« 昭和6年の「イソップかるた」 | トップページ | 阪神がアレしましたけど、関ヶ原では »

2023年9月14日 (木)

『歴史人』最新号の特集は「古代史研究最前線」

 『歴史人』の2023年10月号の特集は「古代史研究最前線」です。
Rekishijin202310a
 主な内容は表紙に記されているとおりです。
 富雄丸山古墳から出土した蛇行剣と盾形銅鏡の解説。そして、古代史のあれこれに関する令和の研究最前線です。

 目次は以下の通りです。
Rekishijin202310b
Rekishijin202310c

 蛇行剣と盾形銅鏡に関しての詳細は何も知りませんでしたので、勉強になりました。
 あとは、まあまあでした。←ナゾの上から目線。

« 昭和6年の「イソップかるた」 | トップページ | 阪神がアレしましたけど、関ヶ原では »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

古事記」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本書紀・風土記」カテゴリの記事

コメント

私の古代史に関する知識は…いったいいつ仕入れたものやら時分でも定かでもないものが多く、最近言われているあれこれの学説はどれを信じて良いものやら…

だから、「令和の定説」なんて謳い文句に引かれてしまいます。本当は自分で判断するべきものなのでしょうが、自信があんまりないもんですから…

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 それはお互いさまです。
 古代史や考古学の最新情報が何なのかまで、なかなか把握できませんよね。
 私の場合、上代文学や国語学でさえ把握できていないのですから。

 その昔の雑誌『国文学』の別冊のような内容で、『日本歴史』あたりが歴史学に関する特集を組んでくれたらありがたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和6年の「イソップかるた」 | トップページ | 阪神がアレしましたけど、関ヶ原では »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ