日常

2018年6月19日 (火)

渋川の家、無事。♪

 一昨日の渋川市震度5弱の地震の被害が心配でしたので、今日は、群馬県立女子大での非常勤のあと、渋川の家に帰りました。

 家の中の雪崩れは気に掛かりましたが、それよりも、屋根瓦が割れたりズレたりしている方が心配です。雨漏りに繋がりますので。

 それで、玄関を開ける前に、まずは庭から屋根を観察しました。下から見た限りでは異常はないようです。本当に無事かどうかは雨が降ってみないと分かりませんけど。(^_^; 無事であることを願っています。

 恐る恐る家の中に入ってみました。

 小雪崩れが1つあっただけで、無事でした。
Nadare201806a
 屋根を見ているときに、お隣に住んでいる大家さんが出てきて、少し話をしたのですが、相当大きな揺れだったと言っていました。でも、大家さんの家でも、何かが落ちてきたり、何かが壊れたりということはなかったそうです。

 揺れが大きくても、揺れ方によって状況が変わるのでしょうかね。

 上の写真でも、やや雪崩れはありますけど、側に積んである山はそのままです。

 時計の前の招き猫。
Nadare201806b
 普段は正面を向いていますが、今は斜めを向いています。これくらいの影響はありました。でも、左右のDVDの山と割り箸の山は無事です。

 影響がほとんどなくて幸いでした。

 ご心配頂きましてありがとうございました。

2018年6月18日 (月)

オリヅルランを地植えに

 昨日、ナゾの草を地植えにしたことを書きました。玄関脇の土が意外と良い土だったことに刺激されたのでしょうか、土いじりをしたくなりました。鉢植えも良いですけど、地面の土はさらに良いです。

 去年、オリヅルランが何度かランナーを伸ばし、そこに子株が付いたのをせっせと分家にしていました。1株ダメになったのがありましたが、他は元気に生育中です。

 鉢が増えると管理が厄介なので、子株は同じ鉢に植えています。
Orizuru20180618a
 これを地植えにしました。こんな感じです。
Orizuru20180618b
 根鉢を崩さない方が良いかと思って、なるべくそのまま移植しましたが、あとから見ると、密集していますね。(^_^; バラして植えた方が良かったかもしれません。ま、いずれランナーを延ばしてくれれば、自然に広がってゆくことでしょう。

 昨日のナゾの草に虫食いがありました。
Kusa201806c
 昨日撮った写真を確認しましたが、昨日は虫食いはありませんでした。地植えにしたために早速虫の餌食になってしまったのでしょう。食べ尽くされない程度ならば、多少は喰われても構いません。

 桑の木にはこういう虫が2匹付いていました。
Kamikiri
 カミキリムシですかね。この家ではこれまで1度も見たことがありませんでした。伐採された桑の木が、切り口を保護するために樹液を出しています。それを求めてやって来たのかもしれません。

 東京の街中ですが、結構自然豊かです。

2018年6月17日 (日)

ナゾの草

 しばらく前、玄関脇のベニカナメモチの根方付近から草の芽が出ているのに気づきました。どこからか風に乗って種が飛んできたのか、あるいは鳥が運んできたのか。
 そのままにしておいたら植木屋さんが作業をするときに刈り飛ばされてしまうだろうと思い、仮に鉢に移しました。
Kusa201806a
 植木の伐採・剪定が終わったので、今日、また元のところに戻しました。
Kusa201806b
 この草、なんでしょうね。なんということもないただの雑草かもしれません。

 そんなことを思いかけたら、「雑草という名前の草はない」という昭和天皇のお言葉が頭をよぎりました。(^_^;

 植え替えるために土を掘っていると、大きなミミズが出てきました。良い土のようです。そのミミズ、金魚の御馳走になるかと思ったのですが、金魚の大きさに比べて、ミミズの方がいかにも大きかったので、断念しました。(^_^)

 蚊が水槽に卵を産んでくれたらボウフラが湧いて金魚の良いゴハンになりそうに思いますが、なかなかそううまくはゆきませんね。

 渋川市で震度5弱の地震だそうですね。わが家の中、雪崩が起きているのではないかと心配です。心配してくださったメールも頂きました。ありがとうございました。

2018年6月15日 (金)

庭木を伐採・剪定

 去る5月27日のことです。わが家の隣の駐車場の地主が来訪しました。用件はクレームでした。(^_^;

 駐車場との境界の塀際に植わっているうちの木が大幅に領空侵犯をしていること、うちの桑の木が塀を圧迫していて塀が倒れる怖れがあること、それについて善処して欲しいということでした。

 領空侵犯の状況は以下の通りです。
Bassai01
 確かにこれでは反論のしようもありません。全く手入れをしていなかったのでこういう状態になってしまいました。申し訳ないことです。

 また、桑に圧迫されて塀が傾いているというのも、言われてみればそういう気がします。

 これはもう私の手には負えませんので、伐採か剪定か、その判断も含めて植木屋さんにお願いすることにしました。

 翌日、電話して、6月4日に見積もりに来て貰いました。植木屋さんの考えを伺いつつ相談の結果、領空侵犯をしている塀際の木は全て伐採、桑の木は塀を圧迫している幹と、今後塀を圧迫しそうな幹とを伐採ということになりました。

 そして、今朝9時から作業をしてもらいました。クレームから3週間近く経ってしまいましたが、植木屋さんと私との都合をすり合わせた結果の日程ですので、仕方ありません。

 作業は片づけも含めて2時間半ほどで終わりました。その結果です。
Bassai02
 根本付近。見るとつらい気がします。
Bassai03
 道に近い所に植わっていたのは、萩さんに教えて頂いたとおり、カイヅカイブキでした。奥のはキンモクセイだったそうです。キンモクセイというと良い香りの花が咲く木ですよね。気づきませんでした。

 塀とは反対側にも木が植わっていて、それも伸び放題でしたので、こちらは剪定して貰いました。

 剪定前。
Bassai04
 道側のはツバキだと思っていたのですが、そうではなくてサザンカであることを筒井先生に教えて頂いたことがあります。奥のは分かりませんでしたが、ベニカナメモチだそうです。

 剪定後。
Bassai05
 大分すっきりしました。こちらは散髪のようなものなので、つらい気はしません。(^_^)

 桑の木はこうなりました。
Bassai06
 近日中に新しい枝葉が伸びてくることと思います。

 ツツジはそのままです。上に伸びるのを遮っていた桑とカイヅカイブキがなくなりましたので、徐々に上に伸びてゆくことでしょう。
Bassai07
 すでに芽生えがあります。
Bassai08

 この家は父が建て売りを買ったものです。木は全て最初から植わっていました。何も植わっていないよりも木があった方が見た目も良いし、好ましく思いますが、植わっている場所が何とも狭すぎました。塀際の木々はお隣との境界に近すぎ、枝葉の領空侵犯は避けられないところでした。伐採してしまった罪悪感はありますが、なんともなぁ、という気がします。

2018年6月 4日 (月)

二松學舍大学で全国大学国語国文学会(3)

 大会の2日目は研究発表会と総会でした。

 総会の後、学会三賞の表彰式が行われました。

 学会賞は池原陽斉氏『萬葉集訓読の資料と方法』(笠間書院 平成28年12月)が受賞しました。
Zenkoku2018natsu17
 池原氏の挨拶。
Zenkoku2018natsu18
 文学・語学賞は池田茉莉乃氏「「問賜」ふ天宇受売神-『古事記』「天孫降臨」段の誰何の場面をめぐって-」(第221号 平成29年12月)が受賞しました。
Zenkoku2018natsu19
 池田氏の挨拶。
Zenkoku2018natsu20
 研究発表奨励賞は大村美紗氏「中関白家の零落-寛子に見られる受領階級の処世-」が受賞しました。大村氏はまだ院生さんですので、写真の掲載は差し控えました。

 会場の受付で受け取った研究発表資料等の封筒の中に二松學舍大学のメモ帳が入っていました。
Nisho01
 額に松が描かれている猫は二松學舍大学のマスコットキャラクターですかね。かわいいです。「たいせつなのは、国語力」というキャッチコピー、いいです。♪

 その封筒の中には大学案内も入っていました。
Nisho02
 こちらにも、中央部分に「たいせつなのは、国語力」。

 ページを開くと、最初の見開きに「今こそ国語力を。」
Nisho03

 二松學舍大学、素敵です。

2018年5月31日 (木)

前橋文学館にも行きましたが

 昨日は13時半から前橋で仕事でしたが、電車の都合等々、諸般の事情で、11時半頃に前橋駅に着きました。先方に早く着いても、時間まで本など読んでいても良いのですが、運動も兼ねて、レンタサイクルで少しふらふらすることにしました。

 御朱印帳を求めて前橋東照宮に行ったのもその一環です。
Maeto09
 今にも雨が降りそうな空模様ながら、もう1ヶ所くらい行けそうでしたので、前橋文学館に行ってみました。

 ちょうどこのペアの垂れ旗のそれぞれに行くことになりました。
Toshoguren01
 前橋文学館にも同じ旗が飾られていました。
Maebun01
 館内のカフェ(?)のシンボルマークは猫なのでしょうか。
Maebun02
 前橋文学館は前橋市出身の萩原朔太郎を記念する文学館です。朔太郎に『青猫』という作品がありますので、この猫はそれにちなむものかもしれません。

 さて、前橋文学館、臨時休館でした。(^_^;
Maebun03
 館内の電気設備工事に伴うもののようです。

 休館でも、職員の方々は勤務されているようです。写真を撮っていたら、館内を歩いていた職員さんに見つかってしまい、わざわざ入口まで来てくださって「すみません。本日休館なんですよ」とご挨拶頂きました。恐縮です。

 その職員の方、かつて、前橋市内の公民館で何度か出前講座をしたときにお世話になった方でした。思いがけない所での再会となりました。(^_^)

 目的地は東照宮と文学館だけでしたけれども、あちこちふらふらしたので、45分ほど自転車に乗りました。

 運動になって幸いでした。体脂肪と内臓脂肪の数値は若干下がり、骨量、筋肉量、基礎代謝は若干上がりました。

 毎日、体重計兼体組成計で測定していますけど、運動するかしないかが微妙に数値に反映しています。

2018年5月23日 (水)

品川駅構内に馬!

 今日は前橋で仕事の日でした。終わった後、上野東京ラインに乗って、品川駅で降り、京浜東北線に乗り換えるべく、駅構内を歩いていたら、人だかりができていました。

 何だろうと思って、見に行ったら、馬がいました。(^_^)
Shinagawauma01
 私も弥次馬です。(^_^;
Shinagawauma02
 日本ダービーの宣伝のようです。少しずつ前方に移動できました。
Shinagawauma03
 上の3枚の写真から分かるように、馬は首を動かしていました。

 首のアップ。ナマの馬をこんなに間近に見る機会は滅多にありません。やはり動物は良いです。
Shinagawauma04
 その昔、地下鉄の車両はどこから入れたのか、それを考えると夜も眠れない、という漫才のネタがありましたね。春日三球照代さん。それを思い出しました。この馬どこから入れたんだろうと。

 そういえば駅構内の馬の話題、最近のネットニュースで見たことを思い出しました。

 帰宅してから、ググってみたら、見つかりました。前に見たときは記事をちゃんと読んでいなかったのですが、改めて読んだら、この馬、ロボットだということでした。

 「えっ!!」です。

 間近に見たのに、本物の馬としか思えませんでした。

 口のあたりをアップにすると、本物ではないのかなぁという気もします。
Shinagawauma05
 3枚目の写真の膝のあたりも本物にしてはやや不自然かもしれません。

 でも、それらも、ロボットかもしれないという思いで、じっくり写真を見るからそう思えるだけで、実際にその場ではそんなことは全く感じませんでした。

 まことにリアルな馬でした。

2018年5月21日 (月)

「すっぽろパン」

 先日、「素髪」のことを考えている過程で、「すっぽろパン」という言葉を思い出しました。父が口にしていた言葉です。意味は、バターやジャムなどを何もつけていないパン(たぶん食パン)。

 この語、父以外の人が口にするのを聞いたことがありません。日国にも載っていませんし、ググってもヒットしません。

 「すっぽろめし」という語はヒットしました。「すっぽろパン」は「すっぽろめし」から作られた語かもしれません。

 「すっぽろパン」という語を使っている、あるいは聞いたことがあるという方がいらしたらお知らせください。

 7年半前に亡くなった父は、横浜で生まれ育ち、旧制高校は静岡でしたが、大学と勤務先は東京でした。横浜か静岡の方言なのか、あるいは、他県から静岡の高校に来ていた友人の言葉なのか、何とも分かりません。

 あ、話は逸れますが、父が横浜の中学生だったとき、犬養孝先生が担任だったそうです。後年、大阪大学の教授になられた萬葉風土の犬養先生です。国語の授業も分かり易く、良い先生だったと時々話していました。私淑していたようで、卒業後もずっと交流があったようです。

 犬養先生も主要メンバーの1人だった「飛鳥古京を守る会」に私が入会したのは父の影響です。父は入会しなかったようですけど。(^_^;

 私の書架に犬養先生の『萬葉の風土』正続2冊が並んでいます。
Inukaimanyo01
 この本には著者謹呈の短冊が挟まっています。
Inukaimanyo02
 正編は昭和46年11月の初版第2刷、続編は昭和47年1月の初版第1刷です。刊行時、私は浪人生でした。まだ研究者の卵にもなっていない私に犬養先生が御著書を下さるはずもありません。この2冊は、父が犬養先生から頂いたものです。

 会社員だった父は、文学、語学、歴史、美術、書、建築、音楽など幅広い分野に関心を持っていましたけれども、決して専門家ではありません。その父に犬養先生が御著書をくださったのですから、これは純粋に中学以来の交流の賜物ですね。素敵な関係と思います。

 父はかなり沢山本を持っていました。これを処分すれば、東京の家の玄関先にまだ積んだままになっている段ボールの中身やら、渋川の家に置いたままになっている本などがそこそこ収まるのですが、父の本にはまだ一切手をつけられずにいます。(^_^)

2018年5月17日 (木)

渋川に熊出没情報

 私のスマホに、「渋川ほっとマップメール」から熊の出没情報がしきりに届いています。
Shibukuma201805
 5月6日以来、昨日までに8件です。

 「渋川ほっとマップメール」というのは、登録者の携帯電話やパソコンに、災害・緊急情報などを配信するサービスです。

 東日本大震災のあと、計画停電が実施されましたので、いつ停電になるのかという情報を早く知りたくて登録しました。

 計画停電が終わった後も、登録は継続しています。今届くのは、災害・緊急情報、気象情報、火災情報、防災行政無線放送情報などです。

 そう頻繁に届くわけではない中で、熊の出没情報が目立ちます。

 渋川市は平成の合併でかなり面積が大きくなりました。今回の熊の出没も、市街地ではなくて、すべて旧伊香保町です。山地といえばそうなのですが、保育所付近への出没情報が2件、小学校付近への出没情報が1件あるのが気になります。被害がないと良いです。

 温泉街は人が多いせいか、温泉街への出没情報はありません。

2018年5月15日 (火)

アマリリス開花2鉢目

 アマリリスの2鉢目が開花しました。
Ama20180515a
 昨日の朝、1輪は開花していたのですが、もう1輪がやや遅れました。今朝、晴れて2輪とも開花していました。

 1鉢目の花もまだ元気ですので、4輪、揃い踏みになりました。
Ama20180515b
 3鉢目はこんな具合です。
Ama20180515c
 近日中にこれがパカッと割れて、中から2つのつぼみが顔を出すことでしょう。それが開くのはまた少し先になります。

 4鉢目。
Ama20180515d
 まだ先端が顔を出したところです。

 5鉢目。
Ama20180515e
 似たような段階ですね。開花した2鉢とは大きな時間差があります。

 この2鉢は、今春、渋川の家から東京に持ってきたものです。寒冷地で過ごしていた影響が成長の差になって現れたものと思います。

 アマリリスは、球根から顔を出した段階で、もうつぼみができています。4鉢目と5鉢目、つぼみができているかどうか、もう少し経たないと分かりません。

 今咲いている4輪は芳香を放っています。♪

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ