ゲーム

2017年10月 2日 (月)

「ねこあつめ」はじめました

 今まで使っていたスマホは、メモリーがもう一杯で、新しいアプリをインストールすることはできなくなっていました。

 スマホを更新したことで、搭載メモリーが16倍!になり、あれこれのアプリをインストールできるようになりました。

 で、「ねこあつめ」を入れました。(^_^)
Nekoatsume01
 庭先にゴハンとグッズを置いておくと、色々なねこが集まってきて、遊んでいってくれるというゲーム(ゲームなのか?(^_^))です。ほっこりできます。

 ゴハンがなくなってしまうとねこは来なくなりますが、自分で飼っている猫ではないので、餓死する心配がないのもありがたいところです。

 上の画像で設置しているのは、一番安いネコ缶と、座布団、お魚のけりぐるみ、段ボール箱、赤いゴムボール、毛糸玉です。

 普段は、ゴハンは無料の「お徳用かりかり」です。ネコ缶を用意したら、来るねこの数と種類が増えたような気がします。もっと高価なゴハンだと、来るねこの種類がさらに増えるかもしれません。

 遊びに来たねこは、お礼ににぼしを置いていってくれます。ねこにとって、にぼしは大事な宝物でしょうに、それを置いて入ってくれるのですから、律儀です。

 このにぼしで、新しいゴハンやグッズを買えます。

 遊びに来てくれたねこは、自動的に「ねこてちょう」に記載されます。
Nekoatsume02
 御朱印帳のようなものですね。これをいっぱいにするのは1つの目標になりましょう。

 「ねこてちょう」のそれぞれのねこをクリックすると、それぞれの詳細が分かります。
Nekoatsume03
 「せんとうりょく」って? (^_^;

 今までに来てくれたねこは下の通りです。
Nekoatsume04
 まだ半分にも届きません。滅多に来ないレアねこもいることでしょう。

2016年10月18日 (火)

わくわく日本書紀すごろく

 橿原考古学研究所附属博物館で購入しました。ミュージアムショップの他に、受付にも置いてありましたので、博物館一押しの品のようです。
Shokisugo01
 著者は奈良県。平城遷都1300年に始まる盛り上げを、古事記1300年を経て、日本書紀1300年まで引っ張ろうという企画の1つと思われます。
Shokisugo02
 全部で8つの双六が入っています。
Shokisugo03
 一番最初のイザナキイザナミの国生みすごろくはこんな感じです。
Shokisugo06
 「宝ものをあつめよう!!」は2つのすごろくからできていて、左側の天の岩戸で玉と鏡が得られます。右側の八岐大蛇退治で剣が入手できます。
Shokisugo07
 天の岩戸の登場人物(いや、神か)はこんな感じです。
Shokisugo04
 大化改新はこんな感じ。蘇我入鹿は「イルカゴン」。快獣風にされてしまっています。(^_^;
Shokisugo05
 倭建命のすごろくには出雲討伐がありませんでしたので、「あれ?」と思ったのですが、出雲討伐が出てくるのは古事記だけで、日本書紀には出てきませんでしたね。ちゃんと作られています。

2015年2月23日 (月)

「ちからあわせる二百万!」ゲーム

 最近発売されたカードゲームです。またぐんまちゃんネタの連投になってしまいました。(^_^;
200mancar01
 ウラです。
200mancar02
 表です。
200mancar03
 解説書です。
200mancar04
 それぞれのカードに数字が書いてあります。それを合計して200万にするのを競うゲームのようです。200万というのは群馬県の人口です。今は200万を若干切ってしまっているのですが。

 県内の各市町村がカードになっています。どのカードにもぐんまちゃん。(^_^)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ