« 今日は宮崎で古事記学会 | トップページ | NHK「ゆう5時」に奈良の鹿どーもくん »

2023年6月18日 (日)

『牧野万葉植物図鑑』(北隆館)

 牧野富太郎が晩年、『万葉植物図譜』を構想し、序文まで書いていながら、実現せずに亡くなったのだそうです。
 そこで、牧野博士の意思を出来るだけ生かす形で、『牧野万葉植物図鑑』が刊行されました。
 版元は、牧野博士の植物図鑑を多数刊行している北隆館です。
Makinomanyo01

 箱の裏側。
Makinomanyo02

 裏側の帯に主旨が分かりやすく書かれています。
Makinomanyo03

 刊行されたのは昨年の11月です。大分前ですが、今頃知りました。
 帯にある「万葉植物目録」の「あさがほ」には桔梗とあるそうです。

 某アマゾンで購入する時、税込価格が14,300円ということで、「えっ!」と思ったものの、ここのところ毎日朝ドラの「らんまん」を見て感動している身としては、これも何かのご縁と思ってポチってしまいました。
 迷っても、大体買う方に結論してしまうあたり、ちょろい客です。
 また本が増えます。(^_^;

« 今日は宮崎で古事記学会 | トップページ | NHK「ゆう5時」に奈良の鹿どーもくん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

これは,すごいですね。
現役の時だったら,私も買ったかもしれません。うらやましい。
牧野万葉植物図鑑。裏表紙は,ハギの花。すばらしい。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 中身を見ると、やはり細密な絵に圧倒されます。
 今さらながら、ただ者ではない(失礼!)なぁと感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は宮崎で古事記学会 | トップページ | NHK「ゆう5時」に奈良の鹿どーもくん »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ