« ぐんまちゃんから年賀状2024 | トップページ | 関ヶ原戦国甲胄館から返礼品 »

2024年2月 3日 (土)

『万葉用字格』の影印本&正訓・義訓

 先月、『万葉用字格』の版本を入手したことを書きました。
Shunto01

 ところが、先日渋川の家の片づけをしていたところ、その影印本が見つかりました。
Shunto07

 奥付です。
Shunto08
 和泉書院から出ていたのですね。そしてそれを持っていました。(^_^)
 ま、版本の方が版面が大きいし、影印本は縮小して版下を作っている関係で、版本に比べて鮮明さに欠けるので、良しとします。

 影印本の解説は、1ページ半に満たない簡略なものです。
 その末尾にこうあります。
Shunto09
 「商(アキ)」が正訓の部と義訓の部と、両方に入っているのを不審がっています。
 不審ですかねぇ。同じ文字が正訓として使われたり、義訓として使われたりすることはあり得ることで、不審とは思えません。
 解説の方が不審に思えました。

 『万葉用字格』における当該箇所は以下のようになっています。
Shunto10
 右が「正訓」の部、左が「義訓」の部です。
 「義訓」の方は行末から次行頭に跨がりますので、切り貼りしました。

 実際に万葉集に当たってみると、「正訓」の「商」は巻7の1264番歌です。
  ○西の市にただ独り出でて眼並(めなら)べず買ひてし絹の商(あき)じこりかも(商自許里鴨)
 『万葉用字格』に「島守(サキモリ)」とあるのは意味不明です。
 ただ、1264番歌の次の歌は、
  ○今年行く新島守(にひしまもり)が麻衣(あさごろも)肩の紕(まよひ)は誰(たれ)か取り見む
なので、用例を引用するときに、これと混線したのかもしれません。

 「義訓」の「商」は巻16の3809番歌です。
  ○商変(あきかへ)し(商変)領(し)らすとの御法(みのり)あらばこそわが下衣(したごろも)返し賜(たば)らめ
 この歌には左注があり、次の通りです。
  *右は伝へて云はく、ある時に幸(うつくしび)せらえし娘子(をとめ)ありき。[姓名詳らかならず] 寵(うつくしび)薄れぬる後に、寄物[俗にかたみと云ふ]を還し賜(たば)りき。ここに娘子怨恨(うら)みて、聊(いささ)かにこの歌を作りて献上(たてまつ)りきといへり。
 歌の解釈は、例えば、釈注では以下の通りです。
  *「商契約の破棄を施行する」などいう法令でもあるのでしたら、私がさし上げた形見の下衣、その衣をお返し頂いても宜しうございましょう。けど……。
 現代の諸注釈、文言には勿論違いはありますが、内容はほぼ同一です。

 なるほど、こうして比べてみると、『万葉用字格』には、「商(アキ)」が正訓の部と義訓の部と両方に載っていますけれども、どちらも正訓と思えます。
 影印本の解説はあまりにも簡略ですが、不審としたのはこの点かもしれませんね。

 もう少し考えてみたく思いました。
 『万葉用字格』の「義訓」の部の「商」には、「商は秋の音なれば也」とあります。
 この注記もよく分かりません。
 ふと、「商」の字義を調べてみようと思い、手元の『角川新字源』を見るとこうありました。
Shunto11
 この解説の⑤に注目です。古代中国の「五音」を五行に配当すると、「商」は秋に当たるということです。
 『万葉用字格』が「商」を「義訓」とするのはこれでしょうね。
 当該歌の「商変」を「秋変わり」などとする解釈があって、『万葉用字格』はこれに拠って、この「商」を義訓としたのでしょう。
 そういう解釈が当時あったのでしょうかね。
 とりあえず『万葉集略解』を見たのですが、略解の解釈も釈注等の現代の諸注釈と同様でした。

 今ここまでです。
 おもしろそうなのですが、ここで中断のやむなきに至っています。
 何か進みましたら、また。

« ぐんまちゃんから年賀状2024 | トップページ | 関ヶ原戦国甲胄館から返礼品 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

「商は秋の音なれば也」

…私なんか「商」は「あきない」って読むから「あき」の音を取ったのかなあなんて単純に考えて、そこから先には進まないんですが、
…なるほど、5音ですか。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 私も最初はそう思いました。
 でも念のため漢和辞典を見たら、上のようなことが分かりました。
 「商」で「五音」がピンときたりはできませんねぇ。

 春登上人が「商(アキ)」を「義訓」としたのはそういうことなのでしょうね。
 でも、当該歌は正訓のようですし……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぐんまちゃんから年賀状2024 | トップページ | 関ヶ原戦国甲胄館から返礼品 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ