文化・芸術

2024年6月25日 (火)

大正7年の『東海道』(2)

 昨日載せた大正7年の『東海道』の続きです。
 本来の本は横とじで、右ページに広重の東海道五十三次の浮世絵、左ページに当時の写真を掲載しています。
 ここでは、それを組み替えて、上に広重の版画、下に写真を載せます。

 京都。
T07tokaido06
 角度はやや異なりますが、イメージはよく似ています。

 箱根。
T07tokaido07
 富士山や湖の位置から、写真は版画とほぼ同様の位置から撮したものと思われますが、広重の版画の右側の山は随分デフォルメされていますね。

 鞠子。
T07tokaido08
 広重の版画にはとろろ汁の丁子屋が描かれています。
 写真にもとろろ汁の店が描かれていますが、これも丁子屋でしょうか?

 二川。
T07tokaido09
 山裾の形はよく似ています。

2024年6月24日 (月)

大正7年の『東海道』

 この様なものを入手しました。
T07tokaido01
 A4よりも少し大きいサイズの横とじの本です。

 冒頭附近に東海道の今昔大正地図が載っています。
T07tokaido03

 本体はこのような内容です。
T07tokaido04
 右ページに広重の東海道五十三次の版画、左ページに大正7年頃の該当する場所の写真が載っています。

 画面が小さいので、上下に並べ替えます。
T07tokaido05
 広重の浮世絵と現代の写真とを対照させてもおもしろいですが、今から100年以上前の写真とを対照させるというのもおもしろいです。
 大正7年当時の風景は、江戸時代と大きく変わっていないところもあると思います。
 日本橋は、今は高速道路が上を走っていて大きく変わってしまいました。

 奥付です。
T07tokaido02

 今は日本橋だけを載せましたが、多分、続編を載せます。

2024年6月23日 (日)

当世大相撲錦絵

 この様なものを入手しました。
Toseioozumou01
 現代風の大相撲錦絵の絵はがきです。

 全部で5枚入っています。
Toseioozumou02
Toseioozumou03
Toseioozumou04

 柏鵬時代のものですね。
 懐かしいです。

 私の記憶のある大相撲は、これより少し前の栃錦、若乃花の時代です。
 それと同時代から少し前の、千代の山、吉葉山、鏡里の時代は記憶がおぼろです。

2024年6月14日 (金)

群馬県立女子大学の学生が缶をデザインしたビール

 この度、群馬県立女子大学の学生が缶をデザインしたビール「ザ・プレミアム・モルツ」が25日から数量限定で販売されるそうです。

 これは嬉しいことです。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC134G40T10C24A6000000/?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTEAAR3dvxDhvFpein4M0sLN_CnfN6G_lAvZ8ZfVygEGZnpo5d-xbt5JxADbTrc_aem_AQB0d30DMSB0iDdLGIGQI8KnfXTCpkti4Olr2-udCpsZ7NT1b54IgeWTCIUM2NFX1_JlQR1iKgvpLst4eGf2yzcV

14045678445318304686

2024年6月13日 (木)

昭和3年の「教育偉人かるた」(10)

 今年の3月に初めて取り上げた昭和3年の「教育偉人かるた」、あと5名残っていましたので、第10弾として取り上げます。
 これで結局全員取り上げることになります。

 徳川光圀。
S03kyoikuijin48
 『大日本史』の編纂が大きく評価されているのかもしれませんね。
 水戸学は明治維新にも繋がったわけですし。

 孔子。
S03kyoikuijin49
 儒教の祖ですね。

 諸葛孔明。
S03kyoikuijin50
 大軍師です。

 ソクラテス。
S03kyoikuijin51
 ギリシャの大思想家。

 コロンブス。
S03kyoikuijin52
 大冒険家ですね。

 思えば、随分の大物達が最後まで残っていました。
 これで全員と思います。
 日本人28名、外国人20名です。
 そのわずか28名の日本人枠の中に楠正成と正行の親子が含まれているのは、やはり偏りと言わねばなりません。
 個人的には嬉しいのですけど。やはりねぇ。

 ともあれ昭和3年当時の貴重な同時代資料です。

2024年6月 7日 (金)

吉田初三郎の「厳島新案内」

 吉田初三郎の「厳島新案内」を入手しました。
T04itsukushima01
 大正4年4月発行です。
 これを二つ折りにしたものが表裏の表紙になります。

 超ワイドです。
T04itsukushima02
 小さくて何だか分かりませんので、3ヶ所を拡大します。縮尺は同じです。

 左端付近。
T04itsukushima03

 厳島神社の大鳥居、社殿付近。
T04itsukushima04

 その右側。
T04itsukushima05

 陶晴賢の本陣はどのあたりだったのだろうか、毛利元就はどこから攻め込んだのだろうか、などとつい物騒なことを考えてしまいます。
 2つ目の拡大図の左上に「バクチ尾」という地名が見えます。なんかあのあたりから攻めたのだったような。

 鳥瞰図の反対側の面には厳島の解説と「厳島十二勝」が載っています。
T04itsukushima06
 下の方に鹿の絵があります。奈良鹿だけではなく、宮島の鹿も良いです。

 厳島には2回行ったことがあります。
 大鳥居は、1回は満潮時、もう1回は干潮時で、両方を見ることができたのは幸いでした。

2024年5月25日 (土)

昭和女子大学で無声映画の「伊豆の踊子」

 6月22日(土)に、昭和女子大学でこのような催しが行われます。
Showa_izuno01

 内容は以下の通りです。
Showa_izuno02
 少し分かりにくいのですが、『ブックレット17』を刊行するとともに、当日は伊豆の踊子の無声映画を弁士付きキーボードの生演奏付きで上映する。
 さらに、『ブックレット17』の著者と弁士との対談を行うのですね。

 おもしろそうです。「恋の花咲く 伊豆の踊子」は、ウィキペディアによれば、昭和8年(1933)2月2日公開、監督は五所平之助、主演は田中絹代、大日方傳だそうです。

 映画の伊豆の踊子というと、美空ひばり、吉永小百合、内藤洋子、山口百恵のものが思い浮かびますが、無声映画もあったのですね。

 ナマ活弁付きというのも心惹かれます。

 事前の申し込みが必要です。
Showa_izuno03

 さて、どうしましょ。
 先日来ご紹介している、群馬県立女子大学の源頼信、青山学院大学のAIの国語国文学研究への方法、そしてこの昭和女子大学の伊豆の踊子が全部6月22日(土)なのです。体は1つですからねぇ。

 よく考えます。

2024年5月 6日 (月)

「広重おじさんトランプ」

 「広重おじさんトランプ 東海道五十三次」を購入しました。
 ちょっと不思議なタイトルです。
 どういうことかというと、広重の東海道五十三次に登場しているおじさんを描いたトランプです。

 例えばこんな感じです。
Hiroshigecard01
Hiroshigecard02
 丸子はとろろ汁ですね。

 楽しいトランプです。
 おねえさんトランプもあったら良いです。

 ジョーカーは、おじさんではなくて、おねえさんでした。
Hiroshigecard03

 解説。
Hiroshigecard04

 岐阜県恵那市にある中山道広重美術館のトランプで、制作はフェリシモミュージアム部です。
 フェリシモミュージアム部では、蘭奢待のクッションや、火焔型土器の物入れなども作っています。
 私は恰好のお客さんになっています。(^_^)

2024年4月23日 (火)

昭和3年の「教育偉人かるた」(7)

 少し日が空きましたけれども、再び、昭和3年「教育偉人かるた」の続きです。
 今回は古代日本の人物です。

 日本武尊
S03kyoikuijin34

 聖徳太子
S03kyoikuijin35

 和気清麻呂
S03kyoikuijin36

 坂上田村麻呂
S03kyoikuijin37

 やや時代が降って平重盛
S03kyoikuijin38

 古代日本では、他に中臣鎌足と菅原道真がいましたが、既に取り上げました。

 今回は読み札も載せました。思えば、もっと早くから載せれば良かったです。

 このかるたは、裏に厚紙を貼って断裁して使うのでしょうけど、読み札はこのままでは随分小さいです。
 何か工夫が必要ですね。

2024年4月19日 (金)

「猫飼好五十三疋」の小風呂敷

 この様なものを購入しました。
Myokaiko01
 これは、毎度おなじみのネットオークションではなく、通常の新品です。

 右上にタイトルがあります。
Myokaiko02
 「其まゝ地口 猫飼好五十三疋」です。
 読み方は「そのままぢぐち みやうかいこうごじうさんびき」です。

 この看板のコマに日本橋と沼津が見えています。
 こんな感じで、東海道五十三次が全部猫のシャレになっています。
 日本橋と沼津の出来はイマイチかと思います。←ナゾの上から目線。(^_^;
 作者は一勇斎国芳です。

 いくつか気に入ったものを載せます。
Myokaiko03
Myokaiko04
Myokaiko05
Myokaiko06
Myokaiko07
Myokaiko08

 全部同じ縮尺で載せました。
 大礒の絵が大きいので、その影響で、他の絵が小さめになってしまいました。

 石薬師の「いちやァつき」は今の表記ならば「いちゃつき」になるところ、「ちゃ」を「ちやァ」と表記しているのを興味深く思いました。

より以前の記事一覧

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ