« 吉田屋の「奈良史蹟案内」 | トップページ | シンポジウム「万葉集禁裏御本の解明」に参加 »

2024年3月 8日 (金)

ヤマトタケルシンポジウムの報告

 昨年の8月5日に、昭和女子大学で「ヤマトタケル 敗者の形象」と題するシンポジウムが開催され、私もオンラインで参加しました。
Yamatotakeru01
 主催は昭和女子大学近代文化研究所です。なぜ近代文化研究所なのかはよく分かりません。

 本日、『昭和女子大学 近代文化研究所紀要』第19号が届きました。
Sj_yamatotakeru01
 ひょんなことからご縁ができて、この紀要は数年前からお送り頂いています。

 去年のヤマトタケルのシンポジウムについては、報告の形で4ページに亙って掲載されていました。
 最初のページにはプログラムとシンポジウムの趣旨が載っています。
Sj_yamatotakeru02
 このページのあと、パネリスト4氏の発表要旨が2ページ半ほどに載っています。
 おひとり半ページ強ほどです。こちらの掲載は控えますが、こういう形で記録が残って幸いです。

 参加人数は108名(オンライン58名、会場50名)だったそうです。

« 吉田屋の「奈良史蹟案内」 | トップページ | シンポジウム「万葉集禁裏御本の解明」に参加 »

研究」カテゴリの記事

古事記」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

ヤマトタケル,非常に気になります。
でも,論文難しそう。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 論文ではなく、報告要旨です。おひとりあたり半ページ強です。
 でも、それだけの分量に圧縮してしまっているので、難しい面はあるかもしれません。

 PDFにして、メールでお送りしました。

PDFファイル,ありがとうございます。
あとでじっくり読ませていただきます。
楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田屋の「奈良史蹟案内」 | トップページ | シンポジウム「万葉集禁裏御本の解明」に参加 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ