ぐんまちゃん

2020年7月 5日 (日)

川原湯温泉うちわ

 このようなうちわを入手しました。
Gunmac_yukake_u01
 群馬県吾妻郡の川原湯温泉のうちわです。
 ぐんまちゃんは、この温泉伝統の「湯かけまつり」の姿をしています。
 ふんどし姿のぐんまちゃんは極めて珍しいです。

 裏側。
Gunmac_yukake_u02
 同じ絵柄の色違いですね。
 どちらもそれぞれに良い。(^_^)

 同じ絵柄のタオルハンカチを持っています。
Gunmac_yukake01

 群馬県内の各市町村それぞれに、ご当地ぐんまちゃんの絵柄がありますけど、これはもっと地域限定で、川原湯温泉限定ぐんまちゃんですね。

2020年6月25日 (木)

ぐんまちゃんの歴史

 前にも書きましたように、meetによる演習の途中に短時間の中休みを入れています。
 一昨日は、ぐんまちゃんグッズの写真を見て貰いました。
 そうしたところ、ぐんまちゃんに興味を持った学生がネットを見て、初代ぐんまちゃんの存在を知ったということです。
 そんなことをリアクションペーパー代わりのメールに書いてくれました。
 他県出身の2年生ですので、群馬に来てまだ1年。ぐんまちゃんのことをあまりよく知らなかったのでしょう。
 3人いる2年生は全員他県の出身者です。来週の中休みではぐんまちゃんの歴史を語らねば。(^_^)

 ということで、ぐんまちゃんのあゆみを年表にしてみました。字が小さくてすみません。
Gunmac_history

 昭和58年(1983)、群馬県で開催された国体(あかぎ国体)のキャラクターとして初代ぐんまちゃんが誕生しました。
Gunmac_history01
 作者は、漫画家の馬場のぼるさんです。

 平成6年(1994)、群馬県で開催された全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)のキャラクターとしてゆうまちゃん(現・ぐんまちゃん)が誕生しました。
Gunmac_history02
 キャラクターデザインは公募で、中嶋史子さんの作が採用されました。中嶋さんは、プロのイラストレーターを経験した後、群馬県の職員になった人です。上の写真は当時のものではなく、ぐんまちゃんがゆるキャラグランプリで優勝した時の『グラフぐんま』に掲載されたものです。

 平成8年(1996)、ゆうまちゃんは全国スポーツ・レクリエーション祭(スポレク)のマスコットを務めました。
Gunmac_history03
 初代ぐんまちゃんは最初の契約内容の関係で、馬場のぼる氏が描いた2つのポーズしか使えなかったのですが、ゆうまちゃんは最初から様々なポーズを取れるような契約だったようで、上のカードのように、様々なポーズをしています。
 かわいらしい姿に加えて、こうして露出を増やし、ゆうまちゃんは着々と知名度を上げてゆきました。
 それにつれて、ゆうまちゃんが「ぐんまちゃん」と呼ばれることも次第に増えていったようです。

 平成20年(2008)、東京の銀座に群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃん家(ち)」がオープンし、これに伴い、ゆうまちゃんは「2代目ぐんまちゃん」を襲名しました。
Gunmac_history04
 確かに、群馬県のアンテナショップの名称として「ぐんまちゃん家(ち)」というのは極めて明快です。「ゆうまちゃん家」ではどこのアンテナショップか分かりません。
 上の写真は後年のものですが、このように歌舞伎座の真ん前という絶好の立地でした。ただ、残念なことに、平成30年に同じ銀座ながら別の場所に移転してしまいました。歌舞伎座の前では立地が良すぎて、家賃が高価だったようです。

 平成24年(2012)、ぐんまちゃん、群馬県宣伝部長に就任。県の部長といえば大幹部です。
Gunmac_history05
 写真は当時のものではなく、今年、ぐんまちゃんから貰った年賀状に使われていたものです。部長らしく、ちゃんと決済書類に押印しています。

 平成26年(2014)、ぐんまちゃん、ゆるキャラグランプリ優勝。2年間3位が続いた後、はれて優勝しました。
Gunmac_history06

 2代目ぐんまちゃんは、ゆうまちゃん時代も含めて26年のキャリアを持っています。7歳ですけど。
 年表にも載せましたように、ひこにゃんが2006年、くまモンが2010年の生まれですので、ぐんまちゃんはそれらの大先輩に当たります。

 今後もますます活躍して欲しいです。

2020年6月13日 (土)

インフル予防ぐんまちゃん

 用があってハードディスクの中を探していたら、このような画像が見つかりました。
Gunmac_influ
 インフルエンザの予防についての解説で、タイムスタンプは2013年2月13日です。
 よく読んでみると、今回の新型コロナウイルスの感染予防策とそのまま重なります。
 今から7年前のものなのに、群馬県はエラい、ぐんまちゃんもエラい、と思いましたが、別にそういうわけではなくて、感染症予防の基本は昔から一緒なのですね。

 図の3にマスクの付け方についての注意が書いてあります。
 先日のNHKの「ガッテン!」でマスクの裏表について取り上げていました。
 なるほどと思い、昨日のマスクをしたままの講座では、マスクの裏表に気を付けました。
 上下もあったとは。(^_^)

 きちんと考えて作られている道具は、その機能を十分に発揮できるように使いたいものと思います。

2020年6月12日 (金)

2ヶ月半ぶりの講座

 今日は前橋で講座の日でした。
 3月27日を最後に、4月5月は休講で、今日は77日ぶりでした。
 家を出る間際にこの本が届きました。
Kobunkenmanyo
 遠隔授業で行っている演習の授業で、学生さんから、中古・中世における万葉集についての質問がありましたので、それを受けてこの本を買いました。サイトの「日本の古本屋」経由で、西秋書店からです。
 この本、もとの勤め先の研究室には持っていたのですが、個人では買っていませんでした。
 家を出る前に届いて幸いでした。不在再配達は申し訳なくて。
 そこそこ重い本ですが、早く中を見たくて、リュックに入れて家を出ました。
 新幹線の車中で早速開いてみました。平安・鎌倉時代のどの文献にどんな万葉歌が載っているのか、手に取るように分かります。
 ものすごい労作と思います。この本も桜楓社なんですよね。

 前橋では、恒例により、県庁を覗いてみました。県庁舎内に入る人は、全員遠隔で体温測定するようになっていました。
 無事に関門を通ることができました。

 ぐんまちゃんスタジオのバックが変わっていました。
Gunmac_r020612a

 右側の枠にこういう焼き印がありました。
Gunmac_r020612b
 群馬県産の檜を使って作ったのですね。

 マスク着用で90分話をするのはなかなか大変でした。
 声がくぐもってしまうので、声を大きくして、発音も明瞭に。
 普段よりも疲れましたが、マスクのお陰で、のどが渇いて痛くなることはありませんでした。

 無事に講座を終えて、帰京しました。

 いつものスーパーに寄ったら、珍しくサーロインステーキ重がありました。これおいしいんですよ。
Sirloin01
 このスーパーのゴハンは、400円弱、500円弱の品が多い中で、これは698円で、お高いんですけど、見かけるとつい買ってしまいます。(^_^;

 帰宅後は、自分の夕飯より先に、金魚のお世話。
 水草が食べ尽くされてしまいましたので、先日買っておいた新しいのを入れました。
Kingyo_r020612a
 ほんと、水草の消耗が早いです。

 正面顔もかわいい。
Kingyo_r020612b

 明日は可燃ゴミの日です。
 持っていって貰えなかった羽毛を小袋に入れ替えるなら今夜ですけど、もう疲れたので、また後日。

2020年6月 9日 (火)

『ハニぼん』&ぐんまちゃんはにわ

 先週の金曜日に高崎の書店で「上野三碑かるた」を買いました。
 その書店のレジに、この本が積んでありました。
Hanibon01
 表紙はこのようにゆるい感じですが、群馬県の公式はにわガイドブックです。
  企画・編集:群馬県文化振興課
  著作協力:群馬県立歴史博物館
  協力:群馬県各市町村教育委員会
ということで、群馬県が総力を結集して制作したガイドブックです。
 オールカラーの写真や図が豊富で、わかりやすく、親しみやすい内容です。

 付録に、埴輪のペーパークラフトが3点付いています。
 その1つは、ぐんまちゃんによく似た馬の埴輪です。
 一昨年のHANI-1グランプリで第2位に輝いています。
Hani1_02

 ペーパークラフトの表側。
Hanibon02

 裏側。
Hanibon03

 切り抜いて作ってみました。
Hanibon04

 斜め前から。
Hanibon05

 下から。
Hanibon06

 大きさはこんなです。結構小さいです。
Hanibon07
 手乗り埴輪。
 糊と鋏を使った工作は久し振りでした。

2020年5月29日 (金)

不運な群馬デスティネーションキャンペーン

 昨日、目白駅でこのようなポスターを見ました。
Mejiro202005c
 まさか目白駅でぐんまちゃんに会えるとは思いませんでした。(^_^)
 階段の上から撮ったので、ちょっと分かりにくい絵面になりました。

 このポスター、前に見たことがあります。
 今年の3月に八丁堀駅で見ました。ぐんまちゃんの手配書です。
Gunmac_tehai01
 これ、群馬デスティネーションキャンペーンのPRの一環です。

 デスティネーションキャンペーンというのは、JRグループ旅客6社と指定された自治体、地元の観光事業者等が共同で実施する大型観光キャンペーンのことで、昭和53年度が最初です。なお、デスティネーション(Destination)は、目的地・行き先という意味だそうです。

 そして、群馬がデスティネーションキャンペーンの対象になるのは9年振りです。それで、群馬県はかなり力を入れていたようです。
 去年の3月に見たポスターにこう書いてありました。
Gunmades2019b
 今年の本番の前後に、プレとアフターも設定されて、3年連続のキャンペーンなのでした。

 それが、このコロナ禍です。何とも不運なことでした。
 9年前の前回のキャンペーンは東日本大震災の年でした。あの時は、旅行することも復興復旧の一環になると考えられましたが、今回は外出自粛が求められますので、どうにもなりません。

 今後、コロナ禍が終息して、来年のアフターには、たくさんの観光客が訪れてくれるように願っています。

2020年5月15日 (金)

サンバぐんまちゃん

 いつ果てるともしれない家の片づけ、ほそぼそと続いています。
 このようなものが出てきました。
Gunmac_oizumi01

 群馬県大泉町のミニタオルです。
 新型コロナ禍の中、多少ともワクワクした気分になればと思いまして。
 サンバ・サンバ。

 大泉町には在日外国人が多く、人口の約1割がブラジルやペルーからの日系人だそうです。
 それで、サンバ。

 群馬県のマスコットであるぐんまちゃんには、県内市町村それぞれのご当地ぐんまちゃんもいます。
 このミニタオルの絵柄、大泉町のご当地ぐんまちゃんなのかと思いましたが、そうではありませんでした。
 大泉町のご当地ぐんまちゃんはこういう絵柄でした。
Gunmac_oizumi02

 ついでに、玉村町のご当地ぐんまちゃんもご披露します。
Gunmac_oizumi03

 玉村町は夏の花火大会が有名です。
 勤め始めてから数年後に始まり、以後、毎年開催されています。

2020年4月20日 (月)

手洗いの、5つのタイミング

 新型コロナウイルス感染症対策推進室(内閣官房)の昨日のツイートに次のようなものがありました。
Tearai5

https://twitter.com/Kanboukansen/status/1251651187704643585?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Eembeddedtimeline%7Ctwterm%5Eprofile%3Akanboukansen&ref_url=https%3A%2F%2Fcorona.go.jp%2F

 どれも常識的な事項のようではありますけど、なるほどなぁ、と思いました。
 外から帰ったら必ず手を洗うようになりましたけれども、鼻をかんだあとに手を洗うことはしていませんでした。
 食事の前にも洗っていないかも。
 食事の用意をする時には洗っていましたけれども。

 気をつけたいと思います。

 手洗いで、ぐんまちゃんのこんな掲示を思い出しました。
 群馬県庁昭和庁舎の入口にあったものです。
 平成27年の撮影ですが、今もあるような気がします。
Gunmac_te02
 ぐんまちゃんは馬なので、指はないはずですが、それでは諸々不都合なので、実際にはミトンのようになっています。本人と握手をして確認済みです。(^_^)
 この絵でもミトン状ですが、5番でいきなり指が出てきて、その後、何ごともなかったかのように、またミトン状に戻っています。
 全く融通無碍です。この自由さがぐんまちゃんらしくて、良きです。(^_^)

2020年4月16日 (木)

おくすり手帳あれこれ

 加齢による経年劣化のために、複数の医院に通っていて、薬の処方箋を出して頂いています。
 調剤薬局に行く時は、必ずおくすり手帳を持参しています。
 かかりつけ薬局で貰ったおくすり手帳の表側の見開きです。
Okusuri01
 ペンギン、かわいいです。(^_^)

 この手帳が一杯になってしまいました。
 薬剤師さんが新しいのをいくつか持ってきてくれて、「次はどれにしますか」と聞かれました。
 その中にペンギン版はありませんでした。人気で品切れになってしまったのでしょうかね。
 持ってきてくれた中で、列車のにしました。
Okusuri02
 テツではないのですが、何となく心惹かれました。(^_^)

 家では延々と片づけが続いています。いつ果てるとも知れません。(^_^;
 その最中に、ぐんまちゃんのおくすり手帳が発掘されました。
Okusuri03
 以前、ネットオークションで入手したものです。

 女の子バージョンのまつげが魅力的です。(^_^)
Gunmac_okusuri02

 いっぱいあります。♪
Okusuri04
 これを調剤薬局に持って行って、「これでお願いできますか?」と言ってみようかと思います。
 ただ、群馬県ならば全く問題ありませんが、東京だと、「これ何ですか?」と言われますまいか。
 知名度はあると思いますけどねぇ。

 あと、いいオトナがこういうものを使うことへの抵抗もあります。(^_^;

 近所のスーパーに行った後、少し大回りをしてから帰宅する生活を3日間続けています。
 少しでも運動不足解消に役立つと良いのですけど。

2020年3月28日 (土)

こんな時こそ 花を

 昨日、群馬県庁に行った時、玄関を入って正面の吹き抜けに、どーんと国宝指定の懸垂幕が下がっていました。
 玄関を入った左手には、このようなものがありました。
Gunmac_hanawo01
 花がたくさんきれいに飾られています。
 そして、上には「こんな時こそ 花を飾ろう 花を贈ろう」の文字が。
 確かにそうだなぁ、と思い、撮影しようとしてデジカメを構えて、液晶画面を見たら、ぐんまちゃんの姿が目に飛びこんできました。
 肉眼で見ていた時には全く分かりませんでした。

 上の画像はどうでしょう。すぐにぐんまちゃんと気づかれましたか?

 気づきやすさは、液晶画面>上の写真>実物肉眼、の順でした。
 何の加減でしょうね。見えている範囲の大きさの違いでしょうかね。
 あとは、そこだけに集中できるかどうか。

 画像を小さくしてみました。
Gunmac_hanawo02
 こっちの方が、より気づきやすいでしょうか? あまり変わりはないかも……。(^_^;

 さて、この花ですけど、製作したのは群馬県と群馬県園芸協会だそうです。
 花の需要が多い時期なのに、新型コロナウイルスの影響による卒業式や送別会の自粛などで販売が低迷しているため、花の魅力をアピールしようという企画だそうで、群馬県産のバラを600本使用して作ったそうです。

 感染拡大の影響は様々な方面に及んでいますね。
 早く終息して欲しいです。

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ