« 甘味マスコット | トップページ | 来年はぐんまちゃん30周年 »

2023年12月10日 (日)

昭和7年の「日本名将大鑑」のまとめ

 先日、「昭和7年の「日本名将大鑑」(9)終」というタイトルの記事を載せて、この大鑑の話は終わりにしたはずなのに、未練がましいことです。(^_^;
S07meisho01_20231210221301

 この名将大鑑には、どういう武将が載っているのかと考えましたが、それには、どういう武将が載っていないかを見る方が速いです。

 ◎皇族は載っていません。
  日本武尊、高市皇子、護良親王などは載る可能性があると思いますが、載っていません。

 ◎朝敵や、天皇・院をないがしろにしたような武将は載っていません。
  平将門、藤原純友、平清盛、北条義時、足利尊氏などは載っていません。
  北条泰時、足利直義、高師直などはそのあおりを食ったのでしょう。
  ただ、平家一門でも、平重盛、平宗盛、平教経は載っています。
  平重盛は「忠ならんと欲すれば孝ならず。孝ならんと欲すれば忠ならず。進退これきわまれり」で載ったのでしょうね。
  平教経は猛将のイメージがあります。平宗盛はちょっと納得できません。(^_^;

 ◎主君に背いた武将も載っていません。
  明智光秀や松永久秀が載っていません。

 大変分かりやすいです。

 戦国武将の部下で載っているのは、信長、秀吉、家康の部下のみです。
 武田や上杉の部下には著名な武将もいますが、そこまでは拾わなかったのでしょう。
 山中鹿之助が載っていないのが不思議ですが、尼子氏の武将だからかもしれません。

 絵はよく考証されているのだと思います。

 得物は、源平・鎌倉時代の武将は弓、戦国時代の武将は槍が多いです。
S07meisho33_20231210221601
S07meisho07_20231210221701

 鉄砲はいませんでした。

 あれこれおもしろいです。

« 甘味マスコット | トップページ | 来年はぐんまちゃん30周年 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甘味マスコット | トップページ | 来年はぐんまちゃん30周年 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ