書籍・雑誌

2020年7月 4日 (土)

『季刊邪馬台国』2020年7月号

 『季刊邪馬台国』の最新号を買いました。
Kikanyamatai202007a

 この雑誌を買うのは本当に久し振りです。
 この号のことは、ツイッターでWAKIYUKIさんが触れられていたことで知りました。
 内容に興味を覚え、すぐにアマゾンに注文しました。

 ツイッターは、ほんとに内容が様々で、誹謗中傷やそれに類するものも多いですけど、ほっこりするもの、感動的なものもあり、今回のような貴重な情報もあります。まだ発達途上のメディアということなのでしょうかね。

 表紙に帯状に書いてある内容紹介は次の通りです。
Kikanyamatai202007b

 家に届いて、すぐに開封してパラパラとめくってみたのですが、いくつかはそのまま読み耽ってしまいました。
 森博達氏の「『日本書紀』区分論と記事の虚実」、犬飼隆氏の「日本書紀と「歌」」、荊木美行氏の「『日本書紀』とはなにか」、いずれも興味深く読みました。

 森氏の論は、従来の氏の論を整理したような内容で、氏の論がコンパクトにまとめられています。
 具体的な編纂者名については疑問もあるものの、全体として非常に説得力のある論と思います。

 犬飼氏の論は、日本書紀における歌謡のはたらきを論じたものです。
 歌謡を日本書紀に取り込んだ過程についても述べられ、とても興味深かったです。

 荊木氏の論は、日本書紀の編纂の動機や編纂の経緯を論じたものです。
 記紀の関係や、日本書紀の「系図一巻」や「別巻」についても触れています。

 森氏の論の一部について、荊木氏が疑問を呈している点も興味深かったです。(^_^)

2020年6月26日 (金)

『グラフぐんま』終刊

 今日はまた仕事で前橋に行ってきました。
 で、また、恒例により、県庁2階の県民センターへ。
 そこで販売している『グラフぐんま』が終刊とのことです。
Graphgunma202004a
 時々買っていた雑誌ですので、終刊は寂しいです。

 区切りとしては、年度末の3月号で終刊というのがしっくりきますけど、4月号が終刊号になります。
 年月日順に並んでいる万葉集の末4巻の最後が元日の歌で終わっているのを思い出しました。(^_^;

 終刊号を飾る表紙の写真は群馬県庁舎です。
 全国の県庁舎の中で最も背が高いのだそうです。バブルの時代の産物です。
 東京都庁舎の方が高いのだそうですが、あれは都庁であって、県庁ではないので、県庁舎の中では日本一なのだと中山秀征が言っていました。

 最初のページに、終刊についての挨拶が載っていました。
Graphgunma202004b
 54年も続いた雑誌なのですね。

 ここには終刊に到った理由も書いてありませんし、今までこの雑誌の担っていた機能を何が代替するのかも書いてありません。
 何でしょうね。
 出版不況ということは特に関係ないと思います。
 県内の銀行や郵便局に行くと、この雑誌が閲覧用に置かれていたりします。
 県政のPR用の雑誌ですので、たくさんの県民に読んで貰うことが第一義で、この雑誌の販売で収入を得ることは重視していないと思われます。

 過去の表紙が何冊か紹介されていました。
Graphgunma202004c
 植樹祭に際して天皇陛下が来県されたことや、オリンピックで女子ソフトボールチームが優勝したことなどが表紙の写真になっています。上野投手など、ソフトボールチームの中に県内企業に勤務する選手が含まれていたことに依ります。

 行きの新幹線や、帰りの上野東京ラインは空いていましたが、京浜東北線はそこそこ混んでいて、以前の同時間帯の混み具合の7~8割くらいにはなっていました。

 帰宅して玄関のドアを開けたら、雑々としたものが大量に散乱していました。
 留守中に賊が侵入したわけではなく、積み上げていたものが起こした雪崩でした。
 ドアが外開きだったのは幸いでした。内開きだとドアが開かなかった可能性も。(^_^;
 片づけねば。

2020年6月16日 (火)

『令和万葉集』作品募集中

 今日もmeetでの演習。無事に済みました。
 リアクションペーパー代わりのメールの中に、「令和万葉集」に応募することを考えているという学生さんがいました。

 「はて?」と思ってググってみました。

 来年の春、KADOKAWAから『令和万葉集』という本が刊行されるそうです。
Reiwamanyo
 この本は、『万葉集』 から100のテーマと100首を選定し、それと呼応する近現代の秀歌を800首、そして一般公募から100首を選んで計1000首を収載する予定だそうです。

 監修は中西進氏(『万葉集』の選歌も担当)と永田和宏氏。
 そのほか、現代を代表する12名の歌人が近現代秀歌800首の選歌と一般公募100首の選歌を担当します。一般公募の募集期間は3月25日(水)~7月10日(金)です。

 募集要項等はこちら

 その学生さん、短歌を作っているとは知りませんでした。是非応募して欲しいです。
 私は、「上野三碑かるた」には応募しましたが、短歌はダメです。残念です。

2020年6月12日 (金)

2ヶ月半ぶりの講座

 今日は前橋で講座の日でした。
 3月27日を最後に、4月5月は休講で、今日は77日ぶりでした。
 家を出る間際にこの本が届きました。
Kobunkenmanyo
 遠隔授業で行っている演習の授業で、学生さんから、中古・中世における万葉集についての質問がありましたので、それを受けてこの本を買いました。サイトの「日本の古本屋」経由で、西秋書店からです。
 この本、もとの勤め先の研究室には持っていたのですが、個人では買っていませんでした。
 家を出る前に届いて幸いでした。不在再配達は申し訳なくて。
 そこそこ重い本ですが、早く中を見たくて、リュックに入れて家を出ました。
 新幹線の車中で早速開いてみました。平安・鎌倉時代のどの文献にどんな万葉歌が載っているのか、手に取るように分かります。
 ものすごい労作と思います。この本も桜楓社なんですよね。

 前橋では、恒例により、県庁を覗いてみました。県庁舎内に入る人は、全員遠隔で体温測定するようになっていました。
 無事に関門を通ることができました。

 ぐんまちゃんスタジオのバックが変わっていました。
Gunmac_r020612a

 右側の枠にこういう焼き印がありました。
Gunmac_r020612b
 群馬県産の檜を使って作ったのですね。

 マスク着用で90分話をするのはなかなか大変でした。
 声がくぐもってしまうので、声を大きくして、発音も明瞭に。
 普段よりも疲れましたが、マスクのお陰で、のどが渇いて痛くなることはありませんでした。

 無事に講座を終えて、帰京しました。

 いつものスーパーに寄ったら、珍しくサーロインステーキ重がありました。これおいしいんですよ。
Sirloin01
 このスーパーのゴハンは、400円弱、500円弱の品が多い中で、これは698円で、お高いんですけど、見かけるとつい買ってしまいます。(^_^;

 帰宅後は、自分の夕飯より先に、金魚のお世話。
 水草が食べ尽くされてしまいましたので、先日買っておいた新しいのを入れました。
Kingyo_r020612a
 ほんと、水草の消耗が早いです。

 正面顔もかわいい。
Kingyo_r020612b

 明日は可燃ゴミの日です。
 持っていって貰えなかった羽毛を小袋に入れ替えるなら今夜ですけど、もう疲れたので、また後日。

2020年6月 9日 (火)

『ハニぼん』&ぐんまちゃんはにわ

 先週の金曜日に高崎の書店で「上野三碑かるた」を買いました。
 その書店のレジに、この本が積んでありました。
Hanibon01
 表紙はこのようにゆるい感じですが、群馬県の公式はにわガイドブックです。
  企画・編集:群馬県文化振興課
  著作協力:群馬県立歴史博物館
  協力:群馬県各市町村教育委員会
ということで、群馬県が総力を結集して制作したガイドブックです。
 オールカラーの写真や図が豊富で、わかりやすく、親しみやすい内容です。

 付録に、埴輪のペーパークラフトが3点付いています。
 その1つは、ぐんまちゃんによく似た馬の埴輪です。
 一昨年のHANI-1グランプリで第2位に輝いています。
Hani1_02

 ペーパークラフトの表側。
Hanibon02

 裏側。
Hanibon03

 切り抜いて作ってみました。
Hanibon04

 斜め前から。
Hanibon05

 下から。
Hanibon06

 大きさはこんなです。結構小さいです。
Hanibon07
 手乗り埴輪。
 糊と鋏を使った工作は久し振りでした。

2020年5月31日 (日)

『ならら』6月号は「龍田」の地名特集

 『ならら』最新号の特集は「「龍田」の地名を考える」です。
Narara202006
 ただ、特集とはいっても、龍田の地名を考察した論考が複数載っているわけではなく、同タイトルの論考が1本あるのみです。
 分量は全60ページのうち7ページです。ま、1割は超えています。

 龍田というと奈良県北西部の地名ですね。龍田山や龍田川が古典文学作品に登場します。
 現在の行政地名では、斑鳩町・三郷町のあたりです。
 ところが、現在の斑鳩町には龍田という地名が存在するのに、三郷町には龍田大社はあるものの龍田という地名は存在しない、それはなぜかという論考でした。

 有精堂の『萬葉集事典』の「地名索引」内の「たつた」の項には、「奈良県生駒郡三郷町立野の地」とあり、中西進氏の『万葉集事典』(講談社文庫)の「地名解説」内の「龍田」の項には「奈良県生駒郡三郷町立野の龍田本宮周辺から斑鳩町の西南部(もと龍田町)あたり一帯。」とあります。これらの内容が修正を余儀なくされるようなことはありません。
 「龍田」の地名が後の世に、現在の三郷町から現在の斑鳩町に移動した、といった趣旨でした。あとは、龍田川の流路について。

 三郷町といえば、秋の萬葉学会の会場ですね。5月~7月の学会が軒並み延期や中止になっていますが、三郷町の萬葉学会、無事に開催されると良いです。

 『ならら』次号の特集は、「纏向」「三輪山」だそうで、楽しみです。

2020年5月24日 (日)

『伊能九州図と平戸街道』

 ネットオークションでこういう本を見つけて、つい買ってしまいました。
Inou_hirado
 「九州文化図録撰書」の第4号で、発行所は、福岡市中央区にある「図書出版のぶ工房」という会社です。
 「九州文化図録撰書」の第1号から第3号の内容は、長崎街道関係です。

 なぜ、この本を買ったかというと、去年の6月に九州女子大学・九州共立大学で開催された上代文学会に参加したときに、小倉城の近くで伊能忠敬の記念碑を見たのが印象に残っていたからです。

 場所は、常盤橋という橋の近くです。
Kokurashui04

 このような記念碑です。
Kokurashui06

 解説プレートの拡大。
Kokurashui07
 ここに書いてありますように、常盤橋は、長崎街道、唐津街道、中津街道、秋月街道、門司往還の起点で、九州における伊能忠敬の測量の始発点ということです。

 この本には、平戸藩が所蔵していた伊能図がたくさん掲載されています。
 図を見て楽しむことにします。

 こういう動機で本を買うので、キリがないのですよね。(^_^;

2020年5月23日 (土)

『トランヴェール』2020年4月号は群馬特集

 JR東日本の新幹線の座席には『トランヴェール』という月刊雑誌が用意されています。
 この雑誌が好きで、表紙に「ご自由にお持ち帰りください」とありますので、毎号持ち帰っています。
 ところが、今のコロナ禍による外出自粛により、群馬には3月27日以来行っておらず、新幹線にも乗っていません。
 そのような次第で、この雑誌の4月号は入手することができませんでした。

 私、テレビも、毎日あるいは毎週見ている番組は、1回でも見ないのはなんかイヤなのです。頭固いです。(^_^;
 この雑誌も毎号愛読していますので、4月号が飛ぶのはイヤでした。

 ところが、この雑誌、通販で買えることを知りました。バックナンバーも、在庫があれば買えるのでした。
 早速注文しました。5月もひょっとしたら新幹線に乗れないかもと思い、4月号と5月号。オニですな。(^_^)
 お金のことを言ってはナンですけど、誌代は1冊157円で、送料は2冊で280円です。
 費用は、締めて、157×2+280=594円ということになります。
 新幹線に乗れれば、無料なのに。(^_^;
 1冊157円の雑誌が新幹線の車内では無料というのは、新幹線のお客さんには、その代金がサービスということなのでしょうね。

 今日、届きました。♪
Trainvert20204a
 なんと、4月号は群馬特集でした。
 巻頭の駅弁ページも高崎の駅弁2つ。
Trainvert20204b

 今回から連載開始の路線ざんまいページも、晴れの第1回目は「温泉ざんまい」で、群馬県の吾妻線沿線でした。
Trainvert20204c
 ま、この沿線には草津温泉がありますので、順当なところかもしれません。
 それらを含め、1冊ほぼまるごと群馬でした。買って良かったです。(^_^)

 一緒に買った5月号の特集は伊豆でした。
Trainvert20205

 群馬といい、伊豆といい、せっかくの良い季節なのに、このような状況で残念です。
 この雑誌の編集に当たった方々も残念に思っていることでしょうね。
 新幹線の乗客も激減しているそうですから、この雑誌を読む乗客も少ないことでしょう。
 せっかく苦労して作った雑誌なのに、製作に当たった方々、張り合いのないことでしょう。お気の毒です。
 そういう点からも買って良かったと思います。

 今日は東京都の新規感染者は2人でしたし、間違いなく収束に向かっていますね。
 あと一息。油断せずに、日々を送りたいと思います。

2020年5月22日 (金)

『大和言葉』の解説書

 このような本を購入しました。この本の存在は、三友亭主人さんに教えて頂きました。
Yamatokotoba09
 内容は、ある『大和言葉』の写本の影印と、各項目の解説です。

 影印はこのようになっています。
Yamatokotoba10

 この本には、前書きも、あとがきも、出版元も、何も書かれていないとのことです。
 項目数は全部で156。
 私が入手した5種類の『大和詞』はいずれも語頭のいろは順でしたが、この本はそうではありません。
 ご覧のように、「あきつしま」「ひのもと」「もろこし」「あつま路」「こし路」という順です。
 このあたりは広域地名と括れそうですが、その先は、「かわ竹」「むはたま」「ぬはたま」「くすのうらかせ」と続いていますので、あまりきっちりとした排列意識は伺えません。

 この影印の後に、各項目の解説が続くのですが、このような感じです。
Yamatokotoba11
 各項目、見開き2ページにわたって、考察・解説があり、参考となるカラー写真もあって、見て楽しめます。

 この本の「三輪の山とは」の項目は次のようになっています。
Yamatokotoba12
 左ページの三輪山の写真は、三友亭主人さんの撮られたものです。
 三友亭主人さんの写真が掲載された経緯については、三友亭主人さんのブログにいきさつが書かれています。

 オリジナルの写真に比べて、ちょっと傾いてしまっていますし、色合いも変わってしまっています。
 三友亭主人さんとしては、その点は不本意だったのではと思いました。

 上の影印にちょうど見えていますが、11番が「いななきとは いなかをいふ」という記述で、意味がよく分かりません。
 著者の児玉氏もいくつか考えを示されながらも疑問としています。
 この項、私の入手した異本でも全く同じ本文で、疑問に思っていました。
 項目の排列は全く異なる本同士ですが、どこかで繋がっていそうです。
 興味深いです。

2020年5月20日 (水)

雑誌に「はじめてのテレワーク」

 今日届いた雑誌『日経パソコン』最新号の特集1が「はじめてのテレワーク」でした。
Nikkeipc01

 タイムリーです。
 ちょっと遅いともいえますけど、でも、新型コロナウイルスの感染が広がってテレワークの必要性が飛躍的に増大したことを受けて、企画・編集を始めたのならば、速いと思います。
 それに、今のコロナ禍が収まっても、今後、テレワークは進んで行くことでしょうから、長い目で見て、やはりタイムリーと思います。

 パソコンを使い始めた頃は、とにかく分からないことだらけで、雑誌や本を買って勉強しました。『日経パソコン』の他に『アサヒパソコン』とか『アスキー』とか。パソコンがおもしろくて、趣味にもなりました。パソコンスキルは決して高くはありませんけど。

 それが、平成10年代の途中くらいからでしょうかね、パソコンが身近な普通の道具になってしまうと、勉強しなくなってしまい、私のパソコンスキルはその頃のレベルのまま止まってしまっています。歳をとると、勉強しても頭に定着しないし……。(^_^;

 テレワークも勉強しなくてはですね。

 さて、この雑誌を作るに当たって、編集はテレワークでかなりの部分が行えそうですけど、その先の印刷、製本、発送などはテレワークではどうにもなりませんね。

 今、可能な人は、なし得る限りステイホームに努めるべきだと思いますけど、医療、製造、流通、運輸など、そういうわけにはゆかない多くの方々のお陰で世の中、廻っているのですよね。

 それなのに、医療従事者やその家族を差別したり、宅配の人にファブリーズを噴霧したりと、信じ難いことが起きているようで、腹が立ちます。
 新型コロナを怖れる気持ちはよく分かりますけど、あまりにも常軌を逸しています。
 何を考えているのか。何も考えていないのか。頭がおかしい。

 話が飛びました。

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ