« 奈良交通のバス2台 | トップページ | 創作童話「隠れ里の決闘」 »

2023年8月15日 (火)

ねこ時代劇

 このようなカプセルトイを入手しました。
 「ねこ時代劇」というタイトルが付いています。

 ねこ浪人。
Nekoronin
 頭にちょんまげが乗っています。
 懐手の様子など、三船敏郎の素浪人が思い浮かびます。

 座頭ねこ。
Zatoneko
 これは座頭市風ですね。
 仕込み杖の鯉口を切っているあたり、芸が細かいです。

 ねこ旅がらす。
Nekotabigarasu
 縞の合羽に三度笠。肩には振り分け荷物。
 旅がらすのおなじみの出で立ちです。

 ねこ渡世人。
Nekotoseinin
 森の石松風です。
 「お控えなすって」と仁義を切っている手の平のかわいらしい肉球がミスマッチです。

 ねこ親分。
Nekooyabun01
 悪そうですねぇ。
 着物の柄は肉球。

 後ろ側。
Nekooyabun02
 丸に「鰹」の文字。
 組の名前は鰹一家でしょうか。

 さて、これら5つのフィギュアには「ねこ時代劇」というタイトルが付いていますけど、偏っていますよね。
 アウトローだらけ。みんな人相が悪いです。←あ、人相じゃなくて「にゃんそう」ですかね。

 よくぞこれだけ悪そうなのを集めました。(^_^)
 これを考えた人は時代劇を少し勘違いしているのでは。
 時代劇には、他にも、お奉行様、岡っ引き、魚屋、大工、町娘などもよく出てきますよね。
 ぜひ第2弾も出してほしいです。

 これらのメンバーを使って創作童話ができないかと思ったのですが、偏りすぎていて難しいですね。
 既存のメンバーと合わせて、何かできると良いです。

« 奈良交通のバス2台 | トップページ | 創作童話「隠れ里の決闘」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良交通のバス2台 | トップページ | 創作童話「隠れ里の決闘」 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ