« 8月5日に昭和女子大学でヤマトタケルのシンポジウム | トップページ | 壬申の乱の経緯を追って03 高市皇子を不破に派遣 »

2023年6月25日 (日)

壬申の乱の経緯を追って02 高市皇子が合流

 昨日からふと始めた「壬申の乱の経緯を追って」、今日は翌6月25日です。

 6月25日早朝、大海人皇子一行は、たら野に到着。
 積殖(つむゑ)で、鹿深(かふか)を越えてきた高市皇子(19歳か)一行が合流。
 加太(かぶと)越えをし、伊勢の鈴鹿で国司・湯沐令らに会い、鈴鹿山道を塞ぐ。
 川曲の坂下で日没。三重郡家まで進む。
Jinshinchizu02


« 8月5日に昭和女子大学でヤマトタケルのシンポジウム | トップページ | 壬申の乱の経緯を追って03 高市皇子を不破に派遣 »

壬申の乱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月5日に昭和女子大学でヤマトタケルのシンポジウム | トップページ | 壬申の乱の経緯を追って03 高市皇子を不破に派遣 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

ウェブページ