« 昭和12年、豊橋市小学校の伊勢修学旅行案内(1) | トップページ | 段ボールを出す&パソコン遍歴 »

2024年2月 7日 (水)

昭和12年、豊橋市小学校の伊勢修学旅行案内(2)

 昨日の豊橋市小学校の伊勢修学旅行案内の続きです。

 旅行中の心得。
S12toyohashiise05
 皇太神宮の参拝に関する注意事項が最初に上がっています。
 服装は、洋服または和服(袴着用)とあります。
 当時は和服も普通に着用していたのでしょうね。
 ただし、着流しはダメで、袴を着用しなくてはいけないことになっています。神宮参拝ということもありますが、旅行なので着流しはやはり不都合と思われます。

 つづき。
S12toyohashiise06
 弁当2食分というのは、朝食と昼食でしょうね。朝5時台の出発ですから。
 「絶対禁止」の食物は、おなかを壊したりしないための配慮と思われます。
 アイスクリームは持っていけないでしょうから、買い食い禁止ということでしょう。
 バナナ、ダメですかねぇ。

 つづき。
S12toyohashiise07

 沿道案内。最初が東海道沿道。
S12toyohashiise08
 岡崎の所で、家康に対して「徳川家康公」とありますね。敬称付きで待遇されています。
 大高は桶狭間合戦のゆかりの地ですね。私ずっと「おおたか」と思っていたのですが、もとの職場に名古屋出身の同僚がいて、「おおだか」だと教わりました。
 「納屋橋」も「なやはし」ではなく「なやばし」と教わりました。こういう読みは、土地の人でないとなかなか分かりませんね。

 次が関西線沿道。
S12toyohashiise09
 弥富には鯉の産地とあります。今は金魚の産地と認識しています。鯉は今も続いていましょうかね。

 最後が参宮線沿道です。
S12toyohashiise10
 松坂はやはり本居宣長ですね。

« 昭和12年、豊橋市小学校の伊勢修学旅行案内(1) | トップページ | 段ボールを出す&パソコン遍歴 »

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

旅行沿道案内,おもしろいです。
関西線,参宮線,歩いているので,納得です。
東海道を歩いているときは,加佐登は通過点でしたが,
日本武尊のことを調べていて
加佐登駅から,加佐登神社や能褒野の古墳へも歩きました。
鈴鹿・亀山付近,伊勢国国府があって,
冬寒かったけど,よかったです。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 おもしろいと言っていただき、ありがとうございます。
 地名をご覧になって、あれこれ思い出されることが多いのでしょうね。
 実際にそこを歩かれていると、感慨もひとしおと思います。

 旅行の心得も、今はこれ程うるさくは言わないかもしれませんが、基本的にはあまり変わらないのではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和12年、豊橋市小学校の伊勢修学旅行案内(1) | トップページ | 段ボールを出す&パソコン遍歴 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ