« 東日本大震災から13年 | トップページ | 確定申告書無事投函 »

2024年3月12日 (火)

伏見稲荷の豆柴にぎころ

 先日の日本女子大学のシンポジウムの折にお目に掛かった、同志社大学の福田智子先生に戴きました。
Nigikoro01
 福田先生はご夫妻で参加されていました。
 このぬいぐるみは京都駅でお求めになったそうです。
 私が欲しそうな顔をしたせいでしょうか、「私は京都駅でまた買いますから」と仰って、下さいました。
 申し訳ないことです。

 横から。
Nigikoro02
 くるんとしたしっぽがかわいいです。

 顔がよく見えるように、劇団員の金魚に協力してもらいました。
Nigikoro03
 柴犬ですね。
 柴犬が狐のお面を額に載せているのでした。

 おなかにシールが貼ってあります。
Nigikoro04
 豆柴でした。おなかを押すとピーと鳴きます。

 かわいい物を戴きました。対象年齢は7歳以上ということで、私もクリアです。

 福田先生のご専門は中古文学です。数年前に全国大学国語国文学会の編集委員会でご一緒しました。
 全国大学国語国文学会は、国語学・国文学両方に跨がりますし、国文学も幅広く全ての時代をカバーします。
 それで、時代の異なる研究者の先生方とも接点ができます。
 そこがこの学会の良いところです。
 複数の時代に跨がるような研究発表の場も、この学会が適しているのではないでしょうか。

« 東日本大震災から13年 | トップページ | 確定申告書無事投函 »

日常」カテゴリの記事

キャラクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東日本大震災から13年 | トップページ | 確定申告書無事投函 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ