パソコン・インターネット

2017年8月15日 (火)

湯婆婆命名チャレンジ

 惟光さんのツイッターで、「湯婆婆命名チャレンジ」というのを知って、早速やってみました。

https://shindanmaker.com/696416

 「玉村の源さん」で。
湯婆婆「フン。玉村の源さんというのかい?贅沢な名だねぇ。今からおまえの名前は汁だ。いいかい、汁だよ。分かったら返事をするんだ、汁!!」

 う~ん。「汁」って。(^_^;

 あまり納得できなかったので、「さん」を取ってみました。

 「玉村の源」
湯婆婆「フン。玉村の源というのかい?貧相な名だねぇ。今からあんたの名前はニセ玉村の源だ。いいかい、ニセ玉村の源だよ。分かったら返事をするんだ、ニセ玉村の源!!」

 ニセ者にされてしまいました。(^_^; 本物はいずこ?

 「北川和秀」では。
湯婆婆「フン。北川和秀というのかい?贅沢な名だねぇ。今からおまえの名前はペンだ。いいかい、ペンだよ。分かったら返事をするんだ、ペン!!」

 親が付けてくれた名前を貧相と言われては立つ瀬がありません。贅沢と言われて幸いでした。(^_^)

 ペンというのは文筆のペンなのか、ペンギンのペンなのか。(^_^)

 恥ずかしながら、私が「千と千尋の神隠し」を見たのは1年半ほど前でした。

 勤務先には入学前学習プログラムというシステムがあって、AO入試や推薦入試で入学が決まった高校生は、実際に入学するまでしばらくあるので、高校の授業の差し障りにならない範囲で、かつ当人が希望する場合にこのプログラムを受けることができます。まあ、高大連携の一環です。

 それぞれの高校生がどんなことに興味があるのかを聞いて、それをもとに担当教員を決め、それに沿ったテーマで、担当教員とやり取りをします。レポートを書いて貰うこともあります。

 一昨年、このプログラムで『古事記』と「千と千尋の神隠し」とを比較したいという高校生がいて、私の担当になりました。それまでこの作品をまだ見ていなかったので、DVDを買ってきて、初めて見たという次第です。
Sentochihiro
 いや、面白かったです。手に汗握る場面もありましたし。

 向こうの世界のものを食べてしまうと、もうこちらの世界には戻れない、といったヨモツヘグイを思わせるものはありましたけど、直接古事記と関わる部分はあまり多くはないように思いました。でも、祓えや、川と龍との関わりなど、古事記というよりも、上代の世界と微妙にあれこれ絡んでいますね。

2017年5月16日 (火)

写楽&NONキーちゃん

 片づけの過程で出てきました。
Sharaku
 富士ゼロックスの「写楽」です。ハンディスキャナですね。

 画面に赤のインクフィルムが写っています。スキャンしたい画像や文字の上でこの機械を動かして画像や文字を読み取ります。そして紙や布の上でこの機械を動かして、そこに転写する仕組みです。パソコン内に電子データとして読み込むわけではありません。

 発売されたのは昭和63年(1988年)1月のようです。時期的に、まだパソコンの有効活用の一環という位置づけで作られたものではないのでしょう。

 私は何に使おうとしたのか? (^_^; コピー機は普及していた時代ですから、コピー機代わりにしようとしたわけではありません。外に調査に行って、そこで文書などを読み取ろうとしたのでしょうかね。あるいはプリントゴッコの版下でも作ろうとしたのか。30年も経ってしまって、記憶がありません。(^_^;

 もう1つはこれです。
Nonkey01
 タブレットといいますか、ペン入力用の機械ですね。

 キーボード状のものはシートです。上に載っているだけで、簡単に外せます。このシートをタッチして文字等を入力するより、キーボードを使う方がよっぽど早いでしょうから、キーボードシートは外して使ったものと思います。

 絵は下手ですので、フリーハンドで絵を描こうとしたわけはありません。キーボードシートの代わりに地図を載せて、その上からペンでなぞって地図を電子化しようとしたように思います。

 名前は「NONキーちゃん」。「写楽」と違って、こちらはマイナーですね。
Nonkey02
 パソコンには3つの端子で接続したようです。一番小さいのはキーボードコネクタ用でしょう。あとの2つはディスプレイとRS-232Cでしょうか。大昔のことでもう記憶が飛んでいます。(^_^;
Nonkey03
 どちらももう使いません。勿体ないけど、廃棄ですね。「う~ん」と唸りつつ、「燃やさないゴミ」がどんどん増えています。

2017年5月 4日 (木)

「Dos恋」

 今日は「Dos恋」というソフトを発掘しました。ワープロ専用機のデータをパソコンのデータに変換するソフトです。
Doskoi
 私、パソコンを使い始める前に4年半ほどワープロ専用機を使っていました。ワープロを使い始めたのは大学に勤める前年でした。

 ワープロを更新したときに、新しいワープロではパソコン通信ができるということでした。パソコン通信って初めて聞く言葉でしたし、どういうものかも分からなかったのですが、やってみようと思いました。モデムという物を買わなくてはいけないということでしたし、壁の電話線もモジュラーコンセントに替えなくてはならなかったと思います。結構ハードルが高かったはずですけど、なぜか積極的でした。モデムは2400bpsのでした。

 ニフティーサーブに入って、ペットフォーラムやらアクアリウムフォーラムをウロウロしていると、どうもワープロよりもパソコンの方がいろいろなことができそうだと分かり、使いこなせる自信はありませんでしたが、パソコン買ってしまいました。

 パソコンと一緒に買ったソフトは、「一太郎」と「ザカード3」、そして「信長の野望」。(^_^) プリンターはまだ買いませんでしたので、授業の配付資料などはまだワープロ専用機で作っていたのでしょう。4年近くの間に作った配付資料の蓄積もありましたしね。

 ワープロ専用機で書いた論文もありましたし、論文執筆のためのデータもワープロ専用機で作ったものでした。そういった財産をどうするかという問題がありました。打ち直すのは大変ですからねぇ。

 そんな時にこのソフトが出ました。ありがたかったです。需要がたくさんあったことでしょう。
Doskoi02
 「Dos恋」というネーミングも楽しいです。(^_^)

2017年5月 2日 (火)

マウス不調

 渋川の家で使っているマウスが不調です。マウスカーソルが思うように動きません。

 昔の、ボール式のなら、ボールを取りだして掃除をすれば解決することが多かったのですが、光学マウスではどうにもなりません。

 新しいのを買うか、と思っていたら、片づけ中の研究室からマウスが発掘されました。ほんと、いろいろなものが出てきます。(^_^)
Mouse01
 エレコムのです。光学式マウスで、「光で検知する、新発想マウス」とあります。WindowsXP対応です。光学式マウスが出始めた頃のですかね。保証書には2002.12.05の日付があります。今は亡きラオックス・ザ・コンピュータ館での購入です。

 ところが、帰宅して取りだしてみると、エレコムのではなくデルのでした。中身を入れ替えたのでしょうが、記憶はありません。(^_^;
Mouse02
 光学式ではなくボール式でした。
Mouse03
 それでも、ちゃんと動けば何の問題もないと思い、パソコンに接続しようとしたら……。

 2枚目の画像にも写っていますけど、コネクタがマウス専用のでした。パソコンの方にはこれに対応するコネクタはなく、USBでしか接続できません。

 やはりマウスを買ってこないとダメそうです。

2017年4月30日 (日)

「ロータス1-2-3」「ピーワンエグゼ」

 決してネタを小出しにしているわけではないのですが……。(^_^;

 今日は、「ロータス1-2-3」と「ピーワンエグゼ」(ワープロソフト)が出てきました。
Lotus
 最初に買った表計算ソフトがロータスでした。その後、一時アシストカルクというソフトを使い、ジャストシステムから三四郎が出たのでそれに移行し、今に至っています。

 ワープロソフトは一太郎が最初です。その後、よく買っていたパソコン雑誌がピーワンエグゼを熱心に推していたので、一太郎と並行して使ってみましたが、ワープロソフトを2種使うのもややこしいので、結局一太郎一本で今に至っています。

 三四郎、一太郎ともに「今に至っている」ということで、エクセルもワードも使えません。(^_^;

 エクセルやワードのファイル、よく来ます。パソコンを買うとどちらも既にインストールしてありますので、それらのファイルを開くことはできます。それを加工する場合、簡単な操作ならできますけど、ややこしいときはそれらのファイルを三四郎や一太郎で読み込んで加工し、エクセル形式やワード形式で保存しています。何とかそれで用は足りています。

 今日の資源ゴミ置き場です。
Shigen03
 あらかた私の。(^_^)

 先日アップした時は下のような状況でした。
Shigen01
 だいぶ進みました。

 もう少し。

2017年4月29日 (土)

「直子の代筆」「まいと~く」

 今日は朝から町内会のドブ掃除でした。4月末と10月初めの年中行事です。

 以前は、これが終わると手のひらが痛かったり、腰が痛かったりしたものでしたが、最近は平気です。要領がつかめたというよりは手抜きをしているようです。(^_^; まあね、もう高齢者なので無理は禁物です。

 ドブ掃除が終わったあと、大学に片づけに行きました。「え!? まだ終わってないんですか?」と言われそう。(^_^; もう少しです。

 今日はPC98用のソフトが出てきました。まずは「直子の代筆」。
Naoko01
 文書作成ソフトです。質問に答えて行くと手紙などが書けてしまいます。実用的なソフトですが、遊び心もあって、楽しいソフトでした。

 このソフトの名前に市民団体からクレームが付いたんですよね。「女性は代筆という形式的業務に適しているという固定観念に縛られたもの」という理由で名称変更を申し入れたのでした。

 これに対して、会社側からだったか、代書・代筆に携わる人からだったか、反論がありました。「行政書士などの代筆・代書業は、特殊な才能を必要とする仕事。市民団体の指摘は、逆に職業蔑視になるのではないか」との趣旨でした。

 この反論の方に納得しました。そんなことを思い出しました。

 今でも「直子の代筆」はそのままの名称でウィンドウズ版が出ているようですので、この反論が勝ったようです。

 もう1つ出てきたのが「まいと~く」です。パソコン通信をするときに大変にお世話になりました。
Mytalk01
 今はどうなんでしょ。ブラウザを起動すれば勝手に外界と繋がってしまう感じで、通信ソフトって全く意識しません。便利になりました。

 どちらもPC98用のMS-DOSソフトなので、もう廃棄してしまっていいですね。ちょっと申し訳ない気はしますけど、丸ごと燃えるゴミ袋行きかと。マニュアルだけ取りだして資源ゴミにとも考えますけど。

 記念に取っておこうか、などと考えると収納空間を圧迫します。(^_^;

2017年4月23日 (日)

VAIO Pシリーズのカタログ

 先日、研究室を片づけていたらVAIOのPシリーズのパソコンが発掘されたことを書きました。

 今回はこのようなものが出てきました。
Vaiopcat01
 裏です。
Vaiopcat02
 右下付近の拡大図。
Vaiopcat03
 紙製のカタログです。実寸大のカタログで、小ささをアピールしているのでしょう。

 A4サイズのカタログも見つかりました。お尻のポケットに入れている吊り広告が印象的でした。それと同じ画像がこの表紙に使われています。
Vaiopcat04
 このパソコン、8年ちょっと前のです。今や、スマホはスーツの胸ポケットに収まってしまいますね。目を見張るような進化です。

 でも、このパソコンにはちゃんとキーボードが付いています。機能的に全面的にスマホに負けているわけではありません。

2017年4月13日 (木)

VAIOのPシリーズ

 研究室を片づけている過程でこのようなものが出てきました。これはそんなに古い地層からではありません。
Vaiop01
 中身はノートパソコンです。OSはビスタ。
Vaiop02
 大きさはこんなくらい。辛うじて片手で掴めます。
Vaiop03
 その昔、このパソコンが発売されたとき、ズボンのお尻のポケットに突っ込まれている吊り広告がありました。それを見て「おお!」と思ったのも購入した理由の1つです。

 実際に私のポケットには入りませんでしたけど、大きめのポケットならば本当に入ったと思います。

 重さは600gほど。軽さも魅力でした。色も3~4色あったと思います。私のはペリドットグリーン。名前もおしゃれです。

 魅力的なパソコンでしたが、私にとっては大きな欠点が……。

 画面が小さすぎて、すでに老眼が始まってしまっていた私にはよく見えません。(^_^; 解像度を下げれば文字や画像は大きくなりますけど、それでは画面全体の情報量が減ってしまいます。買うときには全く考えなかったことでした。
Vaiop04
 小さくて軽いので、旅行先には持っていって使っていましたが、やがて使わなくなってしまいました。

 撮影のために立ち上げたら、問題なく起動しました。時計はリセットされてしまっていましたけど。

 最後の写真、カメラを構えた角度のせいで、キーボードがやけに大きく写ってしまいました。天板を閉じれば、当然ピタッと重なります。(^_^)

2017年4月 5日 (水)

桜&うさぎパソコン

 今日も片づけ。(^_^;

 非常勤講師室からの桜、昨日よりも咲いていました。
Sakura20170405a
 アップです。
Sakura20170405b
 今日はノートパソコンが発掘されました。
Usagi_vaio
 うさぎがたくさん。うさぎの向きは天板の文字とは逆ですね。やはり蓋をした状態でパソコンに向かったときに自分の方から見える向きに貼ってしまいます。

 右下のうさぎは桜を見ています。一緒。♪

 このパソコンは、故障したわけではないのですが、アプリケーションソフトやデータを削りに削っても空き容量が厳しく、それで買い替えました。何かあったときの予備として保存しておいたのですが、時を経ていつの間にやら様々なものに埋ってしまいました。

 古代の遺跡なども、時を経てこんな風にして埋ってしまうのだなぁと、妙に納得できました。一緒。♪

2017年4月 2日 (日)

永年勤続表彰状のスキャン

 一昨日、定年退職の辞令とともに、永年勤続の賞状も頂きました。
Einenkinzoku
 永年というのは30年以上ですかね。ちょっと分かりません。私は33歳から65歳まで勤めて勤続32年になりましたが、行政職の方々は22~23歳くらいから60歳まで勤めると勤続38~37年になりますね。中途採用以外の皆さんはあらかた永年勤続の対象になりそうです。

 さてこの賞状、A3位の大きさがあります。退職の辞令はA4程度でしたので、スキャナで読み込めましたけど、永年の賞状は無理です。

 こういうときには、1月に購入したオーバーヘッドスキャナが使えます。
Einen03
 ただ、賞状は筒に入れて持ち帰りましたので、丸め癖が付いてしまいました。

 重しを載せれば、それも写ってしまいます。
Einen01
 このようなときのためにアクリルの板を買ってありました。持ち手付きです。
Einen02
 これを使って無事にスキャンできました。持っている機材をより便利に使おうとすると、あれこれ機材が増えてゆきます。(^_^;

 さらにさて。退職辞令の方の私の名前は敬称略でしたが、こちらには「殿」が付いています。

 身分の変更辞令には敬称は不要だけれども、誉める方には付けるということになりましょうか。

 賞状1枚にもなかなか奥の深いものがあります。(^_^)

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ