パソコン・インターネット

2020年8月28日 (金)

「3密チェッカー」(2)

 今日は前橋で講座の日でした。そのため、東京から群馬まで日帰り往復しました。
 これを好機と、昨日ご紹介した「3密チェッカー」を試してみました。

 京浜東北線の田町付近。
3mitsu04
 1密です。近隣にはCOCOAをインストールしている人が18人いるようです。

 東京駅の新幹線ホーム。
3mitsu05
 密閉が密になっています。
 新幹線ホームは、ホーム上には屋根があるものの、線路の上には屋根はなく、かなり開けた立地です。
 密閉の推定は騒音レベルで行っているようですので、実際には密閉状態にはなくても、騒音レベルが高いと密閉と看做されてしまうようです。

 新幹線の中。
3mitsu06
 車内は空いていました。

 仕事が終わった後は、在来線の上野東京ラインで帰りました。
 昨夜気づいたのですが、このアプリには地図も付いていました。
3mitsu07
 私の移動経路が丸見え。(^_^;
 ピンは、青が1密で、黄色が2密のようです。
 3つある黄色は、高崎駅付近、桶川駅付近、上野駅付近です。桶川はたまたまだと思います。
 品川駅は結構混んでいましたが、黄色にはなっていません。測定は15分ごとに自動的に行われますので、品川はちょうど測定から外れてしまったのかもしれません。

 日ごとの集計も出ます。
3mitsu08
 昨日と今日、大違いです。(^_^)

2020年8月27日 (木)

スマホアプリ「3密チェッカー」

 昨日、ネットで、「3密チェッカー」というスマホのアプリがあることを知り、興味を持って、インストールしてみました。
 19歳の学生プログラマーが2週間で開発したそうです。すごいです。
 今のところはまだAndroidのみですが、今後、増やしてゆくようです。

 周囲の騒音レベルを測定する、周囲のBluetoothデバイス数を測定する、Bluetoothデバイスの電波強度を測定する、という方法で、密閉、密集、密接状態にあるかどうかを推定する仕組みのようです。

 自宅の室内で測るとこうなります。
3mitsu01
 ま、そうですね。周りには誰もいません。(^_^)

 いつもの近所のスーパーで測ってみました。
3mitsu02
 1密のようです。COCOAをインストールしている人が4人いることも分かります。

 データの蓄積結果も出ます。
3mitsu03
 昨日・今日、大体家にいましたので、グラフの線は平坦です。

 あれこれ試してみようと思います。
 ま、試すためにわざわざ人混みに行ったりはしないようにします。(^_^)

2020年8月20日 (木)

群馬HANI―アプリ、その後(2)

 今日8月20日は埴輪の日だそうです。
「8(は)2(に)0(わ)」の語呂合わせ。

 埴輪といえば、群馬県が総力を結集して開発した「群馬HANI―アプリ」があります。
Gunma_haniap01

 私もインストールして、お風呂上りに体のあら熱を取りながら楽しんでいます。
 当ブログでも「群馬HANI―アプリ、その後」という続編も書きました。

 ゲームの内容は、埴輪育成ゲームです。子供の埴輪が4段階で成長し、最終的に本物の埴輪(の写真)になります。
 今、こんなです。
Gunma_haniap09
 最上段の家の埴輪は初めからあったもので、残りの5基が私の育てたものです。

 育成中の埴輪はイラストで、かわいいのもありますけど、多くは、「ちょっとどうなの」という感じです。←意見には個人差があります。

 今までで、一番気に入っているのは「ひよこはにわ」です。紹介文も良いです。(^_^)
Gunma_haniap10

 「ミニはにわ」もかわいいです。
Gunma_haniap11

 「ウンコはにわ」って、なんでしょ。
Gunma_haniap12
 いや、ウンコは大事ですし、私もウンコは好きですけど、でもねぇ。(^_^;

2020年8月19日 (水)

「ねこあつめ」に「正述心緒」

 毎日楽しみにしているスマホゲーム「ねこあつめ」の「今日のあいことば」は「正述心緒」でした。
Neko_seijutsu
 「おお!」です。

 以前、「寄物陳思」が登場して、その時も「おお!」と思い、その日のブログはもう書いてしまっていたのですが、珍しくも2つ目を書きました。
Neko_kibutsu
 あれはいつじゃったか? と思って探してみたら、ちょうど1年前の今日、8月19日でした。

 「ねこあつめ」の「今日のあいことば」は、二十四節気や季語など、あるいは「今日は○○の日」などという記念日にまつわる語が採り上げられることが多いです。
 「多い」というより、必ず何かその日と関係のある語が選ばれているように思います。

 去年も、どうして今日が「寄物陳思」なのだろうかと考えましたが分かりませんでした。

 そして今日、同じ8月19日に「正述心緒」となれば、これはもう必ず何かあります。

 こういうときに頼りになるのは、日参している「ねこあつめ今日のあいことば」さんのツイッターです。
 いつも、「そうか!」と感心させられることが多いです。
 早速行ってみると、去年も今年も「俳句の日」が指摘されていました。
 「は(8)い(1)く(9)」の語呂合わせで、今日は俳句の日だそうです。

 確かに、俳句と短歌とはお隣同士の文芸ではありましょうが、万葉集と俳句とは遠い気がします。
 また、正述心緒と寄物陳思はともに相聞の下位区分ですから、その点からも俳句との親和性は低いように思います。

 「ねこあつめ」の「今日のあいことば」の考案者(お一人なのかチームなのか分かりませんが)は、かなり俳句に詳しい人のようですので、俳句の日のあいことばは、芭蕉や子規などの関係から選びそうに思います。ひねるにしても万葉集は遠いかと。

 といって代案はないのですが、万葉集関係で「8月19日」を探したら、『万葉集古義』の著者である鹿持雅澄の命日が、安政5年の8月19日であることが分かりました。

 これかなぁ、とも思いますが、あまり自信はありません。
 さらに探してみます。

 勉強になる「今日のあいことば」。

2020年8月14日 (金)

公文書A4への移行の時期

 定年退職に際して勤務先から自宅に運んだ私物の段ボール箱、30数箱あったのですが、無事に全部開きました。(^_^)
 あ、「開いた」というのは文字通り箱を開封したということです。
 カラになった箱もありますが、あまりにも雑々としたものが入っていて、「これはあとで」ということで、手を付けずに閉めてしまったものもあります。こういう先送りをしているので、一事が万事、あれこれ片づきません。(^_^;

 こんな書類が出てきました。
H06a4ikou01
 平成6年3月11日付の文書で、発信者は群馬県総務部学事文書課文書係です。
 こういった内部文書を勝手にさらしてしまって良いものやら。守秘義務違反?
 守秘義務の対象になるのは「職務上知り得た秘密」です。
 この書類の内容は、「秘密」ではないと思うので、載せてしまいます。

 大きな文字がギザギザです。
 平成6年というと26年前です。まだ、アウトラインフォントを使っていないのですね。
 経費を節約しているのかもしれません。

 さて、この文書のポイントは以下の通りです。
H06a4ikou02

 字が小さく、読みにくくて済みません。
 平成6年の4月から公文書をA4サイズに移行するという内容です。国際基準に準拠ですね。
 それまではB5サイズが標準だったようです。

 大昔のことで、もうすっかり忘れてしまっていましたが、思えば、私が勤め始めた昭和60年の頃、会議の書類はB5だったように思います。
 それが、いつの頃からかA4に変わったのですが、その時期は平成6年4月ということになります。

 ただ、私は、B4が身に染み付いてしまっていて、授業の資料や講座・講演の資料はずっとB4を使っていました。最近になってA4に移行しつつあります。県のお達しから四半世紀が経ってしまいました。国際化に縁遠い人間です。(^_^;

2020年7月19日 (日)

二千円札が生まれて20年

 もう世間から忘れ去られてしまった感のある二千円札ですが、今日で二十歳になりました。
 二千円札は、2000年の7月19日に発行されたそうです。
2000en
 珍しくて、手に入っても使わずに何枚か死蔵していました。
 そういう人が多かったせいでもないでしょうが、流通しませんでしたね。

 ATMが対応しなかった、自販機が対応しなかった、レジの機械に置き場がなかった、などもありましょうが、1と5があれば十分で、2は必ずしもなくても良かったということでしょうかね。五千円札がないと不便ですけど、二千円札は必ずしもなくてもよいのかも。
 二円玉、二十円玉、二百円玉もありませんけど、用は足りていますものね。

 二千円札のファンとしては残念なことです。

 今日が二千円札の誕生日だということを知ったのは、またまた「ねこあつめ」の「今日のあいことば」でした。
 今日の「今日のあいことば」は「鈴虫」です。
 鈴虫が盛んに鳴くようになるのはもう少し先のような気がしますし、なぜ今日なのか分かりませんでした。

 そうしたら、毎日拝見している「ねこあつめ今日のあいことば」さんのツイッターで、二千円札のことが指摘されていました。
 二千円札の裏面に描かれているのが源氏物語の鈴虫の巻で、そして、二千円札の発行が2000年7月19日なのでした。これで間違いありません。
 油断のならない「ねこあつめ」です。
 そして、「ねこあつめ今日のあいことば」さんのツイッター、よくぞ見破ったものと思いました。

2020年7月18日 (土)

群馬HANI―アプリ、その後

 先日、群馬県が制作し、配信開始したスマホの「群馬HANI―アプリ」をインストールしました。埴輪育成ゲームです。
Gunma_haniap01

 どんなものか、始めてみたら「たまごはにわ」が誕生しました。
Gunma_haniap02

 スマホのゲームは、「ぐんまのやぼう」2種と「ねこあつめ」で満足していますので、もう1つ増やしてもなぁ、と思いましたが、放置すると、埴輪が家出したり、割れたりするというので、それも気が引けます。

 で、続けたところ、「たまごはにわ」はその後3段階の進化を遂げました。
Gunma_haniap04
 「たまごはにわ」→「二段はにわ」→「はにわロボ」→「ペンギンはにわ」です。
 ちょっとどうなの、というのもあります。(^_^;

 図鑑もあります。
Gunma_haniap05
 第1世代6種、第2世代10種、第3世代11種、第4世代11種の全38種があることになります。これだけの数のデザインを考えるのは大変だったことでしょう。それだけあれば、ヘンなのもありましょう(←失礼)。
 各世代、どのはにわになるのかは、育て方(どんなゴハンを食べたか、など)によるようです。

 わが「ペンギンはにわ」は、さらに進化して実際に存在する埴輪になりましたので、早速古墳に飾りました。
Gunma_haniap06
 上から二段目です。水鳥でしょうか。ペンギンからの進化で水鳥の埴輪というのは分かる気がします。
 最上段の家形埴輪は、最初から飾ってありました。

 このアプリにはクイズもあります。
Gunma_haniap07
 問題は2択~4択です。

 解説も付いています。
Gunma_haniap08
 このあたり、アカデミックです。勉強になります。

2020年7月 6日 (月)

群馬HANI―アプリ

 今年の5月に、群馬県が標題のアプリを配信開始しました。
 埴輪キャラクターを世話して育てる、埴輪育成アプリです。

 どんなものか興味を覚えて、スマホにインストールしようとしましたが、エラーメッセージが出て蹴られてしまいました。
 エラーメッセージの内容は、スマホが対応していないといったようなことでした。
 同様のエラーメッセージが他のアプリをインストールしようとしても出ます。そんなに古いスマホじゃないんですけどね。

 ところが、先日、「ぐんま寺社巡り」アプリをダウンロードしようとしたとき、「ダウンロードを待機しています」というメッセージが出て、先に進めませんでした。
 このメッセージは初めてです。ググった結果、対処法がたくさん出てきました。あれこれ試みて、無事にダウンロードでき、起動できました。

 それを思い出しました。私のスマホ、ひょっとしたらこれで生まれ変わったかもしれないと、希望的観測をもって再チャレンジしてみたら、「群馬HANI―アプリ」、無事にインストールできました。
 パソコンやスマホはよく分かりません。(^_^)

 表紙はこんなです。
Gunma_haniap01
 一番下に小さい文字で書かれていますが、このアプリの開発に当たっては、文化庁が補助金を出しているようです。

 スタートすると、こういう画面になります。
Gunma_haniap02
 食事を与えたりクイズに答えたりすると埴輪が成長し、個性的な姿に形を変えていくそうです。
 発掘して土器片などが出てくると、それが埴輪のゴハンになります。
 ゴハンを食べると排泄物が出ます。上の画像にも、たまごはにわの周囲に4つほど落ちています。
 これを片づけると、埴輪が御機嫌になり、お世話レベルも上がります。
 また、クイズに答えると知識レベルも上がります。

 そんな風に埴輪を育ててゆくと、埴輪が成長し、個性的な姿に形を変えてゆきます。
 育て方に応じて30種類以上に姿を変え、最後は群馬県から出土した本物の埴輪の姿になるそうです。

 一番上の画像の中央部に、「埴輪を育ててオリジナル古墳をつくろう!」とあります。
 埴輪を育てると古墳になるのかと思いました。
 そんな無茶な、と思いましたが、そうではなくて、育った埴輪を古墳に並べて、それで、オリジナル古墳をつくる、ということのようです。
Gunma_haniap03

 面白そうですけど、途中で世話を怠ると、家出したり割れてしまったりするとのことです。(^_^;
 それはなかなか厄介。

2020年6月29日 (月)

「ぐんま寺社巡り」アプリ

 昨日、「ぐんま寺社巡り」のパンフレットのことを書きました。
Gunmajisha01

 実は、あのアプリもあります。
 ネタを小出しにしているわけではなく、一応、自分のスマホにインストールしてからと思いまして。
 パンフレットと一緒に、このようなチラシも置いてありました。
Gunmajishaap01

 裏です。
Gunmajishaap02

 ここに、そのアプリにアクセスするためのQRコードが載っていますので、貼っておきます。
Gunmajishaap03

 ダウンロードを試みました。
Gunmajishaap04
 ダウンロード数500以上ということで、まだ発展途上です。
 3歳以上とありますけど、3歳児には無理と思います。(^_^;

 ダウンロードしようとしましたが、「ダウンロードを待機しています」というメッセージが出て、先に進めません。
 さて、と思ってググってみましたら、対処法がたくさん出てきました。結構起こる事例なのでしょうかね。
 あれこれ試みて、無事にダウンロードでき、起動できました。
Gunmajishaap05

 あれこれ試みたので、どれが奏功したのか分かりません。
 しっかりと切り分けをしなくてはいけません。(^_^;

 上の2枚の画像の間に40分が経過し、電池の容量が20%減ってしまいました。
 電池の消耗が早いです。もう電池の交換時期になっているのですが、コロナ禍でお店が予約制なのです。
 どうも予約は億劫で。(^_^;

 アプリは、あれこれ試してみようと思います。

2020年5月21日 (木)

デスクトップのアイコンの位置が勝手に動く

 一昨日、パソコンを起動したら、デスクトップ上のアイコンの位置が勝手に変わってしまっていました。
 通常はこういう状態です。
Desktopicon01
 アイコンは、分類して左右に配置しています。ゴミ箱は右下隅。一太郎は左上隅。
 この配置は基本的に20年くらい変えていません。
 これが、全部、左側に寄ってしまっていました。
 1つずつせっせと摘まんで動かして元通りにしました。
 そして、1日の仕事を終えてパソコンを終了させました。それが、昨日立ち上げたら、またアイコンが左に寄ってしまっていました。
 こんなこと、ディスプレイの解像度を変えた時以外には、今まで全くなかったことです。
 どうしてこうなってしまったのか、どうすれば直るのか。

 困ったときはググってみます。
 検索は「デスクトップ アイコンの位置が変わってしまう」と入れてみました。
 我ながらそのままです。(^_^;
Desktopicon03
 出ますねぇ。こんな、そのままのキーワード(とも言えない)でも、ちゃんと答えてくれます。
 こんなに出てくるということは、良くある現象なのでしょうかね。
 クリックしてみると「まれに起こる」と書いてあるものもありました。

 それで、解決策としては、レジストリを書きかえる、という方法が出てきました。
 私のような素人がレジストリを書きかえるのは怖いですけどね。
 昨日はそのままにして、今日起動したら、今日はアイコンの位置は変わっていませんでした。
 よく分かりません。様子を見てみます。

 デスクトップの壁紙はお気に入りの「真田丸」です。(^_^)
 左上隅はこのようになっています。
Desktopicon02
 私のパソコンスキルは平成10年代で止まっている、というようなことを先日書きましたけれども、パソコンスキルだけでなく、愛用ソフトもその頃のままです。一太郎や花子はちゃんと最新バージョンにしていますけど。
 三四郎はもう作られていません。
 「ファイルバイザー」や「おかる」はシェアウエアです。どちらももう更新されていませんけど、ちゃんと働いてくれています。
 Windowsの新しいバージョンが出て、これらのシェアウエアが動かなくなってしまうと困ります。
 そういったパソコンライフです。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ウェブページ