テレビ

2020年7月 2日 (木)

「ひよっこ」が終わってしまった

 朝ドラの「ひよっこ」を、毎日16:20から1日2回分ずつ再放送していたのですが、今日で終わってしまいました。毎日楽しみに見ていましたので寂しいです。
Hiyokko

 朝ドラはなるべく見ないようにしています。
 うっかり見てしまって面白いと、毎日留守録を仕懸けて、夜に見ることになります。現役時代、毎日リアルタイムで見るのは、なかなか。
 それで留守録ということになりますが、それも厄介なので、初めから見ないようにしています。

 それでも、うっかり見てしまって、以後、毎日見ることになってしまった番組がいくつか。
 「ひらり」「かりん」「ふたりっ子」「あすか」「どんど晴れ」「おひさま」「あまちゃん」などです。結構いっぱい。(^_^;

 どれも、見始めたのは途中からです。そういう半端な視聴者。

 夕方の再放送も見ないようにしていたのですが、ステイホームで「ひよっこ」をうっかり見てしまったために、録画して毎日見ることになりました。

 いや、面白かったです。後悔していません。

 ドラマのあらすじをNHKのサイトから引用すると、以下のようになります。

 東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年。茨城県の農村で生まれ育った谷田部みね子(有村架純)は、東京に出稼ぎに出ていた父・実(沢村一樹)の失踪をきっかけに集団就職で上京。みね子を支えたのは、ラジオ工場で共に働いた仲間、東京での親のような存在となった洋食店店主・牧野鈴子(宮本信子)の家族や商店街の人々だった。さまざまな出会いと別れを重ねたみね子は、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。高度成長期をひたむきに生きた「名もなき人々」にスポットを当て、日々の暮らしを温かく描いた物語。

 はい。全くその通りです。よくまとまっています。←ナゾの上から目線。(^_^)

 ドラマの時代は、東京オリンピックが開催された昭和39年からの4年間ほどです。
 登場人物が多いのですが、それぞれの人々の性格や背景などが丁寧に描かれていました。
 そして、ビートルズの来日やツイッギー人気などの、当時の社会的背景がドラマとよく絡み合っていたと思います。
 主人公の谷田部みね子の年齢が私よりも5~6歳上という設定だったので、ほぼ同世代としてあれこれ懐かしく感じる部分もありました。
 谷田部みね子が存命ならば、今は70代前半ということになります。具体的なモデルはいないのでしょうけれど。

 シリアスな部分もありましたが、全体的にはコメディタッチでした。朝のドラマはあまり深刻じゃない方がいいです。最後の10回ほどは、あれやこれやが怒濤のようにめでたく収束しました。

 面白かったです。明日から寂しい。

2020年5月 4日 (月)

今日は「糸魚川・ヒスイの日」

 今日は「糸魚川・ヒスイの日」です。
 それを知ったきっかけはまた「ねこあつめ」の「今日のあいことば」です。
 5月4日の「今日のあいことば」が「翡翠」でしたので、これは何かあると思ってググってみました。(^_^)

 「糸魚川・ヒスイの日」は、新潟県糸魚川市で活動する市民団体の「NPOまちづくりサポーターズ」が制定したもので、糸魚川市が日本唯一のヒスイ産出地であり、世界最古のヒスイ文化発祥の地でもあることから、ヒスイの魅力をさらに大勢の人に知ってもらい、まちおこしの機運の醸成を図ることが目的とのことです。
Itoigawahisui
 5月4日という日付は、ヒスイの色からの連想で「みどりの日」が選ばれたのだそうで、平成26年に、一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。

 下は、頂き物のお守りです。本物の翡翠ではないとのことです。レプリカ。でも、イメージはよく伝わります。
Nunakawa02

 以前、当ブログに書いたことですが、糸魚川の翡翠というと、松本清張の『万葉翡翠』が思い出されます。原作はまだ読んでいませんが、少年時代に、テレビドラマ化されたのを見て、大いに興味を覚えました。

 万葉集の「沼名川の 底なる玉 求めて 得まし玉かも 拾(ひり)ひて 得まし玉かも あたらしき 君が 老ゆらく惜しも」(巻13・3247)という歌にまつわる作品でした。
 2ヶ所に出てくる「得まし」は、現在は「得し」という訓が一般的です。「得まし」の訓は少数派で、主な注釈書の中でこの訓を採るのは、『万葉集評釈』(窪田空穂)と、『万葉集全註釈』(武田祐吉)だけのようです。松本清張はこのどちらかの注釈書に依ったのでしょう。

2020年4月19日 (日)

「ブラタモリ」飛鳥回のタモリさんの言葉

 昨夜の「ブラタモリ」は飛鳥の回で楽しかったです。
Buratamoasuka01

 印象に残る言葉がいくつかありましたので、夜中に録画を見て、文字起こしをしました。熱心なことです。(^_^;

 飛鳥寺の礎石が境内に残る来迎寺の入口付近の掲示板に「過去と相手は変えられないが 未来と自分は変えられる」という言葉が書かれていました。それを見て、他のお寺の掲示板の言葉について述べた後、この言葉に対しては、
Buratamoasuka02
 「まあまあでしょ」でした。(^_^)

 漏尅が発掘された水落遺跡の所で、そのような遺構があるとはだれも知らない明治時代の地図に「字水落」とあることについて、
Buratamoasuka03
 >地名というのは、やっぱり土地の記憶なんですよね。
 >本当は変えちゃいけないんですよ。
 >地名変更なんて、行政の便利さで変えてますけども、本当はダメなんですよね。
 >やっぱり守ってかなきゃダメですよね。

と言っていました。我が意を得ました。♪

 「水落」という地名、たぶん1400年生き続けてきたのでしょうね。地名は形のない文化財と思います。

 最後のところで、まとめのような言葉も印象に残っています。

 >ま、現地に来てみないと実感できないよね。
 >ここから日本が始まったって。
 >廻ってみて初めて分かるよね。
 >だから、なんていうか、知ることと分かることは、やっぱり全然違うってことですよね。

 これまたもっともと思います。これも飛鳥が原風景を留めているからこそですね。
 石の都という点もタモリさんは気に入ったのではないでしょうか。(^_^)

2020年3月11日 (水)

東日本大震災9年

 今日の昼過ぎに、渋川市の地震や火災の情報メーリングリストから次のようなメールが届きました。
311_9nen01
 9年経つのに、手厚い対応と思います。群馬県立女子大学でもたぶん半旗を掲げているのではないでしょうか。

 ニュース番組は新型コロナウイルスを取り上げることが多いですが、NHKの夜7時のニュースは時間を1時間に拡大して、内容的にも大震災のことに多くの時間を割いていました。
 びっくりしたのは、のんさんがゲストで登場したことです。ずいぶん久しぶりに見ました。
311_9nen02
 コメントは昔から苦手ですね。(^_^; バラエティには向いていないと思います。女優さんなので、それでも構わないでしょう。
 震災以来、被災地を30回以上訪れているそうです。

2020年2月16日 (日)

チコちゃん「湯船」

 NHKの「チコちゃんに叱られる」が好きで、毎週見ています。
 こんなものも買ってしまったりして。(^_^)
Chikosausage

 前回のチコちゃんで、浴槽をなぜ「湯船」というのか? という問題が出ました。
 正解は、江戸時代の浴槽を設けた船に由来するとのことでした。
 「そうかなぁ?」とは思いました。記紀の八岐大蛇の段で、スサノヲが「さかふね」に酒を盛らせるという記述があります。
 酒を盛る容器が「さかふね」なら、湯を盛る容器が「ゆぶね」で何の不思議もありません。
 ただ、そう思っただけで、そのままにしてしまいました。

 そうしたら、ツイッターに早速「おかしい」という指摘が出ていました。
 「ゆぶね」の例は倭名抄にあるとのことです。
 確かにありました。(^_^)

 また安易に日国を示します。

ゆ‐ぶね 【湯船・湯槽】〔名〕
 (1)入浴用の湯をたたえておき、人がその中にはいる大きな箱・桶。浴槽。湯の船。
  *十巻本和名類聚抄〔934頃〕六「浴斛 楊氏漢語抄云浴斛〈由布禰 下胡谷反〉」
  *栄花物語〔1028~92頃〕玉のうてな「ある所を見ればゆぶねの湯わかして、僧二三十人浴(あ)みののしる」
  *浮世草子・けいせい伝受紙子〔1710〕三・五「五間にあまる湯舟(ユブネ)に掛樋滝をおとし」
  *俳諧・続一夜松前集〔1785〕「あつき日も秋はさすがに草の月〈梧泉〉 湯ぶねのけぶり霧にまぎるる〈文母〉」

 (2)江戸時代、船の出入りの多い港にあった風呂場を設けた小船で、入港した廻船や渡海船に漕ぎつけ、船乗りや旅客から金をとって入浴させた移動式の風呂屋。風呂屋船。
  *御触書寛保集成‐三六・享保六年〔1721〕九月「向後荷物瀬取候茶船并湯船水船之外、一切諸廻船之辺え乗り参間敷候」
  *和漢船用集〔1766〕五・江湖川船之部「湯(ユ)船 武州江戸にあり。舟に浴室を居(すゑ)、湯銭を取て浴せしむる風呂屋舟也」
  *随筆・骨董集〔1813〕上・一五「行水船よりおもひつきて、居風呂船をこしらへ、居風呂船より今の湯船(ユブネ)といふものいできしなるべし」

 ついでに、同じく日国から「ふね」を。

ふね 【船・舟・槽】
【一】〔名〕
 (1)水の上に浮かべ、人や荷物をのせて水上を渡航する交通機関。ふつう木材または鋼で中を空洞に造るが、近年小型船は合成樹脂とガラス繊維とで造るものが多い。
  *古事記〔712〕上(道祥本訓)「此の子は葦(あし)の舩(フネ)に入れて流去(なかしや)る」
  *万葉集〔8C後〕一七・四〇二七「香島より熊来を指して漕ぐ布禰(フネ)の楫(かぢ)とる間なく都し思ほゆ〈大伴家持〉」
  *土左日記〔935頃〕承平四年一二月二〇日「すむたちよりいでて、ふねにのるべきところへわたる」

 (2)(1)のように内部を空洞にした箱形の容器。
  (イ)水・湯・酒など液体を入れる容器。湯ぶね・洗濯桶など。槽(そう)。水槽。
   *古事記〔712〕上(道祥本訓)「其の佐受岐毎に酒(さか)舩(フネ)を置きて船毎に其の八塩折(やしほり)の酒を盛(い)れて」
   *宇津保物語〔970~999頃〕吹上上「〓(きさ)の木に、鉄の脚つけたるふね四つたて並めて、皆、品々なる飯炊ぎ入れたり」
   *とはずがたり〔14C前〕一「まへなるふねに入かけひの水も、こほりとぢつつ」
   *蔭凉軒日録‐文正元年〔1466〕閏二月一七日「所〓浴之船、南北五尺五寸、東西四尺五寸」
   *鱧の皮〔1914〕〈上司小剣〉二「あのまむしが五つ上ると金太に魚槽(フネ)を見にやっとくなはれ」
  (ロ)清酒・醤油などを搾りあげるのに用いる箱。内側面に簀竹を張り詰め、底には凹線をひいたもの。酒槽(さかぶね)。
  (ハ)馬のかいば桶。馬槽。
   *二十巻本和名類聚抄〔934頃〕一五「槽 唐韻云槽〈音曹 和名与舟同〉馬槽也」
   *大和物語〔947~957頃〕一五七「ただのこりたるものは、馬ぶねのみなむありける。それを、この男の従者、真楫(まかぢ)といひけるして、このふねをさへとりにおこせたり」
   (以下は用例省略)
  (ニ)棺桶。ひつぎ。
  (ホ)魚市場や魚屋で、魚や貝などを入れる底の浅い木箱。また、刺身や貝のむき身などを入れて売る底の浅い容器。
  (ヘ)菓子を入れる箱。〔菓子大全{1840}〕
  (ト)米や雑穀を入れる桶。米槽(こめぶね)。
  (チ)盆栽などを安置する容器。

 (3)宝船のこと。

 (4)(「ひきふね(引船)」の略)芝居の正面桟敷のこと。

 (5)紋所の名。(1)の形を図案化したもの。

 (6)「ふなまんじゅう(船饅頭)」に同じ。

 (7)「ひきふねじょろう(引舟女郎)」の略。

【二】〔接尾〕箱形の容器に入れたものを数えるのに用いる。

 明瞭ですね。「ふね」の【一】の(2)で良いと思います。

 その昔、わが家では、毎年年末にお米屋さんがのし餅を配達してくれました。それを切って切り餅にして(切るのは私)、それを木の容器に保存しました。その容器を「もちぶね」と呼んでいました。

 あの番組では、「諸説あります」という断り書きを付けていますけど、断れば良いというわけではないでしょう。
 ツイッターでの指摘に対し、「楽しんで見ているのだから、そんなケチを付けなくても」というコメントが付いたのには驚きました。
 それはおかしい。

2020年1月17日 (金)

3000円で200ポイント

 前にも書きましたが、いつものスーパーでは、3000円以上買い物をすると200ポイント貰えるという、ポイントラッキー券の使える日があります。
 今日がその日でした。この日のために、昨日、一昨日は買い物をセーブしたかったのですが、昨日はあれこれ買わなくてはいけないものがあり、2664円も買ってしまいました。その分のいくらかでも今日に回したかったです。
 今日買わなくてはいけないものはあまりなかったのですが、なんとか3000円を超えました。
Tokyureceipt20200117

 3093円-キャッシュバック10円=3083円ということで、かなり優秀です。(^_^)

 3000円を目指して、暗算しながら買い物をしますが、暗算、あまり得意ではありません。1円の桁は四捨五入して、10円単位での暗算です。でも、スーパーの商品って、1円の桁は8円が多いので、四捨五入すると大体繰り上がってしまい、3000円に届いたと思っても実際には届いていない可能性もあります。それを回避するために、いつもつい多めに買ってしまいます。時には3600円くらいになってしまうことも。弱気です。(^_^;

 そんな中、今日の3083円というのはちょっと感動的でした。
 「よし、今日のブログはこれだ!」と思ったわけですが、段々冷静になってみると、本人以外の方々には、「別に?」といった感じですよね。(^_^;

 3000円ぴったりの買い物をしたら、またブログに載せますね。

 その昔、テレビで視聴者参加の買い物番組がありました。決められた予算内でなるべく上限ギリギリの買い物をするというの。
 土曜夜のナショナル提供の「ズバリ当てましょう」、日曜昼のオリエンタルカレー提供の「ガッチリ買いましょう」を思い出します。

2019年12月 8日 (日)

いだてん最高じゃんねぇ(2)

 どうも、先週から日曜日は2本ずつ書いていますが。(^_^;

 今日もまた良かったです。
Idaten
 
 コンゴの2人の選手は金栗・三島両選手と重なるんですね。
 また涙。

 総集編を製作するに際して、「あれがこれに繋がって」と考える部分が多すぎて、担当者はさぞ大変と思います。

 平沢和重はリアルタイムで見ていたし、名前も憶えているのですが、当時まだ子供だったので、マダムキラーとは知りませんでした。
 木島則夫が奥様方に人気だったのは、子供ながら承知していました。

 あ、当時まだ小6・中1の分際で、平沢和重の名前を認識していたというのは、私の名前と音が似ていたからです。
  kazushige
  kazu hide

 まだ子供だったので、そんなものです。(^_^)

 あと1回かぁ。

2019年12月 2日 (月)

岡山駅ハローキティ弁当の容器

 一昨日の「ブラタモリ」は岡山でした。
 岡山には一昨年初めて行きました。萬葉学会の折です。
 1回だけとはいえ、行ったことのある場所がテレビに登場するのはなんか嬉しいです。(^_^)

 ただ、学会会場以外で行ったのは岡山城だけで、「ブラタモリ」に出てきた吉備津彦神社や鬼ノ城には行っていません。
 そんなわけで、「ブラタモリ」に映った場所で知っている風景はこれだけです。(^_^;
Momotaro01
 駅前の桃太郎像。

 そういえば、こういう駅弁の容器を持っています。
Momotaro02
 ネットオークションで入手したものです。
 容器だけ。

 側面。
Momotaro03

 こういうものを出品する人がいるんですねぇ。入札する人がいるかどうか、ダメ元で出したのでしょうかね。
 出す方も出す方ですけど、入札する方もする方です。(^_^;
 私の他に誰も入札する人もなく、ずいぶん安く落札できました。
 こんなものを買っているので、いつまでも部屋が片付かない。(^_^;

2019年12月 1日 (日)

いだてん最高じゃんねぇ

 今回も良かったです。
Idaten

 日本における近代スポーツ競技の歴史を描いた大河ドラマであると思います。

 今日もまたあれこれ繋がっていて。
 前回もずっと昔の高橋是清と繋がっていたし。

 クドカンの構想力、ただ事ではないですね。

2019年11月 2日 (土)

今日の「ブラタモリ」は草津

 今日の「ブラタモリ」は草津でした。

 毎回楽しみに見ている番組ですが、知った場所が取り上げられると、なおさら嬉しいです。(^_^)
 とはいえ、30年以上も群馬で暮らしていたのに、草津に行ったのは2~3回ですし、泊まったことはありません。(^_^;
 今日の番組でタモリさんが体験した湯もみは、私も1度だけしたことがあります。

 草津町のご当地ぐんまちゃんも湯もみです。
Gunmac_kusatsu11
 この女の子バージョンのぐんまちゃん、まつげが長いです。(^_^)

 今日の番組、草津温泉がどのようにしてできたのかが分かって興味深かったです。勉強になりました。

 最近、草津湯もみバージョンのフチのりぐんまちゃんを入手しました。コップのフチ子の仲間ですね。
Gunmac_kusatsu07

 裏側。
Gunmac_kusatsu08
 メイドインベトナムと印刷してあります。こういった品は以前はほとんどメイドインチャイナでしたね。世の中、変わりつつあります。

 別バージョン。
Gunmac_kusatsu09
 これでは湯もみはできません。(^_^;

 裏側。
Gunmac_kusatsu10

 ぐんまちゃんはなごみます。

 あ、そういえば、この番組にぐんまちゃんはチラとも出てきませんでした。残念です。

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ