書籍・雑誌

2018年6月 6日 (水)

『かさじぞう』を買ってしまいました

 先日、「すっぽろパン」に関連して、朝倉山のオニさんから御教示頂いた『かさじぞう』に興味を持ちました。

 で、その『かさじぞう』を買ってしまいました。(^_^)
Kasajizou01
 瀬田貞二 再話、赤羽末吉 画、福音館書店刊です。入手したのは2017年2月10日の第103刷です。よく売れていますね。絵本を買うのは何年ぶりか。(^_^;

 「すっぽりめし」のくだりは以下の通りです。
Kasajizou02

 この本全体で注が付いている語はこれのみです。再話に用いた原話にあった語なのでしょうかね。興味深いです。

 心優しいおじいさんとおばあさん、幸せな年越しができて良かったです。(^_^)

2018年6月 1日 (金)

『日本文学全集の時代』

 つい先日、この本を読了しました。
Nichibuntasaka01
 『日本文学全集の時代-戦後出版文化史を読む』(田坂憲二著。慶應義塾大学出版会)です。とても面白く、また勉強にもなりました。

 裏表紙に書いてある章立てです。
Nichibuntasaka02
 帯にはこのように書いてあります。
Nichibuntasaka03
 この本のことはネットの「日本の古本屋メールマガジン」4月25日号で知りました。私は近現代の文学にはあまり関心が無く、普通ならばこうした書籍には反応しなかったと思いますが、著者の田坂先生が元同僚でよく存じ上げていることと、この本で取り上げられている全集の中に家にもあるものがあり、読んでみたくなりました。

 これだけ多くの、しかも異版が夥しくある日本文学全集を博捜され、それらを見事に体系立てて論じられた内容に圧倒される思いでした。それぞれの文学全集の特徴や意味合いがよく理解できました。正直言って、それぞれの全集名は似通っていてごちゃごちゃになってしまいましたけれども。(^_^;

 巻頭に16ページに及ぶカラー口絵があり、そこに本文で取り上げられている全集の表紙の画像が1ページに4点ずつ紹介されています。圧巻でこれも有意義なものと思いました。

 しかし、これだけ多くの日本文学全集が、並行して多くの出版社から刊行され続けていた時代というのは、文学にとっても出版文化にとっても、何とも幸せな時代だったものと思います。高度経済成長の時代であったにせよ、文学や書籍に関心のある人がたくさんいたのですね。

 現代のように、出版不況、書店の廃業、大型書店さえも閉店、文学部不要論が唱えられている状況とは隔世の感があります。

 あれこれ考えさせられるところの多い本でした。

2018年5月26日 (土)

『全国東照宮連合会々報』

 たまたま知った「東照宮連合会」が気に入ってしまっています。(^_^;

 昨日、前橋東照宮の社務所に立ち寄ったら、こういう雑誌がありました。
Toshogukaiho01
 連合会の会誌なので業界誌ですが、自由に持ち帰れるようになっていました。ありがたく頂いてきました。

 表紙裏には家康の遺訓が印刷されています。
Toshogukaiho02
 いかにもです。♪

 新加入神社の紹介ページがありました。
Toshogukaiho03
 新たに連合会の朱印帳も作られたようです。
Toshogukaiho04

 連合会加盟社10社の御朱印を集めると葵御紋の貯金箱が貰えます。大いに心惹かれますけど、別のページの記述によれば、肝腎なこの御朱印帳そのものがもう完売だそうです。

2018年5月 7日 (月)

『宝塚グラフ』忠臣蔵特輯

 『宝塚グラフ』の昭和13年1月号を入手しました。忠臣蔵特輯です。
S13takarazuka01
 これまで、忠臣蔵関係の台本、パンフレットなどは、主に映画やTVドラマのものを収集してきましたが、宝塚に手を出してしまいました。(^_^;

 松の廊下。
S13takarazuka02
 役名は、判官、師直、加古川本蔵です。

 萱野勘平。小夜福子。
S13takarazuka03
 こちらの役名は、萱野三平と早野勘平との折衷になっています。

 吉良邸隣家の土屋主税。
S13takarazuka04
 炭小屋前。
S13takarazuka05
 胸の文字は、「赤穂浪士」「吉田沢右衛門」「近松勘六」とあります。

 全体的に、仮名手本忠臣蔵と実録との折衷のようです。

 ここまでの写真に登場したタカラジェンヌのうち、小夜福子と葦原邦子は、私が子供の頃、TVドラマで活躍していましたので、見知っています。あ、葦原邦子という芸名、たぶん「葦原中国」からとったのでしょうね。今頃気づきました。

 このような広告ページがありました。
S13takarazuka06
 薄暗い劇場内でお化粧直しに使えるライトだそうです。こんなオサレな物が販売されていたのですね。文字は左横書きです。

 裏表紙はこうなっています。
S13takarazuka07
 原節子でしょうか。こちらは右横書きです。

2018年5月 6日 (日)

昭和38年の「東京文化地図」

 昭和38年に発行された「東京文化地図」を入手しました。東京オリンピックの前年です。サイズは79cm×55cm程です。

 これを8つ折りにした外側が表紙になっています。こんな感じです。
Tokyobunka01
 これを折ったまま裏返した姿。
Tokyobunka02
 東京オリンピックの競技日程、過去のオリンピックの記念切手、オリンピックの歴代開催都市の地図という内容です。

 これを開くとこうなります(全体の4つ折り)。
Tokyobunka03
 東京の鉄道路線図で、オリンピック競技場の種目ごとのマークが入っています。小さくて見にくいですが、地下鉄は緑色の線で描かれています。今のように複雑ではありません。(^_^)

 一部拡大します。
Tokyobunka08
 まだ玉電が走っています。今は三軒茶屋駅から下高井戸駅までの世田谷線しか残っていませんが、三軒茶屋から駒沢を経由して二子玉川駅までが本線です。三軒茶屋駅から2つ目の上馬駅がわが家の最寄り駅でした。玉電が廃止されて地下化されたあとは、三軒茶屋の次は駒澤大学になってしまったのでした。中里、上馬、真中は廃止。(^_^;

 閑話休題。

 これをさらに2段階開いた内側が文化地図です。
Tokyobunka04
 細かすぎて分かりませんね。部分的に拡大します。

 神田神保町付近。
Tokyobunka09
 出版社がひしめいています。

 隅田川の西、日本橋の南。
Tokyobunka10
 北に馬喰宿跡。その南に末広亭、明治座、玄冶店跡。その西に魚河岸跡があります。南東には深川の芭蕉庵跡。

 隅田川の東、両国付近。
Tokyobunka11
 北西に伝馬町の牢屋跡、時の鐘。中央付近に鼠小僧の墓。その東には回向院と吉良邸跡があります。

 世田谷線沿線。
Tokyobunka12
 豪徳寺と松陰神社。世田谷代官屋敷跡もあります。そして、東宝撮影所。

 池上周辺。
Tokyobunka13
 洗足池や池上本門寺、大森貝塚。そしてなぜか巨大な学研。(^_^;

 とまあ、こんな感じの文化地図です。

 趣旨は以下のように書かれています。
Tokyobunka07
 奥付は以下の通りです。
Tokyobunka05
 発行者は出版取次店の東販ですね。それで、地図には出版社がたくさん描かれていたのです。画像でご紹介しなかった面には、「日本の出版社」(東京限定ですが、地区別に出版社名、住所、電話番号、出版内容、発行雑誌名が列挙されています)と「文化公共機関・名所旧蹟」のリストが掲載されています。

 出版社が元気いっぱいだった時代が偲ばれます。

 1つ不思議なのは、この地図はこういう袋に入っていたことです。
Tokyobunka06
 下の方に大盛堂書店とあります。最初にこの文字を見て、この地図は大盛堂書店が発行したのかと思いました。ところが奥付では東販となっています。

 どうなんでしょうね?

 定価が全く書かれていませんので、ひょっとしたらこの地図は非売品なのかもしれません。大型書店に東販から配布されて、それぞれの書店が自店の名前を印刷した袋に入れてお得意さんに配ったとか。そんなことを推測しました。

2018年5月 4日 (金)

『ならら』2018年5月号

 『月刊 大和路ならら』という雑誌があります。奈良に行ったとき、橿原神宮前駅構内の書店などで見かけると、よく買っていました。

 ちょっと前に、フェイスブックかツイッターで、この雑誌の最新号の特集が平城宮跡だということを知りました。ネットで購入できることが分かったので、早速注文することにしましたが、この際と思って、定期購読を申し込んでしまいました。(^_^; どうも倹約精神が足りません。(^_^;

 最新号、届きました。♪
Narara201805a
 裏表紙は、先頃オープンしたばかりの「朱雀門ひろば」でした。タイムリーです。
Narara201805b
 そのうち朱雀門ひろばにも行ってみたいです。

 夕方、近所のスーパーに買い物に行ったら、吉野の柿の葉寿司がありましたので、買ってしまいました。
Kakinoha03
 『ならら』効果です。
Kakinoha04
 影響されやすい私。(^_^;

2018年5月 2日 (水)

『群馬県古墳総覧』と『ぐんま古墳探訪』

 かつて昭和10年8月に県下一斉に行われた古墳の現地調査に基づいて、昭和13年に『上毛古墳綜覧』が刊行されました。これには8423基の古墳のデータが収録されています。

 それから長い歳月を経て、『綜覧』には記載されていない古墳や古墳の痕跡が発見され、その一方で開発等によって消滅してしまった『綜覧』古墳もあります。

 そこで、群馬県教育委員会が新たな古墳総合調査を平成24年から5ヶ年計画で実施しました。

 その結果、群馬県内には、すでに失われてしまった古墳を含め、13249基以上の古墳が存在したことが判明しました。そのうち現存している古墳は2400基あまりとのことです。

 この成果は、平成29年5月に『群馬県古墳総覧』として刊行され、県内の図書館や学校に配布されたのですが、市販はされませんでした。それに対して、市販して欲しいという要望が大きかったのでしょう。1年後のこの5月から市販されることになりました。4月半ばにその情報を知って、5月になるのを楽しみにしていました。

 今日、たまたま前橋で仕事がありましたので、市内の書店に寄ってきました。煥乎堂書店という群馬県を代表する書店です。

 ありました。

 『群馬県古墳総覧』は、「本文・一覧表編」と、
Kohunsoran01
「古墳分布図編」の2分冊です。サイズはA4。本体価格は2730円。
Kohunsoran02
 これに一覧表のCD-ROMが付属します。
Kohunsoran03
 内容の一部を示せば、こんな感じです。
Kohunsoran04
 冊子の方の一覧表は、番号、名称、所在地、現状、墳形、規模、埋葬施設、綜覧古墳番号、文化財指定、図番号という項目からなっています。CD-ROMの方は、これに加えて、残存高、出土遺物、発掘調査、文献、備考という項目が増えています。CD-ROMのレーベルにも記載されているように、冊子データの詳細版になっています。

 店頭には、もう1点、『ぐんま古墳探訪』という本が並んでいました。
Kohuntanbo
 こちらも群馬県教育委員会の刊行で、群馬県の古墳のガイドブックといった趣です。『群馬県古墳総覧』よりも一回り小さいB5サイズで本体価格850円です。

2018年4月26日 (木)

『日本書紀の誕生-編纂と受容の歴史-』

 このような本を買いました。版元は八木書店です。
Shokitan01
 八木書店は、新天理善本叢書で日本書紀乾元本の影印を刊行したり、熱田本の影印を刊行したりと、日本書紀関係の出版が相次いでいますね。日本書紀撰進1300年に向けてありがたいことです。

 この本のことは、しばらく前に八木書店からのダイレクトメールで知り、早速予約注文しました。予定通り刊行されて、昨日届いたという次第です。

 目次は以下の通りです。
Shokitan02
 続き。
Shokitan03
 興味のある項目が多いですが、特に、続きの1行目にある「4 木簡と日本書紀の用字」という市大樹氏の論文の存在が、この本を注文した大きな動機でした。この論文だけでなく、あれこれ読みたい論文もあります。じっくり読むことにします。

 ページをめくっていたら、「付録」の「3 日本書紀研究文献目録(抄)」の中に、全く思いがけず私の名前を見つけました。
Shokitan04
 日本書紀私記については1本も論文を書いたことがありませんでしたので、なぜ私のところにこの項目の執筆依頼が来たのか、いまだに分かりません。辞退も考えましたが、歴史大好き少年だった私にとって、国史大系というのは特別の存在でした。その書目解題に原稿を書かせて貰えるという夢のような話を無下に断りたくなく、引き受けてしまいました。

 もちろん、引き受けた理由は動機不純でも、全力を傾けて執筆しましたが、出来映えについては自信がありませんでした。

 本の刊行から16年半。今回、「講書の概要を知るのにはもっとも適した論文」との評価をいただき、なんとも嬉しくありがたいことでした。「概要を知るのには」とあるように、あまり深い内容ではないのですが、限られた枚数での解題ですので、これで良かったのではないかと、自分に甘く考えています。版元の吉川弘文館に対しても何とか責任を果たせた気がします。

 丁本に関して群馬県立女子大学の雑誌に書いた論文も「要読」との評価をいただき、ありがたく思っています。これも、他の文献については「必読」とあるものも多く、「要読」はそこまでは行っていないということになりますけど、「要読」でもう十二分です。(^_^)

 あの時のことを思い出すと、「解題」の原稿が制限字数に収まらなくなりそうになったので、内容の一部を切り離して学会誌に書き、その分「解題」の記述を簡略にしたのでした。学会誌を同じように使ったことが他にもありました。(^_^;

 あれこれ懐かしく思い出しました。

2018年4月22日 (日)

『広辞苑』初版のオ列長音表記

 先日来話題にしている件、『広辞苑』の初版を見てみました。
Kojien01
 『広辞苑』は昭和30年の5月に初版が刊行されました。私が持っているのは昭和39年の1月に刊行された初版の第十二刷です。
Kojien02
 私が中学に入学したのがこの年の4月。入学時に親に買って貰いました。入学祝いというわけではなく、これから本格的な辞書が必要になるからということでした。

 1枚目の写真のように、背表紙がデコボコしています。これ、長らく造本ミスと思っていました。背表紙をつけるときに空気が入ってしまったのかと。

 それが、数年経ってから、もともとこういう装幀なのではないかと気づきました。見返しにも「装幀 安井曾太郎」とあります。背表紙にこういう絵柄のデコボコを施した装幀は、当時のみならず、今に至るまであまり見たことがありません。岩波書店、力が入っていたのでしょう。

 さて、『広辞苑』初版の見出し語の表記はおおむね「現代かなづかい」と同じですが、1つだけ大きく違うところがあります。凡例に次のようにあります。
Kojien03
 見出し語は表音式かなづかいにより、国語・漢語の長音は「う」で表すとあります。これではあまりピンときませんが、具体的には次のようになります。
Kojien04
 「被う・覆う」が「おうう」というのは違和感があります。

 「狼」は「おうかみ」となります。
Kojien05
 ただ、解説文中には「チョウセンオオカミ」の語があり、見出しの表記と一致しません。

 「蟋蟀」は次の通りです。
Kojien06
 こちらも、見出しの「こうろぎ」に対し、解説文中には「こおろぎ科」「エンマコオロギ」「和名コオロギ」とあり、やはり見出しの表記と一致しません。

 「はて??」と思い、凡例を見てみました。見出し語については上に示したとおりですが、解説に関しては次のようにあります。
Kojien08  
 これによれば、解説文については、「原則として」とはあるものの、当用漢字、新字体、現代かなづかいを用いるとあります。それで、見出し語と解説とで表記が異なる事態が生じてしまったことになります。

 不統一で、奇妙ですね。

 『広辞苑』がなぜこのようなことをしたのか考えてみました。以下、推測ですが、解説は国の方針を重んじて「現代かなづかい」に準拠したのでしょう。一方、見出し語が表音式なのは、辞書を引くときの便宜に配慮したのだと思います。

 つまり、「現代かなづかい」は基本的には発音通りでありながら、例外がいくつもあります。「オー」と発音する語についても、歴史的仮名遣いが「あう」「かう」「さう」「たう」……のものは「おう」「こう」「そう」「とう」……と表記する一方で、歴史的仮名遣いが「おほ」「こほ」「そほ」「とほ」……のものは「おお」「こお」「そお」「とお」……と表記します。

 これでは、それぞれの語の歴史的仮名遣いを知らないと「現代かなづかい」の表記が分からず、辞書を引くときに不便です。

 そういう理由で、見出し語については、「オー」と発音する語はすべて「おう」「こう」「そう」「とう」……と表記することにしたのではないでしょうか。これならば、「現代かなづかい」が分からなくても辞書を引くことができます。昨日の『明解国語辞典』『例解国語辞典』も同様かと思います。

 そういうことであれば、趣旨はよく理解できます。ただ、この方式では、辞書を引くときには便利でも、その語の「現代かなづかい」は明示されないことになります。辞書の見出し語の表記は、その語の正式な(あるいは標準的な)書き方を示していると一般的には理解されましょう。

 学校の試験で、「狼」の読みをつけるときに「おうかみ」と書いたら不正解とされましょう。その時に「『広辞苑』には「おうかみ」とあります」と言ってこられたら混乱が生じましょう。

 そういうことがあったのかどうか、はたまた別の理由からか、『広辞苑』の第五版(1998年=平成10年)では見出し語も解説も「現代仮名遣い」になっていました。

 凡例の見出し語の部分。
Kojien10
 同じく解説の部分です。
Kojien11
 今、手もとにある『広辞苑』は初版と第五版だけですので、この方針転換が第二版~第五版のどこで生じたのかは分かりません。

 「映画かるた」の見慣れない仮名遣いから思わぬ展開をみました。辞書における見出し語の仮名遣いが検索の便から選ばれたのだとしたら、「映画かるた」の仮名遣いとは分けて考える方が良いのかもしれません。

2018年3月23日 (金)

おうふうの『萬葉集』が……

 昭和60年に就職して以来、授業で使う万葉集のテキストにはずっとおうふうの『萬葉集』(鶴久・森山隆)を使ってきました。もう30年以上です。

 来年度も非常勤が続きますので、いつものようにこれをテキストに指定していたところ、昨日、教務の担当者からメールが来て、この本は「品切れ・重版未定」のため用意することができないので、どうしましょう、とのことでした。

 早速、おうふうのHPを見てみたら、確かにそうなっていました。

 ううむ。4月は、1年中でこの本が一番売れる時期でしょう。それが品切れということは、おうふうはもうこの本を増刷しないつもりなのでしょうかね?

 新学期に備えて増刷中ならば、「品切れ・○月○日重版予定」などとなっていそうです。

 確かに、この本、刷を重ねて、大分版面が劣化していたのが気になっていました。消えてしまっている文字すらあります。

 例を示そうと思いましたが、いざ探してみると簡単には見つかりません。(^_^;

 劣化の例としては例えば次のような感じです。
Ofumanyo_h24
 1460の題詞の「宿」、1461の4句目の「君」、5句目の「和」などが少し欠けています。他にもふりがなにちょっと厳しいのがいくつかあります。これは平成24年の版です。

 昔の版ではこんなことはなかったはずです。手もとにあった平成7年の版では次の通りです。
Ofumanyo_h07
 ね、以前はこんなに鮮明だったのに……、というつもりでスキャンしたら、上に示した文字はもうすでに劣化の兆しが見えますね。(^_^; どうもあまり良くない版面での印刷をずっと続けていたようです。(^_^;

 活字ではなく、写真製版でしょうから、写真製版した時点からあまり変わっていないのかもしれません。

 比べるなら、活字の頃のとでなくては意味がなかったかもしれません。

 そんなわけで、もしもこの本を自炊するなら、なるべく古い刷を使うのが良いと思います。

 さて、テキスト。

 おうふうの『萬葉集』が入手できないとすると、別のを考えなくてはなりません。至急にということでしたので、あまり考えずに塙版を選びました。後から考えると、井手先生・毛利先生の万葉集(和泉書院)という選択肢もありましたね。

 おうふう版の復活がないとすると(復活があったとしても)、再来年度のテキストには何が良いか考えねばなりません。←再来年度も非常勤が続くことになるかどうかは分かりませんが。(^_^;

 来年度の新2年生が私の万葉集の授業を取るのは初めてなので、その学生さん達は全員塙版を買うことになります。しかし、3年生以上は、すでにおうふう版を持っている可能性が高いです。その学生さん達に塙版を買わせるわけにはゆきませんので、おうふう版で良いことにします。同じ教室に、異なったテキストを持った学生が混在することになります。

 ちょっと厄介。

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ