研究

2017年7月25日 (火)

文学部って何の役に立つの?-阪大学部長の式辞

 昨日、笠間書院広報部のツイートに、「文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 「本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったとき」」というYahoo!ニュースのリツイートがありました。

 大いなる関心を持って早速読みに行きました。

 この阪大学部長って、もしも国語国文の人ならば、知った人かもしれないなぁ、と思いつつ行ってみましたら、金水敏先生でした。役割語の。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000001-withnews-sci

 仰ること、よく納得できます。

 医学部に行って医師になるとか、法学部に行って判事や検事になるというのは、学問分野と職業とが一致していて極めて明瞭です。

 一方、文学部って、文学、語学、歴史学、哲学などなど……、どの分野も、人間の喜び、悲しみ、失敗、成功、人間の生き方や、それによってもたらされたありとあらゆることが深く関わっていますよね。文学部で扱う事柄って、職業を超越して、人間の本質に関わる極めて重要なことと思います。

 でも、そういうことがなかなか理解されなくて、文学部無用論などが公然と主張される。

 そういう中、金水先生の発言は重いものと考えます。

 金水先生には以前、群馬県立女子大学で講演していただいたことがありました。平成20年のことです。画像がないと寂しいので、その折の画像を貼っておきます。
Kinsui02
 テーマはやはり役割語でした。
Kinsui01
 お茶の水博士のように「わしは……なんじゃ」なんて言い方をする研究者は存在しないのに、そういう言い方が役割語としては存在している、というお話しがあり、「なるほどそうだなぁ」と納得しそうになりましたが、ふと内省してみるに、私は日常的に「わし」だの「じゃ」だのと言っておるのぉ、と気付いたことでした。(^_^;

2017年7月21日 (金)

「文学研究の楽しみ」に行ってきました

 今日は、シンポジウム「文学研究の楽しみ」を聴きに、群馬県立女子大学に行ってきました。
Kokubunsinpo202a
 常連の一般県民の方々もいらしていました。他に、見知らぬ学生が結構多かったです。たぶん1年生なのでしょう。

 パネリストはこういった方々です。
2017tanoshimi05
 金沢市の泉鏡花記念館と、高崎市の土屋文明記念文学館とからお越し頂き、文学館の学芸員のお仕事のことを伺いました。

 司会の権田和士先生。
Kokubunsinpo202b
 鏡花記念館の穴倉玉日先生。
Kokubunsinpo202c
 文明記念館の佐藤直樹先生。
Kokubunsinpo202d
 コメンテーターの市川祥子先生。
Kokubunsinpo202e
 全体。
Kokubunsinpo202f
 展示の企画のこと、収蔵品のこと、学芸員の楽しさなど、具体的なお話をいろいろと伺うことができて楽しかったです。

 学芸員や図書館司書の仕事を軽視するような発言のあった昨今、意義深いテーマだったと思います。

2017年7月14日 (金)

シンポジウム「文学研究の楽しみ」

 群馬県立女子大学では7月21日(金)に次のようなシンポジウムが開催されます。
2017tanoshimi04
 つい先日、7月1日(土)に「方言研究の楽しみ」を開催したばかりですが、引き続きの第2弾です。あと1回計画中とのお話を伺いました。

 パネリスト等は以下の通りです。
2017tanoshimi05
 前回のシンポジウムにも土屋文明記念文学館からパネリストをお招きしています。同じ群馬県立の組織同士、連携を深めるのは良いことと思います。

 今回の趣旨は次の通りです。
2017tanoshimi06
 今回は、文学館を、そしてそこに勤める学芸員の方のお仕事を取り上げているのですね。

 学芸員の仕事をよく知らない向きからの、学芸員を軽視するような発言がどこぞでありましたけれど、そういう意味からも意義深いシンポジウムと思います。

2017年6月21日 (水)

シンポジウム「方言研究の楽しみ」

 群馬県立女子大学では7月1日(土)に次のようなシンポジウムが開催されます。
201707tanoshimi01
 このシンポジウムは国文学科が主催するもので、昨年から始まり、昨年は3回開催しました。今回のシンポジウムの詳細は以下の通りです。
201707tanoshimi02
 今回のシンポジウムの趣旨は以下の通りです。
201707tanoshimi03
 なお、当日の午後は国語国文学会主催の大会が開催されます。
2017gakkai01
 多数のご来聴をお待ちしています。

 私は出席できなさそうな気配ですが。(^_^;

2017年6月19日 (月)

古事記学会の弁当・水など

 大会1日目の会議の際のお弁当です。
2017kojiki08
 中身。
2017kojiki09
 いやぁ、ボリュームたっぷりでした。おいしかったですけど、朝食が遅かったこともあり、かなり残してしまいました。もったいなかったです。食品廃棄物が問題になっているさなか、罪悪感がありました。

 箸袋に「にりん草」とあります。中京大学の真ん前にあるお店です。

 食事にはお茶が付いてきましたが、それとは別に、受付ではペットボトルの水を頂きました。中京大学ブランドの水です。
2017kojiki10
 そういえば、以前、愛知大学でも水を頂きました。
2017kojiki11
 こんな説明がありました。
2017kojiki12
 愛知・岐阜はおいしい水が多いのでしょうね。

 中京大学の水にも説明があったと思います。撮しておけば良かったです。

 懇親会があったホテルの玄関付近にはこのようなものがありました。飴細工だそうです。
2017kojiki13
 いやぁ、よくできています。
2017kojiki15
 飴細工といわれると甘そうな感じがします。
2017kojiki14

2017年6月18日 (日)

伊吹山夕景

 古事記学会第1日目の夜は、名古屋観光ホテルで懇親会がありました。18階の部屋です。

 (たぶん=蜂矢先生談)伊吹山が見えました。なお、この部屋の名前は「伊吹の間」である旨、蜂矢先生から御教示いただきました。伊吹山が見えることに依る名でしょうね。
2017kojiki04
 代表理事の毛利先生、講演者の鈴鹿先生、犬飼先生のご挨拶があり、写真も撮ったのですが、昨日載せた写真と同じメンバーですので、省略します。

 乾杯の挨拶は蜂矢先生です。
2017kojiki05
 やがて、日没が近づきました。
2017kojiki06
 閉会の辞は岩下先生でした。
2017kojiki07
 懇親会の参加者も多く、盛況でした。

2017年6月17日 (土)

中京大学で古事記学会

 今日・明日は名古屋の中京大学で古事記学会の大会です。1日目の今日は公開講演会でした。

 毛利正守先生の代表理事挨拶。
2017kojiki01
 鈴鹿千代乃先生の講演。
2017kojiki02
 演題は「二つの降臨 ―伊勢と日向と―」です。高千穂への天孫降臨に先だって、天孫は伊勢に天降っているという内容でした。

 犬飼 隆先生の講演。
2017kojiki03
 演題は「古事記と木簡」です。後世の書写を歴ていないナマの資料としての木簡の表記を通して、古事記の文章を古代日本の文章史の流れの上に位置づけた内容でした。

 どちらのご講演も大変に刺激的でした。

 この度、古事記学会のHPがリニューアルオープンしました。その表紙が総会でお披露目されました。
Kojikihp
 URLも変わりました。新しいURLは、http://www.kojiki-gakkai.jp/です。ぜひ御一見ください。

2017年6月 4日 (日)

早稲田おまけ

 今日は、全国大学国語国文学会の2日目、研究発表会でした。発表者には大学院生も多数いましたので、写真は省略します。代わりにおまけを少々。

 昨日の委員会のお弁当です。
Zenkoku2017a12
 中身。三色団子が気に入りました。
Zenkoku2017a13
 今日のお弁当。
Zenkoku2017a14
 違うお店の品です。2日とも大会実行委員長の石原千秋先生のチョイスだそうです。両方ともおいしゅうございました。

 大隈重信像。朝倉文夫の作とのことです。
Zenkoku2017a15
 リーガロイヤルホテル。ここで懇親会が開かれました。
Zenkoku2017a16
 穴八幡神社。
Zenkoku2017a17
 鳥居を亀が支えていました。
Zenkoku2017a18
 かつて、この境内で流鏑馬が行われたとのことです。時間がなくて境内には入りませんでした。
Zenkoku2017a19
 2日間に亙る夏季大会、盛況裏に終了しました。会場校は大変だったことと思います。お世話になりました。

 午前の部2本目の研究発表の発表資料はよくできていました。院生さんですが、内容上の区切れごとに、その項のまとめが簡潔明瞭に示されていて、大変に分かり易かったです。レジュメの見本のように思いました。歳をとっても参考になることはたくさん。(^_^)

2017年6月 3日 (土)

早稲田大学で全国大学国語国文学会

 今日明日、全国大学国語国文学会の夏季大会が早稲田大学で開催されています。

 第1日目の今日は「小さい窓から文化を語る」というテーマの公開シンポジウムでした。

 中西進会長による会長挨拶。
Zenkoku2017a01
 早稲田大学教育・総合科学学術院長の松本直樹氏による会場校挨拶。
Zenkoku2017a02
 パネリストはお三方。それぞれ、日本語学、古典文学、近代文学がご専門です。このあたりの幅広さが本学会の特徴です。

 司会・コーディネーターは石原千秋氏。
Zenkoku2017a03
Zenkoku2017a04
 浅川哲也氏。
Zenkoku2017a05
Zenkoku2017a06
 吉井美弥子氏。
Zenkoku2017a07
Zenkoku2017a08
 生方智子氏。
Zenkoku2017a09
Zenkoku2017a10
 全員による質疑応答・意見交換。
Zenkoku2017a11
 会場からも発言があり、盛況でした。会場から学部生の質問もありました。よかったです。

2017年5月20日 (土)

奈良女子大で上代文学会

 今日明日、奈良女子大学で上代文学会の大会が開催されますので、奈良に行ってきました。

 会場の奈良女子大の正門。
H29jodai01
 旧本館(記念館)。
H29jodai02
 どちらも明治42年竣工の建物で、国指定の重要文化財だそうです。歴史を感じます。
H29jodai03
 代表理事の菊地義裕先生の挨拶。
H29jodai04
 奈良女子大学名誉教授の奥村悦三先生の講演。
H29jodai05
 テーマは「ことばでわかること、ことばがわかること」でした。いわゆる自称敬語といわれる事象についての考察でした。

 お茶の水女子大学名誉教授の荻原千鶴先生の講演。ピンぼけで済みません。
H29jodai06
 テーマは「大伴旅人-「遊於松浦河」「領巾麾之嶺」の序と歌を中心に-」でした。この作品の作者を推定し、作者の意図を考察したものでした。パワーポイントをお使いになり、それが極めて有効で分かりやすかったです。

 まほろばメイトの方々にもたくさんお目に掛かりました。(^_^) まほろばメイト以外にも、私のブログを見てくださっているという方々が何人かいらして、意外に感じるとともに嬉しかったです。ありがたく存じます。

 研究室の片づけに日数が掛かっていることも、いろいろな人に知られていたのでした。(^_^;

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ