« 昭和3年の「教育偉人かるた」(6) | トップページ | 明治8年の『大日本国郡便覧』(2) »

2024年4月14日 (日)

明治8年の『大日本国郡便覧』

 明治8年の『大日本国郡便覧』を入手しました。
M08kokugun01
 帙に入っていたのですが、その画像は省略します。
 折本です。

 最初のページ。
M08kokugun02

 奥付。
M08kokugun03

 巻頭のページには、「明治八年六月新雕……発兌」とありますが、奥付では「官許明治八年第二月」の日付が入っています。
 官許を得てから、実際に刊行するまで、4ヶ月のタイムラグがあったということになりましょう。
 奥付の「第二月」という表記に興味を持ちました。明治8年頃、こういう表記もあったのでしょうかね。
 発行者は東京の2軒の書店ですね。
 奥付の左ページには、京、大坂、東京の書店が並んでいます。
 その最後に「吉川半七」とあるのは、今の吉川弘文館ですね。

 巻頭の次のページは世界全図です。
M08kokugun04
 この本は、『大日本国郡便覧』という書名の様に、日本の旧国別に、それぞれの国の地図と諸データを記した本なのですが、巻頭にはこのように世界地図が載っています。

 北米をアップにします。
M08kokugun05
 「北亜米利加」という大陸名は漢字ですが、その他の地名はカタカナです。
 ニューヨークは「ニウヨルク」とあります。こういう相違はおもしろいです。

 その次のページは日本全図です。
M08kokugun06
 北は樺太、千島列島から、南は琉球までを収めます。
 色分けは五畿七道別です。

 右上に日本全体の諸データが載っています。それをアップで載せます。
M08kokugun07
 項目は、国数、郡数、学区、府・藩・県、鎮台、開港場、戸数、人員、社数、寺数です。
 3府60県の他に藩が1つあります。府は東京、京、大阪ですが、藩は何でしょうね。調べます。
 軍隊は鎮台の下に大隊ですね。まだ師団はありません。
 人口は3311万825人です。
 国勢調査などない時代ですから、人別帳などを集計したのでしょうかね。

 あれこれおもしろいです。
 肝腎な旧国別の地図やデータは、また後日。

« 昭和3年の「教育偉人かるた」(6) | トップページ | 明治8年の『大日本国郡便覧』(2) »

史料・資料」カテゴリの記事

地図・航空写真」カテゴリの記事

コメント

千島列島が,かなり地続きになっているのが,おもしろい。
明治初年は,まだ北方や南西諸島は,よく分っていないのでしょうね。
興味深い資料です。
続報を楽しみにしています。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 千島列島が地続きのようになっているのは、日本全図のサイズにもよると思います。
 だいぶ小さいので、細かく記すことも難しく、おまけに彩色していますので、かなりベターッと色を塗ってしまった感があります。
 本文中では、国後、択捉はちゃんと描かれています。なぜか、歯舞、色丹は図がありません。
 あまり重視していなかったのかもしれませんね。
 北方4島よりもさらに北の千島列島も図がありません。樺太は図があります。
 この本のできた明治8年は、丁度、樺太・千島交換条約の締結された年ですね。その混乱もあったかもしれません。

 この本に載っている全ての地域を取り上げることはしませんが、いくつか取り上げたいと思います。三河、遠江も取り上げますね。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和3年の「教育偉人かるた」(6) | トップページ | 明治8年の『大日本国郡便覧』(2) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ