鉄道

2020年9月 3日 (木)

兵どもが夢の跡

 昨日乗った新幹線に、車内誌『トランヴェール』の9月号が置いてありました。
Trainvert20209a

 今号の特集は「『おくのほそ道』翻訳トラベル」です。
Trainvert20209b

 『おくのほそ道』の英訳は何種類か刊行されているのですね。
 この特集の前半では、『おくのほそ道』で句がよまれている土地を、アーサー・ビナード氏と深沢眞二氏(連歌・俳諧の研究者)が訪れて、その句の英訳を鑑賞します。範囲は白河から松島までです。
Trainvert20209c
 上の画像の右側の写真は、大高森から撮した松島です。大高森については、以前、三友亭主人さんがブログで触れられていて、その時に初めて名前を知りました。この写真のキャプションを見て、「おお、これが」と思いました。といっても、大高森から撮した写真ですので、大高森自体は写っていないのですが。

 両氏。
Trainvert20209d

 後半では、アーサー・ビナード氏が新訳に挑みます。範囲は平泉から象潟までです。
Trainvert20209e

 私は英語が苦手で、せっかくの特集が猫に小判だったのですが、それでも大変に興味深く読みました。

 「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」をビナード氏は、
 「Up here,a stillness――the sound of the cicadas seeps into the crags」と訳しています。

 「閑か」を silence ではなく、stillness と訳したのはビナード氏の工夫のようです。

 英語に関することではありませんが、「夏草や兵どもが夢の跡」の解釈について、この「夢」は芭蕉の見た夢ではないかという説が紹介されていました。芭蕉が兵たちの夢を見た。はっと気づくと眼前には夏草がそよぐばかりであった、という解釈です。芭蕉の時代、「夢」は眠っているときに見る夢だけを指し、将来の希望という意味はなかったというのが根拠の1つになっているようです。

 考えたこともない解釈で、新鮮でした。

 日本の古典文学と英語という、その2つを組み合わせた、なんともアカデミックな特集です。

2020年8月23日 (日)

らぶ駅長

 先日、大館駅のいぬ駅長と、芦ノ牧温泉駅のねこ駅長のポスターのことを書きました

 いぬ駅長、両者対照的で、かわいいです。
Odateinu

 ねこ駅長の表情が何とも魅力的だったのですが、この写真ではそれが十分に伝わらなかったように思います。
Ashinomakineko

 一昨日、前橋駅でも同じポスターを見かけましたので、再挑戦。
Loveekicho
 今度の方が、現物のポスターに近く撮れたように思います。

 よく見ると、右側にカメラを構えている私の姿が映り込んでしまっています。(^_^;
 これがイヤだったので、前回は離れて撮ったのですけど……。まぁ。(^_^)

 名前は、らぶ駅長。男の子だそうです。

2020年8月13日 (木)

いぬ駅長とねこ駅長

 昨日は久しぶりに床屋に行きました。
 途中の乗換駅にいぬ駅長ねこ駅長のポスターが貼ってありました。
 和みました。(^_^) そのまま通り過ぎたのですが、ねこ駅長の顔に気品があり、惹かれるものを感じて、帰りに撮影することにしました。

 秋田県の大館駅の観光駅長です。
Odateinu
 向かって右側が勝大くんで、左がおもちちゃんです。
 大館駅ですから、秋田犬でしょうね。

 そういえば、渋谷駅のハチ公口に安置してあった東急東横線の青ガエルが、先ごろ大館駅に移動したというニュースを見ました。
 渋谷駅周辺の大規模な再開発に伴うものでしょうね。
 移転先がなぜ大館駅なのかというと、それはハチ公のご縁のようです。
 青ガエルが移転すると知って、2月に撮影してきました
Shibuya202002c

 この車両はインフォメーションセンターとして使われていて、中にはハチ公が鎮座していました。
Shibuya202002e

 昨日見たもう1枚のポスターはこれです。
Ashinomakineko
 福島県の芦ノ牧温泉の二代目名誉駅長、らぶくんです。
 強く惹かれて、帰りがけにわざわざ撮したものです。
 あまりそう感じられないとしたら、私の撮影が下手なせいです。(^_^;

2020年7月17日 (金)

近鉄奈良線を平城宮跡の外へ

 平城宮跡を横切る形で通っている近鉄奈良線を遺跡の外へ移設する方向で、奈良県が奈良市や近鉄と合意したことを、昨日のネットニュースで知りました。

 目的は、景観への影響を減らすことと、周辺の踏切で発生している渋滞を改善することだそうです。

 県の案では、大和西大寺駅から平城宮跡を斜めに横切っている路線を、西大寺駅から南下させ、大宮通りに沿うように迂廻させます。西大寺駅の周辺は高架にし、平城宮跡の南側から先は地下にすることで踏切を減らすということです。
 さらに、西大寺駅から近鉄奈良駅までの間に3つの駅を設けるとしています。
Narasenisetsu01

 確かに、特別史跡の平城宮跡の中を線路が走っているのはいかがなものかと思います。また、油阪駅(仮称)ができれば、近鉄線とJR線との乗り換えは便利になりそうです。

 良いことと思いますが、地下水脈に影響が出ると、地下に埋まっている木簡の状態が悪化する可能性があるそうです。なかなか難しいものです。

 近鉄線の車中から朱雀門を撮したり、
Narasenisetsu02

 大極殿を撮したりするのを楽しみにしてきました。
Narasenisetsu03

 それができなくなってしまいますが、それはまぁ個人的な趣味の世界ですし、同様の写真は車外からでも撮れますので、ま、仕方ありません。(^_^;

2020年6月20日 (土)

八木原駅駅舎、建て替えへ

 当ブログをご覧くださっている皆様には、どうでもよいようなローカルすぎる話題です。
 すみません。(^_^;

 今日のネット版の上毛新聞によれば、JR上越線の八木原駅の建て替えに向けて、渋川市とJR側とが基本設計の協定を結ぶ予定とのことです。
 八木原駅というのは、渋川駅の1つ南の駅で、私の渋川の家の最寄り駅です。
 駅周辺はこのようになっています。
Yagihara_map
 わが家は駅の東側にあります。そして、駅の改札は駅の西側にしかありません。電車に乗るには線路を渡って西側に行かねばなりません。線路を渡る踏切は駅の北と南とにあり、どちらかを利用することになります。

 家を出た後、駅の東(地図の右)から駅に向かい、北回りの赤いルートを通って線路の西側に渡るか、南回りの青いルートを通って線路の西側に渡ることになります。どちらも結構遠回りなため、遅刻するか否かを左右しかねません。
 本当はいけないのですが、赤い点線を通ったこともあります。そんなところを通っては本当にいけません。

 新聞記事に依れば、今回の計画は、線路の東西を結ぶ自由通路と東西両側の駅前広場、東側のアクセス道路を整備するとのことです。
 駅内または駅のごく近くに東西を結ぶ自由通路が設置されれば、駅の東側に住んでいる人達はずいぶん便利になることでしょう。

 私個人について言えば、渋川の家は今年中にも撤収しようと思っていますので、残念ながら、この恩恵にはあずかれません。

2020年5月29日 (金)

不運な群馬デスティネーションキャンペーン

 昨日、目白駅でこのようなポスターを見ました。
Mejiro202005c
 まさか目白駅でぐんまちゃんに会えるとは思いませんでした。(^_^)
 階段の上から撮ったので、ちょっと分かりにくい絵面になりました。

 このポスター、前に見たことがあります。
 今年の3月に八丁堀駅で見ました。ぐんまちゃんの手配書です。
Gunmac_tehai01
 これ、群馬デスティネーションキャンペーンのPRの一環です。

 デスティネーションキャンペーンというのは、JRグループ旅客6社と指定された自治体、地元の観光事業者等が共同で実施する大型観光キャンペーンのことで、昭和53年度が最初です。なお、デスティネーション(Destination)は、目的地・行き先という意味だそうです。

 そして、群馬がデスティネーションキャンペーンの対象になるのは9年振りです。それで、群馬県はかなり力を入れていたようです。
 去年の3月に見たポスターにこう書いてありました。
Gunmades2019b
 今年の本番の前後に、プレとアフターも設定されて、3年連続のキャンペーンなのでした。

 それが、このコロナ禍です。何とも不運なことでした。
 9年前の前回のキャンペーンは東日本大震災の年でした。あの時は、旅行することも復興復旧の一環になると考えられましたが、今回は外出自粛が求められますので、どうにもなりません。

 今後、コロナ禍が終息して、来年のアフターには、たくさんの観光客が訪れてくれるように願っています。

2020年5月28日 (木)

3ヶ月ぶりの床屋&原宿駅旧駅舎

 緊急事態宣言が解除されたので、今日は床屋に行ってきました。
 前回行ったのが2月21日でしたので、97日前です。
 普段、床屋は40~50日置きくらいに行っていますので、1回飛ばしくらいになります。
 脇や後ろが伸びて、鬱陶しかったです。でも、中央部はあまり伸びない。(^_^;

 JRに乗るのは3月27日以来ですので、62日前です。
 東急線には時々乗っていたものの、東急線外には2ヶ月間出なかったんですねぇ。
 ずいぶん外出自粛していました。
 近所のスーパーには毎日行っていましたので、「3日に1度くらいに」という東京都知事の要請は無視してしまっていましたけど。(^_^;

 床屋は目白です。40数年間、同じ所。
 目白駅前に三井住友銀行があります。こんなでした。
Mejiro202005a

 小さくてよく分かりませんね。拡大します。
Mejiro202005b
 銀行の中央付近はセブンイレブンになっていました。その脇に銀行のATMがあります。
 銀行は移転したわけではなく、窓口は2階にあるのではないかと思いますが未確認です。

 山手線に乗ったら、「あ、原宿駅」と思い出しました。
 3月に、原宿駅が新駅舎に変わり、旧駅舎は取り壊すということでした。
 それで、3月中に旧駅舎の写真を撮りに行こうと思っていたのですが、外出自粛で行くのを控えていました。
 そのこともすっかり忘れていましたが、山手線に乗ったことで、思い出しました。

 で、原宿駅で途中下車しました。風来坊です。まだ自粛を続けなければいけないのに。(^_^;
Harajuku01
 旧駅舎、残っていました。取り壊しはまだ先のようです。時計も動いていました。
 天気があまり良くなかったのが残念です。

 原宿駅にそう馴染みがあるわけではありません。
 以前、お正月に、原宿で降りて、明治神宮に初詣に行って、NHK放送センターに寄って、渋谷駅に出る、というルートで歩いたことが何回かありました。お正月以外に、明治神宮には寄らずにNHKにだけ行ったことも何度か。50年ほど前のことです。
 えっ! 50年? と思って、計算し直してみましたが、間違いないようです。いつの間に……。正確には、50年近く前ですけど。

 新駅舎は旧駅舎の少し南です。
Harajuku02
 こちらは近代的な建物です。画面右側が旧駅舎です。

 ついでに皇室専用ホームへの入口にも行ってみました。
Harajuku03
 これ、使っているのでしょうかね。
 皇族が鉄道を利用してどこかへ行かれるときは、今は車で東京駅などに行かれるのではないかと思います。
 原宿から乗車してもねぇ。

 ということで、長期にわたって外出自粛していましたが、外出したら、ちょっと道草など食ってしまいました。

2020年5月27日 (水)

レトロな東急多摩川線

 ローカルな話題で失礼します。(^_^;

 今日は用事で、東急多摩川駅で乗り換えて、武蔵新田駅まで往復しました。
 帰りがけに、多摩川駅で乗り換えようとしたら、反対側のホームに見慣れない車両が停まっていました。
 そのまま階段を途中まで上りましたが、「いやいや」と思い直してUターンしました。←迷惑な客だ。(^_^;
 停まっていたのはこれです。
Tamagawasen01
 何ですかね。昔の東横線のイメージでしょうか。なんか懐かしい気がします。

 思わず、一番端まで見に行きました。←テツではありません。
Tamagawasen02

 胴体には懐かしい「T.K.K.」の文字が。
Tamagawasen03
 文字が安全柵と重なってしまいました。どうも、することが半端です。

 昔から「T.K.K.」が何の略か、気になっています。
 Tは「東急」のTに違いありません。
 最初のKは「TOKYU」のKですかね。それとも「TOKYO KYUKO」のKですかね。
 最後のKとも合わせて、謎です。2つのKで「株式会社」のような気もします。ナゾです。
 考えると夜も寝られないので、考えません。♪

 多摩川線では、以前、こういう車両も見ました。
Tamagawasen04

 東急は懐かし路線に力を入れているのかもしれません。

2020年5月23日 (土)

『トランヴェール』2020年4月号は群馬特集

 JR東日本の新幹線の座席には『トランヴェール』という月刊雑誌が用意されています。
 この雑誌が好きで、表紙に「ご自由にお持ち帰りください」とありますので、毎号持ち帰っています。
 ところが、今のコロナ禍による外出自粛により、群馬には3月27日以来行っておらず、新幹線にも乗っていません。
 そのような次第で、この雑誌の4月号は入手することができませんでした。

 私、テレビも、毎日あるいは毎週見ている番組は、1回でも見ないのはなんかイヤなのです。頭固いです。(^_^;
 この雑誌も毎号愛読していますので、4月号が飛ぶのはイヤでした。

 ところが、この雑誌、通販で買えることを知りました。バックナンバーも、在庫があれば買えるのでした。
 早速注文しました。5月もひょっとしたら新幹線に乗れないかもと思い、4月号と5月号。オニですな。(^_^)
 お金のことを言ってはナンですけど、誌代は1冊157円で、送料は2冊で280円です。
 費用は、締めて、157×2+280=594円ということになります。
 新幹線に乗れれば、無料なのに。(^_^;
 1冊157円の雑誌が新幹線の車内では無料というのは、新幹線のお客さんには、その代金がサービスということなのでしょうね。

 今日、届きました。♪
Trainvert20204a
 なんと、4月号は群馬特集でした。
 巻頭の駅弁ページも高崎の駅弁2つ。
Trainvert20204b

 今回から連載開始の路線ざんまいページも、晴れの第1回目は「温泉ざんまい」で、群馬県の吾妻線沿線でした。
Trainvert20204c
 ま、この沿線には草津温泉がありますので、順当なところかもしれません。
 それらを含め、1冊ほぼまるごと群馬でした。買って良かったです。(^_^)

 一緒に買った5月号の特集は伊豆でした。
Trainvert20205

 群馬といい、伊豆といい、せっかくの良い季節なのに、このような状況で残念です。
 この雑誌の編集に当たった方々も残念に思っていることでしょうね。
 新幹線の乗客も激減しているそうですから、この雑誌を読む乗客も少ないことでしょう。
 せっかく苦労して作った雑誌なのに、製作に当たった方々、張り合いのないことでしょう。お気の毒です。
 そういう点からも買って良かったと思います。

 今日は東京都の新規感染者は2人でしたし、間違いなく収束に向かっていますね。
 あと一息。油断せずに、日々を送りたいと思います。

2020年5月19日 (火)

西鉄の旅人(たびと)列車

 数年前に学生から貰いました。
Tabitocard01
 鉄道フェスティバルで貰ったのだそうです。
 そういう催しに行ったということは、この学生、テツなのでしょうね。(^_^)
 万葉集関係ということで、私にくれたようです。
 大宰府行きの急行です。「旅人」という名前はぴったりですね。
 去年の「令和」改元を受けて、益々人気が出たことでしょう。

 万葉集関係の列車の写真を私のHDDの中から捜してみました。

 近鉄奈良駅で写した列車。平成23年の撮影です。
Tabitocard02

 高岡駅で写した列車。これも同じく平成23年です。
Tabitocard03
 万葉関係のラッピングは施していませんが、路線名が「万葉線」です。
 この列車は高岡⇔射水間を走っています。

 どちらの写真も9年前ですので、今はまた新たな列車が走っているかもしれません。

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ