« まほろば10周年&お弁当ねこ | トップページ | オリヅルランの種? »

2023年8月 9日 (水)

「万葉の花かるた」

 このようなかるたを入手しました。
S56manyohanacard01
 向かって左側が箱、右側が外箱です。
 編集と発行は畠中巨骨氏(俳人。広島県大竹市文化財審議官)、絵は片田天玲氏(橋本関雪門。日本南画院評議員)。
 万葉植物の研究で知られる松田修氏が監修をされています。

 万葉集に歌われている花を50種とりあげ、1種に付き1首選んで読み札にしています。
 全部で50組です。
 その中から独断と偏見で、8組を載せます。
S56manyohanacard02
S56manyohanacard03
 梅は、梅花の宴の歌32首の中から主人の大伴旅人の歌が選ばれています。
 朝顔は桔梗説が採用されています。

 解説冊子が附属しています。
S56manyohanacard04

 とりあげられている植物は以下の通りです。
S56manyohanacard05
 春夏秋冬の季節順に並んでいますね。
 個人的には、かたかごがないのは残念ですが、家持の1首しかないので、それで取り上げられなかったのでしょうかね。

 解説はこのような内容です。
S56manyohanacard06

 楽しいかるたです。

« まほろば10周年&お弁当ねこ | トップページ | オリヅルランの種? »

かるた」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まほろば10周年&お弁当ねこ | トップページ | オリヅルランの種? »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ