« 高田衛氏ご逝去 | トップページ | 魚佐旅館の奈良案内比較 »

2023年7月20日 (木)

壬申の乱の経緯を追って20 決戦を前に

 日本書紀には7月20日も21日も記事はありません。
 ただ、決戦間近です。
 淡海方面では、連戦連勝して栗太まで南下してきた村国男依軍と、湖西を進軍してきた羽田矢国軍とが大津京を目指しています。
 淡海方も瀬田川を最後の防衛線として、戦備を整えていることでしょう。
Jinshinchizu23

 一方、倭では、大伴吹負が倭を平定し、吹負自身は大坂を越えて難波の小郡に駐屯します。
 そして、以西諸国の国司に命じて、正倉の鍵と駅鈴・伝印を提出させ、西の諸国の財政・軍事権を預かります。
 また、吹負以外の諸将は、兵を率いて三道を通って北上します。
Jinshinchizu24

« 高田衛氏ご逝去 | トップページ | 魚佐旅館の奈良案内比較 »

壬申の乱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高田衛氏ご逝去 | トップページ | 魚佐旅館の奈良案内比較 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ