ゲーム

2020年2月15日 (土)

「サコイチ」って

 スマホゲームの「ねこあつめ」を楽しんでいます。(^_^)
 その中に「今日のあいことば」というものがあります。
 あいことばの中には知らなかった言葉もあり、勉強になります。
 
 去年の8月には「寄物陳思」などという業界用語が登場して、「おお!」と思ったものでした。
Neko_kibutsu

 昨日の合言葉は「サコイチ」でした。
Neko_sakoichi

 初めて見る語で、何のことやらさっぱり分かりません。
 ググってみたら、ウィキペディアの「チョコレート」の項に「明治時代の独和辞典『袖珍獨和新辭林』によれば、Schokolateに楂古聿(ショコラ、チョコレート、日本語読みでサコイツ、サコイチ)という訳を当てている。」という一節がありました。

 昨日はバレンタインデーですから、これに間違いありませんね。

 このウィキペディアの解説文、ちょっとヘンですけど、要するに、ドイツ語のSchokolateを誰かが「楂古聿」と漢字表記し、その漢字表記を別の誰かが「サコイチ」と誤読した。ということなのでしょう。それが『袖珍獨和新辭林』に載っていると。

 この『袖珍獨和新辭林』は、幸いに国会図書館のデジタルコレクションで閲覧可能です。
 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/864106

 この510コマ目あたりにあるはずなのですが、見つけることができませんでした。私、横文字が苦手なので、見当違いな箇所を見ているのかもしれません。(^_^;
 どなたか見つけてくださるとありがたいです。


【追記】
 『袖珍獨和新辭林』における「Schokolate」の所在箇所を、源さんの後輩さんからコメント欄でご教示頂きました。
 533コマ目でした。だいぶ別の場所でした。お恥ずかしい。(^_^;
 ご教示、大変にありがとうございました。

 該当箇所を切り貼りして良いものやら迷いましたが、貼ってしまいます。
Neko_sakoichi2

 ウィキペディアの『袖珍獨和新辭林』からの引用の範囲が不分明だったのですが、おかげ様ではっきりしました。
 『袖珍獨和新辭林』には「サコイチ」という語は書かれていないことになります。
 あ、本文に書き落としましたが、「サコイチ」は日国にも載っていません。

 この語の具体的な使用例がどういう文献にあるのか、それを知りたく思います。

2019年12月15日 (日)

明治43年の「女学校すごろく」

 このようなものを入手しました。
M43jogakko01
 雑誌『少女世界』明治43年新年号の付録です。

M43jogakko02
 巌谷小波案とあります。

 少し前に、明治42年の「名所かるた」を入手しています。こちらは『少女の友』のやはり新年号の付録でした。
 なんか共通点のあるものを入手しましたが、偶然です。類が友を呼んだということかもしれません。(^_^)

 さてこのすごろく、右下が「ふりだし」の「新入学」で、上部中央が「上リ」の「卒業式」です。
 入学から卒業までの様々なイベントなどが素材になっています。
 順不同で以下の通りです。
 新入学、学友、寄宿舎、当番、同級会、自修、遠足、紀年会、運動会、学芸会、試験前、帰省、雪の日、卒業式

 まず、「ふりだし」。
M43jogakko03
 室内の女学生にはなんとなく緊張感が感じられます。立っている二人のうち、前は教員か母親、うしろは女学生のようです。
 部屋の入口には「新入生扣處」の掲示が。今だったら「控室」でしょうか。
 「扣」の字、恥ずかしながら見たことがありませんでした。画面に出るだろうかと思いましたが、JIS第2水準の字でした。

 画面左下に「一 学友」「二 寄宿舎」……などと「六 遠足」まで並んでいます。
 私が子供の頃に遊んだすごろくは、サイコロを振って、出た目の数だけ進む方式でしたが、このすごろくには進む順序はなくて、サイコロの目に該当するマス目に進む方式です。

 当然ながら「上リ」のマス目には何の指示も書かれていません。
M43jogakko04

 「ふりだし」のマス目には一から六までの指示が書かれていますので、振ったサイコロの目によって、どこかに進めます。
 ところが、他のマス目には6つの指示はありません。
 例えば「試験前」は次の通りです。
M43jogakko05
 「一」の「雪の日」から「六」の「上リ」まで4つしかありません。
 二や四が出た場合はどうするのか? お休みなのでしょうか?

 それはさておき、「三」が「ふりだしに帰る」で、「六」が「上リ」というのはシビアですね。
 試験の結果次第で天と地の差ということなのでしょうか。(^_^;

 「当番」は次のようになっています。
M43jogakko06
 ここにも4つしか項目がなく、その1つに「四 お休み」というのがあります。
 お休みの場合はこのように明示されているのだとしたら、該当する数字のない場合は、該当する数字が出るまでサイコロを振るということかもしれません。
 この「当番」ですが、これ掃除当番ですね。学校で児童や生徒が掃除をするという仕組みは明治末年の女学校でも行われていたのですね。

 運動会や学芸会、遠足も項目になっています。
 よく分からないのは、紀年会と同級会です。
 紀年会は学校の創立記念日か、あるいは紀元節、天長節などの日に催されたのでしょうか。
 同級会は、卒業後の同窓会ではないはずですので、在学中の親睦会のようなものかもしれません。

 「遠足」は次のような絵です。
M43jogakko07
 中央の子、コートを着ています。
 すごろく全体の中で、唯一の洋装の女学生です。下もスカートのようです。
 コートの打合せが男と同じですね。
 当時の女性は男性と同じ打合せの服を着ていたのか、あるいは絵が間違っているのか、分かりません。

 あれこれ興味深いです。

2019年12月 6日 (金)

昭和5年の「東西英雄絵巻双六」

 このようなものを入手しました。
S05touzaieiyu01
 『せうがく三年生』の昭和5年新年号の付録です。
 小学館の学年別の月刊誌、この頃からもうあったのですね。

 「フリダシ」から「上リ」までは以下の通りです。

 1.やはぎの橋
 2.日本武尊
 3.桶狭間の夜襲
 4.関羽
 5.リンコルン
 6.楠正成
 7.巴御前
 8.上杉謙信
 9.勝 西郷の会見
 10.アルプス越え
 11.加藤清正
 12.元寇の役
 上リ.神功皇后

 このなかで「リンコルン」というのが「はて?」でした。
S05touzaieiyu02
 しばし考えて、「リンカーン」に思い至りました。(^_^)

 明治時代のものならば、西洋の人名・地名には現代と読みの違うものが多数あるでしょうが、昭和初年もまだそうなのですね。
 リンカーンの綴りを見てみたら、Lincolnなのですね。綴りからはリンコルンと読まれても不思議はありません。
 大変安易にウィキペディアを見たら、次のようにありました。

>明治末から昭和45年までの新聞切抜資料集である神戸大学の新聞記事文庫にも複数の訳があり、それぞれの初出は「リンコルン」が1912年、「リンカーン」が1913年、「リンカン」が1917年、「リンコン」が1927年(ただしリンコンは自動車の記事のみで人名には用いられていない)。件数も「リンカーン」126件、「リンコルン」89件、「リンカン」20件と、長音で「リンカーン」とする表記とローマ字読みの「リンコルン」が多数を占めている。

>このように、明治から戦後にかけて日本語でのカナ表記はまったく統一されておらず、のちに「リンカーン」でほぼ統一された経緯も不明である。

>1991年に国語審議会が発表した「外来語の表記」において、「Lincoln」を「リンカーン」と表記することが定められた。※ただし、「語例は、それぞれの仮名の用法の一例として示すものであって、その語をいつもそう書かなければならないことを意味するものではない」と留意事項が記されている。

>2018年現在、グローバル化が急速に進展している現状を踏まえ、高等学校の世界史教科書では現地読みに近い「リンカン」で統一され、中学校の歴史教科書でも「リンカン」を採用する出版社が増えている。

とのことです。

 「リンカーン」の表記も、初出は「リンコルン」の翌年の1913年なのですね。

 8は「上杉謙信」となっています。川中島における武田信玄との一騎打ちのはずなのですが、なぜか信玄の名は無視されています。なぜでしょうかね。

 「11.(朝鮮の役における)加藤清正」、「12.元寇の役」、「上リ.神功皇后」と、最後に対外関係のものが集まっていますが、全体としてはそういう傾向はありません。

 神功皇后の傍らにいる建内宿祢が抱いているのは応神天皇ですね。(^_^)
S05touzaieiyu03
 神功皇后の表記が「神宮皇后」となっています。これ、当時としてはとてもまずいことだったのではと思います。担当者、始末書くらいで済んでいると良いのですが。

2017年10月 2日 (月)

「ねこあつめ」はじめました

 今まで使っていたスマホは、メモリーがもう一杯で、新しいアプリをインストールすることはできなくなっていました。

 スマホを更新したことで、搭載メモリーが16倍!になり、あれこれのアプリをインストールできるようになりました。

 で、「ねこあつめ」を入れました。(^_^)
Nekoatsume01
 庭先にゴハンとグッズを置いておくと、色々なねこが集まってきて、遊んでいってくれるというゲーム(ゲームなのか?(^_^))です。ほっこりできます。

 ゴハンがなくなってしまうとねこは来なくなりますが、自分で飼っている猫ではないので、餓死する心配がないのもありがたいところです。

 上の画像で設置しているのは、一番安いネコ缶と、座布団、お魚のけりぐるみ、段ボール箱、赤いゴムボール、毛糸玉です。

 普段は、ゴハンは無料の「お徳用かりかり」です。ネコ缶を用意したら、来るねこの数と種類が増えたような気がします。もっと高価なゴハンだと、来るねこの種類がさらに増えるかもしれません。

 遊びに来たねこは、お礼ににぼしを置いていってくれます。ねこにとって、にぼしは大事な宝物でしょうに、それを置いて入ってくれるのですから、律儀です。

 このにぼしで、新しいゴハンやグッズを買えます。

 遊びに来てくれたねこは、自動的に「ねこてちょう」に記載されます。
Nekoatsume02
 御朱印帳のようなものですね。これをいっぱいにするのは1つの目標になりましょう。

 「ねこてちょう」のそれぞれのねこをクリックすると、それぞれの詳細が分かります。
Nekoatsume03
 「せんとうりょく」って? (^_^;

 今までに来てくれたねこは下の通りです。
Nekoatsume04
 まだ半分にも届きません。滅多に来ないレアねこもいることでしょう。

2016年10月18日 (火)

わくわく日本書紀すごろく

 橿原考古学研究所附属博物館で購入しました。ミュージアムショップの他に、受付にも置いてありましたので、博物館一押しの品のようです。
Shokisugo01
 著者は奈良県。平城遷都1300年に始まる盛り上げを、古事記1300年を経て、日本書紀1300年まで引っ張ろうという企画の1つと思われます。
Shokisugo02
 全部で8つの双六が入っています。
Shokisugo03
 一番最初のイザナキイザナミの国生みすごろくはこんな感じです。
Shokisugo06
 「宝ものをあつめよう!!」は2つのすごろくからできていて、左側の天の岩戸で玉と鏡が得られます。右側の八岐大蛇退治で剣が入手できます。
Shokisugo07
 天の岩戸の登場人物(いや、神か)はこんな感じです。
Shokisugo04
 大化改新はこんな感じ。蘇我入鹿は「イルカゴン」。快獣風にされてしまっています。(^_^;
Shokisugo05
 倭建命のすごろくには出雲討伐がありませんでしたので、「あれ?」と思ったのですが、出雲討伐が出てくるのは古事記だけで、日本書紀には出てきませんでしたね。ちゃんと作られています。

2015年2月23日 (月)

「ちからあわせる二百万!」ゲーム

 最近発売されたカードゲームです。またぐんまちゃんネタの連投になってしまいました。(^_^;
200mancar01
 ウラです。
200mancar02
 表です。
200mancar03
 解説書です。
200mancar04
 それぞれのカードに数字が書いてあります。それを合計して200万にするのを競うゲームのようです。200万というのは群馬県の人口です。今は200万を若干切ってしまっているのですが。

 県内の各市町村がカードになっています。どのカードにもぐんまちゃん。(^_^)

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ