« 明治8年の『大日本国郡便覧』(5) | トップページ | つつじ復活 »

2024年4月19日 (金)

「猫飼好五十三疋」の小風呂敷

 この様なものを購入しました。
Myokaiko01
 これは、毎度おなじみのネットオークションではなく、通常の新品です。

 右上にタイトルがあります。
Myokaiko02
 「其まゝ地口 猫飼好五十三疋」です。
 読み方は「そのままぢぐち みやうかいこうごじうさんびき」です。

 この看板のコマに日本橋と沼津が見えています。
 こんな感じで、東海道五十三次が全部猫のシャレになっています。
 日本橋と沼津の出来はイマイチかと思います。←ナゾの上から目線。(^_^;
 作者は一勇斎国芳です。

 いくつか気に入ったものを載せます。
Myokaiko03
Myokaiko04
Myokaiko05
Myokaiko06
Myokaiko07
Myokaiko08

 全部同じ縮尺で載せました。
 大礒の絵が大きいので、その影響で、他の絵が小さめになってしまいました。

 石薬師の「いちやァつき」は今の表記ならば「いちゃつき」になるところ、「ちゃ」を「ちやァ」と表記しているのを興味深く思いました。

« 明治8年の『大日本国郡便覧』(5) | トップページ | つつじ復活 »

文化・芸術」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治8年の『大日本国郡便覧』(5) | トップページ | つつじ復活 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ