研究

2019年10月30日 (水)

新町で公開講座。「さる」「なり」も

 今日は新町公民館で講座の日でした。隔週で全5回の講座、無事に終わりました。
 今日は前回に引き続き大伴家持です。
Yakamochizo02

 プリントは最後まで作って前回配ってありますので、今日は準備不要のはずが、そううまくはゆきません。(^_^;
 前回、自分への宿題を2つ課してしまいましたので、それをまとめなければなりませんでした。レジュメはこちら

 宿題の1つは「去る」です。「春されば」「夕されば」などは、「春になると」「夕方になると」の意で、「春が去ると」「夕方が去ると」の意ではありませんね。現代では「去る」は離れて行くことにしか使いませんが、上代では来ることにも使うと、辞書や注釈書に書かれています。
 これまで、授業や講座・講演などでは、それをそのまま受け売りしてきましたが、確認してみたくなりました。集中に「さる」は全部で129例ありました。分類すると以下のようになります。

A.季節が来る 65例
【春されば】春になると 27例
【春さり来れば】春になると 7例
【春さりぬれば】春になると 1例
【春さらば】春になったら 5例
【春さりゆくと】春になってくると 1例
【春さりゆかば】春になったら 1例
【春さりにけり】春が来たことだ 1例
【春さりくらし】春が来たらしい 1例
【春さりて】春になって 1例
【秋されば】秋になると 10例
【秋さらば】秋になったら 8例
【秋さりて】秋になって 1例
【秋さり衣】秋になって初めて着る衣 1例

B.時が来る 41例
【朝されば】朝になると 1例
【夕されば】夕方になると 30例
【夕さり来れば】夕方になると 2例
【夕さらば】夕方になったら 3例
【明けされば】夜が明けると 3例
【明けさりにけり】夜が明けてしまった 1例
【夜さり来れば】夜がやってくると 1例

C.(打消を伴って)欠けることなく 11例
【朝去らず】毎朝 5例
【夕去らず】毎夕 3例
【宵去らず】毎晩 2例
【岩もと去らず】全ての岩蔭に 1例

D.(打消を伴って)離れず 10例
【川淀去らず】川淀を離れず 1例
【海辺常去らず】海辺を常に離れず 1例
【み山を去らぬ】お山を離れない 1例
【朝廷去らずて】朝廷を去らずに 1例
【面影去らず】面影が消えることなく 1例
【床の辺去らず】床のあたりを離れず 3例
【枕去らずて】枕辺を離れず 1例
【ねどなさりそね】この寝床にいつもいてくれ 1例

E.離れて 2例
【枕片さる】あなたの枕が床の一方に寄っている 1例
 ○ここだくも思ひけめかも敷栲の枕片さる夢に見え来し(四・六三三)「枕片去」娘子
【夜床片去り】夜床の片方を開けてやすみ 1例
 ○~はしきよし 妻の命の 衣手の 別れし時よ ぬばたまの 夜床片さり 朝寝髪 掻きも梳らず 出でて来し 月日数みつつ~(一八・四一〇一)「夜床加多左里」大伴家持

 以上です。

 季節が来る、時が来る、の例が多く、特に「春されば」「夕されば」の例が目立ちます。夏や冬が来る例はありませんでした。

 そして、打消を伴って「欠けることなく」「離れず」の例があります。
 また、打消を伴わない「離れて」の例は2例しかありませんでした。この2例は用例を示しました。「枕片去り」「夜床片去り」というよく似た例です。

 何でしょねぇ。

 全体的に不思議な偏りを示しています。
 上代において「去る」は離れることにも近づくことにも使われるとはいいながら、近づく意で使われることが多く、しかも、それは季節と時間とに限られていて、人や動物が近づくことに使われた例はない。
 一方、離れる意で使われた例は打消を伴うことが多く、打消を伴わない例は最後の2例のみで、この2例は似たような意味で使われている。

 何かありそうです。

 表記はレジュメの方に示しましたように、万葉仮名の例の他は、「春去者」「夕去者」などが多いです。そんな中で、「春之在者(春されば)」3例というのがあり、気になります。「春しあれば」は実際に発音される場合には母音連続が回避されて、「春されば」となったことでしょうが(farusiareba→farusareba)、なぜ「春之在者」と書いたのか。

 ちょっとあれこれ考えてみます。

 もう1つの宿題は、いわゆる伝聞推量の助動詞「なり」です。平安以降は伝聞推量の助動詞として使われるこの語は、奈良時代には実際に「声がする」「音がする」という意の本動詞として使われた例が多い、という話をして、それを具体的に説明することになっていました。まとめはレジュメをご覧いただくとして、大部分は「声がする」「音がする」の意で、特に鳥の声についていうことが多いです。鳥の姿は見えなくても、声でなんの鳥なのかが分かって歌にしている例もあり、このようなあたりからも伝聞推量に繋がって行くのかという気がします。

 万葉集の「なり」の多くは「声がする」「音がする」の意ですが、少数ながら「ようだ」の意で用いられているとおぼしき例(4首5例)もありますので、伝聞推量の意でも使われ始めていたことになりましょう。

 毎回、皆さんとても静かに、熱心に聴いてくださり、やりやすかったです。質問も活溌に出ました。それを受けて、私の宿題も増えたのですが。(^_^;

2019年10月20日 (日)

千葉で萬葉学会2日目

 今日は、淑徳大学での萬葉学会の2日目です。

 千葉駅前の交番。
2019manyo11
 ユニークで、ほほえましい造型と思います。(^_^)

 淑徳大学のスクールバス。
2019manyo12
 淑徳大学の最寄り駅は蘇我駅です。内房線、外房線、京葉線の停車駅で、なかなか便利そうです。
 蘇我駅から淑徳大学までは徒歩だと20分ほど掛かるそうですが、駅前から大学までスクールバスが出ていて、これに乗ると6分ほどです。
 昨日・今日、多い時で10分おきに運行してくれました。無料です。

 学内のバス乗り場に5台停まっていました。上の写真の2台と、下の写真の3台です。
2019manyo13
 普段も頻繁に運行しているものと思います。学生さん達に対する手厚い福利厚生ですね。

 さて、2日目の研究発表会は、院生さん達の発表もありますので、写真は載せないことにしようかと思いましたが、発表者のかるべさんがいいと言ってくれましたので、かるべさんの写真だけ載せます。
2019manyo14_20191020221201
 
 私の定年退職とともに群馬県立女子大学を卒業して、奈良女子大学の大学院に入学した学生さんです。
 奈良女というのはベストチョイスだったと思います。本人が選んだ進学先です。
 昨年の夏には美夫君志会でも研究発表をしています。このまますくすくと育っていって欲しいです。

 さて、来年の萬葉学会は奈良県のサンゴウチョウだそうです。
 耳で聞いた時には「はて?」と思いましたが、「三郷町」という文字が頭に浮かびました。斑鳩町の西隣ですね。
 会場が奈良県というのは嬉しいです。(^_^)
 日程は、10月17日(土)・18日(日)・19日(月)とのことです。

2019年10月19日 (土)

千葉で萬葉学会

 今日明日は千葉市の淑徳大学で萬葉学会があります。
 第1日目の今日は公開講演会です。
2019manyo01

 司会の鉄野昌弘氏。
2019manyo02

 学会挨拶。学会代表 乾善彦氏。
2019manyo03

 会場校挨拶。大乗淑徳学園理事長 長谷川匡俊氏。
2019manyo04

 講演「古代東国の文字世界と上野三碑」。東京大学名誉教授 佐藤信氏。
2019manyo05

 講演「「青雲」考ー空間を認識するという視点からー」。日本女子大学名誉教授 平舘英子氏。
2019manyo06

 萬葉学会奨励賞授賞式。
2019manyo07

 受賞者挨拶。吉岡真由美氏。
2019manyo08

 会務報告。司会 上野誠氏。
2019manyo09

 一番前であっち向いてホイをしているお二人。
2019manyo10

 夜は学内で懇親会が開かれました。和気藹々とした楽しい会でした。

 明日は研究発表会です。


2019年6月25日 (火)

かむろき・かむろみ

 常陸国風土記を読んでいます。恥ずかしながら、私はまだこの風土記をちゃんと読んだことがありませんでした。不勉強で。(^^;
 香島郡の条に次のような一節がありました。

  天地の草昧(ひらくる)より已前(さき)に、諸祖(もろかむたち)の天神〔俗(くにひと)、賀味留弥(かみるみ)・賀味留岐(かみるき)といふ]、八百万の神たちを高天原に会集(つど)へたまひし時、……

 ここには「かむるみ・かむるき」とありますが、祝詞や宣命には「かむろき・かむろみ」として登場します。
 六月晦の大祓の祝詞には次のようにあります。

  高天原に神留(かむづま)ります、皇親神ろき・神ろみの命もちて、八百万の神等を神集へ集へたまひ、神議り議りたまひて、「我が皇御孫の命は、豊葦原の水穂の国を、安国と平らけく知ろしめせ」と事依さしまつりき。

 また、「祟神を遷し却る」祝詞には、かむろき・かむろみが「豊葦原の水穂の国を、安国と平らけく知ろしめせと、天の磐座放れて、天の八重雲をいつの千別きに千別きて、天降し寄さしまつりし時に」とあります。

 「かむろき・かむろき」って、特別の天つ神であり、また天孫降臨の指令神のようでもあります。ところが、記紀神話にはこの神は全く登場しないんですよね。不思議なことです。

 日本書紀では、天孫降臨の指令神はアマテラスの場合とタカミムスヒの場合とがあります。古事記では両神並列ですね。

 「かむろき・かむろみ」の末尾の「き・み」は男女を意味する接尾辞でしょう。「ろ」は「の」に当たる連体助詞でしょうから、そうするとこの神は「神である男・神である女」ということになりましょう。海の神、山の神、野の神、木の神、などと限定されていないところが、神の中の神、特別の神ということになるのかもしれません。
 記紀ではこういった漠とした神はあまり見ず、アマテラスなり、タカミムスヒなりといった具体的な神名を与えているように思います。

 ということで、大昔には指令神として「かむろき・かむろみ」と呼ばれていた神に、アマテラスなり、タカミムスヒなりの名を代入したことで、日本書紀の正文・一書の状態が生じた、と考えたらどうでしょうか。タカミムスヒを代入したほうが古く、アマテラスが新しいという時間差はそう思いますが。

 こんなこと、すでにどなたかが発言しているのか、あるいは発言してすでに否定されているのか、全く知りません。ちゃんと先行文献を読まねば。(^^;

 画像がないと寂しいので、毎回必ず画像を載せていますが、今回はよい画像が見当たりません。あとで追加します。(^^)

 追加しました。(^_^)
Ozenokamisama

2019年5月26日 (日)

上代文学会九州女子大大会懇親会

 昨日の大会第1日目、講演会、総会の後は学内の食堂で懇親会がありました。

 司会のお二人。
Jodai2019m
 講演者の工藤先生の挨拶。
Jodai2019n
 私の立ち位置が悪くて、お顔が見えません。(^_^;

 講演者の佐藤先生。
Jodai2019o
 横を向いてくださったので、辛うじてお顔が見えました。

 スイーツ。
Jodai2019p
 おいしかったです。あと、鯛茶漬けがおいしかったので、撮影しなかったことを後悔しています。

 お世話になったスタッフの皆さん。
Jodai2019q
 お世話になった先生方。
Jodai2019r
 向かって左端が責任者の鈴木喬先生です。九州の他大学の先生方もスタッフに加わってご尽力くださったようです。

2019年5月25日 (土)

九州女子大学・九州共立大学で上代文学会

 今日・明日は、2019年度の上代文学会の大会です。
 
 鹿児島本線の折尾駅で降りて会場校に向かって歩いて行くと、会場校の手前に地下歩道がありました。歩道には壁画が。
Jodai2019e
 会場校の学生さん達の作品でした。
Jodai2019f
 こういう地域貢献は良いことと思います。

 会場校の門。大変に良いお天気でした。
Jodai2019g
 会場のある建物。
Jodai2019h
 学会挨拶。代表理事の品田悦一先生。
Jodai2019i
 会場校挨拶。教育機構副長の中島久代先生。
Jodai2019j
 新元号「令和」がらみで、大宰府のことや、大学の校章が梅の花であることなどにも触れられました。

 工藤浩先生の講演。演題は「大嘗祭に関する二、三の問題」。
Jodai2019k
 佐藤隆先生の講演。演題は「大伴家持とその意匠ー「白」への関心ー」。
Jodai2019l
 このあと懇親会が開かれ、第1日目は無事に終了しました。

2019年1月29日 (火)

落ちていた埴輪

 先日、都内の某大学で開催された会議が終わって、廊下に出たら埴輪が1体落ちていました。あるところにはあるものです。
Sankakuhaniwa01
 反対側から。
Sankakuhaniwa02
 横から。
Sankakuhaniwa03
 近年は、撮影可の博物館も増えてきましたが、撮影禁止の所も珍しくありません。

 この埴輪、撮して良いものやら、さらにブログなんぞに載せて良いものやら。

 しばし考えた末、廊下に落ちていたのなら良いか、という結論に達しました。(^_^)

 この埴輪、顎が三角形ですね。どういうことでしょう。

 顎が尖った人の姿を強調したのか、尖っているのはあごひげなのか、あるいは尖っている帽子とのバランスを取ろうと意図しての造形なのか。

 ナゾです。でも印象的な造形ですよね。

2018年12月 2日 (日)

明治大学で全国大学国語国文学会(2)

 昨日の全国大学国語国文学会、刺激的なシンポジウムの後、夜は懇親会でした。

 会長挨拶。
Zenkoku2018fuyu10
 乾杯の音頭は辰巳正明先生でした。
Zenkoku2018fuyu11
 続いて、パネリストの方々の挨拶。松本先生。
Zenkoku2018fuyu12
 森田先生。
Zenkoku2018fuyu13
 田中先生。
Zenkoku2018fuyu14
 会場校の生方先生とスタッフの皆さん。
Zenkoku2018fuyu15
 スタッフの方々は一部です。昨日今日と、もっと沢山の皆さんにお世話になりました。ありがとうございました。

 一夜明けて今日は研究発表会でした。さすがに今日は迷わずに会場に着けました。(^_^)

 研究発表者は院生の皆さんも多いので、写真は省略します。というか、撮っていません。

 研究発表会のあと、総会と研究発表奨励賞の表彰式がありました。

 事務局長の石原千秋先生。
Zenkoku2018fuyu16
 大会は会場校だけでなく、事務局も大変です。お世話になりました。

 会長挨拶。
Zenkoku2018fuyu17
 中西先生のネクタイが昨日と違います。すぐに気づいたのは奈良からいらしたU先生です。中西先生もさすがですが、U先生もさすがです。私は2日とも同じぐんまちゃんネクタイ。

 研究発表奨励賞は、総合研究大学院大学大学院生の古明地 樹氏(「橘守国の絵手本作品における和漢分類意識―レイアウトを起点に―」)でした。
Zenkoku2018fuyu18
 豊富な図版をスクリーンに示され、明快な発表でした。

 閉会の辞は会場校の生方智子先生でした。
Zenkoku2018fuyu19

 次回大会は来年の6月29日(土)・30日(日)に東京の二松學舍大学で、その次は来年の12月7日(土)・8日(日)に岩手県立大学で開催されます。

2018年12月 1日 (土)

明治大学で全国大学国語国文学会

 今日明日は、明治大学で全国大学国語国文学会の冬季大会があります。

 神保町の駅から明治大学まで近道しようと思ったら迷いました。(^_^; 神保町で道に迷うというのは恥ずかしいです。

 しかし、そのお蔭でこんな石碑に遭遇しました。
Zenkoku2018fuyu01
 東京巡りも楽しいです。

 委員会のお昼。
Zenkoku2018fuyu02
 会長挨拶の中西進先生。
Zenkoku2018fuyu03
 会場校挨拶は小野正弘先生です。
Zenkoku2018fuyu04
 1日目の今日は公開シンポジウムです。「物語が不可能になった時代の中で」という大変に刺激的なテーマです。

 公開シンポジウムのコーディネーター・司会、明治大学教授の生方智子先生。
Zenkoku2018fuyu05
 発表1:「〈神話〉が作る国家-列島古代の精神史-」早稲田大学教授 松本直樹先生。
Zenkoku2018fuyu06
 発表2:「古典文学における「物語」と「読者」-書写・印刷史を視座として-」関西学院大学教授 森田雅也先生。
Zenkoku2018fuyu07
 発表3:「泉鏡花が描いた〈物語〉-近代幻想文学と民俗学の交流-」同志社大学教授 田中励儀先生。
Zenkoku2018fuyu08
 そのあと休憩を挟んで、質疑応答・討議に進みました。
Zenkoku2018fuyu09
 フロアからの発言もあり、活溌な意見交換がなされて、充実した会になりました。

 私にはちょっと難しかったです。今日のことは改めて『文学・語学』に掲載されるはずですので、じっくりと読んで考えることにします。

2018年11月10日 (土)

来月、愛知大学でフォーラム

 数年前から毎年開催されている越境地域のフォーラム、今年も開催されます。
Aidai2018a
 いつもは年明けでしたが、今回は年内開催です。

 私の名前も載ってはいるのですが、今回は前橋で他の仕事とぶつかってしまいましたので、とても残念ながら欠席します。
Aidai2018b
 欠席なのに名前だけ載っているというのも本当はヘンですね。私が出席するものと思って来てくださる方がいらしたら申し訳ないです。

 そういう方はほぼいらっしゃいませんが。(^_^;

 3項目挙がっているうちの最後だけ、3名列挙になっています。共同研究というわけではないのですが、3人それぞれにレジュメを提出して、それを筆頭の和田先生が発表してくださることになると思います。

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ