日常

2017年3月20日 (月)

お寺でお彼岸の法事

 今日は菩提寺で春のお彼岸の法要がありました。

 朝10時から法話、11時から法要です。

 法話では、お彼岸の意味などの解説の他に、金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」を取り上げたお話しがありました。

  私が両手をひろげても、
  空はちつとも飛べないが、
  飛べる小鳥は私のやうに、
  地面を速く走れない。

  私がからだをゆすつても、
  きれいな音は出ないけど、
  あの鳴る鈴は私のやうに、
  たくさんな唄は知らないよ。

  鈴と、小鳥と、それから私、
  みんなちがつて、みんないい。

 最後の部分は有名ですが、全体は必ずしもそうではありませんね。恥ずかしながら、私も最後以外はあいまいでした。詩の全体をじっくりと読む良い機会を頂きました。良い詩です。

 以前もご紹介したかもしれませんが、このお寺では東日本大震災の殉難者の位牌を作って、ご住職が毎日お経を上げていらっしゃいます。
Myokenji01
 位牌の文字が「東日本大震災」ではなく、「東北関東大震災」となっています。これは「東日本大震災」が正式名称と決まる前の通称ですね。いかに早い時期にこの位牌が作られたのかを物語っています。

 法事のあと、近くのレストランでお昼を御馳走になりました。食べたことのないものばかりでしたので、写真に撮ってしまいました。

 これは前菜の前の料理です。何と呼ぶのでしょう。「付きだし」ではないでしょうが。
Myokenji02
 これが前菜ですね。
Myokenji03
 魚料理。
Myokenji04
 肉料理。
Myokenji05
 デザート。
Myokenji06
 全部説明されたのですが、忘れてしまいました。メモしておかないとダメです。(^_^;

 全てとてもおいしゅうございました。

 ご住職はハチミツがお好きとのことですので、今度尾瀬のハチミツを持参します。♪

2017年3月17日 (金)

絶賛片づけ中

 研究室の片づけ、なかなか捗りません。(^_^;

 片付けの最中、飴ちゃんが出てきました。この飴、好物です。
Ame01
 賞味期限です。
Ame02
 少し古いといえば古いですけど、1年半ほど前ですので、そう大したことはありません。個包装からやや出しにくかったですけど、味は変わりありませんでした。飴ですからねぇ。

 これ以上に古いどんなものが出てくるか楽しみです。(^_^)

 1月半ばに撮った写真です。
Kenkyushitsu01
 反対側から。
Kenkyushitsu02
 いずれ片付けが終わったときに、ビフォー・アフターの比較を載せようと思って撮ったものです。用意の良いことで。(^_^;

 でも、今日あたり、この時よりもぐちゃぐちゃです。片付けの最中はかえってひどい状態になりますね。夜明けの前が一番暗い。(^_^;

 先日、4年生のかるべさんが手伝ってくれました。学生さんの貴重な時間を奪ってはいけないと思い、誰にも手伝いのお願いはしたことがなかったのですが、手伝ってくれると確かに捗ります。ありがとうございました。

2017年3月15日 (水)

岩波ブックセンター休業

 先日、神保町に行ったついでに、いつものように岩波ブックセンター(信山社)に立ち寄りました。そうしたら、閉っていました。ドアに張り紙があり、「店主急逝のため、11月23日からしばらくの間、休業させていただきます」という意味のことが書いてありました。

 残念に思い、1日でも早い再開をと願いましたが、店主1人で店番をしているような書店ではなく、会社ですからねぇ。店主が急逝したからといって店を閉めてしまうものでしょうか。

 気になってググってみましたら、この書店、ずっと赤字経営が続いていたのだそうです。そこへ、10月に代表取締役としてこの書店を支えていた柴田信氏が亡くなったことで、11月下旬に破産手続をとることになったのだそうです。

 出版不況の時代とはいえ、あれだけ充実した学術書籍を揃え、神田神保町交差点角というすばらしい立地条件であっても、経営が成り立たないとは。

 暗然としました。

 あの日に買った『出雲国誕生』が最後の買い物になりました。
Izumotanjo
 いや、最後の買い物ではなく、何とか復活して貰いたいです。
Gunmac_shiori02

2017年3月12日 (日)

囲む会

 私が定年退職を迎えるというので、今夜、前橋で4期生・5期生の有志が「北川先生を囲む会」を開いてくれました。ありがたいことです。
45kia
 4期生・5期生は、私が着任したときに3年生・2年生だった学年です。最初に卒論指導をした3期生も印象に残っていますけど、3期生は私の授業はとっていないので、そういう意味では、4期生・5期生は授業や部活などを通しての親近感があります。

 3期生は私よりもちょうど一回り下のうさぎです。とすると、4期生は13歳下、5期生は14歳下ということになりますね。みなさん50をちょっと越えたあたりでしょうか。←余計なことを言うと怒られます。あ、実際に余計なことを言って、怒られました。(^_^;

 もう、私とはほぼ同世代と言っていいでしょう。誤差の範囲内です。

 4期生・5期生が在学中にホワイトボードに書いた落書きがまだ残っていましたので、それを撮影したものをプリントアウトして持って行きました。30年近く、よく残っていたものです。もう簡単には消えないかもしれません。
Wbrakugaki01
 こんなのも。
Wbrakugaki02
 こんなのも。これはもう少し下の学年の仕業のようです。あ、金魚は私の作です。ヘタですね。(^_^;
Wbrakugaki03
 きれいな花のアレンジメントを頂きました。
45kib
 他に何ともすばらしい記念品を頂いたのですが、それは単独でネタになりそうなので、また明日。(^_^)

2017年3月 7日 (火)

晴れと曇りとの境界

 今日、渋川の家の最寄り駅である八木原駅での撮影です。
Harekumori
 正面は東です。右が南、左が北になります。左側に見えている山は赤城山です。

 一部分だけ切り取った写真ですが、画面よりも右側はずっと青空です。左側はずっと曇り空です。

 駅のほぼ真北には子持山があります。ほど近くの山ですので、普段はよく見えていますが、今日は雲に覆われてほとんど見えませんでした。

 ということで、赤城山のやや南に晴れと曇りとの境が存在したということになります。

 八木原駅ではわずかに風花が舞っていました。1つ南の群馬総社駅ではきれいな青空でした。渋川あたりが関東平野の北のヘリに当たりますので、天気の境目になることもあります。

 タモリさんもヘリ好きですけど、確かにヘリは面白いです。(^_^)

2017年3月 5日 (日)

カランコエ&桑の剪定

 1月15日に、カランコエの鉢を頂いた記事を載せました。あの時の花はこんな感じでした。
Kalanchoe01
 今はこんなになりました。
Kalanchoe04
 こうしてどんどん花が咲いてくれると楽しみです。まだ気温が低いので外に出せず、あまり日に当ててやれませんが、暖かくなったら外に出して、十分に日に当ててやろうと思っています。

 カランコエって、今までは名前も知らなかったのですが、実は、国文学科の共同研究室に、頂き物のカランコエがあり、教務補助さん(副手のような立場です)が世話をしてくれていたのでした。灯台下暗しです。

 ところが、国文研もあまり日が当たらないので、このカランコエ、葉ばかり繁って、今シーズン、花は付きませんでした。そこで、教務補助さんが剪定して、切ったものを里子として私にくれました。これを挿し芽として育て、来年、花が咲けば国文研に里帰りさせます。

 今日はその作業をしました。
Kalanchoe05
 2鉢になりました。
Kalanchoe06
 さて、うまく育ちますか。(^_^)

 今日は桑の木の剪定もしました。
Kuwa31
 この写真では大きさがよく分かりませんが、複雑に枝分かれして2m~3mもあろうかという枝が3本です。

 家は道路沿いにあります。切った枝が道行く人に倒れかかっては大変です。キョロキョロしながら切りました。挙動不審です。(^_^;

 切ったものは、そのままでは大きすぎますので、枝を払ったり、短く切ったりしました。その作業中、見ず知らずの道行く方お二人からねぎらいの言葉を掛けられました。下町ではありませんが、なかなか人情がある町です。

 今日は、他には未明にレポートを全部読み終わり、さきほどネット経由で成績登録も済ませました。勤勉な1日でした。

 予定では確定申告書を作成しようと思っていたのですが、ちょっと疲れたので、どうするか迷っています。(^_^)

2017年3月 1日 (水)

2時間ロス&なくならない手提げ袋

 今日は自宅研修で、出勤には及ばない日だったのですが、研究室の片づけもあるので、出勤すべく家を出ました。

 自転車の空気がだいぶ漏れていてスピードが出ず、電車に乗り損ないました。次のが来るまで1時間ちょっと。(^_^; 学生のレポートを読みながら待ちました。暖房が一切ないので、ちょっと寒かったです。以前行った岩手県の滝沢駅にはストーブがあって暖かかったことを思い出しました。寒冷地だとストーブがあるんですよね。八木原駅(渋川市)も結構寒冷地だと思うんですけど……。

 電車が来たので、それに乗って高崎駅に向かいました。もうじき高崎駅というところで、手提げ袋を八木原駅に置き忘れたことに気付きました。

 「ううむ」と考えましたが、高崎駅からとんぼ返りしました。高崎駅での待ち時間はほんの数分でした。

 この手提げ袋のことは、2年前に「帰ってくる手提げ袋」と題して当ブログにアップしました。その時にすでに6回置き忘れて、6回とも帰ってきたのでした。今回で7回目です。(^_^;

 たぶん八木原駅にあるだろうと思って改札を通りました。見当たらなければ駅員さんに聞くつもりでしたが、待合室の私が座っていた場所にそのままありました。1時間近くそのままの場所にあったことになります。誰も盗っていかなかったというか、見向きもしなかったのですね。(^_^;
Tesage01
 確かに、持ち手はボロボロですし、全体的に色あせていて、金目のものが入っていそうには到底見えませんけど、ちょっと寂しい。
Tesage02
 置き忘れても決してなくならないというジンクスは健在でした。

 この手提げ袋、本来はSuicaペンギンのですが、反対側にはぐんまちゃんのワッペンを貼っています。
Tesage03
 だいぶくたびれてきていますので、そろそろ引退でも良いかなぁと思っています。

 下は2年前の姿です。このころはまだ持ち手は大丈夫でした。ほころび始めると、どんどんほころびが広がってゆきますね。ほころび始めたときにきちんと修繕すれば良かったです。
Tesage04
 さて、高崎行きの列車が来るまで20分ちょっとありましたので、学生のレポートを読みながら待ちました。暖房がないので、ちょっと寒かったです。以前行った滝沢駅では……、って、さっき書きましたね。

 それやこれやで、勤務先には、本来であれば着いたはずの時間よりも2時間遅れで着きました。途中、クロネコヤマトのお店で、荷造り用の段ボール箱を5つ買いました。本気で部屋を片づけねば。

 タイトルには「2時間ロス」と書きましたが、学生のレポート、結構読めましたので、純ロスというわけではありません。

2017年2月21日 (火)

新町駅の学童作品-おひなさま

 当ブログで何度かご紹介している新町駅の学童作品。現在は季節柄、おひなさまです。
Shinmachi_201702a
 全体丸ごとで1つの作品のようになっていて、手前の左右には左近の桜、右近の橘が配置されていますね。その内側の緋毛氈には貝合わせの蛤も置かれています。左右の端には簡単なつるし雛状のものが下がっています。いつもながら藝が細かいです。(^_^)

 多数の内裏びなは、それぞれが別々の子供たちの作品のようです。

 バックの形や色合い、装束、そして顔と、それぞれに異なります。特に顔が個性的で愉快です。

 何枚かご紹介します。
Shinmachi_201702b
 次はちょっとおすましですかね。
Shinmachi_201702c
 次はご機嫌さんですね。
Shinmachi_201702d
 次のお内裏様は何か怒っているようです。
Shinmachi_201702e
 みんな違って、みんないい、という気持ちになってきます。(^_^)

2017年2月16日 (木)

芝の上のうさぎ

 頂き物です。
Usagi20170216a
 後ろ側から。
Usagi20170216b
 キュートですね。日本のうさぎではなく、洋物という感じがします。

 うさぎの下に敷いてあるのは人工芝です。100均ショップで買ってきたもので、30cm×30cmで108円です。

 いえ、先日頂いたカランコエをどこに置くかで試行錯誤を繰り返しています。なるべく日に当てたいので。

 やがて暖かくなればベランダ(といいますか物干し台)に出そうと思います。1日8時間くらい太陽光が当たりそうです。その折に、コンクリートの直接の照り返しは良くないかなと思い、人工芝を敷いて、その上に置こうと考えました。暖かくなるまでまだだいぶあるのに、もう人工芝を買ってきた(とりあえず2枚だけですけど)なんて、気の早い話です。

 原稿執筆もこういう姿勢で取り組めばいいんですけどね。(^_^;

チョコの中にもチョコ、訂正

 1日経ったら記憶がすり替わっていました。

 あのチョコレートが届いて梱包を解いたとき、出てきた物を見て、「わっ! チョコレートケーキだ」と思ったのでした。3日くらいに分けて食べるのかなぁ、と思ったのでしたが、チョコレートケーキにしては堅い。

 それで、「あ、ケーキじゃない」と思ったのでした。

 宝石箱と見紛うばかりのチョコレートではなく、チョコレートケーキと見紛うばかりのチョコレートなのでした。

 もうちょこっと落ち着いてブログを書かねば。
     ↑
    掛詞

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ