書籍・雑誌

2018年2月16日 (金)

「無筆重宝国尽案内」

 ネットオークションで『日本古絵図集成』を入手しました。
Koezu01
 古絵図の複製がたくさん入っています。みなバラで、綴じてはありません。日光東照宮の絵図とか、善光寺の絵図とか、奈良名所絵図など、社寺や特定地域の絵図が多く、広域地図はほとんどありません。

 そんな中で、「無筆重宝国尽案内」という日本全図があります。
Koezu02_2
 標題からいえば、文字を知らない人のための国名図ということになりましょうが、実際はどうなのでしょうね。遊びとしての判じ絵のような気がします。

 大和付近。
Koezu03
 中央やや左は矢が的にあたっているので「や+まと」ですね。その右側は井戸と背中で「い+せ」。伊勢の右下は縞柄の布で「しま」。大和と伊勢との中間上方は井戸と蚊で「いが」。「か」の清濁は問わないようです。

 大和の左下は紀伊です。「紀伊」と書いても「き」と読んだと思われますが、絵では木と井戸とが描かれているので、「き+い」となりましょう。興味深いです。

 もう1枚、右上の越後から左下の美濃のあたり。
Koezu04
 絵と乳と碁石で「え+ち+ご」。碁石の数は5(ご)です。(^_^) その左は絵とネズミで、「え+ちう」。ネズミの鳴き声を使っています。その左は蚊の群が2つで「か+が」。下の蚊の群には濁点が付いていて「が」であることを明示しています。その下の飛騨も「た」には濁点が付いていて濁音であることを明示しています。

 興味深いのはその右です。信濃であるべきところ。お雛様と野原ですね。これでは「しな+の」ではなくて「ひな+の」になってしまいます。これを書いた人は「ひ」と「し」の区別が付かない江戸っ子なのでしょうか?(^_^)

 楽しいです。

2018年1月20日 (土)

『角川新字源』新旧文字サイズ比較

 昨日の記事への朝倉山のオニさんのコメントに、新旧両版の文字サイズのことがありましたので、見本を貼っておきます。

 「一」の解説です。上が初版(一昨日の背表紙の画像の中央の版)、下が改訂新版です。両方とも、このあとに熟語が続きます。
Shinjigen14
 文字サイズは大きくなって、読みやすくなりました。2色刷にもなっています。また、漢文の引用は、初版は返り点は付いていましたが、改訂新版では送り仮名も付いています。

2018年1月19日 (金)

『角川新字源』改訂新版(続)

 昨日ブログにアップした記事「『角川新字源』改訂新版」が、早速版元の編集部の方のお目に止まり、今日メールを頂きました。以前、私も関わった『古典基礎語辞典』で大変にお世話になった方です。

 メールによると、特装版(昨日ご紹介したものです)はやはり若者向けを意識して作ったそうですが、意外とベテラン世代の教員にも人気だそうで、通常版・特装版ともに売れ行き好調だそうです。

 出版不況といわれる今日、紙の辞書が、しかも漢和辞典が売れ行き好調というのは嬉しいことです。

 開きの良い造本もポイントだったようで、取り上げて良かったです。(^_^)

 しかし、昨日朝倉山のオニさんに教えて頂くまで、中央の女の子が「子」の形になっている(上方のウ冠と併せて「字」の形になっている)ことに全く気づかなかったのは、何とも迂闊でお恥ずかしいことでした。(^_^;

 望遠鏡は真理の探究の象徴、ペンは文筆の象徴としか考えなかったのです。ちゃんと形を構成していたのですねぇ。

 足もとの影もちゃんと「字」になっていました。
Shinjigen09
 ブログに載せるために特装版を選んだのでしたが、今はこの箱の絵、大いに気に入りました。特装版を買って良かったです。(^_^)

 その後、また頂いたメールで、「新字源」の「新」の字や「源」の字、そして角川ビルも描かれているとのことでしたので、探してみました。(^_^)

 箱の裏側です。
Shinjigen10
 「新」の字は分かりやすいですね。

 角川ビルは右端、下の方にあります。
Shinjigen13
 「源」の字は左端に滝のように見えているのがツクリの部分です。まさに源流の絵。

 サンズイは箱の内側、折り返しの部分にあります。
Shinjigen11_2
 合成すればこのようになります。(^_^) 源さん登場。
Shinjigen12

2018年1月18日 (木)

『角川新字源』改訂新版

 先頃刊行された『角川新字源』の改訂新版の箱がユニークだというので買ってきました。
Shinjigen01
 といっても、箱だけが目的というわけではありません。この漢和辞典は以前から愛用していました。用途によっては『学研漢和大字典』や『広漢和辞典』を使うこともありますけど。諸橋大漢和は滅多に使いません。(^_^;

 所持している新字源です。
Shinjigen02
 右端は学部2年目に買ったもので、東京の家で使っています。中央は群馬に勤めてから買って、群馬の家で使っていました。判型もデザインも異なりますが、どちらも初版です。

 左端が今回購入した改訂新版です。奥付によれば平成6年(1994)11月に改訂版が発行されたらしいのですが、それは買い漏らしていました。

 さて、改訂新版の箱、確かにユニークです。若者をターゲットにしているのでしょうね。若者はそもそも紙の漢和辞典はあまり買わないように思いますので、箱を変えても効果があるかどうか。

 逆に、こういう箱にしてしまうと中高年には敬遠されてしまうのではないかと、人ごとながら心配していました。

 ところが、書店に行くと、この辞書、全てがこの箱ではなく、オーソドックスな箱のもありました。むしろそちらの方しか置いていない店もあり、そちらの方が一般的なようです。

 さて、私はどちらの箱のを買おうか、ということになります。好みとしてはオーソドックスな方なのですが、そちらの写真をブログに載せても面白くないので、迷わずこちらにしました。ブログ本位制。(^_^;

 帯に特徴が書いてありました。この右下の※の注記を見ても、この箱の方が特殊であることを物語っていますね。
Shinjigen06
 初版の親字数は1万字ということですので、親字は3500字ほど増えています。増えた大きな要因は、第3項にある第1水準~第4水準の全漢字を収録したということにありそうですね。JIS漢字と漢和辞典に収録すべき漢字とは必ずしも重ならないとは思いますが、これはこれで意義があろうかと思います。

 造本上の工夫としては、180度開いてもページが閉じない、という他に、
Shinjigen07
 360度開けます。(^_^)
Shinjigen08
 愛用して行こうと思います。

2017年10月 7日 (土)

『西Navi北陸』富山万葉特集

 上越・北陸新幹線の車内誌『トランヴェール』を毎月楽しみに読んでいます。新幹線にはもう1つ、『西Navi北陸』という雑誌も置いてあります。これはJR西日本の雑誌のようです。未確認ですけど、上越新幹線には置いていなくて、北陸新幹線にだけ置かれているのかもしれません。北陸新幹線は、新潟は東日本ですけど、富山・石川は西日本ですよね。境界線は富山県内でしたか?

 この雑誌の10月号の表紙です。
Nishinavi201710a
 表紙には高岡の万葉かるたが使われています。こういうのが表紙に選ばれているって、良いです。(^_^)

 表紙裏。
Nishinavi201710b
 次ページ。
Nishinavi201710c
 次々ページ。
Nishinavi201710d
 こんな風に、3ページに亙って高岡の万葉特集です。

 この最後のページに「高岡がもっとも万葉でにぎわう3日間」という見出しが見えます。この3日間というのは、「高岡万葉まつり」のことで、今年は10月6日~8日。昨日・今日・明日なのでした。

2017年9月 6日 (水)

黒猫の『赤穂義士物語』

 こういう本を買いました。平成21年6月1日発行。発行人は The 47Black Cats Planning 、発行所は赤穂市加里屋の赤穂孔版です。
Akogishimono01
 四十七士が黒猫です。なぜ黒猫なのかは以下のように書かれています。
Akogishimono02
 ちょっと分かったような分からないような。(^_^)

 赤穂関係は黒猫ですが、その他の登場人物は黒以外の猫です。吉良さんはグレー。シルバーグレーのイメージでしょうか。
Akogishimono03
 遊里のお姉さんたちは白猫です。大石さん、膝枕でゴロゴロ言っています。(^_^)
Akogishimono06
 猫だらけの中で、将軍綱吉は犬です。犬公方ですからね。でも、絵はちょっとオオカミっぽい。
Akogishimono04
 見開きの右ページが絵で、左ページが文章になっています。
Akogishimono05
 文章ページは、日本語と、英語、フランス語です。グローバル。

2017年8月20日 (日)

『ヤマト歴史読本』

 こういう雑誌を買いました。
Yamatorekidoku01
 5月22日発行とあります。雑誌ですので、実際にはもう少し早く発行されていたのかもしれません。こういう雑誌が出ていたことは今まで気付きませんでした。

 「ヤマト」というのがちょっと分かりにくいですが、表紙の右上にありますように、対象は天理市・桜井市と、川西・三宅・田原本の各町です。纏向遺跡を中心とした地域ですかね。奈良市や大和三山は含まれません。

 中身をご紹介してはまずいでしょうから、目次だけ。目次は5ページあります。
Yamatorekidoku02
 次の見開き。
Yamatorekidoku03
 その次。左ページは既刊の『奈良歴史読本』の広告です。
Yamatorekidoku04
 『奈良歴史読本』の方は、表紙を見る限りでは、奈良市を中心に奈良県全体が対象になっているようですね。こちらも買っていたような気がします。

 中身をご披露してはまずかろうと思いつつ、見開きを1つだけ。
Yamatorekidoku05
 『ヤマト歴史読本』の収録範囲の立体地図です。

2017年8月 3日 (木)

『「うましうるわし奈良」の10年』

 こういう本を買いました。
Umashi04
 これまた、アマゾンで何かを買ったときに(先日の鹿の本かもしれません)、こんな本もありますぜ、と紹介されて買ってしまったものです。(^_^;
Umashi05
 JR東海の「うましうるわし奈良」キャンペーンに使われたポスターの写真やコピーを抜粋して1冊にしたものです。

 地域は、「奈良公園周辺」「斑鳩・西ノ京」「飛鳥・桜井・吉野」の3分類がなされています。

 「奈良公園周辺」が26ページ、「斑鳩・西ノ京」が38ページ、「飛鳥・桜井・吉野」(当麻寺や二上山も含みます)が28ページです。すべて見開き単位で1枚の写真が掲載されていますので、全部で46点の写真が収録されています。

 「うましうるわし奈良」のキャンペーン、10年でずいぶん多くの場所を紹介してきたことになりますね。

 素敵な写真が多いです。土門拳や飛鳥園の写真も含まれています。

2017年8月 1日 (火)

鹿本3冊

 しばらく前、アサヒコムに奈良の鹿の写真集の記事がありました。欲しくなってアマゾンのサイトに行きました。

 アサヒコムで紹介されていたのは1冊だけでしたが、アマゾンでそれを買おうとしたら、こんなのもありますぜ、と他の鹿本も紹介されました。あ、これもいいかも、と思い、結局3冊大人買いしてしまいました。

 全くちょろい客です。アマゾンの思う壺。(^_^;
Shikabon
 上が『奈良-鹿のいる風景』(山口勇 日本図書刊行会 2013年4月1日)
 下左が『Dear deer 鹿たちの楽園』(佐藤和斗 青菁社 2017年5月15日)
 下右が『しかしか』(石井陽子 リトルモア 2015年12月17日)です。

 三者三様。『奈良-鹿のいる風景』は、四季の自然の風景の中の鹿が多いです。自然といっても、東大寺や若草山なども多いですけど。

 『Dear deer 鹿たちの楽園』は、子鹿や親子鹿のかわいい写真が多く、好みです。(^_^)

 『しかしか』は、街中の鹿が多いです。人間はあまり写ってはいないのですが、土産店を覗いている鹿がいたりして、人間の暮らしの中にとけ込んだ鹿、という趣です。これも好きです。

 しかしまぁ、研究室から東京の家に運んだ30箱の段ボールがまだ玄関先に山積みで、渋川の家の荷物をどうしようかと苦慮している一方で、平気で新しく本を買ってしまうのですから、訳が分かりません。何を考えているのか、何も考えていないのか。(^_^;

2017年7月20日 (木)

「ゆうまちゃん誕生物語」

 『明るい行政』という月刊の冊子がありました。

 今はもうありませんけど、群馬県の職員に配布されていました。庁内誌なので、ブログに載せていいのかなぁという思いはありましたが、前橋市立図書館などに所蔵公開されていることが分かりましたので、じゃぁ、いいのかもという気になりました。

 なかなか興味深い記事もありましたので、支障がないと思われるものを遠慮がちにご披露します。

 1994年の10月号。23年前ですね。
Akarui199410a
 表紙に、「間近に迫る!ゆうあいピック群馬大会」とあります。今のぐんまちゃんは、この大会のマスコットキャラクターとして「ゆうまちゃん」の名で誕生したのでした。

 この号に、「ゆうまちゃん誕生物語」という文章が載っています。執筆者はぐんまちゃんの生みの親である県広報課の職員さんです。
Akarui199410b
 キャラクターは2つ作ったそうです。1つはポニーのゆうまちゃん。帽子の色は、ゆうあいピックのシンボルマークの月桂樹の葉の色からとったそうです。
Akarui199410c
 もう1つはおうちで飼っていた犬をモデルにしたものですが、色の加減で、いろんな人から豚と間違われたとのことです。
Akarui199410d
 もしもこちらが採用されていたら、ぐんまちゃんは世に出なかったかもしれません。

 この文章の終盤にこんな部分がありました。(^_^)
Akarui199410e

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

ウェブページ