書籍・雑誌

2022年12月 5日 (月)

奈良旅手帖2023

 予約していた来年の「奈良旅手帖」が数日前に届きました。
Naratabi2023a
 表紙は数種類の中から選べるのですが、毎年鹿の絵を選んでいます。♪

 内容は例年とほぼ同じと思います。
 様々な有用なデータが収められています。
 見開きで、推古天皇元年(593)から延暦13年(794)まで約200年間の年表が収められています。
Naratabi2023b

 ふと、梅花の宴の天平2年の所を見てみました。
Naratabi2023c
 載っていませんねぇ。
 全体を見てみると、純粋な歴史年表といった趣で、上代文学関係の事項は載っていませんでした。
 奈良旅手帖は8年間も毎年買っていたのですが、今になって気づくというのは迂闊でした。
 奈良旅手帖の愛用者には文学好きの人も多いと思いますので、この増補は是非。

 透明なしおりが4枚入っていました。
Naratabi2023d
 順に、#moppoi、レトロ風、奈良絵、千鹿格子です。
 #moppoiというのは不明です。ツイッターで検索しても分かりませんでした。
 千鹿格子は千鳥格子のもじりですね。(^_^)

 アップです。
Naratabi2023e
 鹿がたくさん。

 一方、千鳥格子はこういうものです。
Naratabi2023f
 千鳥がたくさん(のように見える)。

 楽しい手帖です。

【追記】
 ナゾだった#moppoiについて、ツイッター相互フォロワーの「わこにょ」さんからご教示頂きました。

  #moppoi は「裳っぽい」です。
  “平城のとよほき”@naranotoyohokiというイベントの中でちょっとした仮装で参加するなんてのがありまして。
  同じく #joippoi というのもあって「叙位っぽい」位階色の服装で参加する形です。
  おそらく裳裾の色合いの栞なんでしょうね。

とのことです。
 ありがとうございました。

2022年11月29日 (火)

『トランヴェール』11月号の特集は「常陸国。水の旅、川の旅」

 愛読している『トランヴェール』の11月号の特集は「常陸国。水の旅、川の旅」です。
Trainvert202211a
 先週の金曜日に前橋まで日帰り往復したときに入手しました。
 最初、タイトルは「『トランヴェール』最新号の特集は~」と書きそうになりましたが、明日は30日。もうすぐ12月号に変わりますね。

 常陸国を中心とした地域の太古からの変遷が模型で示されています。
Trainvert202211b
 「ブラタモリ」を思い浮かべました。
 長期間の間にずいぶん大きな変遷をしていますね。

 今から1000年前の推定地図が載っていました。
Trainvert202211c

 今の地図も載っています。
Trainvert202211d

 両者を比べると、1000年前はかなり水浸しですね。
 常陸国風土記の時代もこの地図に近いものだったのではないでしょうか。
 常陸国風土記を読むときにはこの地図を参照すべきものと思います。

 平将門は、この1000年前の地図の左から1/3位の中央部にある「岩井」を本拠地にして、地政学上の要衝を押さえていた、との指摘もありました。
 それもまた重要な指摘と思います。

 難しいことですが、文献を読むときにはできるだけ当時の地形を知ることは大事ですね。

2022年11月28日 (月)

『ならら』最新号の特集は春日若宮おん祭

 今日、『ならら』の最新号が届きました。
Narara202212a

 今号の特集は「春日若宮おん祭」です。
Narara202212b

 その他の目次は以下の通りです。
Narara202212cNarara202212d
 今号も奈良満載で充実しています。

 春日大社の御造替ということで思い出されるのは、マスコットの「すがちゃん」です。
Sugachan06
 「かすが」の「すが」でしょうね。
 しかまろくんもかわいいですけど、すがちゃんもお気に入りです。

 丸い鹿の子模様の中に、1つだけハートマークのがあるんですよね。
Sugachan07
 キュートです。

2022年11月26日 (土)

佐藤和斗氏『明日、シカに会いに行こう』

 このような本が出ました。
Asushika01
 佐藤和斗氏の『明日、シカに会いに行こう』(青菁社)です。
 サブタイトルに「奈良公園で見つけた幸せのかたち」とあります。

 裏表紙。
Asushika02
 奈良公園の鹿を撮した写真集です。
 四季の鹿や、鹿の食べ物、鹿の行動、子鹿などに分類して収められています。
 他に、鹿に関する豆知識なども記載されていて、勉強になります。

 奈良鹿、本当に良いです。
 また実物の鹿に会いに行きたいです。

2022年11月17日 (木)

昭和6年の「名流花形大写真帖」(1)

 このようなものを入手しました。
S06hanagatashin01
 表紙にハトロン紙が掛かっていて、折角のをきれいに剥がせそうもなかったので、そのままにしました。
 「芝居と映画 名流花形大写真帖」とあります。

 最後のページと裏表紙。
S06hanagatashin02
 奥付により、講談社の雑誌『富士』昭和6年新年号の附録であることが知られます。
 右ページに懸賞募集が載っています。
 この冊子には340人もの俳優が掲載されています。その中から外国人を除き、男女1名ずつの人気投票を行い、一番多くの票を獲得した男女の俳優に銀製の大カップを贈呈するとともに、その俳優に投票した読者の中から抽選で賞品を贈るという企画です。

 賞品は次の通りです。
S06hanagatashin03
 一等は総桐の重ねタンスですねぇ。今ではちょっとありませんね。
 四等の「シャープ鉛筆」というのは今のシャープペンシルでしょうね。

 索引は次のようになっています。
S06hanagatashin04
 いろは順です。この頃はまだいろは順が主流だったのでしょうね。

 本文は次のようになっています。
S06hanagatashin05
 右ページは五代目中村歌右衛門、左ページは十一代目片岡仁左衛門です。
 写真の下に紹介文が書いてあります。仁左衛門の場合は次の通りです。
S06hanagatashin06
 幕末の安政の生まれですねぇ。江戸猿若町というのはいかにも歌舞伎役者という気がします。
 当代は十五代目ですね。

 右ページは十五代目市村羽左衛門、左ページは七代目松本幸四郎。
S06hanagatashin07
 当代は十代目ですね。
 松本幸四郎は3人見て来たので、紛らわしいです。(^_^;
 区別するには、松たか子を基準にするとわかりやすいと聞きました。
 この松本幸四郎は松たか子のひいお祖父さんになりますか。

 この冊子、(2)以下、続きます。

2022年11月 4日 (金)

群馬県民手帳2023

 「倭歌」木簡やら何やら、あれこれ書いているうちに遅くなってしまいましたが、先日群馬に行った時に県庁2階の県民センターで買いました。
Kenmin2023a
 ぐんまちゃん手帳、じゃなくて、群馬県民手帳です。
 ダイナミックな表紙です。

 来年度の県民手帳は温泉推しです。
Kenmin2023b
 「極上の「温泉王国」群馬県」と謳っています。

 あとは、農業王国。
Kenmin2023c

 古代関係では「埴輪王国ぐんま」です。
Kenmin2023d
 王国好き。(^_^)
 それはともかく、上野三碑がなくなってしまいました。世界遺産ですぜ。

 本体はこんな感じです。
Kenmin2023e
 1週間が見開きになっています。

 右ページの右下には上毛かるた。
Kenmin2023f

 左ページには、それぞれの日ごとに、過去10年間の前橋市の天気が載っています。
Kenmin2023g

 群馬色のよく出た手帳です。

2022年10月31日 (月)

『ならら』最新号の特集は「「奈良」で学ぶ」

 今日、『ならら』の11月号が届きました。
Narara202211a
 特集は「「奈良」で学ぶ」です。

 奈良県立橿原考古学研究所所長と奈良大学学長との対談が組まれていますが、これと関連する記事はなく、特集はこの対談のみです。
 これ以外の目次は以下の通りです。
Narara202211cNarara202211d

 18ページに「王寺町のガイドブック誕生!!」という項目があります。ここで紹介されているのは以下の本です。
Narara202211e
 この本について、見開き2ページにわたって紹介されています。
 つい最近王寺町に泊まったばかりですので、関心を持ちました。

 また、30ページの「聖徳太子とゆきまる」のところには、雪丸君の絵が。
Narara202211f
 聖徳太子の愛犬ですね。
 これまた、王寺駅の改札付近で大きな雪丸君の像を見たばかりでしたので、これも興味深く眺めました。

 どうも、個人的な感想ばかりで。(^_^;

 あと、今日はネットで、「倭歌」と書かれた木簡が発見されたという記事を見ました。
 大変に興味深い発見ですが、これについては少し考えてから書きます。

2022年10月25日 (火)

『国語と国文学』最新号は上代特集

 『国語と国文学』の令和4年11月号の特集は「上代文学研究の新潮流」です。
R0411kokugoto01

 目次部分をアップにして載せます。
R0411kokugoto02
 壮観ですねぇ。
 わくわくします。
 そして、このメンバーの中に、当ブログの前身というべきHPの掲示板に、当時高校生だった頃からちょくちょく書き込んでくださった方が含まれているのも嬉しいことです。
 研究者も育てる「まほろば」。←いえ、全く育ててはいません。(^_^;

 編集後記には以下のようにあります。
R0411kokugoto03
 なるほど、その通りの執筆陣、タイトルと思います。
 楽しみに読ませて頂きます。

 私も地味に頑張ります。

2022年10月24日 (月)

澤瀉先生ご逝去の折

 先日の萬葉学会における坂本信幸氏の講演の中で、昭和43年10月に開催された萬葉学会の夜に澤瀉久孝先生が急逝されたことを話題にされました。
 この頃の雑誌『萬葉』に澤瀉先生のことがこのように書かれていました。
 萬葉学会のHPから雑誌『萬葉』のバックナンバーを切り貼りします。
 これも本当はアウトのような気がしますけど。

 第69号(昭和43年10月15日発行)掲載の西宮一民先生の「編輯後記」の末尾。
Omodaka05
 ちょうどこの号が発行された頃、澤瀉先生は亡くなられたことになります。

 第70号(昭和44年1月15日発行)は、澤瀉先生ご逝去後の最初の号です。
 巻頭に佐伯梅友氏の「弔詞」があり、巻末附近に大濱嚴比古氏の「先生ご不在の萬葉旅行」という「報告」が掲載されています。
 大濱氏の文章の一部。萬葉旅行に行かれた大濱氏の旅行中の思いです。
Omodaka07

 西宮先生の「編輯後記」の冒頭。
Omodaka06

 この号には澤瀉先生の『萬葉集注釋』の広告が載っています。
Omodaka08

 以前、当ブログでご披露したのですが、澤瀉先生が斎藤茂吉氏に当てた書簡を所持しています。
Omodaka04
 ネットオークションで落札した物です。
 落札した理由は、然るべき機関などで保存して頂ければという思いでした。
 内容的にはそう重要なものではないので、他の澤瀉先生関係の資料と一緒に保存していただければと思います。
 皇學館大学が良いですかね。

 と考えているのですが、現在行方不明です。(^_^;
 ほんと、我ながらあきれるばかりのだらしなさです。
 とはいえ、どこかに行ってしまったわけではなく、今私が座っている六畳くらいの部屋の中にあることは間違いありません。
 ブラックホールのような部屋です。今度探します。

2022年10月 4日 (火)

『ならら』2022年10月号の特集は「正倉院展」

 昨日、『ならら』の最新号が届きました。
Narara202210a
 今号の特集は「第74回 正倉院展」です。

 特集以外の目次。
Narara202210b
 すみません。字が小さくて。

 特集には、今年の正倉院展に出展されている宝物の写真がたくさん収められていて、なかなか壮観です。
 それ以外の論考・紹介にも興味深いものがいろいろとありましたが、その中で、次の記事に心惹かれました。
Narara202210c
 最近、地域に散在している無住の寺院や堂祠の管理がなかなか行き届かず、仏像の盗難被害が多発しているということです。
 盗んだ仏像をどうするのかといえば、ネットオークションに出品するのだそうです。常習性も高いとのことです。
 盗難を防ぐにも、集落の過疎化や高齢化のために、地域の人々の力だけでは限界が生じているとのことです。

 そのような中で、和歌山県では次のような取り組みが行われているそうです。
Narara202210d
 博物館と、高校、大学が連携している点にも、3Dプリンターという最新機器を使用して複製を作っているという点にも、大いに興味を持ちました。

 3Dプリンターで作った複製はこのようなものです。
Narara202210e
 「複製」ではなく「お身代わり像」なのですね。
 そういう呼び名も良きです。

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ