ぐんまちゃん

2019年6月12日 (水)

ボク群馬!・ワタシ群馬!

 4月の初めに高崎駅でこのようなポスターを見ました。ブログの記事にもしました。
Mamapapagunma_2
 どちらにもぐんまちゃんがチラと写っています。群馬の宣伝にぐんまちゃんは欠かせません。(^_^)
 このポスター、今でも貼ってあります。

 最近、これに加えて新しいポスターを見かけます。
 まず、ボク群馬!
Bokugunma
 ここでは、ぐんまちゃんはチラではなく、堂々と登場しています。

 もう1枚。ワタシ群馬!
Watagunma
 こちらでは、ぐんまちゃんは女の子の頭の近くで、背後霊のようにまたチラです。
 ポスターの右端には、撮影している私の姿がチラと写り込んでしまいました。(^_^;

 この2枚、カヌーと蛍ですね。夏を先取りということになりましょう。

2019年6月 9日 (日)

べ・い・く・ど ぐんまちゃん

 昨日ご紹介した和菓子と同じく、これも「朝日ぐんま」の記者さんから頂きました。
Gunmac_kuwanomi01
 前橋の「くわの実」という洋菓子屋さんの商品です。
 名前は「べ・い・く・ど ぐんまちゃん」。
Gunmac_kuwanomi02
 マドレーヌのようなお味です。一口サイズ。
Gunmac_kuwanomi03
 しかし、まぁ、6月6日は「書店にて&金魚の昼寝?」、6月7日は「群馬の万葉歌碑特集&水草を食べる金魚」という具合に、2日続けて、何の関連もない題材を強引に「&」で結びつけた記事を書いたのに、今度は打って変わって、同じ方から頂いたぐんまちゃんのお菓子を2回に分けて書いているわけで、どうも一貫性が見られません。行き当たりばったりのような。(^_^;

2019年6月 8日 (土)

ぐんまちゃんの和菓子

 昨日ご披露した「朝日ぐんま」の記者さんからおみやげに頂きました。
Gunmac_wagashi01
 ぐんまちゃんの和菓子です。ねりきり。
 桐生市の舟定という和菓子店の製品です。
 これ何だろうなぁ、と考え、水芭蕉かと思いましたが、舟定のHPを見てみたら、キャベツとのことでした。
 そういう目で見ると、緑色の部分の葉脈は確かにキャベツのようです。

 もう1つ。
Gunmac_wagashi02
 こちらは工女ぐんまちゃんだそうです。
 富岡製糸場ですね。金箔は何を表現しているのか?

 さらにもう1つ。
Gunmac_wagashi03
 これは明白です。
 文字があると一目瞭然。

 今まで、ぐんまちゃんの饅頭、ロールケーキ、せんべいなどを食べてきました。まだまだありそうですね。
 人気のほどが知られます。

2019年5月22日 (水)

お金を抱えたぐんまちゃん

 先日、講座の受講者の方から、福祉作業所で作られたぐんまちゃんのコースターなどを頂いたことを書きました。
Gunmac_fukushi01_1
 今日は、同じ講座の別の方から、ぐんまちゃんのクリアファイルを頂きました。
Gunmac_kinyu01
 どうも、ぐんまちゃんといえば私、という連想回路ができあがってしまっているようです。(^_^;

 500円硬貨が好きなので、この図柄は嬉しいです。♪

 下の方に、赤っぽい四角形が裏写りしています。これはクリアファイルの裏側です。

 裏側のその部分だけ拡大します。
Gunmac_kinyu02
 群馬県金融広報委員会のクリアファイルでした。この委員会の存在は全く知りませんでした。
 クリアファイルの宣伝効果はありそうです。

 表側の絵の部分のアップ。(^_^)
Gunmac_kinyu03

2019年5月18日 (土)

ぐんまちゃんも福祉に協力

 講座の受講者から頂きました。
Gunmac_fukushi01
 コースターですね。私がぐんまちゃんファンだということが漏れています。(^_^;

 パッケージから出す前の裏側の写真です。
Gunmac_fukushi02
 福祉作業所で作られた製品なのでした。丁寧なしっかりとした仕事です。良いものを頂きました。

 もう1つ。
Gunmac_fukushi03
 裏側です。
Gunmac_fukushi04
 これは磁石が付いています。こちらも同じ作業所の製品です。冷凍庫のドアに貼りました。

2019年5月 5日 (日)

ぐんまちゃんおとぎ話カレンダー「金太郎」

 愛用の「ぐんまちゃんおとぎ話カレンダー」の5月は以下の通りです。
Gunmac_otogical201905a
 金太郎です。

 下半分のカレンダー部分にはこいのぼりが描かれています。金太郎は直接5月のものというわけではありませんが、端午の節句の人形にもなっているので、上下とも子どもの日に相応しい内容といえましょう。
 大晦日の話のはずの笠地蔵が2月のカレンダーになっていたことを思えば、5月はバッチリです。(^_^)

 このカレンダー、絵が上に来るか、カレンダーが上に来るかは柔軟で、月によって様々です。絵の構図によって決めているものと思います。
 それにしては、こいのぼりが下というのは不思議です。「屋根より高いこいのぼり」ですから、普通ならばカレンダー部分を上に持ってきそうなものですけど……。

 ・こいのぼりが描かれているが、実はこのこいのぼりは池の鯉を表現している。
 ・金太郎は昔の話。その金太郎が今では端午の節句の人形にもなっている。つまり、上下で昔から今への時代の変化を表現している。

 う~ん。無理やり頭をひねっても、これくらいしか思い付きませんでした。どちらもあまり説得力がありそうには思えません。(^_^;
 さて、真相は如何に。

 上の絵にはうさぎもいます。
Gunmac_otogical201905b
 熊さんのうしろですね。うさぎ好きの私は、うさぎが描かれていると嬉しい気持ちになります。

 5月1日の「即位の日」も印刷してありました。このカレンダーが作られたとき、新元号はまだ決まっていませんでしたけど、退位の日、即位の日は決まっていたのですね。
Gunmac_otogical201905c
 今日の子どもの日、いつものスーパーには柏餅が並んでいましたけど、昨日頂いた柏餅がとてもおいしかったので、買いませんでした。
 柏餅って、皮と餡だけでできているシンプルな和菓子なのに、とてもおいしいのと、そうでもないのとがありますね。どこからその違いが生まれるのか不思議です。原材料の質の差なのか、砂糖などの量の差なのか、皮のきめ細かさの差なのか、あるいはそれ以外の何かなのか。いくつかの要素の複合なのか。興味深いです。

2019年4月 8日 (月)

草津・くさつ・くさづ

 昨日は少し久しぶりに群馬に行きました。高崎駅構内でこのようなポスターを見ました。
Mamapapagunma  
 趣旨が少し分かりにくいですが、パパもママも、群馬で美味しいものをたくさん食べたり、温泉に行ったりしよう、ということでしょう。
 
 どちらのポスターにも、左側にぐんまちゃんが小さく見えています。(^_^)

 2つのポスターのうち、左側の方の湯もみ板に「くさつ」とあります。3字目がやや小さいので、「くさっ(臭っ!)」とも見えます。(^_^;

 ま、確かに草津温泉は硫黄のにおいがします。

 そして、草津の語源として、「くさうづ(臭水)」説があります。変遷は、kusamidu(くさみづ)→Kusamdu(くさむづ)→kusaudu(くさうづ)→kusadu(くさづ)となりましょうか。

 草津は現在、標準的な読み方は「くさつ」だと思いますが、「上毛かるた」では「くさづ」です。
Jomokusazu02
 群馬県民が広く「くさづ」と発音しているかどうかは分かりませんが、地元の吾妻郡では「くさづ」が一般的なような気がします。これは上の語源説に有利な要素ですね。

 ただ、草津温泉の湯もみ板の文字がなぜ「くさづ」ではなくて「くさつ」なのか不審です。(^_^; 県外の一般的な読み方に従ったのでしょうかね。

 日国で「くそうず」を引くと、「(「くさみず」の変化した語)石油の古称。越後国(新潟県)蒲原郡黒川・新津、同頸城(くびき)郡玄藤寺などが産地として古くから知られた。石脳油。くそうずゆ。」とあり、『大和本草』(1709年)の例などが挙がっていて、方言の項に、新潟県の方言とあります。

 同じ語形に石油の意と硫黄温泉の意と両方あることになりますが、一方は新潟、一方は群馬で、地域が違うので、問題ないのかと思います。


【追記】
 昨日は上のように考えたのですが、「くさうづ」→「くさづ」はどうかなぁと思えてきました。「くさうづ」を経ない方があり得そうです。

 kusamidu(くさみづ)→kusamdu(くさむづ)→kusandu(くさンづ)→kusadu(くさづ)です。

 こちらの方が良さそうに思います。

2019年4月 7日 (日)

前橋文学館前の桜

 今日は仕事で前橋に行きました。帰り道、ちょっと道を外れて、前橋文学館の前に行ってみました。お目当ては桜です。

 前橋文学館の前を広瀬川が流れていて、河畔に桜や柳が植わっています。元の職場では1年生の研修旅行で毎年のように訪れていました。タイミングが合えば、桜が満開でした。

 今日はこんなでした。ちょうど見頃でしょうかね。桜と柳は似つかわしく思います。
Sakura20190407a
 文学館前の朔太郎像はいつもピカピカで、よく手入れされています。
Sakura20190407b
 撮影時には気づかなかったのですが、背後の文学館のガラスに桜がたくさん反射していました。

 帰宅後、ネクタイをしたまま、いつもの近所のスーパーに行きました。レジのおばさんに「ぐんまちゃんですね」と言われました。
Gunmac_neck02
 橿原のホテルや、松江の土産物店では「牛ですか?」と言われたぐんまちゃんですが、さすがに関東では知名度があります。(^_^)
 

2019年3月18日 (月)

木目込みぐんまちゃん

 このようなものを購入しました。
Gunmac_kimekomi01
 ぐんまちゃんの木目込み人形です。
Gunmac_kimekomi02
 群馬の絹を使って織った桐生お召しの布を使用して、群馬県ふるさと伝統工芸品の職人さんが作ったそうです。
Gunmac_kimekomi03
 ネクタイと座布団の色は4種類の中から選べます。チェック、赤、金、黒・銀の4種です。しばし考えて金を選びました。成金趣味ではないのですが。(^_^;

 この品の存在は、菩提寺のご住職からメールで教えて頂きました。雑誌でご覧になったのだそうです。わざわざのお知らせ、恐縮です。ご住職はくまモンがお好きなので、何かくまモン情報を見つけたらお知らせしたく思います。

2019年3月 8日 (金)

群馬デスティネーションキャンペーンは……

 今日は前橋で仕事の日でしたので、恒例により県庁の県民センターに立ち寄りました。

 ぐんまちゃんスタジオのバックが春バージョンになっていました。
Gunmac_studio201903
 高崎観音と桜。華やかです。

 県民センターにこのようなパンフレットがありました。
Gunmades2019a
 これは東群馬版ですけど、他に西上州版や、吾妻エリア版もありました。

 この表紙の左下の方を拡大します。
Gunmades2019b
 先月、こういうポスターをブログにアップしました。
Gunmapredes2019a
 見えている文字だけでは何のことやら分かりませんが、下の方に小さな字で、「群馬プレデスティネーションキャンペーン」とあって、謎が解けたのでした。

 その時は、今年4月からのプレに続き、夏か秋に本番のデスティネーションキャンペーンが開催されるのかと思いました。ところが、上の表紙の拡大に依れば、本番は来年なのですね。今年がプレで、来年が本番、再来年がアフターということです。3年がかりという大掛かりなキャンペーンなのでした。

 力が入っていますね。このキャンペーン、成功すると良いです。

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ