映画・テレビ

2018年12月14日 (金)

昭和29年の忠臣蔵パンフレット2種

 今日は12月14日、討ち入りの日です。泉岳寺で義士祭ですが、前橋で仕事の日でしたので、行きませんでした。

 下は、最近入手したパンフレットで、昭和29年のものです。
S29chu_kan01
 大石は先代の松本幸四郎。風格のある内蔵助です。実際の内蔵助は「元禄繚乱」の中村勘九郎(のちの勘三郎)に近かったような気もしますけど。

 上の表紙には内蔵助の幸四郎と内匠頭の高田浩吉が描かれています。何の違和感もありません。ところが、このパンフレットに載っている配役表にはこうあります。
S29chu_kan05
 高田浩吉がトップで、幸四郎は3番目ですね。主役の幸四郎を差し置いて、これはあり得ないことです。

 この忠臣蔵のパンフレット、実はもう1つ持っています。以下です。
S29chushingura01
 こちらには、高田浩吉の代わりに浮橋太夫の淡島千景が載っています。

 このパンフレットにおける配役表は次の通りです。
S29chu_hai
 こちらは順当に幸四郎がトップです。

 2つのパンフレット、何が違うかというと、前者は大阪版、後者は東京版です。

 大阪版は、表紙に高田浩吉の写真が使われていることも併せて、どうやら高田浩吉をアピールしようとしているようです。

 高田浩吉は兵庫県出身で、ずっと京都在住だったようですので、高田浩吉を前面に出す方が関西ではお客さんが呼べると考えたのでしょうかね。

 あるいは、単に大阪支店の担当者が高田浩吉ファンだっただけかもしれませんけど。

 比較するのは楽しいです。

2018年7月26日 (木)

大映「忠臣蔵」(S33)の配役変更

 大映京都撮影所の宣伝課が発行した「特報」を入手しました。3枚ペラで綴じてありません。昭和33年に封切られた大映の「忠臣蔵」に関する特報です。いつの発行か書いてありませんが、「この「忠臣蔵」は……封切は陽春四月第一週、撮影は新春一月十五日より堂々の火蓋を切られることが決定した」とあります。前年昭和32年の11月、12月くらいの発行でしょうか。
S33chutoku01
 これに、96名に及ぶ配役が載っています。
S33chutoku02
 かなり詳しい配役ですので、台本も決定稿ではないにしても、かなりの程度までできていたものと思われます。
S33chutoku03
 これを見ると、
 大石内蔵助:長谷川一夫
 りく:淡島千景

 浅野内匠頭:市川雷蔵
 瑶泉院:山本富士子

 吉良上野介:滝沢修

 岡野金右衛門:鶴田浩二
 大工の娘お鈴:若尾文子

 赤垣源蔵:勝新太郎

 垣見五郎兵衛:中村鴈治郎
などなど、豪華な面々です。

 私の好きな作品で、終盤の瑶泉院など、何度見ても泣きそうになります。

 さて、上に示した配役は実際の映画と同じですが、これ以外については、実際とは異なる点がいくつかあります。

 この作品で、異例ともいうほどに活躍している多門伝八郎を、映画では黒川弥太郎が演じているのに、この「特報」では多門役は根上淳になっています。

 黒川弥太郎は「特報」では片岡源五右衛門を演ずることになっています。その片岡は、映画では香川良介が演じています。香川は「特報」では赤垣源蔵の兄塩山伊左衛門役です。その塩山は映画では竜崎一郎が演じています。竜崎は「特報」にはキャスティングされていません。また、「特報」で多門を演じることになっていた根上淳は、映画では老中土屋相模守を演じています。土屋相模守は「特報」には役名が載っていません。

 ということで、玉突き状態の役替えが行われています。この玉突きは、当初キャスティングされていなかった竜崎一郎を加え、当初は出番がなかった土屋相模守を増やすことで、止めどなく続くことなく収まりました。

 映画では多門伝八郎が異例の活躍をしていますので、この役替えは、黒川弥太郎には幸いですが、根上淳は気の毒なことと思いました。

 役替えは新発見かと思いましたが、そうではなく、『戦後「忠臣蔵」映画の全貌』(谷川建司著、集英社クリエイティブ、2013年11月刊)を見たら、既に書いてありました。(^_^; 新発見はそう簡単にはできません。

 この本では、配役変更の理由は不明としながらも、この作品の渡辺邦男監督が以前から黒川弥太郎を自分の作品に使い続けてきていたので、「贔屓の黒川弥太郎の役を大きくするべく監督特権で調整したのはほぼ間違いないだろう。」とありました。

 役替えだけでなく、台本も変えて、多門の出番を増やしていそうですね。

 これ以外の変更としては、小林平八郎が高松英郎から原聖四郎へ、脇坂淡路守が原聖四郎から菅原謙二へ、関根弥次郎(祇園で大石を罵倒する浪人)が菅原謙二から高松英郎へ、というのがあります。こちらは三角トレードですね。

 また、滝花久子が、堀部弥兵衛の妻から矢頭右衛門七の母へと変わっています。「特報」には矢頭右衛門七の母は登場せず、映画には堀部弥兵衛の妻は登場しません。これは、台本にはなかった矢頭右衛門七の母のエピソードをあとから加えて滝花久子にその役を割り振り、その代わり、滝花久子が演じるはずだった堀部弥兵衛の妻の出番を削ったのでしょう。

 今回入手した「特報」、当初はわがライフワーク(作業はずっと中断していますけど)の忠臣蔵配役表の作成資料にというつもりだったのですが、作成資料にはならず、その代わりもっと面白い資料でした。(^_^)

 1つだけ見ていたのでは分からないことが、2つの資料を比べることで見えてくることってありますよね。古事記と日本書紀もそう思います。比較は面白いです。

2018年6月13日 (水)

大正15年の「忠臣蔵新報」

 このようなパンフレットを入手しました。
T15chushin01
 大正15年4月の発行です。発行元の富士館は浅草六区にあった映画館で、尾上松之助主演映画の上演で人気を博したのだそうです。

 1枚紙の2つ折りで、全4ページです。

 1ページ目に尾上松之助の演説が載っていました。
T15chushin04
 300年の歴史を持つ忠臣蔵も、時代によって描かれ方が変わっていったことが、この文章からも伺えます。

 面白いことが書いてありました。
T15chushin05
 忠臣蔵は雪が降らないと撮れないとあります。今ならば、綿や塩や発泡スチロールを使って雪のシーンを撮影するのでしょうに、この時代は降雪待ちだったのですね。綿や塩だって使えたのでしょうが、予算の関係でしょうかね。

 いつまでも雪が降らない可能性だってあったでしょうに、雪待ちをして、午前3時に総動員しての撮影って、すごすぎます。

 見開きの2~3ページです。
T15chushin02_2
 ここには撮影スケジュールが載っています。

 その冒頭部。
T15chushin06
 末尾。
T15chushin07
 たまたまでしょうけど、撮影日数が47日。ロケもあちこちで行っています。

 最後のページは丸ごと配役表です。
T15chushin03
 さすがに大正15年というと名前を知っている人さえほとんどいません。あと10年くらい後ならば、大河内伝次郎、片岡千恵蔵、阪東妻三郎、月形龍之介、山田五十鈴などなど、知っている人がたくさん並ぶのですけど。

 わがライフワークの「忠臣蔵配役表」(更新はずっと中断していますけど)の貴重な資料になります。

 このパンフレットの発行が大正15年の4月。主演の尾上松之助が亡くなったのはこの年の9月11日だそうです。松之助の最後の作品かもしれませんね。

2018年5月14日 (月)

「元禄忠臣蔵」のパンフレット&草刈正雄

 「元禄忠臣蔵」のパンフレットを入手しました。
Genchu01
 この作品は、昭和16年(1941年)〈前篇〉・昭和17年(1942年)〈後篇〉に封切られたものですが、このパンフレットは当時のものではなく、昭和54年(1979年)に東京の三百人劇場でロードショー上映されたときのものです。

 佐藤忠男氏の文章と、
Genchu02
 新藤兼人氏の文章が載っています。
Genchu03
 写真が載っていますが、松の大廊下は、セットというより、原寸大の実物を建築してしまったそうです。ことのなりゆきに、製作部長や重役が顔色を変えたとありました。(^_^)

 「「忠臣蔵」映画の流れとその時代」と題する見開きページもありました。
Genchu04
 ここには、「忠臣蔵」(1909)〈歌舞伎公演をフィルムに収録したもの〉から「赤穂城断絶」(1978)までの31作品が取り上げられています。

 配役表のページもあり、そこには、出演者である高峰三枝子、中村翫右衛門、市川右太衛門の思い出話も載っています。
Genchu05
 このページに載っている顔写真から4人分、切り貼りします。
Genchu06
 左上から時計回りに、市川右太衛門(徳川綱豊)、市川莚司(武林唯七)、中村梅之助(大石吉千代)、高峰三枝子(磯貝十郎左衛門の許嫁おみの)です。

 中村梅之助は梅雀のお父さんですね。市川莚司って、これどう見ても加藤大介だよなぁ、と思って調べてみましたら、やはりそうでした。(^_^) 顔、変わりません。

 裏表紙ウラです。
Genchu07
 下段は草刈正雄ですね。真田昌幸、このころはずいぶん若々しいです。

2018年5月12日 (土)

「二十四の瞳」パンフレットと『暦』

 ネットオークションで買いました。
24no01
 「二十四の瞳」のパンフレットかと思ったのですが、左下の方に「デジタルリマスター」と書いてありますので、封切り時のものではなく、後年のものです。全体の書体も新しいもののように思えます。DVDの付録のようなものかもしれません。

 ページの後半にこの作品の台本が転載されています。
24no02
 この作品、童謡や唱歌が効果的に使われていた記憶があります。

 台本でも、脚注のような形式で音声が示されています。

 「二十四の瞳」は、他に、亀井光代主演の連続TVドラマを見た憶えがありました。

 ググってみたら、昭和42年の後半から43年の前半に掛けての放送でした。私が高校1年生の時です。当時は時代劇ばかり見ていたような気がしていましたが、そうでもなかったようです。(^_^) ただ、自分の意志で見たのか、母が見ていたので自然と見たのかは判然としません。毎回見たと思います。

 壺井栄といえば、たぶん中学生の頃、夏休み中に学校で行われた夏季講習の時に、壺井栄の『暦』を読みました。内容はもう忘れてしまいましたが、母親が子供たちにおやつの豆を1つかみずつ配ったとき、子供たちの間から数が多いの少ないのという声が出たので、数えさせたら数はピッタリ同じだった、という一節があったのを憶えています。

 この本、今でも持っています。
Koyomi01_2
 ここ十数年の間に買った本は、置き場所がないので、どこに置いたやら探すのが大変ですが、そういう大昔に買ったものはちゃんと本棚に収まっていますので、探さずとも出てきます。(^_^;
Koyomi02
 昭和39年の印刷でした。定価60円。(^_^)

 確認のために、当該箇所を探したら、豆を配った相手は自分の子供ではなくて、(たぶん住み込みの)小さなお弟子さん達へでした。

 先生がなぜこの作品を選んだのかは分かりません。今読み返してみれば、何か気づくことがあるかもしれませんが……。

 どうも雑々とした話になりました。

2018年4月20日 (金)

昭和30年代の「映画かるた」

 このようなかるたを入手しました。
Eigacard01
 絵札から何枚かご披露します。
Eigacard02
 右上から横へ、大河内伝次郎、月形龍之介、片岡千恵蔵、市川右太衛門、大川橋蔵、中村錦之助、北大路欣也、高倉健です。懐かしい面々です。

 対応する読み札は次の通りです。
Eigacard03
 大川橋蔵と北大路欣也の両方に「凛々しい」が使われていて、やや工夫が足りません。(^_^)

 しかし、男性ばかりになってしまいました。女性もいるのですが、あまりパッとしません。←失礼。(^_^;

 女性陣の読み札は、「若鮎のような桜町弘子」「眼もと涼しい丘さとみ」「娘役には大川恵子」など、男性陣とは異なり、作品や役名と絡めたものがありません。女性を主役にした作品が稀だったせいではないかと思います。

 このかるた、著名な俳優が並んではいますけど、思い付くままに挙げてみれば、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、三船敏郎、鶴田浩二、山本富士子、山田五十鈴、淡島千景、若尾文子、原節子などがいません。

 どうもこのかるた、東映の俳優限定のように思えます。色々と権利関係等があるのでしょうか。

 奥付等が全くなく、いつのものか分かりませんが、上に示した8枚の絵札にはそれぞれ作品名が書かれています。

 大河内伝次郎「大菩薩峠」、月形龍之介「水戸黄門」、片岡千恵蔵「はやぶさ奉行」、市川右太衛門「謎の紅蓮塔」、大川橋蔵「鮮血の人魚」、中村錦之助「ゆうれい船」、北大路欣也「黄金の伏魔殿」、高倉健「青い海原」です。

 このうち「水戸黄門」以外は全て昭和32年の作品です。月形の「水戸黄門」は何作も作られていますが、昭和32年の作品もあります。

 この8枚しか確認していないというのがツメの甘いところながら、このかるたは昭和32年頃に作られたものと思われます。

 千恵蔵の「はやぶさ奉行」は、昭和32年とはいっても、暮も近づいた11月17日公開とのことですので、このかるたが製品化されたのは、年が変わった昭和33年かもしれません。

 読み札を見ていて、上の例でいえば、水戸黄門(みとこおもん)、遠山金四郎(とおやまきんしろお)、次郎丸(じろおまる)というルビに興味が湧きました。

 全体を見ると、こういった例には、江原真二郎(えばらしんじろお)、大友柳太朗(おおともりゆうたろお)、進藤英太郎(しんどおえいたろお)、杉狂児(すぎきよおじ)、扇太郎(せんたろお)、西郷隆盛(さいごおたかもり)、颯爽(さつそお)、上手(じよおず)、少年(しよおねん)、洋舞(よおぶ)、乱戦乱斗(らんせんらんとお)がありました。

 現代では「おう」「こう」「そう」「とう」「のう」「ほう」「もう」「よう」「ろう」と書くところが、「おお」「こお」「そお」「とお」「のお」「ほお」「もお」「よお」「ろお」となっています。これ、当時としても一般的な仮名遣いではなかったと思います。

 そんなことも含めて、やはり同時代資料は楽しいです。(^_^)

2017年10月 8日 (日)

「紅い襷~富岡製糸場物語~」

 このような映画が制作され、昨日から前橋と高崎の映画館1館ずつで公開中です。
Akaitasuki01
 富岡製糸場が世界遺産に選ばれて3周年を記念しての映画だそうです。
Akaitasuki02
 次のような内容です。
Akaitasuki03
 長野県松代出身の工女、横田英(和田英)の手記『富岡日記』が素材になっています。

 製糸工場というと、『女工哀史』や「あゝ野麦峠」など、その悲惨な労働環境を描いたものもありますが、富岡製糸場での工女たちの待遇は、当時としてはずいぶん良かったようです。1日8時間労働、週休1日、年末年始と夏には10日ずつの休暇があったとか。工女の中心が士族の娘であったことや、工女の養成機関としての役割も有していたことによるのかもしれません。

 紅い襷というのは、一等工女にのみ着用が許された襷だそうで、それがタイトルになっています。

2017年7月 1日 (土)

昭和14年の『東宝映画』

 『東宝映画』をいう雑誌を入手しました。大きさはB4よりも少し大きく、グラフ誌といった感じです。
S14tohoeiga01
 表紙は大石内蔵助の大河内伝次郎と、浅野内匠頭の長谷川一夫です。

 奥付を見ると昭和14年の4月号です。
S14tohoeiga02
 表紙から分かるように忠臣蔵特集で、配役もびっしりと並んでいます。
S14tohoeiga07
 ごくごく一部を紹介すると、次の通りです。

 大石内蔵助:大河内伝次郎
 浅野内匠頭:長谷川一夫
 吉良上野介:丸山定夫
 内蔵助妻お陸:入江たか子
 お軽:山田五十鈴

 一力のスタッフが目に付きました。

 一力女中おてる:原節子
 一力女中あぐり:高峰秀子
 一力女中おいさ:霧立のぼる
 一力仲居おさん:清川虹子
 一力仲居おくら:沢村貞子

 どれだけ豪華な一力、と思いました。この女優陣、当時はまだこれから、といった立場だったのでしょうかね。

 大石吉千代:仁科周芳、というのもありました。仁科明子のお父さんの岩井半四郎ですね。まだ子役。

 お笑い系では、艶辰大尽:横山エンタツ、阿茶古大尽:花菱アチャコ、畳職人八公:榎本健一、というのも見えました。

 なかなか興味深いです。

 大判な誌面を生かした名場面集も載っていました。
S14tohoeiga03
 忠臣蔵以外の記事もあります。
S14tohoeiga04
 これ、ちょっと意表を衝かれて、「マルコポーロって誰だっけ?」と思ってしまいました。(^_^; 東方見聞録のマルコポーロですね。ゲーリー・クーパー。日米開戦の2年半前の段階では、まだこうした映画も上映されていたのですね。次のページには淀川長治氏(懐かしい)の解説があります。

 雑誌本体の記事中、横書きは全て右からです。間に挿入されている広告も右横書きが多いですけど、左横書きも多少あります。
S14tohoeiga05
 上の2つの広告は切り貼りしたものです。フナキヤは右横書き、野田屋食堂は左横書きです。

 フナキヤさんはチェーン店なのですね。「フナキヤチエーン」とあります。当時、このような言葉がすでにあったのですね。神戸の元町二丁目が本店でしょうか。他に元町三丁目、元町六丁目、三宮二丁目にも支店があったようで、繁盛していたのでしょう。

 裏表紙はどーんと丸ごとナショナルの1社提供です。これが丸ごと左横書きです。右上隅にある懐かしいナショナルのマークの文字も左横書きですね。
S14tohoeiga06
 同時代資料は本当に面白いです。

2015年11月20日 (金)

昭和13年の忠臣蔵のパンフレット

 昭和13年のパンフレットを手に入れました。小さいもので、京都新京極の帝国館のです。表紙は浅野内匠頭を演じる片岡千恵蔵です。
S13chu01
 こんな注意事項が書いてありました。
S13chu02
 ほんの30年くらい前まで、禁煙の場所ってかなり限られていたように思いますので、これどうなのでしょうね。昭和13年の時点で「嫌煙」的な考え方があったとも考えにくいです。防火の観点からの決まりなのでしょうかね。

 主な配役は一人二役が多いです。役者が足りないわけではなく、全部で113名の役者名が並んでいます。その中で、これらの役者さん達は2役演じています。出番が少ないのは物足りないので、他の役もということでしょうかね。
S13chu03
 近日上映のこんな作品も載っていました。
S13chu04
 「剣客商売」といえば池波正太郎ですが、これは全く無関係な作品です。池波正太郎は大正12年の生まれで、当時15歳。少年時代の池波正太郎がこの作品を見たか、作品名を見て、作品名が記憶の底に留まったのでしょうかね。

2015年8月 7日 (金)

キムタクの忠臣蔵をバッサリ

 私の前期の授業、水曜1限の「基礎ゼミ」では、例年通り今年も忠臣蔵を取り扱いました。

 昔の映画なんぞも見てきたのですが、長谷川一夫(大石)、市川雷蔵(浅野)、滝沢修(吉良)、山本富士子(瑶泉院)、鶴田浩二(岡野)、勝新太郎(赤垣源蔵)などという豪華絢爛たる面々も、今の学生さん達は知りません。

 せめて最後くらいは知った俳優陣の作品を見せたいと思い、キムタクの「忠臣蔵1/47」を見ることにしました。平成13年のフジTVの番組です。これでももう14年も前のですね。

 このドラマのこと、放送当時、「まほろば」でもチラと話題になったような気がして、まほろばバックナンバーを見てみました。

http://kitagawa.la.coocan.jp/maho/mahoroba12.html

 この、2001/12/28あたりからのところで話題になっていました。朝倉山のオニさんや目白の花さんもご覧になっていたのでした。

 長い歴史のある「まほろば」。(^_^)

 さて、授業でそれを観ることにはしたものの、もう残りは8月5日(水)1回しかありませんでした。この作品は160分あるのです。半分に縮めないと授業時間内に収まりません。

 半減というのは厳しいですが、やってみました。

 この作品では、高田馬場の決闘の後、吉良上野介(津川雅彦)が安兵衛(木村拓哉)を500石で召し抱えようとするのを、安兵衛は断ります。吉良家は4200石でしたか。それで500石はないでしょうね。このあたり全部バッサリ。

 安兵衛は堀部弥兵衛(杉浦直樹)の養子となり、浅野家に仕えることになるわけですが、内匠頭(堤真一)が勅使饗応役に任ぜられ、安兵衛が吉良屋敷に挨拶に行くことになります。すると、吉良から、500石を蹴って200石で浅野に仕えるとは……などと嫌みを言われるのですが、さっきのをカットしてしまったので、ここもカットしないと話が通じませんから、バッサリ。

 討入りシーンも大幅にカット。

 でも、とても足りません。やむなく、吉良のイジメも刃傷直前以外は全部カット。畳替えも全部バッサリ。城明け渡しを巡っての赤穂大評定も全部バッサリ。

 その他、あれこれカットして80分に収めました。半日かかりました。

 完成版を通して見ると80分かかってしまうので、確認はせずに8月5日の本番に臨みました。

 いや、上出来でしたよ。(^_^) ←やや自画自賛。(^_^;

 残ったのは、高田馬場の決闘、安兵衛が弥兵衛の養子になるまでのいきさつ、安兵衛が内匠頭・あぐり(松たか子)に拝謁しての会話、仇討ち一辺倒の安兵衛とお家再興第一の内蔵助(佐藤浩市)との確執、安兵衛と妻ホリ(深津絵里)との情愛、盟友高田郡兵衛(妻夫木聡)の脱盟などです。

 十分に筋の通った話になっていたと思います。受講生達の忠臣蔵についての予備知識は、4月以来の授業で結構身についていたはずですし、よく理解できたと思います。

 来年もこの作品を見るとしても、160分を2回に分けて見るまでもなく、この短縮版で十分と思いました。

 上に挙げた以外は、小林聡美(りく)、岡田准一(主税)などが出演していました。これなら、学生達の見知った人も結構多かったのではないでしょうか。

 討ち入りを目前にした大石と安兵衛のシーン。
Kimutaku01
 「よく生きることを知らぬ者は、よく死ぬこともできぬ」という大石のセリフがありました。

 ラスト、切腹する安兵衛の介錯人は渡辺謙です。セリフはなく、配役表にも載っていません。友情出演のようです。
Kimutaku02

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ