研究

2017年1月31日 (火)

穂の国豊橋&大失態

 豊橋駅構内でこのような看板を見ました。「ほの国 豊橋」とあります。
Honokuni01
 このような行き先表示板も。「穂の国とよはし芸術劇場」です。
Honokuni02
 また、駅の近くには「ほのくに百貨店」もあります。

 このように、豊橋では「穂の国」という呼称が目に付きました。

 国造本紀に諸国の国造が地理的な順に排列されていて、東海道には、尾張国造-参河国造-穂国造-遠淡海国造、という順に並んだ部分があります。かつては参河国と遠淡海国との間に穂国があったのでしょう。

 やがて律令時代になると穂国は参河国に吸収され、「穂郡(ほのこほり)」となりました。位置は参河国東部、今の豊橋あたりです。

 平城遷都の頃、郡郷名は漢字二字の好字で記すことになり、この郡の表記は「宝飫郡」となります。こう書いても、読みは「ほのこほり」だったことでしょう。「飫」は「あきる」「たべあきる」という意味の漢字ですので、「宝飫」は宝がありあまるほどある、といった意味になりましょうか。好字ですね。(^_^)

 ところが「飫」という文字はあまり使われない文字である故か、誤写されて「宝飯郡」となり、読みも「ほい」となったようです。

 現在の「穂の国」アピールは古代回帰でしょうか?

 「宝飫」という表記は、「木国(きのくに)」を「紀伊国」と表記したのと同様のパターンです。「ほの国」はこの地では「ほぉ」と発音したからこそ、「紀伊型」による二字化が可能だったと推定されます。これが「紀伊型」地名表記の東限で、フォッサマグナの西に当たる、といった話を先日のフォーラムでしました。もう1つ、越後国頸城郡にもこのパターンの郷名表記があります。その地は糸魚川よりもやや東に位置しますので、フォッサマグナの西縁よりは東ですけれども、フォッサマグナ地溝帯の中には入ります。

 以上のようなことは、先日、当ブログに載せたレジュメに書きました。

 さて、ここからが大失態の話になります。

 昨夜、蜂矢真郷先生からメールを頂きました。蜂矢先生は当ブログに掲載のレジュメをご覧くださったのです。

 「紀伊型」の郡郷名には、もう1つ遠江国引佐郡渭伊郷がある、遠藤邦基氏に先行論文がある、という2点のご指摘を頂きました。

 早速両方確認致しました。

 私の大失態でした。今回の発表は、古代における参河と遠江との関係を考えてみようということで、「紀伊型」地名の分布は参河以西に限られるというのはその1つの論点です。西日本のどこかの郡郷名を見落としたのならば(こう言ってはナンですけれども)さしたることはありません。でも、よりによって、遠江の例を落とすとは……。この例をわざと隠したとさえ思われかねません。

 いえ、NHK大河の直虎を見ていて、「井伊」もひょっとしたら「紀伊」と同じパターンかもしれないなぁと思い、会場でもそのように発言したのですが、「井伊」の地名は後世のものと勝手に思い込んでいました。まさか和名類聚抄にすでにあったとは(表記は「渭伊」ですけれども)。

 あれこれ悔まれます。

 そして、遠藤氏の論文(昭和53年のものです)には、「紀伊型」郡郷名(こういう用語ではありませんが)は、遠江以西に偏在しているということが明記してありました。

 蜂矢先生は、「渭伊」については、「遠江の例とは言っても、三河にかなり近いところです。」と言ってくださり、遠藤論文についても「著書に収められていない(多分ですが)ためか、意外に知られていません。」と、それぞれにフォローしてくださり、ありがたいことと存じています。

 今後はもっと慎重であらねばと深く反省しています。

 ただ、不幸中の幸いだったのは、今回の発表は単行本に収録されることになっており、そこで訂正することができることです。蜂矢先生がご教示くださったお蔭で、訂正が可能になったことは何ともありがたいことでした。改めて御礼申し上げます。

2017年1月 9日 (月)

國學院大学で「神話の詩学」

 来週末、國學院大學21世紀研究教育計画委員会研究事業「古事記学」の構築 国際シンポジウムが開催されます。

 総合テーマは「神話の詩学―舞・歌・型―」です。
Shinwanoshigaku
 この国際シンポジウムは、「古事記学」の推進拠点形成―世界と次世代に語り継ぐ『古事記』の先端的研究・教育・発信―の一環として開催されるものだそうです。

 日時:平成29年1月21日(土) 13:30~17:00
 場所:國學院大學 渋谷キャンパス 百周年記念館4階 百周年記念講堂

 第一部 「受け継がれる神話的世界―宮地嶽神社の「ツクシ舞」と巨石古墳―」
  「ツクシ舞と阿曇磯良」浄見 譲氏(宮地嶽神社宮司・ツクシ舞家元)
  ツクシ舞実演 「ツクシ神舞 浮神」「ツクシ神舞 秋風の辞」「八乙女舞 橘」

 第二部 「神話の詩学」
  「記紀歌謡の世界」渡邉 卓氏(國學院大學研究開発推進機構助教)
  「神話の詩学」 アラン・ロシェ氏(フランス高等研究実習院教授)
  司会進行 平藤喜久子氏(國學院大學研究開発推進機構准教授)

 ※参加費無料、事前申込み不要。直接会場にお越しください、とのことです。

 恥ずかしながら、私はツクシ舞のことは知りませんでした。福岡県の宮地嶽神社ゆかりの神舞のようですね。

 どんなもんでしょうか。行くかどうか検討中です。

2016年12月15日 (木)

全国大学国語国文学会2016冬

 大阪紀行を延々と続けて参りました。今回の大阪旅行は、全国大学国語国文学会の冬季大会が大阪樟蔭女子大学で開催されたことに伴うものでした。でも、これだけ史跡めぐりの記事が続くと、「本当に大会に出席したのか疑惑」が。(^_^;

 出席しましたよ。べったり参加していたのかと言われれば、口ごもりますけど。(^_^;

 1日目は朝11時からの会議に出席しました。お昼のお弁当です。ひょうたん型の容器に味があります。
Zenkoku2016fuyu01
 中身です。
Zenkoku2016fuyu02
 おいしゅうございました。昼はあまり食べないので、分量もちょうど良かったです。

 午後はシンポジウムです。
Zenkoku2016fuyu03
 まず大阪大学名誉教授・阪急文化財団理事・同館長の伊井春樹氏による基調講演「与謝野晶子の『新訳源氏物語』から『新新訳源氏物語』へ―「源氏物語礼讃歌」の成立とともに―」があり、続いてお三方によるシンポジウムがありました。

 メンバーは、慶應義塾大学教授の田坂憲二氏「戦後の与謝野源氏と谷崎源氏―出版文化史の視点から―」、富山大学教授の呉羽 長氏「田辺聖子『新源氏物語』から『霧ふかき宇治の恋』へ―『源氏物語』の読みの深化について―」、神戸大学准教授の北村結花氏「翻案作品の変遷―田辺・瀬戸内訳からケータイ小説・ライトノベルへ―」で、コーディネーター・司会は、会場校である大阪樟蔭女子大学教授の中周子氏です。

 田坂氏。
Zenkoku2016fuyu04
 呉羽氏。
Zenkoku2016fuyu05
 北村氏。
Zenkoku2016fuyu06
 中氏。
Zenkoku2016fuyu07
 終了後は、学内の学食で懇親会が開かれました。どの料理も大変においしゅうございました。
Zenkoku2016fuyu11
 中西進会長。
Zenkoku2016fuyu08
 辰巳正明氏。
Zenkoku2016fuyu09
 伊井春樹氏。
Zenkoku2016fuyu10
 2日目は研究発表会でした。

2016年10月 9日 (日)

奈良大学で萬葉学会(つづき)

 今日は萬葉学会の2日目、研究発表会です。午前3本、午後4本の研究発表がありました。院生の発表者も半分くらいいましたので、写真は撮りませんでした。

 で、代わりにお昼ご飯です。(^_^) 名前がいいですね。
H28nara15
 中身です。
H28nara16
 おいしゅうございました。

 大和八木のだんご庄さんのきなこだんごも頂きました。このお店は評判の老舗で、きなこだんごは早い時間に売り切れてしまい、入手が難しいのだそうです。
H28nara17
 会場校の上野誠先生が黒板にお店の名前と商品名とを書いてくださいました。上野先生、達筆ですよね。
H28nara18
 三友亭主人さんは今日は車でお越しでしたので、今日の部終了後、お願いして高の原駅まで送って頂きました。何とも厚かましいことです。

 三友亭主人さん、ありがとうございました。おかげ様で悠々列車に間に合いました。篤く御礼申し上げます。

 今日は、三友亭主人さんの奥様からもいろいろと頂き物をしました。
H28nara19
 このせんとくんは記念品で、レアもののようです。貴重なものをありがとうございました。

 他にも正倉院宝物柄のクリアファイルと拡大レンズ、良い香りのするお香なども頂きました。恐縮です。ありがとうございました。

2016年10月 8日 (土)

奈良大学で萬葉学会

 今日明日、奈良大学で萬葉学会です。

 今朝の畝傍山と二上山です。このころはまだ雲も結構ありましたが、その後段々晴れて良い天気になりました。気温も10月とは思えぬ位に上がり、上着なしでちょうど良いくらい。
H28nara08
 1日目は午後からでしたので、その前に少し寄り道ができます。まず、橿原考古学研究所附属博物館に行きました。
H28nara09
 このことはまた後日。

 そのあと久米寺に行きました。久米寺は初めてです。
H28nara10
 久米寺もまた後日。

 無事に奈良大学に着きました。会場には三友亭主人さんもいらしていて、2年ぶりの再会を果たせました。2年前は天理大で開催された、やはり萬葉学会でした。

 定刻に始まり、坂本信幸会長の挨拶。
H28nara11
 講演の1つ目は、東京大学大学院教授鉄野昌弘氏の「結節点としての「亡妾悲傷歌」」。
H28nara12
 2つ目は、奈良大学教授寺崎保広氏の「木簡と文書の世紀」でした。
H28nara13
 終了後、学内の喫茶「ならやま」で懇親会が開かれました。

 カメラがポケットに入らない大きさですので、カメラを持っていては食事の邪魔になります。それで、懇親会の写真は撮りませんでした。たった1枚撮ったのがこれです。
H28nara14
 飛鳥鍋です。牛乳を使うんですよね。今まで食べる機会がなく、初めての飛鳥鍋でした。おいしゅうございました。特に牛乳っぽくはなかったです。

2016年7月 3日 (日)

美夫君志会2日目

 昨日今日、名古屋で美夫君志会の大会がありました。

 といっても、私は昨日は東京で会議がありましたので、美夫君志会の方は今日だけの参加になりました。

 昨日の会議の会場は11階。武道館が見えました。ビートルズ来日から50年ですか。
Budokan01
 美夫君志会の2日目は研究発表会でした。万葉集関係の発表が多かった中で、新撰字鏡と木簡の字形の比較をした発表が興味深かったです。写真も豊富で、分かりやすかったです。

 万葉集や古事記などの本文校訂をする時、それらの文献が書かれた頃の字形を知れば、本文校訂に有効でしょう。そんなことを考えながら発表を聴いていました。

 会場の建物の別のフロアでは、以前ご紹介したように、入江泰吉の写真展を開催していました。展示されていた写真は昭和40年代、50年代のもので、古き日本の姿を留めていて、懐かしい気がしました。

 図録を買いました。
H28mibukushi01
 クリアファイルも。
H28mibukushi02
 帰りの駅弁は、東海道新幹線弁当です。
H28mibukushi03

2016年6月27日 (月)

平成28年度国語国文学会

 一昨日、午前中は昨日ご紹介したシンポジウムで、午後は毎年恒例の国語国文学会でした。
H28gakkai01
 看板です。揮毫者は学生です。旨いものです。私は字も絵も下手なので、羨ましいです。(^_^; 羨ましがっていないで練習すれば良いようなものですけど、そこはなかなか。(^_^;
H28gakkai02
 この学生、何年生だったか聞き洩らしました。低学年生なら来年も再来年も頼めます。

 研究発表者には学生もいましたので、写真は省略します。終了後、近所のレストランで懇親会を開催しました。学生は500円で参加できます。超お得ですので、今年参加しなかった学生さんたち、来年はぜひ。

2016年6月23日 (木)

盛岡大会時の私&まほろばの運命

 古事記学会の盛岡大会のことは、惟光さんのブログにも詳細な報告があります。

 そこに、写真撮影している私の後ろ姿がアップされていました。(^_^; 転載してしまいます。
Middle_1466625116
 惟光さんは、この写真をまほろぐにアップしたかったそうなのですが、まほろぐには私しか写真のアップができないので、ご自身のブログにアップされたそうです。

 そこがまほろぐの(といいますか、ココログの)不便な点です。

 @niftyのまほろばなら、どなたでも自由に記事のアップも写真のアップもできるんですけどね。

 折しもその@niftyのレンタル掲示板サービス終了のお知らせメールが昨日届きました。

 >@niftyレンタル掲示板は、昨今利用者の減少が著しく
 >サービスを維持していくことが困難となったため、このたび、
 >2016年 10月 4日(火)10時をもちましてサービスの提供を
 >終了させていただくこととなりました。

 >これまで長らくご愛顧賜り、誠にありがとうございました。

とのことです。

 まほろばは、3年前に私の持ち分の容量が一杯になってしまったために、当まほろぐを開設したのでした。

 散々お世話になったまほろばが閉鎖されるというのは寂しいことです。10月の閉鎖までに、何とか書き込みを全部取り込みたいと思っています。

2016年6月20日 (月)

盛岡大学で古事記学会(3)

 1日目の夜は、盛岡駅近くのホテルで懇親会でした。会場は14階でしたので、眺望は良かったです。

 北西に見える岩手山。逆光気味です。
H28kojiki15
 北北東に見える姫神山。
H28kojiki16
 もう1つ、南東に見える早池峰山を加えて三山と総称するそうです。残念ながら早池峰山は雲に隠れて見えませんでした。

 大和三山、熊野三山、出羽三山。3という数字は落ち着きが良いのでしょうかね。群馬にも上毛三山があります。赤城・榛名・妙義。軍艦名にも使われていますね。

 懇親会に出たお酒。これは三友亭主人さんに見て頂こうと思って撮影しました。(^_^)
H28kojiki17
 1日目の昼食。
H28kojiki18
 2日目の昼食。
H28kojiki19

2016年6月19日 (日)

盛岡大学で古事記学会(2)

 1日目は公開講演会です。

 1本目は帝塚山学院大学教授の及川智早氏の「イザナキ・イザナミ神婚譚の幕末、近代における受容と変容」でした。
H28kojiki07
 スクリーンにさまざまな資料を投映してのご講演で、興味深かったです。

 「京都 のむらや」の絵はがき。
H28kojiki08
 粟おこしの引き札。
H28kojiki09
 撮影(事後承諾でしたが)、紹介のご承諾を頂きました。どちらの絵にも、セキレイが描かれています。

 2本目は盛岡大学教授の高橋俊和氏の「堀景山と本居宣長」でした。
H28kojiki10
 私は不勉強で全く知らなかったのですが、堀景山は本居宣長の儒学の師だそうです。勉強になりました。

 公開講演会の後は古事記学会奨励賞の授賞式と総会。

 受賞者は、上智大学大学院生の葛西太一氏です。
H28kojiki11
 受賞者挨拶。
H28kojiki12
 盛岡駅近くのホテルで懇親会が開かれました。懇親会場までは貸し切りバスで。バスの車体は銀河鉄道風でした。
H28kojiki13
 バスのフロントガラスの看板です。
H28kojiki14

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ