日常

2017年7月12日 (水)

ヘッドマークチャーム

 先日、お寺で頂きました。
Yebisu01
 どうもヱビスビールのおまけのようです。エル特急のヘッドマークです。

 全部で8つ頂きました。まず4つ。
Yebisu02
 あと4つ。
Yebisu03
 私はテツではありませんが、こういうのは見ていて楽しいです。♪

 良いものを頂きました。(^_^) 私の好みをよくご存知で、大変にありがたく存じています。

2017年7月11日 (火)

熊童子が日焼け

 今日は暑かったです。

 日中、250mlのペットボトルを3本飲みました。今年はまだ水筒を持ち歩いていません。明日から持ち歩こうと思います。

 月兎耳と熊童子を育てています。熊童子は当ブログ初登場です。どちらも多肉植物で、同じ種類のようです。
Tsukitoji02
 水をやりすぎるといけないというので、雨にあたらないように、天気を見ながら、室内に置いたり、外に出したりしていました。昨日今日、雨は降らなさそうでしたので、日当たりの良いベランダに出しっぱなしにしていました。

 その結果、月兎耳は無事でしたが、熊童子は葉がいくつか茶色くなってしまいました。日に焼けたのでしょうね。日に当てすぎてはいけないようです。
Tsukitoji03
 なかなか難しいものです。

2017年7月 9日 (日)

松代のアンズ

 東京の家の近所のスーパーで、アンズを買いました。
Anzu01
 スーパーの店頭にアンズが並んでいるのは珍しいように思います。

 信州松代産だそうです。
Anzu02
 この解説によれば、宇和島の伊達家から松代の真田家に輿入れしたお姫様が松代にもたらしたのが最初のようですね。

 その昔、20年以上前というより、30年近く前になるかと思いますが、梅酒を漬けていた時期がありました。玉村のスーパー(農協のスーパーです)で、広口瓶や梅の実など、梅酒作りセットを売っていたので、作ってみたくなったのです。

 何年か作っているうちに、他のものも漬けてみたくなり、レモン酒とアンズ酒を作ったことがありました。あまり記憶が定かではありませんが、材料のアンズの実はたぶんそのスーパーで買ったのでしょう。その時にそのままのアンズも多分食べてみたと思うのですが、憶えていません。(^_^;

 アンズをそのまま食べるのはそれ以来と思います。皮を剥くのかなぁ、そのままでもいいのかなぁ、と思いつつ、そのまま囓ってみました。そのままでOKでした。(^_^)

 美味でした。(^_^)

2017年7月 7日 (金)

等々力渓谷をゆく(2)

 等々力渓谷をさらに進んで行くと不動の滝があります。

 下の写真で、橋を渡ると、そこに一対の灯籠があります。灯りがついています。その間を通って、左に進んだ先に不動明王が祀られています。画面左側に祠が見えます。不動の滝は画面中央あたりです。←ほとんど見えませんね。
Todoroki10
 それもそのはず、滝といってもこれです。
Todoroki11
 不動明王の祠。
Todoroki12
 不動明王像。石像でしょうかね。
Todoroki13
 滝の手前を上に登って行くと等々力不動があります。本堂は大きな建物です。
Todoroki14
 境内に「草木供養碑」がありました。牛馬の供養碑や犬猫の供養碑は見たことがありますけど、草木の供養碑というのは初めて見ました。珍しいのではないでしょうか。
Todoroki15

2017年7月 6日 (木)

等々力渓谷をゆく(1)

 今日はちょっと用があって、世田谷区役所の玉川総合支所に行きました。最寄り駅は東急大井町線の等々力駅です。等々力駅というのは等々力渓谷の最寄り駅でもあります。で、行ってきました。(^_^)

 大分・福岡が大変なことになっているのに、こんな暢気な記事は気が引けますけど。

 渓谷への降り口には、そこと渓谷と、それぞれの気温が表示されていました。
Todoroki03
 4度差がありますね。

 等々力渓谷の説明板。
Todoroki01
 案内図。
Todoroki02
 渓谷はこんな感じです。
Todoroki04
 青葉が瑞々しかったです。季節によって、春は桜、秋は紅葉が美しいそうです。
Todoroki05
 途中に古墳がありました。
Todoroki06
 石室の内部。人が近づくと石室内部に灯りがつきます。
Todoroki07
 解説板。
Todoroki08
 想像図。
Todoroki09
 明日、続きを書きます。

2017年6月19日 (月)

古事記学会の弁当・水など

 大会1日目の会議の際のお弁当です。
2017kojiki08
 中身。
2017kojiki09
 いやぁ、ボリュームたっぷりでした。おいしかったですけど、朝食が遅かったこともあり、かなり残してしまいました。もったいなかったです。食品廃棄物が問題になっているさなか、罪悪感がありました。

 箸袋に「にりん草」とあります。中京大学の真ん前にあるお店です。

 食事にはお茶が付いてきましたが、それとは別に、受付ではペットボトルの水を頂きました。中京大学ブランドの水です。
2017kojiki10
 そういえば、以前、愛知大学でも水を頂きました。
2017kojiki11
 こんな説明がありました。
2017kojiki12
 愛知・岐阜はおいしい水が多いのでしょうね。

 中京大学の水にも説明があったと思います。撮しておけば良かったです。

 懇親会があったホテルの玄関付近にはこのようなものがありました。飴細工だそうです。
2017kojiki13
 いやぁ、よくできています。
2017kojiki15
 飴細工といわれると甘そうな感じがします。
2017kojiki14

2017年6月18日 (日)

伊吹山夕景

 古事記学会第1日目の夜は、名古屋観光ホテルで懇親会がありました。18階の部屋です。

 (たぶん=蜂矢先生談)伊吹山が見えました。なお、この部屋の名前は「伊吹の間」である旨、蜂矢先生から御教示いただきました。伊吹山が見えることに依る名でしょうね。
2017kojiki04
 代表理事の毛利先生、講演者の鈴鹿先生、犬飼先生のご挨拶があり、写真も撮ったのですが、昨日載せた写真と同じメンバーですので、省略します。

 乾杯の挨拶は蜂矢先生です。
2017kojiki05
 やがて、日没が近づきました。
2017kojiki06
 閉会の辞は岩下先生でした。
2017kojiki07
 懇親会の参加者も多く、盛況でした。

2017年6月 7日 (水)

イーストアイに遭遇

 高崎駅の新幹線ホームにイーストアイがいました。夜7時過ぎです。
Easti03
 東海道新幹線のドクターイエローに当たるのですよね。
Easti04
 カメラを向けている人はあまりいませんでした。

 う~ん。テツではないので、これ以上、話をふくらませることができません。(^_^;

2017年6月 4日 (日)

早稲田おまけ

 今日は、全国大学国語国文学会の2日目、研究発表会でした。発表者には大学院生も多数いましたので、写真は省略します。代わりにおまけを少々。

 昨日の委員会のお弁当です。
Zenkoku2017a12
 中身。三色団子が気に入りました。
Zenkoku2017a13
 今日のお弁当。
Zenkoku2017a14
 違うお店の品です。2日とも大会実行委員長の石原千秋先生のチョイスだそうです。両方ともおいしゅうございました。

 大隈重信像。朝倉文夫の作とのことです。
Zenkoku2017a15
 リーガロイヤルホテル。ここで懇親会が開かれました。
Zenkoku2017a16
 穴八幡神社。
Zenkoku2017a17
 鳥居を亀が支えていました。
Zenkoku2017a18
 かつて、この境内で流鏑馬が行われたとのことです。時間がなくて境内には入りませんでした。
Zenkoku2017a19
 2日間に亙る夏季大会、盛況裏に終了しました。会場校は大変だったことと思います。お世話になりました。

 午前の部2本目の研究発表の発表資料はよくできていました。院生さんですが、内容上の区切れごとに、その項のまとめが簡潔明瞭に示されていて、大変に分かり易かったです。レジュメの見本のように思いました。歳をとっても参考になることはたくさん。(^_^)

2017年6月 1日 (木)

奈良拾遺

 ちょっとタイミングを外してしまいましたけれども、先日の上代文学会の折の落穂拾いです。

 宿の窓から。
Unebi20170519
 畝傍山と二上山の夕景です。良い感じで鳥が飛んできました。学会の会場は奈良市内の奈良女子大学だったのですが、宿は橿原でした。(^_^)

 大会前日の夕飯です。京都駅で買いました。駅弁の名前に惹かれたところがかなりあります。(^_^)
Ikarugaben01
 中身です。
Ikarugaben02
 お品書き。
Ikarugaben03
 リストの末尾に「蘇(そ)入団子」とあります。食べ終わって、かなり経ってからこのお品書きを見ました。「蘇入団子」がどんな味だったか憶えていません。失敗しました。(^_^;

 帰る日に買ったしかまろくんのストラップ。
Shikamaro09
 裏です。
Shikamaro10
 メモも買いました。
Shikamaro08

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ