね。

2019年10月28日 (月)

東横線の青ガエル

 今日、自由が丘駅で東横線を待っていたら、緑色の車両がホームに入ってきました。
 「ややっ! これは昔の東横線」と思い、中目黒駅で降りた時に撮影しました。
Aogaeru01
 いわゆる「青ガエル」ですね。懐かしいです。

 最後尾。
Aogaeru02
 行き先表示がよく見えませんが、「和光市」です。このあたりが昔とは大違い。(^_^)
 でも、懐かしかったです。テツではないのですが。

 帰宅してググってみましたら、このラッピング列車は、一昨年の8月28日に東急東横線の開通90周年を迎えたことを記念して運行を始めたそうです。1年間の予定が何度か延長され、現在も、今年の8月30日で運行終了のはずが、好評につき当面の間運行継続することになったそうです。
 見ることができて幸いでした。

 2年前から運行していたのなら、日常的に東横線を利用している方はちょくちょくご覧になっていたことでしょう。
 ちょっと、今さら、といった思いです。(^_^;

2019年10月 2日 (水)

新町で公開講座&新町は群馬の玄関

 今日は、新町公民館で今年度3回目の公開講座でした。テーマは大伴坂上郎女です。
 レジュメはこちら
 今回もまた、皆さんとても熱心に聴いてくださいました。質問も活溌に出て、次回の私の宿題は3つになりました。(^_^;

 新町駅のホームに長い横断幕があります。東京方面に向かう列車のホームから見えます。
 写真を撮るにも、長すぎて1枚に収まりきれないので、分割しました。

 向かって左端。
Shinmachi_gunma01
 SLとリゾートやまどりがJR東日本高崎支社のお宝で、基本的に毎週土日に運行しています。

 中央部。
Shinmachi_gunma02
 日本語の他に、米中韓3ヶ国語でアピールしています。

 そして右端。
Shinmachi_gunma03
 「群馬の玄関」とあります。
 東京方面から高崎線を北上して行くと、新町駅の1つ手前の神保原駅までが埼玉県、新町駅からが群馬県になりますので、新町駅は確かに群馬の玄関口になります。群馬県最南端の駅です。

2019年9月29日 (日)

明治40年の市街線入り東京全図

 このようなものを入手しました。
M40shigaisen01

 上は表紙で、中身は以下のようなものです。
M40shigaisen02
 上が西です。左方向に90度回転させると通常の向きになります。

 「東京全図」とありますが、範囲は、赤坂区、芝区、神田区、下谷区、麻布区、浅草区、本郷区、牛込区、四ッ谷区、小石川区、本所区、深川区の12区です。
 新宿も渋谷も品川も、まだ郡部です。

 区と郡の表が載っています。郡部は以下の通りです。
M40shigaisen03

 玉電の経路はこの地図の範囲外ですが、別枠で乗っていました。
M40shigaisen04

 玉電は、多摩川の川原の砂利を運ぶために引かれたと聞いたことがあります。ずいぶん昔から通っていたのですね。

 びっくりしたのは現在の世田谷線です。右端の渋谷駅から左へ延びてきた線路が三軒茶屋で分岐して、一方は玉川へ、もう一方は現在は下高井戸に行きますが、この路線図では、松陰神社のあたりから下に折れて用賀で本線に合流しています。これは全く知りませんでした。

 以前ご披露した昭和12年の地図を載せます。
M40shigaisen05

 比較すると、三軒茶屋から駒沢の間に、昭和12年の地図では3駅あります。私が玉電を使っていた頃も同様でした。明治40年の地図では三軒茶屋と用賀の間は旭橋の1駅のみです。この駅名は知りませんでしたが、位置は後の上馬駅付近ではないかと思います。私が通っていた小学校は旭小学校という名で、もとは上馬駅付近にあったと聞いたことがあります。そのあたりに旭橋という地名があったのなら、学校名はその「旭」を採ったと思われます。

 すみません。途中から個人的な懐かしさからローカルな話になってしまいました。(^_^;

2019年8月22日 (木)

群馬県内のJR6駅の乗者人数、最多

 今日はローカルな話題で……。(^_^;

 ネット版の上毛新聞に「県内JR 6駅で1日平均乗車数が最多」という記事がありました。
 8月15日付だったのですが、今日気がつきました。
 そこに掲載されていた表です。
Gunma_jr2018
 印が付いているのは、2000年度以降最多だそうです。
 電車派の私としては、駅の乗客数が増えているというのは嬉しいことです。

 表の一番右端の数字は、対前年増加率(%)です。
 ①高崎駅、⑥高崎問屋町駅の増加率が高いです。高崎は元気そう。

 当ブログにも時々登場している新町駅が7位に入っているというのは驚きでした。意外と乗客数が多いのでした。

 とはいえ、トップの高崎駅の人数は、山手線で言えば目白駅と鶯谷駅との間です。
 10位の井野駅は2000人を超えたあたりですので、そう多いとはいえません。

 また、これらのように乗客数が増加している駅がある一方で、県内全53駅のうち、無人駅が24駅(45.3%)もあるそうです。格差が大きいです。

2019年8月10日 (土)

意外なところで、土屋文明記念文学館

 先日の、惟光さんのところでの集中講義の折、日本文学科の研究室等があるフロアの入口に、このようなラックがありました。
 各地の博物館や美術館等のチラシが置いてあります。
Gongitsuneten06  
 何げなく見ていたら、左下の方にあるチラシの「ごんぎつね」に目が留まりました。

 これ、当ブログでもご紹介した群馬県立土屋文明記念文学館の企画展のです。
Gongitsuneten01
 こんな遠くまで。

 さらに、このラックの左下隅には、土屋文明記念文学館のパンフレットが置いてありました。
Gongitsuneten07
 土屋文明記念文学館の広報活動、なかなか意欲的ですね。(^_^)

 湘南から高崎まで行くのは遠いので、よほど興味のある展示でないと、文明記念館まで行こうという気にはなれないかもしれません。最速は、小田急線に乗って新宿、さらにJR大宮経由で高崎まで、となりましょうか。
 小田急線で小田原に出て、そこから湘南新宿ラインに乗れば、乗り換えなしで高崎まで行けます。乗り換えなしは楽ですけど、時間は掛かりましょうね。

 湘南新宿ライン・上野東京ラインで東海道線乗り入れが実現した時は、高崎駅の電光掲示板に「伊東」だの「熱海」だのと表示されて違和感がありましたが、今はもう慣れました。(^_^)
Ueno_tokyo
 「小田原」行きや「国府津」行きが多い気がします。

2019年6月23日 (日)

「タッチでGo!新幹線」その後

 何かのきっかけで昔書いたブログの記事を読むことがあります。

 昨年の4月に「タッチでGo!新幹線」という記事を書きました。
 昨年4月から、関東圏ならば、新幹線特急券を買わなくてもSuicaカードで新幹線に乗れることになりました。
 何とも便利なシステムです。
Touch_de_go03_20190623183601   
 しかし、私はこれをあまり使わないのではないかと考えました。
 理由は金銭的な点です。回数券ならば割引がある上に、東京都内と高崎・前橋間の在来線部分の運賃も不要という点で、お得です。
Touch_de_go02
 ということで、「使うとしたら、うっかり回数券の手持ちが切れてしまったとき、年末年始やお盆などで回数券が使えない時期、在来線に乗るときにうっかり回数券を使わずに改札を通ってしまったとき、などでしょう。」という結論に達しました。

 その後どうなったか。

 あの記事を書いて以後、回数券は全く買っていません。新幹線に乗るときは毎回Suica利用。(^_^;

 なぜそういうことになったかというと、Suicaの方が便利だから。♪
 ピッ!ピッ!で新幹線改札を通れてしまうというのはやはり便利です。
 あらかじめ回数券を買っておく必要がありません。
 また、回数券の場合は、最寄のJR駅の改札を通る時点で財布から回数券を出さなければなりません。
 Suicaでピッ!ピッ!ならば、世話なしです。

 という次第で、金銭的なお得よりも、便利さの方を採ってしまったのでした。いとも簡単に。(^_^;

 お金、貯りません。(^_^;

より以前の記事一覧

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ