« 奈良市発行の鳥瞰図 | トップページ | 東京にもぐんまちゃんカップラーメン »

2023年7月25日 (火)

壬申の乱の経緯を追って23 補遺

 6月24日に大海人皇子が吉野を脱出して以来、壬申の乱の日付に合わせて、その経緯を追ってきました。
 乱は約1ヶ月後の7月23日に大友皇子が自尽したことで終結します。以後は残党狩りといった感じです。

 ブログを書いて行く過程で、2つほど漏らしたことがありましたので、それを補います。

 7月1日、大伴吹負が乃楽山に向かって進軍中、稗田に至った時に、河内から大軍が迫っているという情報に接したので、兵を割いて、龍田、大坂、石手道に配備します。
 そのうち、龍田に遣わされた坂本財らは、淡海軍が高安城にいると聞いて高安城に向かいますが、淡海軍はいち早くそれを察知し、倉を焼いて逃亡します。
 坂本財は高安城を占拠しますが、河内方面から壱伎韓国の大軍が迫っているのを知り、城を出て、衛我河で韓国軍と戦います。
 しかし、兵力差は如何ともしがたく、坂本財は敗れ、味方が守っていた懼坂道に退きます。

 この頃、河内守来目塩籠は大海人皇子に従おうと兵を集めていましたが、そのことが壱伎韓国に知られ、塩籠は自尽します。

 7月4日、多数の淡海軍が諸道から迫ってきたので、大海人軍は戦うことも叶わず、撤退します。この日は、乃楽山の戦いで大伴吹負が敗退した日です。やがて吹負は、墨坂で置始兎が率いる援軍を得、大海人方の兵を結集して壱伎韓国の軍を押し戻します。それが7月の何日のことなのかは不明ですが、もしも7月4日に韓国軍がそのまま倭に攻め寄せていたら、飛鳥古京を奪還することができたと思います。
 それが、淡海軍唯一の勝機だったかもしれません。
Jinshinchizu28

 一方、不破方面でも同じ頃に戦闘がありました。村国男依が出撃する前のことと思われます。
 大海人方が不破道を堅く守っていたので、淡海方は北の脇道を通って攻め込もうと考えたようで、精兵に玉倉部邑を急襲させますが、出雲狛に撃退されます。
 その後、村国男依が湖東を連戦連勝して瀬田橋の決戦を迎えることになります。
Jinshinchizu29

 以上、2点追加です。

 6月24日以来、壬申の乱の経緯にお付き合いいただきましてありがとうございました。
 掲載した地図は全部で29枚になります。日を追って地図を作成したことで、壬申の乱の推移がとてもよく理解できました。
 年表でも系図でも地図でも、やはり自分で作ると身になりますね。
 そのことを改めて実感しました。
 とても楽しかったです。

« 奈良市発行の鳥瞰図 | トップページ | 東京にもぐんまちゃんカップラーメン »

壬申の乱」カテゴリの記事

コメント

>掲載した地図は全部で29枚になります

29枚とはすごいですねえ。これを一覧にして並べたら、乱の推移が手に取るようになりますねえ。

それにしても、結構あちらこちらで軍が動き戦闘が行われているわけですが、それらを統括し指揮する命令系統はどうなっていたんでしょうねえ。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 29枚の地図の範囲が同じだと、パラパラ漫画のように動きが見えると思うのですが、残念ながらそれぞれの地図の範囲が異なるので、パラパラ漫画にはなりません。
 でも、1つずつ順に見て行くと、経緯がよく分かるように思います。
 本当に勉強になりました。

 戦闘は主に琵琶湖の東岸と倭ですね。倭の戦線も、淡海方面との戦闘と河内方面との戦闘が行われていますね。
 淡海方は大津京を中心に北と南との戦闘なので、状況の把握は比較的簡単だったでしょうけど、大海人方は、本営が関ヶ原の野上行宮ですので、淡海戦線はともかく、倭の方は把握しにくかったでしょうね。大伴吹負にかなり委ねていたのではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良市発行の鳥瞰図 | トップページ | 東京にもぐんまちゃんカップラーメン »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

ウェブページ