« 前橋城の土塁&渋川の家は寒い | トップページ | 今日は古事記の誕生日 »

2024年1月28日 (日)

なんて恐ろしい子(マザーリーフ)

 平成17年に1枚の葉っぱを頂きました。マザーリーフです。
Ml14

 水の上に浮かべておくと、葉っぱから芽を出すという植物です。
Ml15
 それで、ハカラメ(葉から芽)とも呼ばれます。

 これが育って何鉢にもなっています。
 東京の家では、冬の初めに室内に取り込みました。
 25日(木)にふと見ると、葉から芽や根が。
Hakarame20240125a
Hakarame20240125b

 不気味でした。
 そこで思わず、「なんて恐ろしい子」とつぶやいてしまいました。

 葉っぱを水に浸しておくだけで芽や根が出るのですから、茎に繋がっている葉から芽や根が出ても不思議は無さそうですが、今回のような状態を見たのは初めてでした。
 今まで、単に私がぼーっと生きていたために見逃していただけかもしれません。
 びっくりでした。

« 前橋城の土塁&渋川の家は寒い | トップページ | 今日は古事記の誕生日 »

植物」カテゴリの記事

コメント

マザーリーフ,初めて聞きました。
Googleで検索すると,セイロンベンケイというのだそうですね。
それにしても,何鉢にもなっているなんて,さすが源さん,世話好きですね。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 はい。セイロンベンケイソウが正式名称かもしれません。

 世話好きということはないのですが、この葉が落ちて、根付くと、それが段々育ってくるので、無視することもできず、鉢が増えます。困ったことです。
 今回出てきた芽や根は見なかったことにします。(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前橋城の土塁&渋川の家は寒い | トップページ | 今日は古事記の誕生日 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ