« 『墨書土器と文字瓦』(八木書店) | トップページ | 『トビウオが飛ぶとき』 »

2023年5月28日 (日)

複製本『宸翰』(1)

 この様な巻子本を入手しました。
M17shinkan01
 題簽には雨冠の「震翰」とありますが、天皇の自筆を意味するウ冠の「宸翰」のことでしょう。
 雨冠、ウ冠、通じて用いられたものと思われます。

 冒頭には嵯峨天皇の詩が載っています。
M17shinkan03

 左下に小さい文字で、このように印刷されています。
M17shinkan04
 中央公論社の『書道藝術』によれば、この「哭澄上人詩」は「伝嵯峨天皇筆」とされています。

 別の箇所には、数ヶ所に亙って、以下の様な記述があります。
M17shinkan05
 奥付はありませんが、これによって、この巻子本は明治17年に博物局によって制作されたことが知られます。
 冒頭の嵯峨天皇の詩は平安初期弘仁年間のものですが、ここに採録されている文書の多くは奈良時代のものです。

 藤原仲麻呂などの自筆署名のある文書もありますし、
M17shinkan06

 弓削道鏡の自筆署名のある文書もあります。
M17shinkan07

 正倉院文書の影印は、八木書店から『正倉院古文書影印集成』が刊行されていますので、これらの文書はその影印本でも見ることはできますが、それはそれとして、これもまあ楽しいです。

 この複製本の紹介、続きます。

« 『墨書土器と文字瓦』(八木書店) | トップページ | 『トビウオが飛ぶとき』 »

文字・言語」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『墨書土器と文字瓦』(八木書店) | トップページ | 『トビウオが飛ぶとき』 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ