« 複製本『宸翰』(2)嵯峨天皇宸翰、酒人内親王願文 | トップページ | 日向夏鶴乃子 »

2023年6月 4日 (日)

5回目の金魚記念日

 2018年の今日、4匹の金魚を飼い始めました。
Kingyo_h300608
 その3週間後に4匹増やして、合計8匹になりました。

 1年後。
Kingyo_r010604
 とんでもなく成長が早いです。
 このままのペースで大きくなったらエラいことでしたが、成長の度合いは落ち着きました。

 その8匹の金魚は、少しずつ虹の橋を渡ってしまい、先月半ばに相次いで2匹が☆になって、残りは1匹になってしまいました。
 飼い主が至らぬばかりに、かわいそうなことをしました。
 最後に残った1匹というのは、実は一番小さな金魚でした。
 最初は大きさに差はありませんでしたが、徐々に大小の差が出てきました。
 この金魚は中でもとりわけ小さく、泳ぐ時も少し斜めになっていました。どこか悪いところがあるのかもしれません。
 一昨年の2月には転覆していることもありました。
Kingyo_tenpuku01
 びっくりしますよね。
 もう長くはないと思いましたに、この1匹が最後まで残ったのです。
 分からないものです。

 金魚は1匹だけになってしまいました。さて、どうするか。
 独りぼっちになってしまった金魚は寂しい思いをしているのか、それとも水槽を独り占めできて清々しているのか。
 観察を続けましたが、金魚ごころは分かりません。

 そこで、飼い主の気持ちを優先して、新たに3匹の金魚をお迎えしました。
 これは5月23日の写真です。
Kingyo_r050523

 幸いに、新旧の金魚は喧嘩することもなく、穏やかに暮らしています。
Kingyo_r050525

 金魚屋さんのおじさんに伺ったら、子金魚は2歳だそうです。
 元気盛りで、動きも活溌、食欲旺盛です。
 それに刺激されたのか、旧金魚も活性化しました。
 のんびりしていたら、ゴハンを全部食べられかねません(←そんなことはないのですけど)。
 それで、活性化したのでしょう。よかったです。

« 複製本『宸翰』(2)嵯峨天皇宸翰、酒人内親王願文 | トップページ | 日向夏鶴乃子 »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 複製本『宸翰』(2)嵯峨天皇宸翰、酒人内親王願文 | トップページ | 日向夏鶴乃子 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ